バイクにETCは必要!?ETCを安く取り付ける方法から活用方法まで詳しく!

スムーズな高速道路IC通過と割引が嬉しいETCカード。車であれば多くの人がつけているETC車載器ですが、バイクにも取り付けが可能なことをご存知でしょうか?しかも!バイクの場合は、車よりお得なキャンペーンも多彩にあり、バイクETCをつけていないと、損とも言えます。この記事では、バイクETCの取り付けから、お得なツーリングキャンペーンまで便利なETC活用方法をお届けします!

このページでわかること

1. バイクETCを取り付けるまでの ステップ!

早速、バイクにETC車載器を取り付けるまでのステップを紹介していきましょう。基本的に流れは車のETC車載器と同様です。

 

1-1. ETCカードの申し込み

基本的にバイクのETCは、車のETCカードと同じでOKなため、車のETCカードを持っている方であれば、車のETCカードを流用しましょう。もし、車のETCカードを持っていない方であれば、現在利用しているクレジットカード会社で、ETCカードを追加申し込みすることが出来ます。カードを持っていない場合は、これが最も早くETCカードを入手出来る手段で、早ければ数日のうちにETCカードを入手することが出来ます。

 

1-2. ETC車載器の購入

カードが準備出来たら、次はETC車載器の購入です。ETC車載器は、

・日本無線

・ミツバサンコーワ

この二つのメーカーの独占市場のため、車のETCほど種類がなく、選ぶのはそれほど苦になりません。早速紹介していきましょう。

 

1-2-1. ETC車載器の選び方

先ほど紹介した日本無線、MITSUBAのバイク用ETC車載器は、どちらも当然ながら防水。防塵仕様になっています。車とは異なり、濡れたりすることが非常に多いため、バイクにETCをつける場合は必ず、この2社から出ているバイク用のETC車載器を取り付けるようにしましょう。

 

1-2-2. バイクETCのおすすめ車載器はコレ!

バイク用のETCは、メーカーが限られているため、種類はそれほどありませんが、特にオススメなのが、アンテナとインジケータが分離されているもの。分離型だとあまり目立たず外観も損ないませんし、見つけ辛いと盗難防止にもなります。一体型の場合は、配線類が電源ケーブルのみとなるため。配線関係が非常にコンパクトになり、そのメリットも十分にあるので、分離型・一体型両方のオススメアイテムをご紹介します。

<オススメその1>

(参照元:MITSUBA

  • メーカー名:ミツバサンコーワ
  • 商品名:二輪車用ETC車載器MSC-BE51W
  • 品番:MSC-BE51W
  • 価格:18,500円

特徴:車載器本体とアンテナ・インジケーターが分離型になっているため、非常にコンパクトな作りになっていて、取り付けても目立たず、バイクの外観を損なわないのが特徴です。

<オススメその2>

(参照元:MITSUBA

  • メーカー名:ミツバサンコーワ アンテナ一体型ETC車載器 MSC-BE21
  • 商品名:二輪車用ETC車載器 MSC-BE21
  • 品番:MSC-BE21
  • 価格:19,000円

特徴:グローブをはめたままでも、カードの挿入がしやすいのが特徴です。また、夜間でもLEDライトが光るため、暗い中でもカードが挿入しやすいようになっています。

便利なツーリングアイテムを探す

 

1-3. ETC 2.0とは?旧型との違いやメリット

(参照元:国土交通省

ETC2.0とはどのようなものかというと、簡単に言えばETCがバージョンアップしたものと考えて下さい。違いとしては、渋滞情報や規制情報の提供、安全運転支援のサービスを受けれるようになり、災害が発生した際もカーナビを通じて情報が表示されるため、より安全かつ、快適なドライビングが出来るようになるというものです。今後アップデートされたシステムを利用して、街中での駐車場料金の支払いや、車両の入庫管理などへのサービス展開が検討されており、サービス拡大が期待されています。

 

1-4. バイク ETCに2.0は有効??

バイクにはカーナビがついていないので、現状あまり有効ではないシステムとも言えます。

安全情報や渋滞情報は、スマホアプリなどでも情報の取得が出来るため、現状ではバイクユーザーには恩恵が少ないかもしれません。しかし、今後の技術の進化などでバイクユーザーがETC2.0でそういった情報面で恩恵を受ける日はそう遠くない可能性もあります。今後に期待のサービスですね。NEXCOではETC2.0対応車載器を搭載しているバイクに関して圏央道での2割引を行なっているので、今後割引エリアが拡大していけば、料金の面では大きなメリットがあると言えます。

 

2. バイクETC(車載器) の取り付け工賃は?

ETCのセットアップは基本的に自分で行うことは出来ず、情報の登録を含めて、バイクショップなどで取り付けをお願いする必要があります。

2-1. バイクショップで取り付ける場合

当然ETC車載器を取り付けるとなると、取り付け工賃が必要になります。ETC本体の価格は2社メーカーの独占市場なので、ほとんど価格は変わりませんので、より安く・・・と考えるのであれば、バイクショップの違いで少しでも安く取り付けたいですよね。早速各バイクショップの取り付け工賃を紹介していきましょう。ETC取り付けを検討している場合は、それぞれ見積もりを確認してみるとよいでしょう。

2-1-1. 2りんかんでETCを取り付ける場合の価格例

  • 取付工賃:5,000円〜(一体型の場合)

分離型の場合は配線が増えるため、やや価格はアップします。(※バイクのタイプにより価格が異なる場合があります。)

2-1-2. NAPS(ナップス)でETCを取り付ける場合の価格例

  • 取付工賃:5,000円〜9,000円(※バイクのタイプにより異なります)

 

2-1-3. レッドバロンでETCを取り付ける場合の価格例

一説によるとレッドバロンで購入したバイク以外への取り付けは、断られるケースもあるとのことなので、注意が必要です。

レッドバロンのETC取り付け工賃に関しては、WEB上に情報がなく、店舗ごとに問い合わせて工賃を確認するのがベストと思われます。

2-1-4. バイクセンターでETCを取り付ける場合の価格例

車載器の販売から取り付けまで行っていますが、店舗により価格が異なるケースがあります。最寄りのバイクセンター で価格や工賃、納期などを確認をしてみましょう。

便利なツーリングアイテムを探す

3. 安くETCを取り付けたい!何かいい方法は?

当然ETC車載器の購入や取り付けには費用がかかります。少しでも費用を安く済ませたいというのは当然の心理ですよね。この項目では、少しでもETCをバイクに安く取り付ける方法をご紹介します。

3-1.いい方法①: ETC補助金キャンペーンを利用する

現在は ETC2.0をバイクに取り付けると、関東・近畿圏であれば、10,000円の助成金が出ます。台数に限りがあり、先着順ですが、およそバイクのETC車載器の購入、セットアップの費用は全部込みで30,000円程度のため、10,000円の割引があると非常にお得ですよね。

3-2. いい方法②:中古のETCをゲットする

中古のETCを購入するというのも、費用を安く抑えるための方法の一つです。楽天市場などのオンラインショップや、ヤフオク、中古バイク用品を扱うバイクショップなどで中古のETC車載器を購入することが出来ます。

3-2-1. 中古のETCの取り付け方法について注意点

中古のETC車載器の場合であっても、セットアップは再度必要があり、指定のバイクショップなどで取り付けてもらう必要があります。基本的には、先ほど紹介したバイクショップなどで、ETCの取り付けは可能ですが、ショップによっては、他店購入のETCは取り付けNGであったり、自店で購入する場合より、少し取り付け工賃が高くなる可能性がありますので事前に店舗に問い合わせて確認をすることをオススメします。

便利なツーリングアイテムを探す

 

4. バイクETCでうれしい乗り放題キャンペーン!遠出ツーリングがもっと安く

バイクにETCを取り付けると、お得なキャンペーンを利用することが出来るのです。これは車にはない割引サービスで、バイク乗りだけが利用出来るキャンペーンです。非常にお得なキャンペーンなので、利用しない手はないとも言えます。非常に気になると思いますので、早速詳細を紹介していきましょう!

 

4-1. 高速道路のキャンペーン情報をチェック

関東圏、関西圏、そして九州エリアなど非常に広い範囲のエリアで、バイカーには嬉しい高速道路の割引プランが用意されています。最大2日間〜3日間、お得な金額で所定のエリア内は乗り降り自由で高速を利用出来るようになり、ツーリングには非常にマッチしたプランになります。

キャンペーンを利用出来るのは、下記の条件を満たした場合となります。

  • ETC車載器が搭載されているバイク
  • 事前にWEBサイトにてツーリングキャンペーンを、申し込みした車両

この条件を満たしていれば、どんな方でも利用出来ます。

4-1-1. バイクETCで乗り放題!?NEXCOのツーリングプラン全13コース

バイクETC利用者限定のプランにはなりますが、下記の全13コースのプランが用意されています。

  • ビーナスライン:関越道・上信越道・中央道コース
  • 福島三大ライン:東北道・常盤道・盤越道コース
  • 海岸線ツーリング:関東東道・館山道・常盤堂コース
  • 伊豆・箱目・富士山なら:首都圏 東名・中道コース
  • 富士山・ビーナスライン:中京圏 東名・中央道コース
  • 伊勢道コース
  • 東海北陸道・北陸道コース
  • 名神・北陸道・京都縦貫道コース
  • 舞鶴若狭道・中国道・山陽道コース
  • 阪和道コース
  • 東九州をぐるっと!:熊本・佐賀・長崎コース
  • 西九州をぐるっと:熊本・大分・福岡コース
  • 熊本・宮崎・鹿児島コース

 

以上、この13ものコースがキャンペーンとして、用意されています。遠方へのツーリングが大好きな方は、是非このキャンペーンを利用してみて下さいね。

高速乗り放題!バイクETCでお得な高速道路ツーリングプラン[関東エリア版]

 

5. バイクを乗り換えたら、ETC車載器の再セットアップは必須!

ETC車載器には、車両ナンバーなどを含めた様々な車両情報が登録されています。そのため、料金レーンでスムーズな通過が出来るわけですが、違うバイクに乗り換えた場合には、同じETC車載器を使用するとしても、車両情報等を再登録する必要があるため、再セットアップが必要となります。

 

5-1. バイクETCの再セットアップの方法

先ほど別項目で紹介した中古のETCの取り付けと同じように、自分でETCの再セットアップをすることは出来ないため、バイクショップなどで再セットアップをしてもらう必要があります。

 

6. ETCでお得な深夜割引とは?

車のETCを利用したことがある方であれば、深夜に高速道路を利用した際に、金額が割引になっていたという経験はありませんか?それはバイクのETCであっても同様です。平日であっても  ETCの場合は深夜割引が適用されるため、非常にお得なサービスになっています。どれくらいお得になるか、早速紹介していきましょう。

6-1. どれだけお得なの?高速道路の深夜ツーリング

ETCの深夜割引を利用するとどれくらいお得になるのか関東圏コースを例に紹介していきましょう。仮にあなたが、新宿から河口湖までの高速を利用した場合を例に紹介します。 

<片道の場合>

  • 一般料金:4,250円
  • ETC料金:3,000円
  • 深夜割引:2,220円

<往復の場合>

  • 一般料金:8,500円
  • ETC料金:6,000円
  • 深夜割引:4,440円

 

このように、ETCを利用するだけでも、一般料金と比べるとETC利用は大幅に価格が安くなることがわかります。さらにETCの深夜割引だと安くなった料金から約2割程度も割引となるため非常にお得なのです。遠方へのツーリングが多い方ほど、ETCは必須アイテムとも言えます。

便利なツーリングアイテムを探す

 

まとめ・ETCはもはやライダーの必須アイテム

バイクのETCの取り付け手順からバイクのETC利用で享受できる割引など、如何でしたか?特に価格の面では、ETCの有無によって大幅に高速料金が異なる点からもETCは必須アイテムです。頻繁に利用する場合には、車載器価格代もペイできます。バイクにETC車載器がついてない方は、是非導入を検討してみて下さいね。