出光リテール車検の評判は?ディーラー車検との違いを比較!

日本で車を所有していると、必ず必要となる2年に一度の車検ですが、ディーラーで受けると料金が高額となってしまい、大きな負担となってしまいます。

そのため、民間車検を検討している方も多いと思いますが、今までディーラーで車検を受けていた方ですと、不安に感じることも多いと思います。

そこで今回は、民間車検である出光リテール車検の評判、ディーラーとの違いをご紹介します。民間車検が気になっている方には参考になる内容ですので、ぜひご覧下さい。

車検

くるまと推奨!
最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎


スポンサーリンク

車検に出すならディーラーと出光リテール車検どっちがおすすめ?

ディーラーで車検を受けると、どうしても費用が高くなってしまいます。では、民間車検である出光リテールが必ずしも、安く、おすすめできるかと言われるとそうではありません。

ディーラー車検がおすすめな方

ディーラー車検では、少しの部品の劣化でも交換する事や、車へのノウハウの多さ、必ず純正部品を使用する点などから、車検整備後のトラブルが少なくなっています。

ただし、早めの部品交換を行う事や使用部品が高い、そもそもの工賃が高いなどの理由から、費用は高額となってしまう傾向です。そのため、費用は掛かっても、できる限りトラブルを少なく、車を使用したい方にはディーラー車検はおすすめとなります。

また、ディーラーから車を購入した方で、保証期間内の場合にはディーラー以外で車検を受けると保証を受けられなくなる可能性もあります。その他、旧車、輸入車は壊れやすく、整備方法も特殊である事も多く、民間車検では対応できない事もあります。

この様な理由から、ディーラーから購入して数年の車、輸入車、旧車の場合にはディーラー車検がおすすめとなります。

反対に、費用をできる限り抑えたい方や、車にトラブルが起きても多少は仕方が無いと割り切っている方、次の車検は通さないと言う方にとっては過剰な整備となってしまう事もあり、あまりおすすめできません。

出光リテール車検がおすすめな方

一方の出光リテールでは、多少部品が劣化しても交換を行わない、純正部品ではなく、純正同等品を使用する、そもそも工賃、車検整備料が安い等の理由から、費用を抑えることができます。

ただし、多少の部品劣化では交換しない、純正同等部品を使用する方法でも車検費用を抑えている事から、車検後のトラブルが起こりやすくなります。例えば、ディーラーではバッテリーを2~3年毎に交換することで、バッテリー上がりを起こさない様にしていますが、出光リテール車検の様な民間車検の場合には、バッテリーが完全に劣化しきるまでは交換を行いません。

また、これは一例であり、その他の部品などでも同じ事が言えます。そのため、ディーラーで車検を受けるよりも多くのトラブルが起こりやすくなっています。

この様に、出光リテール車検では、安く車検を済ませる事ができますが、その後のトラブルが起こる可能性も高くなります。多少トラブルが起こる可能性があっても車検費用を安く済ませたい方や、トラブルがあっても仕方が無いと割り切れる方にはおすすめです。しかし、車のトラブルを確実に避けたいと言う方にはおすすめできません。

その他、先ほどもご紹介しましたが、輸入車や旧車は整備方法や壊れやすい部分が国産車とは大きく異なります。そのため、この様な車はノウハウや技術のあるディーラーに任せることをおすすめします。

出光リテール車検の評判・口コミは?

この様に、ディーラーよりも安く車検を済ませる事ができる出光リテール車検ですが、利用するにあたり、評判や口コミも気になる所です。

そこで、良い評判、悪い評判をそれぞれご紹介します。

良い評判

  • ディーラー等の大手よりも基本整備料金が安い
  • 予算に応じて相談に乗ってもらえる
  • 整備内容などを丁寧に説明してもらえる
  • 急な予約にも対応可能

この様に、出光リテール車検は、ディーラーや大手中古車販売店等と比べ、基本整備料、工賃が安い、必要以上の整備をしない等の理由から、車検費用を安く済ませる事ができる評判が聞かれました。これらの評判からも分かる様に、ディーラーと比べると、どうしても車検後のトラブルは起こりやすくなります。しかし、必要最低限の整備とし、できる限り安く車検を済ませたい方には良いでしょう。

また、整備内容を丁寧に説明してもらえる、予算に応じて車検整備の内容を決めてもらえると言う評判が多く聞かれました。そのため、予算が少ない方や、あまり費用を掛けたく無い方も安心して車検を受けることができます。

悪い評判

  • 整備がほとんど行われていなかった
  • 修理等では工賃が高い

安く済ませる事ができる出光リテール車検ですが、車検整備で行う必要がある整備も行われていなかったという評判もあり、店舗によってはあまり信頼できない事もあります。自分である程度の点検ができる方でしたら、それ程大きな問題とはなりませんが、自分での点検が難しい場合は利用店舗に注意する必要があります。

また、修理などを行うと、工賃が高いと言う評判も多く聞かれましたので、利用する際には事前にしっかりと見積もりを取っておくことが重用です。

スポンサーリンク

ディーラー車検と出光リテール車検の違い

これまで、出光リテール車検の特徴等をご紹介してきましたが、実際にディーラー車検と比較して、どの様な違いがあるかも気になります。

そこで、それぞれの違いについて確認してみましょう。

ディーラー車検の特徴

ディーラー車検の大きな特徴は、車検後のトラブルが少ない事となっています。しかし、それだけではなく、様々なメリット、デメリットがありますので、詳しくご紹介します。

メリット

  • 純正部品のみしか使用しないため、社外部品を使用する事によるトラブルがない
  • 部品を劣化しきる前に交換するので、故障のリスクを減らす事ができる
  • 民間車検業者よりもノウハウが多いため、技術レベルが高い
  • オイル等が割引してもらえる事もある
  • ディーラーから車を購入した場合には、保証が効く事もある

この様に、ディーラー車検ではノウハウが多く、技術レベルが高い他、使用する部品も必ず純正部品を使用する事から、車検後にトラブルが起こる可能性を減らすことができます。

また、新車などをディーラーから購入した場合には、車検時の整備が割引となったり、保証で整備費用や部品代が無料となることもあります。こちらは、ディーラーでもメーカーや店舗により対応が異なります。例えば、認定中古車でも3年以内でしたら故障を全て保証してもらえる店舗もありますし、反対に新車で購入してもあまり保証をしてもらえない事もあります。

保証をよくしてくれる店舗である場合には民間車検に近い金額で車検を受けれる事もあります。そのため、その様な店舗を知っている場合には民間車検よりもディーラー車検を利用した方が良いでしょう。

デメリット

  • 工賃や純正部品が高いため、車検費用が高額となる
  • 必ず純正部品を使用するため、費用や廃盤部品などの融通が効かない
  • 多少の劣化でも部品を交換されてしまうので、部品代、工賃がかさんでしまう
  • 使用部品の融通があまり効かない

この様に、ディーラー車検では、費用が高額となってしまう事がデメリットとなります。高額である分、安心ではありますが、出光リテール車検の様な民間車検と比較すると大きな価格差となってしまいます。そのため、できる限り安く済ませたいという方はやめておいた方が良いでしょう。

また、ディーラーでは純正新品部品しか使用しない等、あまり融通が効かない事があります。例えば、民間車検であれば既に廃盤となってしまった部品も中古品を探して利用する事もあります。しかし、基本的にディーラーではトラブル防止のため、この様な対応はしてくれません。もちろん、店舗により対応が異なりますので、必ずしも不可とは限りませんが、基本的にはあまり融通が利かないと思っておいた方が良いでしょう。

出光リテール車検の特徴

出光リテール車検の特徴は、ディーラーよりも費用を大きく抑える事ができる事です。では、実際にどの様なメリット、デメリットがあるかを詳しくご紹介していきます。

メリット

  • 純正同等品を使用するため、部品代が安い
  • 工賃が安いため、費用を抑えることができる
  • 部品を必要以上に交換しないので、費用がかさまずに済む
  • 費用に応じて整備内容を決められるなど、融通が利く

これまでにお伝えしてきたように、ディーラー車検では基本整備料金が高いことや、様々な箇所を整備することとなるため、非常に高額となってしまいます。

しかし、出光リテール車検では、整備箇所をある程度決められる他、工賃や整備費用も安いため、ディーラーよりも安く車検を通す事ができます。

また、工賃が安い事からしっかりと整備をしてもらう場合にもディーラーよりは安く済ませる事ができます。

デメリット

  • 純正部品を使用しない事によるトラブルが起こる可能性もある
  • ディーラーの様な信頼性はない
  • ディーラーで購入した車で出光リテール車検を利用すると、ディーラーでの保証が受けられなくなる可能性が高い
  • 店舗によって整備の技術の差が激しい

この様に、出光リテール車検は費用が安い代わりに、後々のトラブルが起こりやすいデメリットもあり、完璧な整備を求める方にはあまりおすすめできません。

また、冷却水の確認もされておらず、車検後にオーバーヒートを起こしてしまったと言う口コミもあり、どの店舗でもしっかりとした技術を持ち合わせているとは言いがたいです。

もちろん、先ほどもご紹介した様に、しっかりと整備を行うことも可能ですし、その場合にも費用はディーラーよりも安く済ませる事ができます。しかし、全店舗でしっかりとした技術力や信頼性があるとは断言できません。そのため、実際に利用する際には事前に店舗の評価や口コミをよく確認してから利用する等の注意が必要です。

ディーラー車検に不満なら出光リテール車検で見積もりを取ろう!

これまでにお伝えした様に、出光リテール車検では、ディーラーよりも整備基本料が安い事や、車検に必要となる部分のみを整備する等をする事で、ディーラーよりも安く車検を取ることができます。

しかし、店舗によって整備の技術レベルが低かったり、ディーラーとは違い、予防整備をあまり行わないことから、車検後にもトラブルが起こる可能性もあります。そのため、出光リテール車検を利用する際は、この様な点を理解した上で利用しましょう。

車検費用は車種や車の状態により大きく異なります。そのため、まずは見積もりを取り、料金を確認してみましょう。また、この様な民間車検は、出光リテール車検のみだけではありません。同じ整備内容でも、業者によっては大きく料金が変化する事もあるので、1つの業者のみで無く、様々な業者から見積もりを取っておきましょう。

くるまと推奨!
最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎


おすすめの記事