車好きに大人気!トヨタ86の価格について

アニメなどにも登場し、車ファンから大いに愛されたAE86。そのAE86が現代に蘇った、『トヨタ86』をご存知ですか?スバルとの共同開発により生み出された、ライトウェイトスポーツカーです。

この記事では、『トヨタ86』の魅力、新車価格、維持費、中古価格などを徹底紹介させて頂きます。『トヨタ86』に興味のある方は、是非この記事を最後までチェックして下さいね。

1. トヨタ86のグレード別新車価格まとめ

(グレード)GT“Limited”

・オートマ(AT)車の価格:314万7,709円

・マニュアル(MT)車の価格:306万5,237円

『トヨタ86』の最上位グレードです。外装部分では、マフラーカッター付きのデュアルエキゾーストテールパイプに加え、トルセンLSD、ベンチレーテッドディスクブレーキを装備し、かなりスポーティな仕上がりになっています。

タイヤインチサイズも「G」「RC」と言ったグレードとは異なり、標準で17×7Jアルミホイールにタイヤサイズは215/45R17 87Wとなっています。

“Limited”独自の装備としては、スポーツブレーキパッド、リヤフォグランプ、リヤスポイラー、フロアアンダーカバーなどを装備し、他のグレードと差別化が図られています。

(グレード)GT

・オートマ(AT)車の価格:296万2,145円

・マニュアル(MT)車の価格:287万9,673円

“Limited”に次ぐ、上位グレードです。外装部分に関しては、“Limited”のリアスポイラーなどの特別装備を除けばほぼ同等ですが、内装の座席には上級ファブリックを使用し、“Limited”とは差別化が計られています。

「G」や「RC」とは異なり、ノブ、レバー周りは本革仕様になっており、内装にも高級感があるのが魅力ですね。

(グレード)G

・オートマ(AT)車の価格:256万582円

・マニュアル(MT)車の価格:248万8,909円

“Limited”、 GTに次ぐグレードで、タイヤサイズも16×6½Jアルミホイールに205/55R16 91Vタイヤとインチダウンしており、維持費も少しかかりづらい仕様になっています。外装照明関係はプロジェクター式ハロゲンヘッドランプを装備。内装のシフトレバーノブやサイドブレーキノブなどは、ウレタン仕様になっており、上位グレードとは差別化されています。

(グレード)RC

・オートマ(AT)車の価格:なし

・マニュアル(MT)車の価格:205万6,909円

『トヨタ86』の中では、ベースグレードとなり、最も価格の安いモデルです。ラインナップはマニュアル車のみで、外装や内装の装備も他グレードと比べると、安価な仕様になっています。

イチから車をイジって、自分仕様に染め上げたいという方には最もオススメなグレードです。ホイールもアルミホイールではなく、スチールホイールが標準装備です。

2. トヨタ86の購入価格&値引きのコツ

ここまで各グレードの価格を紹介させて頂きましたが、いざ購入しよう! と考えた時に、総額でいくら支払わなけらばならないのか、維持費はどれくらいかかるのかなど非常に気になりますよね。

この項目では、それらについて紹介して行きます。

2-1. トヨタ86の購入価格は総額いくら?

トヨタのホームページ内に購入総額をシュミレーション出来るページがありますので、そこで購入総額をシュミレートしてみました。

https://toyota.jp/86/style/3d/

グレードは上位グレードのGT“Limited”を選択し、ボディカラーは、ピュアレッド、インテリアカラーは、レッド&ブラック 本革×アルカンターラ(R)で赤を基調にしてみました。

ナビはステアリングスイッチ付きのフルセグのものを装備して、ナビ連動のETCを装備・・・・というようにある程度装備を整えた場合は、購入総額¥3,628,447(税込)という価格になりました。

(この中には税金や諸費用などの諸経費が¥254,527が含まれています)。

同じグレードでも、装備次第ではまだまだ値段も下がりますし、下位グレードであればもっと安価になります。ご予算と相談して検討してみて下さいね。

2-2. トヨタ86の維持費の目安

いざ購入したは良いけど、車は維持出来なければ乗ることは出来ません。誰でも車の維持費は非常に気になるところですよね。仮に『トヨタ86』を購入した場合の購入後の維持費を紹介して行きましょう。

・駐車場代

車を購入したら当然車を置く場所が必要です。全国的な駐車場代のアベレージは大体月に1万円前後ですが、地方であれば無料というケースもあります。

持ち家の場合は自宅に駐車場がある場合は費用はかかりません。ただし、都内の場合だと3万円〜5万円という駐車場代もザラなので、都市部にお住まいの方は、費用が大きくかかります。

全国のアベレージの費用で考えると年間12万円程度は必要となります。

・任意保険

任意保険の加入は強制ではありませんが、万が一の場合に備えてほとんどの人が加入しています。費用は保険会社によりまちまちですが、平均すると月に5千円前後の場合が多いです。

年間で考えると7万円程度の費用は必要になります。

・自動車税

自動車税の支払いは、車を所有している場合、義務ですので必ずかかる費用です。自動車税の費用は車の排気量によって金額が異なり、『トヨタ86』の場合は排気量2,000cc未満なので、年間39,500円になります。

・車検の費用

新車で購入した場合は、購入してから3年後になりますが義務として車検を受ける必要があります。よほど変な運転をしていなければ、一回目の車検は10万円程度で済ませることが出来ます。

ある程度直す箇所が必要となる場合も考え10万円〜14万円程度は3年に一度かかると考えておきましょう。

・ガソリン代

これはその人が乗る距離によってまちまちなので一概には言えないため、明言は避けますが、『トヨタ86』はハイオク車です。

レギュラーでも走行出来なくはないのですが、ノッキングが大きくなったり、長期的に見た場合の故障の原因になる可能性があるため、ハイオクを入れるようにしましょう。

2-3. トヨタ86の値引きはいくら可能?

車を購入する場合、担当営業マンとの交渉次第では、購入価格の値引きが可能です。実際に購入された方のレビューを見ていると、平均で20万円〜25万円前後の値引きに成功しているようです。

MAXの値引き価格で25万円程度なので、それ以上の値引きは難しい可能性があります。

2-4. トヨタ86の値引きのコツ

・下取り車

『トヨタ86』に限った話ではありませんが、新車を購入する場合は、下取り車の有無もポイントになります。

車買取一括査定サイトなどで、事前に買取価格の見積もりを複数社から取ることで、下取り価格を査定してもらう場合の参考価格とすると、下取り価格をアップしてもらうことが可能です。

・複数のディーラーで見積もりを取る

ディーラーによって、劇的に違う!ということはありませんが、相手の営業マンとしたら出来るだけ車を高く売りたいと思うのが当然の心理。

そのため、同じトヨタのディーラーでも価格がやや異なる場合があります。

1つの店舗だけで見積もりをすると、その価格が適正がどうかの判断が難しいため、複数のディーラーで見積もりを取って、交渉の材料にしたり、一番価格の安い店舗で購入するというのも値引きの手段です。

3. トヨタ86の中古車価格の相場

「新車で購入したいけど、出来るだけ安く買いたいな・・・」と考えるのは当然の心理ですよね。そういう場合は中古車で購入することもオススメです。早速中古相場を紹介していきましょう。

3-1. トヨタ86前期の中古相場

2012年に発売された前期モデルの中古相場は、2018年6月現在だと、160万円〜200万円という価格帯です。

一時期は価格がなかなか落ちないという状況がありましたが、年数が経過して値段が徐々に落ちてきましたので、まさに買うチャンスと言えますね。

3-2. トヨタ86後期の中古相場

2016年8月よりマイナーチェンジを経て登場した後期型。こちらは年式的にまだ新しいのと、

まだ中古市場に台数が少ないこともあり、まだ価格は少し高めです。相場としては、230万円〜250万円と言ったところで価格が安定しています。

3-3. トヨタ86の中古車ならこのグレードがおすすめ!

中古車でオススメのグレードであれば、やはり「G」ですね。「GT“Limited”」は最上位グレードだけあってやはり高額ですし、「 GT」は中古の市場に台数も多く価格も落ち着いていますが、それでも値段は少し高めです。

そう考えると「GT」の一個下のグレードである「G」が現実的に考えるとコストパフォーマンス的に優れており、オススメです。

4. トヨタ86のおすすめグレードと購入時期

車を購入するタイミングですが、新車であっても中古車であっても、実は最も安い価格が出る時期というものがあります。新車でも中古車でも、折角買うなら少しでも価格が安い方が良いですよね。

4-1. トヨタ86を新車で購入する場合

新車で購入する場合、最も価格が安くなるタイミングというのは、9月と3月頃と言われています。何故かというと、車の販売店に限らず、多くの日本の会社は9月は半期決算、3月は決算の時期なのです。

自動車の販売店の営業マンには、それぞれに売り上げ目標があり、決算までに少しでも売り上げを上げたいという心理があります。

そのため決算期は、価格を少し安くしても良いから、売りたいという心理が働くのです。そのため、9月、3月は普段より安く買えるというわけなんですね。

新車で購入する場合のオススメグレードは最上位グレードの「GT“Limited”」がオススメのモデルです。

理由としては、最上位グレードの場合は何年か後に、車を売りに出す際、市場に台数が少ないモデルのため、高く売りやすいからです。

リセールする時のことも考えて新車を購入すると、後々良いことがありますよ。

4-2. トヨタ86の中古車を購入する場合

オススメのグレードに関しては、別項目で紹介させて頂いた通り、「G」がオススメです。

中古車で買う場合はリセールでもそれほど高く売却出来ないケースもあるため、あまり最上位グレードを買うメリットに欠けてしまうのです。

オススメの購入時期については、新車と同様の理由で9月と3月頃が最もオススメな購入時期です。

5. まとめ

以上、『トヨタ86』を購入した場合の価格の情報や維持費などをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

デザイン的にも非常に魅力的でスポーティな車なので、心の底から乗りたいと思ってしまう車ですよね。

スポーツカーの中では、比較的安価な部類に入るので、これまでスポーツカーに乗ったことがないという方にも入門用として非常におすすめです。是非検討してみて下さいね。