車を維持する上で避けて通れないのが車検ですよね。

購入したディーラーに車検を依頼すると、出された見積もり金額の高さに驚いた方もいるのではないでしょうか。

今回はスバルの車検に着目し、ディーラー車検の相場や高額になってしまう理由、民間車検の種類や選び方など、お得に車検を済ませる方法も解説していきますので、車検業者選びでお悩みの方はぜひ読んでみて下さい。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

スポンサーリンク

1. スバル(SUBARU)ディーラーの車検費用の相場はいくら?

1-1. 初回車検の費用相場

初回車検の相場は、85,000円~120,000円となっていました。

車両の重量や排気量などによって費用は変動し、おおよそ上記の範囲内に収まる形となります。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

2回目(5年目)以降の車検費用相場を見てみますと、およそ100,000円~160,000円ほどとなっていました。

法定費用や検査費用が年数で増加するわけではありませんので、ネックになるのはパーツに掛かる費用で間違いないでしょう。

2. スバル(SUBARU)のディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

それでは実際にディーラー車検と民間車検の費用について比較してみましょう。

車種 スバル(SUBARU)ディーラー オートバックス(民間車検)
シフォン 約85,000円 約45,000円
ジャスティ 約100,000円 約58,000円
レガシィB4 約110,000円 約75,000円
アセント 約120,000円 約80,000円

概算を出してみましたところ、上記のような結果となりました。

上記はあくまで”車検費用”の部分を概算したものですので、パーツ代や工賃などは省いています。

スポンサーリンク

3. スバル(SUBARU)の車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

3-1. 車検費用の内訳

・法定費用

法定費用の目安としては、自賠責保険が約25,000円~27,000円ほど、重量税は

6,600~41,000円ほどで、エコカーの場合は減税対象となるようです。

それに加え、手続き用の印紙代が1,100円という感じで、平均値で合計すると約55,000円となります。

法定費用は車検の回数に左右されませんので、3年目も5年目も同程度の費用となり、”高くなる理由”には当てはまりません。

・車検整備費用

法定費用とは違い、ディーラー車検と民間車検で如実に差が出るのが車検整備費用です。

まず、民間車検業者の代表としてオートバックスの車検整備費用を挙げますと、申請代行料込みで12,800円となっています。

続いてディーラー車検ですが、人気車種であるインプレッサで約50,000円、BRZで約45,000円となっており、オートバックスの費用の4倍近い数字になっており、車検費用に差を付ける一因と言って間違いないでしょう。

・その他のメンテナンス費用

オイルなども含め、車検時に不具合が見受けられるパーツを交換するわけですが、ディーラー車検の場合は、交換する対象が”純正パーツ”に限られてしまいます。

つまり、スバル製のパーツのみ使用可能で、他社製のパーツがリーズナブルであっても選択出来ません。

民間車検の場合は社外パーツも使用可能ですので、ディーラー車検と比較すると安く収まるケースがほとんどです。

年数を重ねる毎にパーツ交換の箇所は多くなりますので、車検費用が累進的に高額になってしまいます。

5年目以降が高くなってしまう理由としては、純正パーツの価格や、ディーラーの工賃が大きく関わっていると言えるでしょう。

3-2. 5年目、7年目を迎えるスバル(SUBARU)は部品の交換時期

新車で購入しても、5年、7年と年月が経過すれば、搭載されているパーツの寿命も訪れます。

3年目の車検では必要無かった交換が5年目で必要になる事も多いですし、3年目に交換したから次回は交換不要というわけでもありませんので、車検ごとに加算されるイメージを持っておくと良いでしょう。

3-3. スバル(SUBARU)は部品交換や修理費用、工賃が高い

前述もしましたが、ディーラー車検の場合は純正パーツの使用を始めとして、ディーラーならではの高度な設備を使用した車検を行うため、車検費用が高額になってしまいます。

民間車検の場合は、極端に言ってしまえば「車検に通過させればOK」ですので、多少のパーツ故障は修理などで済ませる場合もあり、その分が安く済ませられるという事なんですね。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

ディーラー車検というと、大半の人は購入した販売店に持っていく形になるかと思いますが、販売店に車検設備が無い場合もあり、その場合は提携している整備工場で車検作業が行われます。

提携しているとはいえ、形式上は”外注”のような形になりますので、その分のマージンが発生してしまうわけですね。

そのマージンを誰が払うのかと言いますと、依頼者の車検費用に加算される形となり、結果的に車検費用が少々上がってしまいます。

4. スバル(SUBARU)のディーラー車検と民間車検の違い

4-1. 車検費用の違い

車検費用に関しては確実に違っていると言えますね。

場合によっては2倍近くの差が出ますので、車検費用を抑えたい方にとっては民間車検の費用目安が魅力的に映るはずです。

シンプルに車検費用だけで見てしまうと、「何でディーラー車検を選ぶ人がいるんだろう?」と疑問を持つ人すら現れそうなくらい如実に違いが出ています。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

スバルのディーラー車検には、”SSM(スバルセレクトモニター)”という検査システムが導入されており、故障や不具合の箇所を割り出し、精度の高い点検を可能としています。

また、運転支援システムである”アイサイト”の専用診断システムなどもあり、これらはディーラー車検でないと受けられません。

昨今では高度な電子機器を搭載した自動車が多いため、そういった機器の故障や不具合の見落としを避けられるという点では、ディーラー車検のクオリティはワンランク上と言えるでしょう。

4-3. 信頼性の違い

”車検”という作業自体の信頼性を考えると、専門性の高い設備を持っているディーラー車検の方が格段に高いと言えるのではないでしょうか。

もちろん、「昔から任せている整備工場がある」などのように、知り合いの業者に個人的に高い信頼を置いているケースもあるかと思いますが、フラットな目線で考えますとディーラー車検に軍配が上がると言えるでしょう。

5. スバル(SUBARU)車の車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

5-1. メリット

・車検費用が格段に安い

これまで何度も書いてきましたが、車検費用の安さは最大のメリットであると言えるでしょう。

”車検”という言葉を聞くと、愛車の事よりもお財布事情を心配してしまう方も少なくはないでしょうし、最大でディーラーの半額程度まで収まるとなれば、民間車検に即決してしまうのも頷けます。

・業者によっては即日対応な場合も

車検の際に「代車に乗るのがイヤ」という意見も意外と多いですよね。

民間車検業者の中には”1day車検”や”日帰り車検”など、持ち込んだその日のうちに作業を完了させてくれる業者もありますので、代車嫌いの方にはおすすめです。

ちなみにディーラー車検は2~3日程度掛かるのが一般的と言われていますので、即日完了というのはありがたいですね。

・汎用パーツとの交換や修理対応も可能

ディーラー車検の場合、パーツの故障や不具合については交換対応となってしまい、交換箇所分の純正パーツ費用が掛かってしまいますが、民間車検業者の場合は、純正以外の社外パーツ(汎用パーツ)の使用、パーツ自体の修理対応なども可能なケースもあり、車検費用を抑える事ができます。

業者によっては修理技術が優れている場合もありますので、そういった見極めは非常に大切になってきますね。

5-2. デメリット

・電子機器などの点検に対して弱い

ディーラーにはスバル車に特化した点検設備があり、最新技術が詰め込まれている電子機器の点検なども容易ですが、民間車検業者には専門的な設備が無いため、電子機器の細かい点検などは行えません。

消耗や故障の状況を細かくチェックするディーラー車検とは違い、民間車検は”車検を通すこと”を目標にし、価格を引き下げている部分がありますので、点検の精度を求めるのであればディーラー車検一択と言えるのではないでしょうか。

・選択肢が多く手間が掛かる

ディーラー車検の場合は販売店に持ち込む形となりますので、”車検業者選びで迷う”という事はまず起こりえないわけですが、民間車検業者はかなりの数があり、業者の見極めが非常に重要です。

見極めをするとなると、必然的にいくつかの業者を比較する必要が出てきますので、業者をピックアップする時間、数社に見積もりを出して結果を待つ時間、見積もりを比較する時間など、ディーラー車検と比較すると多くの時間や手間が掛かってしまうわけですね。

パッと見の安さで即決してしまうのは危険ですので、少々面倒でも業者はきちんと見極める事が大切です。

・点検パックへの加入、更新が出来ない

オイル交換や点検費用がサービスされる”点検パック”ですが、こちらはスバルディーラーでの車検時に加入や更新が出来るものですので、民間車検業者では手続きが出来ません。

民間車検業者の中にも、点検パックと同じような補償サービスを行っている業者はありますので、そういったサービスやプランを利用することで、点検パックの代用にはなるかと思いますね。

6. スバル(SUBARU)ディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

6-1. 民間車検の種類

・オートバックスなどのカー用品店

車検費用の比較にも使用させていただきましたが、料金体系の分かりやすさやホームページの見やすさ等に関しては、大手カー用品店は高い水準を誇っていますね。

普段お買い物で利用される方も多いと思いますし、行きつけのお店があるのであれば、申し込みなどもしやすいかと思います。

スタッフや設備などに関しても、一定以上のレベルは保っていますので、比較的安心して任せられる業者であると言えるでしょう。

・ガソリンスタンド

カー用品店と同様か、それ以上にカーライフでの利用頻度の高さを誇るのがガソリンスタンドでしょう。

大手ほど車検施設もきちんと整っていますし、料金などもパンフレットやホームページなどに明示されている場合が殆どです。

給油のついでに車検の相談も気軽に出来ますし、車検に対して腰が重い方は、話すタイミングの多いカー用品店かガソリンスタンドが良いのではないかと思いますね。

スタッフや設備の水準に関しても、カー用品店同様に一定水準以上は保たれていると言えます。

・民間整備工場

いわゆる”町の整備工場”という感じですかね。

車やバイクなどの整備を専門的に行っている工場を指します。

民間整備工場には、1日車検に対応している”指定整備工場”、そうでない”認定整備工場”の2種類が存在しており、前述した「代車に乗りたくない派」の方は指定整備工場を選ぶと良いでしょう。

パーツの修理対応を行ってくれるのが整備工場のメリットではありますが、工場によって設備や整備士の質にムラがあるため、全ての工場で全ての修理対応が可能というわけではありません。

良い整備工場に当たれば、技術レベルも高く、車検費用も大幅に安くなる可能性もありますが、最新技術を搭載した車両は整備不可というケースもありますので、最も見極めが大切な業種とも言えます。

・フランチャイズ店

民間整備工場をフランチャイズ化し、”車検専門のチェーン店”がこの業態ですね。

テレビCMや広告などで見かける”○○車検”や”車検の○○”といった社名(店名)がこれにあたります。

使用しているのは元々営業していた整備工場ですが、マニュアル化が行き届いているため、一般的な整備工場よりは設備や技術力のムラが少ないのが特徴です。

しかし、同じ系列でも店舗によって可能なサービスが微妙に異なる場合がありますので、近くのお店で見積もりを出して確認するようにしましょう。

車検のみに特化している業態ですので、作業スピードの早さや、車検費用の安さを売りにしている場合が多く、独自の割引サービスなども行っている事が多いですね。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

民間車検を選ぶからには、重要視したいのは”安さ”ですよね。

しかし、安さだけで選んでしまうと、車検後に思わぬ故障やトラブルに見舞われた際に困ってしまうケースもあります。

そのため、安さも加味しつつ”車検後のアフターサービス”がきちんとしている業者を選ぶ事が大切です。

例えば、車検の6か月後に無料で点検を行ってもらえる業者などもありますので、そういった点をきちんと見極めましょう。

また、民間整備工場などを候補に入れる場合は、”スバル車の取り扱い実績”もチェックしましょう。

大手のカー用品店やフランチャイズ店、ガソリンスタンドなどのホームページには特に記載されていませんが、民間の整備工場の場合は、整備で扱った車種やメーカーを記載している場合が多いです。

スバル車を多く扱っている業者の方が信頼性は高いと言えますし、選ぶポイントとして抑えておきましょう。

そして最大のポイントとしては、”複数業者から選ぶ事”ですね。

少しでも車検費用を抑えたいと思うのであれば、最初から1つの業者に決め込んでしまうのは非常に勿体ないです。

複数の業者に見積もりを出してみると、第3候補くらいの業者が一番安かったという例も多々ありますので、最低でも3社くらいは見積もりを出してみる事をおすすめします。

・安さだけではなくアフターサービスもチェック

・スバル車の扱い実績もチェック

・1社に決めず、複数業者に見積もり依頼を出す

上記3点に注意すれば、車検業者の見極めもしやすくなるでしょう。

7. スバル(SUBARU)の車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

”車検費用を抑える”という名目であれば、選択肢は民間車検で異論はないでしょう。

しかし、本記事でも解説したとおり”民間車検”と一言にいっても様々な業種が存在しています。

その中で取捨選択をしっかりするために、気になった業者全てに見積もりを依頼する事をおすすめします。

見積もりを複数出す事に対して、「断ったら迷惑じゃないだろうか…」などのように遠慮がちな人もいるかと思いますが、複数の見積もりを出す事は決して悪い事ではありませんし、複数出してみないと比較も出来ません。

最近ですと、インターネット上で見積もりが出来る業者も多いですので、手始めに見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!
グー車検
ホリデー車検
EPARK車検
おすすめの記事