車を持つ上で避けて通れないのが車検ですよね。

ディーラーに頼むと、想像よりも高額な見積もり結果を出されて驚いた方も多いのではないでしょうか。

今回はHONDAの車検に着目し、HONDAディーラーの車検がなぜ高くなるのかを民間車検と比較しつつ解説し、賢い車検業者選びなどについても書いていきたいと思います。

車検業者選びでお悩みの方には是非読んでいただきたいですね。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

スポンサーリンク

1. HONDA(ホンダ)ディーラーの車検費用の相場はいくら?

1-1. 初回車検の費用相場

HONDA車の初回(3年目)のディーラー車検費用を見てみますと、”7~10万円+パーツ交換代”が相場となっていました。

自賠責や重量税などの法定費用、検査費用については重量や排気量で固定となっていますので、走行距離や運転環境によるパーツの交換量がカギとなるようですね。

また、HONDAの定期点検パックである”まかせチャオ”に加入すると、車検時に掛かる費用が大きく上乗せされます。

定期点検やオイル交換をサービスするパックで、長期的に見るとお得ではありますが、シンプルに”初回車検時の費用”と考えると、金額を上げてしまう要因でもあります。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

2回目(5年目)以降は、徐々にパーツ交換を必要とする箇所が増えてしまうため、10万~16万程が相場となっています。

こちらも、”まかせチャオ”に加入するか否かで大きく金額が変動し、車検時に選ぶプランなどによっても金額は大きく変動してしまうようで、7年以降の車検となりますと20万円を超えるケースも珍しくありませんでした。

2. HONDA(ホンダ)のディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

ディーラー車検と民間車検を比較し、一般的な相場を図に表してみました。

車種 HONDA(ホンダ)ディーラー オートバックス(民間車検)
N-BOX 約70,000円 約45,000円
フィット 約90,000円 約65,000円
ステップワゴン 約100,000円 約75,000円
オデッセイ 約110,000円 約80,000円

初回(3年目)の車検費用を目安にまとめると上記のようになり、この費用にパーツ代などをプラスする形となります。

スポンサーリンク

3. HONDA(ホンダ)の車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

3-1. 車検費用の内訳

・法定費用

法定費用に関しては、車検の種類を問わず、どこで車検を受けてもほぼ同じ金額となります。

重量や排気量によって幅はありますが、自賠責保険は約25,000~27,000円前後、重量税は6,600~41,000円、印紙代は1,100円となっています。

HONDA車の代表例としてフィットをディーラー車検に出した場合の法定費用を計算してみますと、自賠責27,840円、重量税24,600円、印紙代1,100円で合計53,540円という感じですね。

・車検整備費用

車検整備費用は”実際に車検の作業を行う為の費用”といったところでしょうか。

民間車検の代表としてオートバックスを例に挙げますと、車検整備費用は申請代行料込みで税別12,800円となっており、車両の重量や排気量などに関わらず一律の金額です。

ディーラー車検の場合は、24ヶ月点検基本料金、保安確認検査料、検査代行手続料、下廻りスチーム料と細かく分類されており、ディーラーの地域によって多少の差はあるものの、合計約37,000円~41,000円前後となっています。

ディーラーの場合は、車両の重量や排気量によって金額が上がるシステムとなっているため、最大で3万円近くの差がついてしまいます。

5年目以降の高さには直接関係ありませんが、「ディーラー車検は高い」と言われる要因の1つと言えますね。

・その他のメンテナンス費用

車検の際に、法定費用と基本的な車検作業だけで済むわけではなく、パーツの交換やオイル交換などのメンテナンス費用も発生します。

また、ディーラー車検が高額になる要因として、故障しているパーツだけではなく、”故障が予期されるパーツ”の交換も必要とされるケースがあり、こちらも純正パーツでの対応になるため、費用がさらに上乗せされる形となるわけですね。

こういったパーツ代やパーツの交換量が5年目以降に増えてしまうため、車検費用に差が生まれてしまうわけですね。

3-2. 5年目、7年目を迎えるHONDA(ホンダ)は部品の交換時期

前述もしたとおり、5年、7年と年数を重ねていくにつれ、寿命を迎えて交換を余儀なくされるパーツが多くなってしまいます。

寿命については、走行距離や運転の技術などによっても左右されますが、どれだけ大切に乗っていても5年目には不具合が生じてしまうケースがほとんどでしょう。

昨今はAT車が大半を占めている時代ですので、AT車特有のオイルであるATフルードの交換も5年が目安とされており、長く乗るためには必要不可欠です。

また、エアクリーナーも4~5年が寿命とされており、こちらも5年ほどで交換するケースが多いですね。

3-3. HONDA(ホンダ)は部品交換や修理費用、工賃が高い

ディーラー車検のメリットとして、車の隅々まできちんとメンテナンスを行ってくれる点が挙げられますが、その分整備項目が増えてしまいますので、トータルの工賃は高くなります。

民間車検の場合は、極端に言うと”車検を通すための修理”のみの費用で済ませる事が可能ですので、どうしても差はついてしまいますね。

オイルなどの費用や工賃が補償される”まかせチャオ”の存在もありますが、それを加味しても民間車検よりは高額です。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

ディーラー車検を依頼する場合、その車を買った販売店に持ち込む形になりますが、車検の作業自体をその販売店で行っているわけではなく、提携している工場で行っている場合が多くあります。

その場合、販売店から提携工場への外注マージン(中間マージン)が発生し、それが車検費用に上乗せされてしまうわけですね。

民間車検の場合は、車検作業を行っているショップや工場に持ち込みますので、ここでも金額の差が生まれてしまいます。

4. HONDA(ホンダ)のディーラー車検と民間車検の違い

4-1. 車検費用の違い

車検費用の違いは最も如実と言えるでしょう。

基本的な費用だけでも1.5倍近くの差が出てきますし、パーツ代などを合わせると2倍以上になってしまう事もあります。

そのため、「とりあえず安く車検を済ませたい」という考えを持っている場合は、民間車検の方がおすすめであると言えますね。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

点検や整備の内容については、ディーラー車検の方が優れていると言えます。

理由としては、ディーラーと提携している整備工場には、HONDAから技術提供もありますし、HONDA車を見るための専門的なシステムであるHDS(Honda Diagnostic System)によって、パーツの消耗具合や損傷具合だけではなく、目視では分からない電気系統の診断なども行うことが可能です。

精度の高い車検を求めるのであれば、ディーラー車検を選ぶべきと言えるでしょう。

4-3. 信頼性の違い

車検内容の項目と重なりますが、専門的な知識や技術力を持っているため、ディーラー車検の方が信頼性は確実に高いと言えます。

民間車検業者でも、知り合いの整備士や整備工場がある場合、「人間的に信頼出来る」という意味で信頼性が高いと言える部分はありますが、そういった個人的な主観を除いて考えると、自分の愛車を安心して任せられるのはディーラー車検であると言って間違いないでしょう。

5. HONDA(ホンダ)車の車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

5-1. メリット

・費用の安さ

何度も書いてきましたが、民間車検の最大のメリットは費用の安さです。

車検を通過させるために最低限必要な項目だけをピックアップし、破格の安さで車検を提供している業者も多くあります。

「安すぎて不安」という声もあるとは思いますが、現代はインターネットなどで幅広く情報を得られますので、安くて技術もしっかりしている業者を見つける事も難しくはないでしょう。

・使用パーツなどの柔軟性

ディーラー車検の場合は、”パーツ交換=純正パーツ”となってしまいますが、民間車検の場合は、比較的安価な汎用パーツと交換する事も可能です。

汎用パーツというのは、HONDA車以外の様々なメーカーに対応し、パーツを専門に扱っている業者が製造したパーツの事を指します。

中には「純正パーツより優れている」と言われるものもありますので、そういったパーツへの交換も選択肢に入れられる自由度の高さは、民間車検ならではのメリットと言えるでしょう。

・交換だけでなく修理対応も可能

パーツの消耗や損傷に関して、ディーラー車検は全て交換対応となりますが、民間車検の場合は修理対応を行なってくれる業者がほとんどです。

もちろん整備士の技量に頼る部分は大きいですが、業者の見極めをきちんと行う事で、リスクの軽減は充分に可能かと思います。

5-2. デメリット

・業者選びに時間が掛かる場合が多い

メリットの項目でも書きましたが、民間車検の場合は”業者の見極め”が非常に大切な要素となります。

ディーラー車検の場合は購入した店舗に持っていくだけで済みますので、いくつもの業者に見積もりを依頼したり、評判などを調べる必要もありません。

例えば、インターネットで「車検 おすすめ」などのワードで検索するだけでも大量の民間車検業者がヒットしますので、そういった中から選ぶ手間が掛かってしまうわけですね。

・細かい部分の点検は受けられない

前述もしましたが、HONDA独自の点検システムであるHDS(Honda Diagnostic System)は、HONDAの提携工場にしかありません。

そのため、細かい消耗のチェックや電気系統などのチェックについて、民間車検業者では技術的に不可能となってしまいます。

一定水準の点検は行ってもらえますが、先々の故障対策などを考えると少々弱い点ではありますね。

・補償サービスの更新や加入手続きが出来ない

HONDAには”まかせチャオ”という補償サービスがありますが、これはディーラーで加入や更新をするものですので、民間車検業者では行えません。

車検と別でディーラーに足を運んで加入や更新を行う事は可能ですが、まかせチャオ自体が点検などを補償するサービスですので、現実的とは言えないでしょう。

6. HONDA(ホンダ)ディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

6-1. 民間車検の種類

・オートバックスなどのカー用品店

大手カー用品店の場合、ホームページなども充実しているため、料金設定などが分かりやすい事がポイントです。

設備や整備士の質に関しても一定水準は満たしている事が多く、安価でありながらも安心して任せられる業者と言えるでしょう。

普段よく利用するカー用品店がある場合は、この方法が最も手近で良いかと思います。

・ガソリンスタンド

カー用品店と同様にガソリンスタンドも料金設定の分かりやすさの点でおすすめです。

普段から利用している店舗であればスタッフとのコミュニケーションも取りやすく、申し込みまでの流れはスムーズにいけるでしょう。

昨今ではカー用品を通販で買うという方も多いと思いますので、車を運転する上で避けては通れないガソリンスタンドの方が、申し込みやすさや手軽さは勝るとも言えるでしょう。

・民間整備工場

民間車検は大きく2種類に分類され、1日車検に対応している”指定整備工場”と、対応していない”認定整備工場”があります。

また、設備や整備士の質にムラがあり、車種やメーカーによって得意不得意が存在します。

しかし、”整備”工場というだけあって、不具合のあるパーツは交換ではなく修理で対応してくれる場合が多く、車検費用が予想外に安く上がることもあります。

・フランチャイズ店

車検のみを扱い、元々ある整備工場をフランチャイズ化して営業されている業者を指します。

CMやインターネットで「○○車検」や「車検の○○」という店名(社名)を見掛けた場合、大体このタイプの業態と思って間違いないでしょう。

インターネットで広く宣伝している事もあり、料金プランやサービスなどについてはホームページに分かりやすく記載されている場合が多く、見積もりなどもその場で出来る店舗が殆どです。

元々民間の整備工場を利用しているため、店舗によって整備や修理の内容などに微々たる差はありますが、基本的にはマニュアル化されているため、技術の水準などは一定以上を保っていると言えます。

フランチャイズ店は、車検費用の安さや作業スピードなどを売りにしている事が多いため、「安くスムーズに済ませたい」という場合はおすすめですね。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

民間車検を選ぶ際のポイントをシンプルに3つ挙げておきます。

  • アフターサービスや補償がしっかりしている事
  • 最初から1つの業者に絞ってしまわない事
  • HONDA車の取り扱い実績が多いかどうかをチェックする事

民間車検に関しては、どうしても”安さ”に目が行ってしまいがちですが、安さだけで選んでしまうと、車検後に思わぬトラブルを引き起こすリスクがあります。

そのため、ここで挙げた3つのポイントを頭の片隅に置きつつ、その中で安く済む場所を選ぶ事が大切ですね。

ディーラー車検と比較すると選択肢がかなり多くなりますので、遠慮はせずに複数の見積もりを出して検討しましょう。

7. HONDA(ホンダ)の車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

ディーラー車検と民間車検について、それぞれの内容やメリット・デメリットなどを解説してきましたが、”車検費用を抑える”となると、選択肢は民間車検一択です。

民間車検も多様化し、年々その数も増えていますので、しっかりと見極める事で”納得できる業者”に出会える可能性は高いと言えます。

複数の業者に見積もりを出す事をためらう方も多いとは思いますが、ホームページなどに載っている情報だけではなく、見積もりで上がってきた内容を確認して決めましょう。

見積もりを複数出してみますと、自分が考えている以上に業者ごとで違う結果が出てきます。

まずは気になる業者をピックアップし、その全てに見積もり依頼をするところから始めてみてはいかがでしょうか。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!
グー車検
ホリデー車検
EPARK車検
おすすめの記事