トヨタ86、BRZを中古でゲット! 気になる中古相場は?

トヨタとスバルの共同開発により誕生した、「トヨタ86」そして「BRZ」。両車両共に、ベーシックなライトスポーツカーとして、幅広い年齢層のドライバーから支持されています。

新車で購入するには、費用的な面で抵抗がある方も多いかもしれませんが、中古であれば、新車価格と比べると大幅に安い値段で購入することが出来ます。

この記事では、「トヨタ86」と「BRZ」の中古相場、そして購入時の注意点など、中古での購入を検討されている方に役立つ情報を紹介させて頂きます。是非最後までご覧になって下さいね。

1. 86とBRZの中古相場

まず中古の購入を検討するのであれば、抑えておきたい情報は、中古の相場ですよね。早速紹介していきましょう。

  • 「トヨタ86」→前期モデル 150万円〜190万円程度
  •                後期モデル 240万円〜290万円程度
  • 「BRZ」  →前期モデル 170万円〜190万円程度
  •           後期モデル 240万円〜290万円程度

後期モデルは両車共に、まだ市場に台数が多くないため価格の差はほとんどありませんが、前期モデルについては、やや「トヨタ86」の方が安いという状況です。

2. 86とBRZの中古車の違い

まずは中古車の違い以前に、両車の違いを把握しておきましょう。基本部品は「トヨタ86」も「BRZ」も同様ですが、大まかな違いは、

  • フロントグリルのフォグランプの形状
  • 内装およびオプションの違い
  • カラーバリエーションが異なる(WRブルーマイカはスバルのお家芸共言えるカラーなので「BRZ」にしか存在しない)

これはユーザーインプレッションによるものですが、ドライビング感覚がやや異なるという声もあります。

その他、さらに細かい部分だと、

  • トヨタ86にはエアコン類のメーカーオプションの設定が無い
  • BRZでは、全グレードで HIDライトが標準装備されている
  • BRZではデジタルスピードメーターが標準装備。(トヨタ86の場合はGT及びGT Limitedのみ標準装備です)

これらが「トヨタ86」と「BRZ」の違いです。車両として劇的な違いは共同開発車両のため当然ありませんが、一部には違いがあり、トヨタ好きは「トヨタ86」を、スバル好きは「BRZ」を選択する傾向が非常に強いです。

中古車として違いは、簡単に言ってしまうと、市場にある台数です。

中古市場の台数というのは、新車でどれほど売れたかによって左右されますが、台数の比率をざっくりと言うと、「トヨタ86」の中古車台数の方が「BRZ」の約3倍以上あるため、先ほどの中古相場の通り、「トヨタ86」の方が中古車でも価格がやや安くなる傾向があります。

これが大きな違いと言えるでしょう。(BRZの方がほんのわずかですが、新車価格が高いというのもあります)

3. 86とBRZ中古車で買うならどっち?

これはどちらのメーカーが好きか・・・というところにも大幅に左右されてしまう点なので非常に難しいところですよね。

価格的な面では、気持ち「トヨタ86」の方が中古市場に台数が多いため、安く買いやすいのは事実です。そのためほんの少しでも費用を抑えたいという方には、「トヨタ86」の方がおすすめということになります。

但し、熱狂的なスバルファンなら理解出来るであろう、「BRZ」の「WRブルーマイカ」。これはスバルにしかない、「スバルらしさ」が全面に出ているカラーです。

正直なところこのカラーに乗るためだけに「BRZ」を選ぶ価値があるのも、事実。「WRブルーマイカ」に乗りたいのであれば、無条件で「BRZ」一択ということになります。

また、中古車を購入すれば、ディーラーでアフターケアを受けるケースも多々出てくるかと思いますが、どちらのディーラーでアフターケアを受けたいかということも、「トヨタ86」と「BRZ」のどちらを選ぶのか・・・という基準になってきます。

4. 86とBRZの中古車を買う時の注意点

これは「トヨタ86」と「BRZ」を買う際に限った注意点ではありませんが、確実に確認しておきたい項目は下記の4つです。

  • 走行距離
  • 修復歴
  • 車検の有無
  • 購入後の保証

それぞれ一つ一つを詳しく解説していきましょう。

走行距離

基本的に走行距離の目安となるのが、10万km前後といったところでしょうか。10万kmを超えてくるような車両は「トヨタ86」「BRZ」のどちらであっても、価格は大幅に安くなってきます。

国産車は定期的なオイル交換さえしっかりとやっていれば、20万km程度までは問題なく乗れるケースがほとんどですが、やはり走行距離は多ければ多いほど故障のリスクが増えてきます。

そのため、中古車で状態の良い車両を探すのであれば、3万〜6万km前後の車両を探すことを目安にしましょう。幸い、「トヨタ86」も「BRZ」も古い車では無いので、比較的走行距離の少ない車両が市場には多いです。

修復歴

これは中古車の購入を検討する上で、非常に重要なポイントの一つです。修復歴は中古車掲載サイトにも必ず掲載されていますが、中古車の状態を大きく左右する大きなポイントの一つです。

修復歴の有無は「つまりどういうことなの?」というと、車両のフレームにこれまでに損傷を受け、修理したことがあるかということです。フレームというのは人間で言うと骨のようなものです。

人間の骨は時間が経つといずれは骨折から回復しますが、車のフレームはそうはいかないのです。一度車のフレームは損傷してしまうと、想定外のトラブルに見舞われてしまうことが多くあります。

個人的には修復歴有りの車だけは絶対に購入しない方が良いと考えているので、いくら「トヨタ86」「BRZ」の年式が新しいからと言っても、修復歴有りの車両を購入することは避けておいた方が懸命です。

車検の有無

これも価格や購入後の出費を左右する重要なポイントです。例えば後数ヶ月で車検が切れてしまう中古車を購入してしまうと、買って数ヶ月程度で再び10万円以上の出費をしてしまうことになります。

そうなると非常に勿体無いですよね。すでに車検が切れてしまっている車両も、購入時に車検費用が上乗せとなってしまうため、総支払額が割高になってしまいます。

「トヨタ86」「BRZ」の中古車を購入する際に限った話ではありませんが、なるべく車検が多く残っている車両を購入するようにしましょう。

購入後の保証

中古車ショップによってその様相は様々ですが、多くの場合購入後の保証プランが付いているケースが多いです。

逆に言えば購入後のアフタープランが用意されていないショップで購入した場合は、購入直後に不具合があった場合でも、修理等が有償対応になってしまうケースが多いのです。

特に中古車の場合は、万が一の不具合が生じる可能性はゼロではありません。そのため、保証プランへの加入は必須とも言えます。

ショップによって大幅に保証内容や金額等は異なりますが、購入後1万kmまでなど、長距離走行の場合でも保証が充実しているショップも多いので、購入前によく確認してから、購入するようにしましょう。

5. まとめ

以上、「トヨタ86」、「BRZ」の中古相場、違い、購入する際の注意点を紹介させて頂きましたが、如何でしたか?

車は必ずしも新車で買うことが全てではありませんし、特に年式の新しい「トヨタ86」「BRZ」であれば、非常に状態の良い中古車に出会うことが出来ます。

なかなか新車だと手が出ないけど・・・という人でも、中古なら手が出せるチャンスも大いにありますよね。今回紹介した情報達をもとに、是非あなたにピッタリな「トヨタ86」「BRZ」の中古車を見つけて下さいね。