イーデザイン損保とそんぽ24は、両社共ダイレクト型自動車保険の中ではメジャーな会社であり、さまざまなランキングでも名を連ねています。

そのため、どの保険会社で加入をしようか考える際に、比較の対象となることも多い会社なのではないでしょうか。

両社で補償内容やサービス内容は大きく異なっています。

そのため、ご自身の車の使用環境や求めているサービスなどを考慮し、どちらの会社が自分にとってより良いサービスを享受することができるのかを考える必要性があります。

どの保険会社を選ぶかによって、これからのカーライフが大きく変わることもあり得ます。自分の求めているものに合致した、最適な自動車保険を選んでくださいね。

1. 自動車保険はイーデザイン損保かそんぽ24どっちがおすすめ?

どちらもメジャーな保険会社のグループに属しており、イーデザイン損保は東京海上グループ、そんぽ24は損保ジャパン日本興亜の子会社となっています。

非常に有名な保険会社の傘下なので、どちらも安心して加入することはできるでしょう。

しかし、補償やサービスは大きく異なりますので、どちらが自分のカーライフに合うのかをしっかりと見極めることが重要です。

1-1. イーデザイン損保はこんな人におすすめ!

テレビのコマーシャルなどで頻繁に流れるため、とてもメジャーだと言えるイーデザイン損保ですが、どんな人に合った保険なのか分からない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、どんな方にイーデザイン損保がおすすめかを紹介していきます。

1-1-1. 事故時の安心感を重視する方

事故時の安心感を求める方にはおすすめです。イーデザイン損保は、事故対応力に定評のある会社です。

イーデザイン損保が属している東京海上グループは、創業は明治時代まで遡り、長らく日本の保険業界を牽引してきた実績と評価があります。

そのため、仕事の堅実さや能力、ブランド力などにおいては絶大な信頼が寄せられています。

今までの経験や実績がノウハウとして蓄積されているため、事故時の対応には安定感があります。

また、事故時にセコムが駆けつけてくれる「セコム事故現場急行サービス」というものがあります。

救急車や警察、レッカーやタクシーなどの手配、相手方へのヒアリングなどを運転手の代わりに行ってくれます。

事故直後は気が動転して冷静に対処できないので、セコムが代わりに全てを行ってくれるサービスは非常に安心感があり心強いと言えるでしょう。

1-1-2. 事故が全くない方

事故の経験が全くない方にはおすすめです。今までのカーライフの中で、事故を沢山経験してきた方もいれば、一度も経験したことがないという方もいることでしょう。

事故を起こしたことがないという方は、保険料が無駄に思えてしまうこともあるのではないでしょうか。

保険契約期間中の1年間を無事故で終えた場合、翌年の保険料の2%を割り引く「無事故割引」というサービスがあります。

無事故でいる限りは、また翌年も保険料が2%割り引きとなりますので、事故が少ない方には非常におすすめです。

1-1-3. 事故のあとの体調が心配な方

事故を起こすと、何よりも一番心配なのは自分の体調ですよね。事故直後は何ともなくても、時間が経つにつれて調子が悪くなることも多くあります。

そんな時、不安に思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

イーデザイン損保には「メディカルコールサービス」というものがあり、事故後の体調について、どんな些細なことでも不安に思ったら24時間365日相談することができます。

また、事故に関連することでなくても、頭痛や熱が出た場合や、旅行先で深夜に体調が悪くなったので救急病院を教えてほしい、などの相談も行うことができます。

事故後や日常生活などを問わずに24時間相談ができるので、非常に安心することができますね。

1-2. そんぽ24はこんな人におすすめ!

損保ジャパン日本興亜の子会社であることから、会社としては非常に安心できる保険会社と言えるでしょう。

しかし、他のダイレクト型自動車保険のようなメディア露出があまりないため、どんな点がおすすめであるか分からない方も多いのではないでしょうか。

では、そんぽ24はどういった方におすすめなのかを解説していきます。

1-2-1. ダイレクト型自動車保険が初めての方

そんぽ24は、初めてダイレクト型自動車保険に加入する方にはおすすめです。

ダイレクト型保険は代理店型保険とは異なり、専任の担当者とあれこれ相談しながら契約を行うことができません。

インターネットで自分で補償内容を組み立てていくことになるので、全く知識がない方や初めてダイレクト型自動車保険を利用する方の場合、どの補償を付ければ良いかなどで迷ってしまう可能性があります。

そのため、一番自分に合っている補償内容を選択していない恐れもあります。

その点そんぽ24の場合は、初めての方でも非常に分かりやすいシンプルなセット料金プランが設定されています。

主要な補償が全て入ったフルセットプラン、フルセットから搭乗者傷害を外したプラン、フルセットから人身傷害を外したプランの3つがあります。

更に、これらのプランに自分が必要なオプション特約を付けることで、初めての方でも簡単に自分に合った補償内容で契約できるのが魅力的です。

1-2-2. 窓口対応力を求める方

事故が発生した際の、窓口対応力を求める方にはおすすめです。事故が発生すると焦ってしまい、藁をもすがる思いで保険会社に連絡することも多いでしょう。

そんな時、保険会社に電話しても頼りないものであったら、余計気が焦ってしまいます。

そんぽ24は、損保ジャパン日本興亜の子会社であるため、親会社のノウハウが詰め込まれています。

また、親会社と連携した全国どこでも充実の対応力で、事故解決サービスを提供しています。そのため、全国の至る所で安定した対応を望むことができますよ。

第三者機関が客観的にそんぽ24を評価した結果、「問い合わせ窓口」と「Webサポート」の両方の部門で、最高ランクの三ツ星評価が与えられています。

そんぽ24の高い対応能力の裏付けと言えそうですね。

1-2-3 ロードサービスを充実させたい方

そんぽ24は、ロードサービスが充実しているのでおすすめです。

全国で9500か所ほどのロードサービス拠点があるので、全国至る所にいてもすぐに駆けつけてくれるので安心することができます。

そして、事故が起きた際に自宅へ戻れない場合の宿泊費用や旅行キャンセル費、目的地までのレンタカー費などを補償してくれます。

また、100kmまでという長い距離のレッカー移動が無料なので非常に安心です。

2. イーデザイン損保かそんぽ24か?【評判・口コミ】の違いは?

サービスや補償だけでなく、実際に利用している方の評判も気になりますよね。ここでは、実際の評判や口コミを紹介していきます。

2-1. イーデザイン損保の口コミ

日本の保険業界のリーディングカンパニーである東京海上グループのイーデザイン損保は、安心感があることを挙げる口コミが非常に多いのが特徴です。

電話の窓口対応も、「ハキハキしていてとても話が分かりやすかった」というものや「要点を分かりやすく話してくれてスムーズに要件が済ませられた」といったような、安心感を評価する口コミが多数あります。

また、トラブル発生時の対応についても「トラブルが起きた際、ロードサービスをすぐに手配してくれて、到着予定時刻や業者名などもすぐに教えてくれた」というものや、「夜中にガソリンが切れて困った際、的確な対応とロードサービスを呼んでくれて、頼りになると感じた」といったものがあります。

全ての対応において、安心感や頼りになるといった口コミが多いのが特徴です。

2-2. そんぽ24の口コミ

そんぽ24ではロードサービスについて口コミをしている方が多いのが特徴です。

「ロードサービスが非常に充実していて安心」というものや、「非常に迅速に来てくれた」という評判が目立ちました。

また、「窓口の方が非常に親切に対応してくれた」、「電話窓口の方の対応が良かったのでそんぽ24に決めた」といったような口コミも目立ち、ロードサービスと顧客対応の両方において定評があることがうかがえます。

3. イーデザイン損保かそんぽ24か?【保険料】の違いは?

同じダイレクト型自動車保険であっても、保険料は全く異なります。では、保険料にはどういった特徴があるのかを紹介していきます。

3-1. イーデザイン損保の保険料

イーデザイン損保の場合、新規契約時の1万円のネット割り引きが、更新時にも継続して割り引きされていきます。

他の会社であると、新規契約時には1万円の割引でも、更新の際には割引額が減少することが多くなります。

そのため、更新時の保険料が他社よりも安くなる可能性があります。

3-2. そんぽ24の保険料

そんぽ24の場合は、対物賠償保険において免責金を設定することができます。これを設定すると、実際に対物事故を起こした際には、自己負担金が増えることになります。

しかし、その分保険料を安く済ませることができるというメリットがあります。

4. イーデザイン損保かそんぽ24か?【補償内容】の違いは?

保険の中でも一番重要とも言える補償内容は、両社でどういった違いがあるのでしょうか。他の会社にはないような特徴を紹介していきます。

4-1. イーデザイン損保の補償内容

イーデザイン損保は、他の会社と同様の手厚い補償を受けられるほか、特徴的な特約があります。

人身傷害傷害補償の対象となった事故において、親権者である扶養者が亡くなってしまった場合などに、子どもの育英費用を補償してくれる「育英費用特約」があります。

そして、事故により死亡、または3日以上入院した場合、看護のための宿泊費や差額ベッド費用などを補償してくれる「入院時諸費用特約」などもあり、細かい部分まで特約でカバーをしてくれます。

4-2. そんぽ24の補償内容

まず、全ての補償にロードサービスがセットされていることが魅力です。ロードサービス特約として付ける必要がないため、保険料の追加を心配することはありません。

そして、補償内容は3つのプランから選択することができ、フルセットプランと特約を組み合わせることで、非常に手厚い補償内容を選択することが可能です。

5. イーデザイン損保かそんぽ24か?【事故対応・ロードサービス】の違いは?

補償内容と同じくらいに事故対応・ロードサービスは重要です。両社にどういった違いがあるのか説明をしていきます。

5-1. イーデザイン損保の事故対応・ロードサービス

まず、全国に拠点数が9300か所ほどあり、レッカーでの引き上げについては60kmまでは無料となります。

そして、他社と同様にバッテリー上がりなどのトラブルの際には駆けつけて対応をしてくれます。

しかし、旅先などでトラブルにあった際、帰宅手段や宿泊施設などの情報提供はしてくれますが、利用をするのであれば費用は自己負担となってしまいます。

5-2. そんぽ24の事故対応・ロードサービス

全国に9500か所ほどの拠点があり、イーデザイン損保よりも多い数となります。

そして、レッカーでの引き上げは100kmまで無料であり、こちらもイーデザイン損保よりも長い距離が無料となります。

バッテリー上がりなどのトラブルにも、もちろん対応しています。そして、旅先などでトラブルにあった際の補償が非常に優れていることが特徴です。

自宅へ帰れなくなった際の宿泊費用、現場から公共交通機関で帰宅する際の費用、目的地までのレンタカー費用、旅行キャンセル費用、ペットがいる場合の一泊のペットホテル費用などを全て補償してくれます。

自動車保険の選び方まとめ

イーデザイン損保は保険料の安さや補償内容、そんぽ24は補償内容とロードサービスといったように、それぞれの会社においてメリットが存在します。

そのため、どちらが良いのか優劣は付けがたいと言えるでしょう。

両社のメリットを理解した上で、どちらが自分のカーライフに合っているかを見極めましょう。そうすることで、無駄なく安心したカーライフが送れるようになりますよ。

おすすめの記事