グループトークも楽チン!B+COM(ビーコム)SB6Xの使い方

グループツーリングやタンデムの際の意思の疎通に非常に便利なインカム。その中でも非常に評判の良い、B+COM(ビーコム)をご存知でしょうか。この記事ではB+COM(ビーコム)とは何なのか、そしてオススメのモデルの詳細および使用法を紹介させて頂きます。B+COM(ビーコム)があると非常にツーリングの楽しみも広がり、ただでさえ楽しいツーリングがより楽しいものになります。是非この記事をチェックしてB+COM(ビーコム)の導入を検討して見て下さいね。

1. B+COM(ビーコム)とは?

B+COM(ビーコム)はBluetooth(ブルートゥース)対応インカムで、ツーリングやタンデムでの会話はもちろんのことですが、携帯電話もハンズフリーで話すことも出来ます。もちろんこれだけでなく、音楽やラジオ、ナビなどの音声も非常にクリアな音声で聞くことが出来ます。Bluetooth(ブルートゥース)のため、当然配線等はなく、非常に安心・安全なのも魅力です。

2. B+COMがもっと使いやすくなった!SB6X

もともと評判の良かったB+COM(ビーコム)ですが、最新型が登場しました。もっと使い易くなった!とのことですが、どう変わったのか非常に気になりますよね。早速B+COM(ビーコム)SB6Xについて紹介していきましょう。

2-1. スペック情報

使用可能時間や使用最大人数など、気になるスペックを紹介させて頂きます。

  • Bluetooth: Ver. Bluetooth 4.1
  • 使用可能時間: 16時間
  • 使用最大人数: 4人
  • 充電時間: 約2時間
  • 端子:USB Type-C(充電、スピーカー)
  • microUSB(マイク入力、充電は不可)
  • 本体サイズ:W106 × H45.7 × D24.9 ※アンテナ部除く
  • 本体重量:53g
  • 防水性能:IP67相当
  • 電波到達範囲:最大約1.4km

これらが主なスペックです。バイク用なので防水性能はもちろんのこと、快適にコミュニケーションを取る上で十分な昨日を備えています。

2-2.  SB6Xの主な特徴

ここまでざっくりとスペックを紹介してきましたが、スペックだけ見てもイマイチよく分からないという方も少なくないと思います。SB6Xにはどのような特徴があるのか、早速紹介していきましょう。

・30秒でグループ通話開始!楽チン・ペアリング機能

SB6Xを使用する際に、同じSB6Xで通話をするためにペアリングする必要がありますが、SB6Xを装着したヘルメットを被ったまま、集まって、同時にペアリングアクションをするだけで30秒でペアリングをすることが出来ます。(独自技術「B+LINK」)

・離れて切断されても自動で再接続!

最大通話可能距離を超えて離れてしまい、一度接続が切断されてしまっても、圏内に戻れば、自動で再接続されます。再度ペアリングする必要もないので非常に便利です。

・高音質スピーカー採用!

元々、高音質に定評のあるB+COM(ビーコム)でしたが、史上最強の音質と音圧を実現しています。SB6Xは、L側とR側のスピーカーに対しそれぞれ独立したグランドを設けた4線仕様となっているため、ハイクオリティなステレオサウンドを体感することが出来ます。

・音楽聴きながら会話できる!

「聴きトーク」という機能が装備されており、音楽やラジオ、ナビなどの音声を聞きながら、同時にグループ通話を楽しむことが出来ます。グループ通話中に音楽の停止やスキップなども出来るため非常に快適なのです。

3. B+COM SB6Xの使い方

「簡単とは言っても、正直機械は苦手だし、使いこなす自信がないな・・・」と思う方もいるかもしれません。いざ買って使い方が分からず、置物になってしまうということは避けたいですよね。この項目ではB+COM SB6Xの使い方を詳しくご紹介していきます。

3-1.  SB6X パーツ説明

B+COM1 ボタン:
本体上部についているボタンです。B+LINK のペアリングと呼出(1+2 ボタン)、 B+LINK 通話中の ON/OFF、SB4X/5X のB+COM1ボタンとのペアリングおよび切断 / 再呼出、マイクの ON/OFF 操作に使用するボタンです。

B+COM2 ボタン:
本体下部についているボタンです。B+LINK のペアリングと呼出(1+2 ボタン)、SB4X/5X のB+COM2ボタンとのペアリングおよび切断 / 再呼出、電池残量確認時に使用するボタンです。

ボリュームダイヤル:
本体側面部についているダイヤル式のボタンです。音量の調節や、音楽のスキップ、頭出しの操作の際に使用します。

デバイスボタン:
ボリュームダイヤルのそぐ側、本体側面についているボタンです。電源のON/OFFや携帯電話、ハンズフリー機との同期、携帯電話の発着信や通話終了時の操作に使用します。

3-2. 電源の入れ方・切り方

電源ON:
デバイスボタンをクリックしたまま、ボリュームダイヤルを上に1秒間回す。

電源OFF:
デバイスボタンをクリックしたままボリュームダイヤルを下に1秒間回す

3-3. B +COM(ビーコム)同士のペアリング方法

SB6X同士:
初めてペアリングするSB6Xとのペアリングのためには、初期登録が必要です。(一度登録すれば次回以降初期登録の必要はありません)

  1. SB6X全機のアンテナをロックが掛かるまで開く
  2. 電源をONし、 B1ボタン及びB2ボタンを同時に3秒間長押しし、ペアリングモードへ。
  3. 全機のうち、いずれか1台でB1ボタン及びB2ボタンを同時にクリック
  4. あとは順番に接続するのを待つだけです!

※ペアリング済み(初期登録済み)のSB6Xでペアリングを行う場合

① SB6X全機のアンテナをロックが掛かるまで開く

② ペアリングする全機のうち、いずれか一台をB1ボタン及びB2ボタンを同時にクリックし呼び出し

③ ②の操作をしたら、あとは順次接続されて行くので、待つだけです

SB5X・4Xに接続(1人目):

  1. まずはSB6Xのアンテナをロックが掛かるまで開きます。
  2. 電源をONし、B1ボタンを3秒間長押し(B2は二人目のペアリングに使用します)
  3. 次はSB5XもしくはSB4Xの操作です。

・SB5Xの場合
電源ON状態で本体上部のB1ボタンを3秒長押しを2回

・SB4Xの場合
電源ON状態で本体上部のB1ボタンを6秒長押し。後は自動で通話が始まればOKです。

SB5X・4Xに接続(2人目):

  1. まずはSB6Xのアンテナをロックが掛かるまで開きます。
  2. 電源をONし、B2ボタンを3秒間長押し
  3. 次はSB5XもしくはSB4Xの操作です。

・SB5Xの場合
電源ON状態で本体上部のB1ボタンを3秒長押しを2回

・SB4Xの場合
電源ON状態で本体上部のB1ボタンを6秒長押し。後は自動で通話が始まればOKです。

3-4. B+COM(ビーコム)とスマホとペアリングする方法

Bluetoothを搭載していれば、スマホともペアリング可能です。

  1. まずは、SB6Xの電源がOFFになっていることを確認
  2. デバイスボタンをクリックしたまま、ボリュームダイヤルを上へ4秒間。
  3. 次はスマホの操作です。BluetoothをONにして、登録可能な機器リストから「B+COM 6 V○」を選択。
  4. 接続済み等の表示が出れば完了です。

3-5. B+COM(ビーコム)グループトーク時の操作方法

  • 音量調整:ボリュームダイヤルを1クリックずつ回す
  • SB6X同士で接続方法:先ほど紹介した通り

※ペアリング済み(初期登録済み)のSB6Xでペアリングを行う場合

① SB6X全機のアンテナをロックが掛かるまで開く

② ペアリングする全機のうち、いずれか一台をB1ボタン及びB2ボタンを同時にクリックし呼び出し

③ ②の操作をしたら、あとは順次接続されて行くので、待つだけです

  • 通話のON/OFF:
  1. B +LINK接続中B1ボタンを1クリックすると通話OFF
  2. 再度1クリックすると通話に戻ります。

 

  • SB5X・4Xからコールを受ける:
  1. ペアリング済みの状態にしてある上で、SB5X/4Xの6Xとペアリングしたボタンを押す
  2. 自動で接続開始。通話が可能です。

 

3-6. 電池残量の確認方法

SB6Xは電源ON時もしくはB+COM 2ボタンを2回クリックに電池残量を確認することが出来ます。

  • 電池残量80%以上 LEDランプ→青1秒間点灯
  • 電池残量50%以上 LEDランプ青+赤1秒間点灯
  • 電池残量30%未満 LEDランプ赤1秒間点灯
  • 赤2回点滅 パーポー(ビープ音)

特に電池残量30パーセント未満になった場合は充電が必要な状態だと考えてください。

3-7. リセット方法

適正な操作を行っても上手くペアリング出来ない場合や、ボタンを押しても反応が無いと言った場合はリセットする必要があります。リセット作業を行い、SB6Xを初期状態に戻しましょう。

・ALLリセット(全ての登録情報、設定が、出荷状態に初期化)

  1. まずは電源をOFFにしましょう
  2. B1、B2,
  3. デバイスボタンを同時に3秒間長押し

これでリセット完了です。

4. ナビ音声をB+COMで聴くには?

SB6Xでナビ音声を聞く場合には、下記の通り設定しましょう。

まず3-4で紹介した通り、スマホなどのナビ機器と同期をさせましょう。

まずはバイクナビやバイクレーダーの音声案内を開始して下さい。(スマホのナビの場合も同様です)

すでに同期が完了していれば、SB6Xからナビ音声が流れてきます。同期が完了していない場合は、先ほどの通り3-4の項目を見て、同期を完了させてください。

5. 最近機能をインストール!B+COM(ビーコム)アップデート方法

SB6Xをアップデートするためには、パソコンとの接続が必要です。(付属のUSBにて接続しましょう)

動作可能環境 →OS:Windows7/10、そしてインターネット接続が必要です。

  1. B+COM(ビーコム)製作メーカーのサインハウスにてプログラムをダウンロード。
  2. 作業前にアップデートマニュアルを確認
  3. マニュアル記載の内容に従い作業を行います。
  4. インストールマニュアルの指示に従ったタイミングでB+COM(ビーコム)をパソコンに接続
  5. アップデート開始

という流れになります。

6. B+COM(ビーコム)を歴代モデル別に価格を比較!

ちなみに参考としてこれまでのB+COM(ビーコム)歴代モデルの価格を比較してみました。

初代:SB203 26,800円

SB213 33,300円

SB213.EVO 24,800円

SB4X/Lite 33,000円/24,000円

SB5X  34,200円

SB6X  34,800円

このようにモデルが新しくなるごとに、少しずつ値段は上がっていますが、充実している機能の割にそこまでは高くなっていないので良心的ですね。

7. インカム選びにB+COM(ビーコム)ってどうなの?みんなの評判は?

これまでのB+COM(ビーコム)は、グループツーリングに利用している方からは、評判は良かったのですが、たまにしか使わず、たまにペアリングが上手く行かない、面倒だという声も聞かれました。しかし、SB6Xに導入された新技術「B+LINK」でペアリングが非常に簡易化されているため、ペアリングが上手く行かない、面倒だという問題はクリアされています。そう言った意味では、SB6Xには非常に期待が持てますよね!

まとめ・B+COMがあるとツーリングはどれだけ楽しくなるのか?

ツーリング中は本来停車しなければ、会話も出来ませんし、タンデムでの会話も非常に困難です。しかし、仲間やタンデムのパートナーと会話しながらの方がやはりツーリングの楽しみは広がりますし、楽しみも共有しやすいのです。ツーリングの楽しみの幅を広げるという意味でも、B+COMを使ってのツーリングは非常におすすめです。これまでB+COMを敬遠していた方もSB6Xは格段に使いやすくなっているので、是非使ってみて下さいね。