ランフラットタイヤとは、万が一パンクして空気が抜けた状態になってしまっても走行可能なタイヤです。

普通のタイヤでパンクしたまま走行すると、タイヤのゴムがちぎれてしまったり、ハンドルが効かず真っ直ぐ走ることもできなくなり、ほんの100m先の安全な場所まで移動するのも困難です。特に、高速道路走行中にパンクすれば、後続車に追突される可能性もあり非常に危険です。

しかし、ランフラットタイヤなら、タイヤがパンクしても時速80km程度の走行でサービスエリアやパーキングエリアなどの安全な場所まで走り続けることができますので、事故の危険性を大きく減らすことができます。

今回は、そんなランフラットタイヤの特徴やメリットを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ランフラットタイヤとは?

ランフラットタイヤとは、パンクして空気が抜けた状態でも一定のスピード(時速80km以下)であれば、100kmほど走れるように作られているタイヤです。

パンクしてもすぐにタイヤ交換を行う必要がないため、タイヤショップやカーショップなど、パンク修理が行える場所まで安全に移動することが可能です。

以前は乗り心地が悪くなるなどのデメリットがありましたが、最近は改良されて標準装着されている車両も増えています。例えば、レクサスやBMWが積極的にランフラットタイヤ装着車をラインナップするなど、多くのメーカーで採用が進んでいます。

ランフラットタイヤの特徴・仕組み

ランフラットタイヤがパンクした状態でも走れるのは、その特徴と仕組みに秘密があります。

通常のタイヤは、中にはいっている空気によってタイヤの形状を支えています。一方で、ランフラットタイヤはタイヤの側面(サイドウォール)を厚くすることで、空気がない状態でもタイヤが潰れない構造になっています。

他にも、タイヤの中にもう一つのタイヤを格納しているような「吊り子式」というランフラットタイヤもありますが、どちらも目的は同じで、パンクして空気がない状態でもタイヤが潰れないような仕組みが取り入れられていることがランフラットタイヤの特徴です。

スポンサーリンク

ランフラットタイヤに交換するメリット

ランフラットタイヤに交換すれば、高速道路を走行中の場合など、スペアタイヤに交換する場所を探すのが難しい場合でもその場で止まる事なく、パンク修理のできるタイヤショップやカーショップまで走って移動することが可能です。

例えば、高速道路でパンクした場合、路側帯で停止しているだけでも、その横を多くの車が高速で移動していますので危険です。JAFや出張修理業者を呼ぶ場合でも、それまでの間は高速道路上のガードレールの外で待機している必要があります。

また、パンクしてから停車するまでの低速走行の間にも追突されるかもしれません。

しかし、ランフラットタイヤに交換していれば、こうした危険性を防ぐことができます。

また、安全性以外にもスペアタイヤを廃止して、その分をトランクスペースの拡大に活用している車両もあります。

ランフラットタイヤの価格帯

ランフラットタイヤは同じサイズの夏タイヤ(ノーマルタイヤ)と比べて1割から2割ほど価格が高くなります。それに加えて、ランフラットタイヤに交換するには専用の機材を使用しますので、交換工賃も1本当たり2,000円から5,000円が必要になります。

【メーカー別】ランフラットタイヤの見分け方

ランフラットタイヤか、そうでないかを見分けるにはタイヤサイズなどが記載されているタイヤの側面の刻印を確認します。

刻印の表記はタイヤメーカーによって異なりますので、下記の表を参考にしてみて下さい。1例として、ブリヂストンのランフラットタイヤなら「RFT」と表記されています。こちらは「Run-Flat Technology(ラン・フラット・テクノロジー)」の頭文字の略となっています。

タイヤメーカー

表記

ブリヂストン

RFT(Run-Flat Technology)

ダンロップ

DSST(DUNLOP Self-Supporting Technology)

ヨコハマ

ZPS(zero pressure system)

ミシュラン

ZP(zero pressure)

ランフラットタイヤに交換する場合の注意点

ランフラットタイヤに交換する場合は、デメリットがあることも覚えておいて下さい。

ランフラットタイヤはタイヤの価格と、交換工賃が夏タイヤ(ノーマルタイヤ)よりも高くなります。また、パンクして空気が抜けた状態でも潰れないようにタイヤの側面が硬くなっている分、タイヤが変形しにくいので乗り心地もそれまで装着していたタイヤと異なります。

さらに、ランフラットタイヤに交換するには専用の機材が必要なので、対応していないカーショップやガソリンスタンドもあります。ランフラットタイヤを販売しているタイヤメーカーによっては、パンク修理を推奨していない場合もあります。その場合はパンク修理を行うのではなく、タイヤ交換が必要になりますのでパンク修理よりも価格も高くなります。

まとめ

ランフラットタイヤの最大のメリットは、パンクした状態でも安全にタイヤ交換やパンク修理ができる場所まで移動できることです。パンクして空気が抜けた状態でも100km程度は一定のスピード(80km/h以下)で走れますので、安全にタイヤ交換やパンク修理を行える場所まで移動することが可能です。

パンクした場合に重大な危険が生じる高速道路での走行中でも安全な場所まで移動できることから、高速道路を走行する機会の多いユーザーには特に安心です。

交換する場合の価格は普通のタイヤよりも高くなりますが、ランフラットタイヤの安全性はそれを上回りメリットもあります。高速道路を走る機会の多い方や、山間部の走行が多く、JAFや出張修理業者を呼ぶのが困難な場面が想定される方はランフラットタイヤへの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

高速道路を走る機会はほとんどなくても、スペアタイヤへの交換に慣れていない方には、タイヤショップまでパンクしたまま走っていけるランフラットタイヤがおすすめです。

おすすめの記事