タイヤ交換を行う際は、車からのタイヤとホイールの脱着、ホイールからのタイヤの脱着、新しいタイヤをホイールに組んだ状態でのバランス取りなど、タイヤ代以外の工賃がかかってきます。

今回の記事ではそれらのタイヤ交換工賃の目安を店舗ごとに比較してみましたので是非、参考にして下さい。

スポンサーリンク

タイヤ交換工賃の比較一覧表

店舗名

工賃目安

特徴

カーディーラー

10,000円-30,000円

輸入車ディーラーは交換工賃も高めに設定されている

タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)

8,000円-12,000円

タイヤ持ち込みでも問題なく対応してくれるが人気店は予約が取りづらい

タイヤ交換出張サービス

6,000円-10,000円

交換工賃の他に出張料の支払いが必要な場合もあり

カー用品店

4,000円-8,000円

タイヤの在庫を多く揃えている

カーショップ

4,000円-8,000円

ユーザーの好みにあわせたタイヤ選択の提案をしてくれる

ガソリンスタンド

4,000円-6,000円

タイヤの在庫が少なく、取り寄せるまでの待ち時間が必要な場合が多い

タイヤ交換費用を安くするためのポイント

タイヤ交換を行う際の予算を検討する場合は、タイヤ自体の価格、交換工賃、外した古タイヤの処理費用なども含めた合計金額を考える必要があります。

比較表に記載したように、タイヤの交換工賃は最も安い場合の4,000円から、高い場合では30,000円と大きな違いがあります。タイヤ交換の合計金額を比較する場合は、タイヤ代、交換工賃の合計金額を店舗に確認しましょう。

また、交換工賃には車両からの脱着、新しいタイヤの装着が含まれますが、バランス取りはオプション設定となっている場合もあります。バランス取りが行われていないと高速走行時などにハンドルのふらつきが発生する場合もありますので交換工賃の中身もしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク

タイヤ交換費用が安いネット通販もおすすめ!

タイヤ購入で利用者が増えているのがネット通販です。店舗を持っていない事や、少ない従業員数で経営しているので大型店舗よりも少ない利益でも経営が成り立っています。そのため、販売価格も実店舗の相場より安いことがほとんどです。

ネット通販店舗が出始めた当初は、取り扱っているタイヤブランドが輸入タイヤのみという時期もありましたが、現在では国産有名ブランドも含めて希望するタイヤを見つけることが可能です。

購入したあとも、以前は断られていた持ち込み交換に対応するタイヤ交換専門店が増えてきましたのでその心配も無くなりました。更に、店舗によってはネット通販で購入したタイヤの発送先に指定することも出来ますので、自宅に到着したタイヤを車に積んで持っていく必要もなくなりました。

ネット通販でタイヤを購入して費用を抑えるには、「タイヤ交換はネット通販で購入すれば安くなる!」こちらをチェックしておきましょう。おすすめのショップ情報や注意点もご紹介しています。

カーディーラーのタイヤ交換工賃

工賃目安:10,000円-30,000円

カーディーラーでタイヤ交換するメリット

カーディーラーはタイヤだけではなく車両に対する知識や情報が豊富です。交換するタイヤについてもその車が新車装着時にどのようなタイヤが装着されていたのかを把握しています。

車両によっては新車装着時の指定タイヤが1機種のみという場合もありますが、多くの車では何種類かのタイヤが新車時に装着されています。

タイヤは車の特性とのマッチングを考えて選択されていますので、その車に最適なタイヤを交換時にも装着するという点ではカーディーラーが最も安心です。整備や車検などを全てディーラーに任せている方が、タイヤ交換においてもディーラー整備の安心感を重視する場合におすすめです。

カーディーラーでタイヤ交換するデメリット

カーディーラーでタイヤ交換する場合のデメリットとしては工賃が高くなる点でしょう。大きな店舗と技術力を持ったスタッフを多く抱えているため、店舗経営の固定費が高めになっている分が工賃に反映されている点もあります。

しかし、タイヤ交換を行うだけではなく、その際にサスペンションやブレーキ、足回りの状態も目視にて確認し、不具合があれば指摘してくれますのでそういった安心料も含まれていると考えれば一概にデメリットだけとも言えません。

カー用品店のタイヤ交換工賃

工賃目安:4,000円-8,000円

カー用品店でタイヤ交換するメリット

カー用品店でタイヤ交換するメリットは、タイヤ自体の在庫を豊富に抱えているため来店してタイヤを選び、見積り金額に納得したらその後は少しの待ち時間で交換作業までを完了できることです。

そのため、出かけた先で急にタイヤ交換が必要になったり、すぐにタイヤ交換が必要な場合はカー用品店で最初に相談してみるのがおすすめです。また、ポイントサービスなども行っていますので、自身のためているポイントサービスが利用できる場合は、その点でもお得になります。

自分で愛車をカスタマイズしたりするなどカー用品店を訪問することが多く、信頼できる店員がいる場合などはカー用品店が安心です。

カー用品店でタイヤ交換するデメリット

購入から交換まで一気に済ませられることも多いカー用品店ですが、週末など利用者の多い時は思わぬ待ち時間が発生することもあります。また、作業する方の技術がディーラーと比較すればバラツキがありますので不安だと考える方もいます

また、カー用品店ではオリジナルブランドのタイヤや輸入タイヤを積極的に取扱い、価格の安さをアピールすることが多くなっています。見積り金額を確認する際はどのメーカーのタイヤでの見積もり価格なのかもしっかりと確認しましょう。

ガソリンスタンドのタイヤ交換工賃

工賃目安:4,000円-6,000円

ガソリンスタンドでタイヤ交換するメリット

ガソリンスタンドの場合、タイヤ交換はサービスの一環として取り扱っているからか、交換工賃も他の店舗よりも安くなっています。

取り扱っているタイヤブランドも国産及び輸入タイヤの有名ブランドは一通り取り揃えています。給油中の待合スペースには各社のタイヤカタログがありますので、どのようなタイヤが良いか、事前に検討することが出来ます。

給油したついでのオイル交換を常日頃から依頼している場合や、近隣にカー用品店がない場合などはガソリンスタンドでのタイヤ交換を検討してみてはいかがでしょうか。

ガソリンスタンドでタイヤ交換するデメリット

取り扱っているタイヤブランドの多いガソリンスタンドですが、店舗面積はカー用品店よりもいのでタイヤの在庫数も少なめです。そのため、交換するタイヤを決定してから入荷するまでに数日ほど待たされることもあります。

タイヤ交換工賃の相場は最も安くなっていますので、タイヤの価格にも納得しており、入荷まで待っても問題ない場合はガソリンスタンドでのタイヤ交換がおすすめです。

カーショップのタイヤ交換工賃

工賃目安:4,000円-8,000円

カーショップでタイヤ交換するメリット

車のカスタマイズに興味を持ち、普段からチューニングやカスタマイズを手がけるカーショップに通っている場合は、タイヤ交換もそちらで相談するのが好みのタイヤを選択する近道です。タイヤ&ホイールの交換やインチアップはカスタマイズを行う際にも最初に検討するメニューの一つではないでしょうか。

それらの相談をカーショップで行って実施した後にまたタイヤ交換の必要性が生じた場合はユーザーの好みを知っているカーショップが便利です。最初はハイグリップタイヤにしてみたが、もう少しコンフォート系のタイヤに変えてみたい、ミニバン専用タイヤに設定サイズがラインナップされたのでそれを試してみたい、などユーザーの好みにあわせたタイヤ選びを一緒になって検討してくれます。

カーショップでタイヤ交換するデメリット

カーショップはカー用品店に比べて専門性が高く、カスタマイズやチューニングにより柔軟に対応してくれますが店舗の規模はそれほど大きくありませんのでタイヤなど保管に場所をとるようなパーツの在庫は多くありません。

そのため、装着するタイヤを選んだ後にメーカーにタイヤを発注しますので、入荷を待ってタイヤ交換を行うことになります。ですので、タイヤがバーストした、修理不可のパンクなどすぐにタイヤ交換が必要な場合の対応は難しくなります。

しかし、ユーザーの好みを理解しているのもカーショップの特徴です。現在、インチアップしている場合やハイグリップタイヤを装着するなどカスタマイズしている場合にはカーショップに相談してみましょう。ユーザーの好みに応じたタイヤ選択を手伝ってくれるはずです。

タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)のタイヤ交換工賃

工賃目安:8,000円-12,000円

タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)でタイヤ交換するメリット

ネット通販で安くタイヤを購入した後のタイヤ交換作業として最初に検討したいのがタイヤ持ち込み交換にも対応してくれるタイヤ交換専門店です。

ネット通販の普及と共に持ち込み交換にも対応してくれる専門店が増えています。ネット通販で購入した際は自宅に到着したタイヤを店舗まで持っていくのが一苦労でしたが、最近の専門店は発送受け取りにも対応してくれるようになりました。

ネットで購入して発送する際に、タイヤ交換を行う専門店の住所と配送指定日を入力すれば、あとは店舗を直接訪問してタイヤ交換を行ってもらうだけですので、ネット通販での不便さは解消されてきました。

ネット通販で価格を比較して安いタイヤを見つければ、ネット通販とタイヤ交換専門店の組み合わせが最もお得にタイヤ交換できそうです。

タイヤ交換費用を抑えたい方は、「タイヤ交換は「持ち込み」が安い!気になる工賃を比較!」こちらもチェックして見てください。

タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)でタイヤ交換するデメリット

ネット通販の普及と共にタイヤ交換専門店の予約が取りづらくなってきています。また、工賃は必ずしも最も安いわけではないですので、ネット通販で購入する際は交換を依頼する予定の専門店の交換工賃と、タイヤ代の合計金額を他の店舗と比較して検討する必要があります。

ネット通販での最安値のタイヤ探しの手間をいとわず、取り付け予約の希望日が合えば最も安い組み合わせになりそうなのがネット通販とタイヤ交換専門店の利用です。

タイヤ交換出張サービスのタイヤ交換工賃

工賃目安:6,000円-10,000円

タイヤ交換出張サービスでタイヤ交換するメリット

自宅から出かけることなく、場合によってはガレージに愛車を駐車したままでタイヤ交換が完了してしまう便利なサービスがタイヤ交換出張サービスです。このサービスではタイヤ交換に必要な機材をトラックに積んで自宅まで来て、その場で交換と脱着が完了します。

作業時間も合計1時間ほどですのでユーザーはその間、自宅の中で待っているだけです。タイヤ交換のために時間を割くことや、手間をかけたくないというユーザーにはタイヤ交換出張サービスがおすすめです。

タイヤの出張サービスについて気になる方は「タイヤ交換の「出張サービス」とは?便利な使い方をご紹介!」こちらもチェックしてください。

タイヤ交換出張サービスでタイヤ交換するデメリット

自宅に居ながらにしてタイヤ交換が完了してしまうという便利なタイヤ交換出張サービスですが、出張料が交換工賃とは別に発生します。店舗によって、出張可能な範囲も決まっていますので事前にホームページなどで確認しておくことが必要です。

また、このタイヤ交換出張サービスもタイヤ交換専門店と同様に予約制ですので急な予約変更には対応できません。確実に在宅できる日を予約するなどの備えが必要です。

タイヤ交換は工賃以外にもタイヤ本体選びが費用を抑えるコツ!

タイヤ交換工賃を、店舗ごとの目安価格で比較してみました。利便性と価格、付帯するサービスなどで交換工賃が異なってくることがわかりました。

もちろん、タイヤ交換を行う場合に最も大きな予算を必要とするのはタイヤ代です。タイヤ交換を検討する場合はタイヤ代、交換工賃、それ以外に古タイヤ処理代など他の費用もかかるのかをしっかりと確認してから各店舗の間で比較してみて下さい。

また、20インチ超などの大口径タイヤ&ホイールなどではタイヤ交換に使用する機材(タイヤチェンジャー)などが対応できない場合もあります。こちらも最初に店舗に確認しておきたいポイントです。

これらのメリット、デメリットと自身の求めるサービスと価格のバランス、工賃比較表を目安に次回のタイヤ交換時の情報としてお役立て下さい。

おすすめの記事