トヨタ86をローダウン! オススメの車高調!

折角「トヨタ86」のようなスポーツカーを買ったら、ローダウンして、カッコよく見せたい&よりコーナリング性能を高めたいと思ってしまいますよね。

しかし、「トヨタ86」にマッチする車高調はどれを選べば良いか悩んでしまう……という方も少なくないと思います。

この記事では、「トヨタ86」にオススメな車高調を徹底紹介。「トヨタ86」に乗っている方は、是非チューンナップの参考にご覧になってみて下さいね。

1. トヨタ86の車高調データ

まず、どれほど値段で、どのくらいの数のメーカーが「トヨタ86」の車高調を製作&販売しているのか、気になりますよね。それでは早速紹介していきましょう。

1-1. トヨタ86の車高調を販売しているメーカー一覧

「トヨタ86」の車高調を販売しているメーカーは以下の通りです。

  • アペックス
  • HKS
  • TOM’S
  • ブリッツ
  • ST GARAGE
  • レッグモータースポーツ
  • Quantum(クァンタム)
  • クスコ

主なメーカーはこんなところでしょうか。他にも「トヨタ86」の車高調を販売しているメーカーはありますが、主なメーカーは上記の通りです。

1-2. トヨタ86の車高調の価格帯

そして、気になる価格帯です。「トヨタ86」に限らず、これまで車に車高調を入れたことがないという方は特に、価格のイメージが出来ないと思いますので、是非参考にしてみて下さい。

価格帯としては、15万円〜30万円とやや価格はバラついています。高いものでは、フルキットで50万円以上するアイテムもあるので、メーカーによりけりという形になります。

よりレーシング仕様に振れば振るほど価格は高額になりますので、単純に車高を下げたい! というだけであれば、それほど高い車高調を購入する必要はありません。

2. トヨタ86の人気車高調ランキングTOP5

1位:TOM’S「アドヴォックス サスペンション」

・価格:280,000円

・車高調整幅・ダウン量:フロント、リア/-5mm~-25mm

・乗り心地

TOM’Sと言えば、多くの方がご存知の通りトヨタのオフィシャルカスタムメーカーだけあり、「トヨタ86」との組み合わせの相性は、言うまでもなく抜群の一言と言えます。

レースで得た技術がふんだんに活かされ、非常に高い接地性能を有しており、コーナリング時の安定感も抜群です。

メーカーの公式HP→URL: http://www.tomsracing.co.jp/index.html

2位:HKS「HIPERMAX MAX Ⅳ GT」

・価格:180,000円

・車高調整幅・ダウン量:フロント、リア/-60mm〜79mm

・乗り心地

車のチューンナップメーカーとしては、知らない人はいないであろう、HKS。

HIPERMAX MAX Ⅳ GTは、普段の街乗りでも乗り疲れないようにしつつ、ローダウンでのビジュアルと、スポーツ走行時安定性と言った走りの性能の両面を追求したモデルで、価格的にも、平均クラスの価格帯です。

メーカーの公式HP→URL: https://www.hks-power.co.jp/product_db/hipermax/db/13673

3位:アペックス「N1エボリューションダンパー」

・価格:298,000円(フルキット)

・車高調整幅・ダウン量:+15〜-65mm

・乗り心地

コントロール性能を求めつつも、静粛性・乗り心地という相反する要素の共存を実現させたモデルです。

ビジュアル的にローダウンを目的とし、乗り心地も共存させたい場合は、標準モデル、走行性能を追求したい場合はサーキットモデルと、目的に応じてセレクトすることも可能です。

メーカーの公式HP→URL: http://www.apexi.co.jp/products/damper/n1_damper.html

4位:ブリッツ「DAMPER ZZ-R SpecDSC」

・価格:223,000円

・車高調整幅・ダウン量:フロント/リア -55mm〜-60mm

・乗り心地

全長調整式、単筒式、電子制御による最大96段階減衰力調整を採用したキット。

車内のコントロールパネルから、状況に応じて減衰力を調整出来るため、街乗りからスポーツモードへ任意に調整が可能なモデルです。手動での調整が必要ないのが嬉しいモデルですね。

メーカーの公式HP→URL:https://www.blitz.co.jp/products/suspension/damper_spec-dsc.html

5位:HKS「MAX Ⅳ SP」

・価格:190,000円

・車高調整幅・ダウン量:フロント/リア -60mm〜-52mm

・乗り心地

ハイグリップのラジアルタイヤを想定したモデルです。硬すぎないため、可能な限り乗り心地も追求されています。

基本的にはスポーツ走行を想定しているため、イヤインフォメーション、路面状況、トラクションを的確に補足し、ドライバーにそれらの情報を的確に伝えることができるモデルです。

メーカーの公式HP→URL: https://www.hks-power.co.jp/product/suspension/hipermax/max4_sp/index.html

3. トヨタ86の車高調の取り付け方

それでは車高調を選んだところで、早速取り付けの方法です。車高調は購入したカーショップで取り付けることがもちろん出来ますが、DIYで取り付けることも可能なのです。

取り付け作業自体は、ショップでやれば2時間ほど。DIYで慣れている方がやれば3時間ほどで取り付けることが可能です。

ショップで取り付けてもらう場合は、方法も何もないのですが、自分でやってみたいという方のために、大まかな取り付け方法を紹介したいと思います。

それでは早速、紹介していきましょう!文章だけでは非常にわかりづらいのですが、パイロットラインにて、図を交えながら取り付け方法が詳しく解説されています。

http://www.plotonline.com/image/car/neoplot/pdf_data/NP30110.pdf

自信で取り付ける場合は、上記のURLを参考にしてみるか、それぞれの車高調を購入した際の取り付け説明書を参照するようにしましょう。

仮にカーショップなどで車高調を取り付ける場合の費用についてですが、基本的に車種別で取り付け工賃が異なっています。

さらに取り付け工賃とのコミコミの金額で車高調が販売されているケースも多いため、他店で購入した場合の取り付け金額は高額になる場合があります。

仮に、そのカーショップで車高調を購入した場合の取り付け工賃は、平均すると20,000円程度が相場と言ったところです。

自身で取り付けず、店舗で取り付けを依頼する場合には、始めからカーショップで車高調を購入することがオススメです。

4. トヨタ86に車高調を入れる際の注意点

「トヨタ86」はスポーツタイプの車のため、ノーマルの状態でも一般的な車と比べると車高は低めです。

普通に走行していたら、下を擦ったり・・・なんてことはあまりないかもしれませんが、車高調を入れた場合、話は別です。

少し車高を下げただけでも、注意をしておかないと、駐車場に入る際の道路からの段差などで、バンパーの下部を擦ったり、シャーシの下部を擦ったり・・・ということがあり得ます。

もちろんそれだけでなく、スピードを出して走行している際の道路の思わぬアップダウンなどでも擦ってしまう可能性もあるので、ノーマル状態と比べると、運転に注意を払わなければならない場面は増えてきます。

バンパーの下部を擦っただけなら良いですが、万が一バンパーが割れてしまった場合は、当然修理費用がかさんでしまいますので・・・「トヨタ86」に限らずですが、車高調で車高を下げる場合は注意しましょう。

5. まとめ

以上、「トヨタ86」にぴったりな車高調と、車高調の取り付け方法・注意点を紹介させていただきましたが、如何でしたか?

スポーツタイプの「トヨタ86」は、スポーツタイプとしては、ややノーマルでは車高が高めな車種です。そのため、ローダウンするとビジュアル面でのかっこよさが大幅にアップします。

ただでさえデザイン的には優れた車なので、車高調でローダウンすれば、かっこよさがアップすること間違いなし! と言えます。

もちろん車高調を入れるとビジュアル面のメリットだけではなく、スポーツ走行時のコーナリングの安定性も大幅にアップします。

ビジュアル面・性能面でより「トヨタ86」をより楽しみたいという方には、車高調はぴったりのチューンナップと言えますので、是非検討してみてくださいね。