【トヨタ86エンジン】性能と弱点、チューニングポイントは? スバルBRZとの違いは?

スタイリッシュな走りが出来ると人気のトヨタ86。運転する楽しさが倍増する秘密は、86ならではのエンジンに秘密があります。

でもいざ購入するとなると決して安い買い物ではないだけに、「本当に思い通りの走りが実現するのか?」という疑問があるはずです。

とにかく86のエンジンとなれば、それなりに性能が良いのは当然!でもトヨタの86ならではの性能や弱点は、オーナーとなるのならぜひとも知っておきたいところです。

そこで今回は、トヨタ86エンジンの魅力をわかりやすく解説しながら、同じく人気のスバルBRZエンジンと比較し、どちらがあなたのイメージする走りに近いか検証していきましょう。

1. トヨタ86のエンジン性能

86のエンジンは、トヨタとスバルの共同開発によってつくられています。そのためスバルBRZにも86と同じ水平対向エンジンが載せられています。

水平対向エンジンは、低重心化されているのが最大の特徴です。通常モデルのエンジンだとどうしても高さがあるため、ボンネットの高さをある程度確保しなければいけません。

でもスポーツ走行を目的としているスポーツカーの場合、ボンネットに高さがあるとその分空気抵抗が大きくなります。結果として小回りが利かなくなったり、高速走行時にブレがでたりします。

ところが水平対向エンジンにすると高さがかなり抑えられるため、ボンネットの高さも極限まで低く出来ます。さらにボンネットの高さが低くなれば、運転席のシートポジションもかなり下げることが出来ます。

これによって高速走行においても安定感が増しますし、ハンドリングもきびきびとしています。さらにドライバーの視線がかなり低い位置に置かれるため、車との一体感やスリリングなスピード感をリアルに体感することが出来ます。

2. トヨタ86のエンジンの弱点

トヨタ86のエンジンの弱点をあえて挙げるとすれば、「スポーツカーならではの演出が乏しい」ということに尽きるでしょう。

スポーツカー初心者であったとしても、スポーツカーといえばあの独特のエンジン音を思い浮かべます。そのくらいエンジンをかけた瞬間のあの独特な音の響きは、スポーツカーの魅力といえます。

ところが86のエンジンはそれがほぼ感じられません。そのためエンジン音の迫力に魅力を感じている人にとっては、かなり物足りなさを感じます。

3000回転を過ぎるとなんとも言えない音がする

86のエンジン音が抑えられているもう一つの理由が、サウンドクリエーターの影響です。サウンドクリエーターの仕組みをわかりやすく言うと、「音を外に出さずに室内に取り込む装置」といったところでしょうか?

もう少し詳しく説明すると「インテーク側にある配管を車内に通すことによって、スポーツカー独特のエンジン音をダイレクトに車内に取り込む装置」ということになります。一見良さそうに思えるのですが、この時に感じる音があの聞き覚えのエンジン音とは違うのです。

なんと表現したらよいのかちょっと困るのですが、極端な表現をすれば「ちょっと耳障りなプラスチック音」に聞こえるのです。

10分程度の試運転であれば気が付かないのですが、やはりロングドライブとなると話は変わってきます。もちろん「音を体で感じられる」という点においては申し分がないのですが、音の質を求めるのであれば一度確認しておいた方が良いでしょう。

3. トヨタ86のエンジンチューニング

エンジンチューニングをする上で注意しなければいけないのは、全体のバランスです。チューニングパーツによって期待できる性能とその効果は異なりますが、「どれか一つを高性能にすれば全体の性能が良くなる」というものではありません。

あくまでも全体のバランスを取れることが、チューニングをする目的になります。では「トヨタ86のエンジンをチューニングする時はどこにポイントを置くべきか」という本題に移りましょう。

「バランスが問題」といいましたが、すべてのパーツをそろえるとなると「86の本体価格+100万円」となるため、場合によってはかるく500万円を超えてしまいます。

「もともと400~500万円代の車を購入する予定だった」というのであれば特に気にならない金額かもしれませんが、年収400~500万となるとかなり厳しくなります。そんな時におすすめしたいのが、過給機の取り付けです。

手頃なブーストアップでエンジンパワーをアップ!

そもそも86の純正品ブーストは、安全性の問題などでワザとパワーを落として設定しています。つまり86エンジンの最大パワーを発揮できないように、あえてブースト圧を低く設計しているのです。

ということは純正品に施されている低設計のブーストを外し、86本来の力が発揮できるように設定されたブーストに取り換えれば、エンジンのパワーがアップするということです。

過給機の取り付けは手軽にできる上に本来の86の魅力を体験できるチューニングなので、チューニング初心者にもおすすめの方法です。

4. トヨタ86とスバルBRZのエンジンは違うもの?

86とBRZのエンジンは、もともとは同じものです。そもそも86とBRZはトヨタとスバルが共同開発した車なので、エンジンも共同開発しています。ただ開発の基本ベースとなっているのは、スバルの水平対向エンジンです。

そもそも水平対向エンジンとは?

水平対向エンジンは「スバルの代名詞」とも呼ばれており、完璧なバランスを持ったエンジンとも呼ばれています。何しろ水平対向エンジンは、軽量かつコンパクトなエンジンにもかかわらず優れた回転バランスを持っているのが最大の特徴です。

水平対向エンジンは、1966年に発売された「スバル1000」に搭載するために開発されたのが始まりといわれています。そのためそれ以降に発売されたスバル車のほとんどが、水平対向エンジンを載せています。

FA20型エンジンとは?

86やBRZに載せられているFA20型エンジンは、スバルの水平対向エンジンをトヨタの直噴技術DA-Sで動かすという新しい水平対向エンジンです。これをFA20型エンジンといいます。

FA20型エンジンが開発されたことによってエンジンが低重心化され、エンジン本体の全高をかなり抑えることに成功しました。これによってボンネットの高さも低くなり、空気抵抗を極力抑えつつスポーツ走行でも安定した走りが実現出来るようになりました。

FA20型エンジン採用によって劇的に変わった86の回転力

実は86がFA20型エンジンを載せたことによって、驚くべき加速力を手に入れていました。

高速走行時に加速力を実感するのは、スポーツカーであれば当然のことです。でも86はFA20型エンジンを載せたことで、それまでのトヨタのスポーツカーでは実現できなかった低速走行での加速力も手に入れました。

何しろ平坦な道路であれば、クラッチを操作するだけで簡単に発進できます。しかもエンジンの回転数が低くてもスピードが落ちることもありませんし、ギヤを切り替えるだけで驚くほど加速していきます。

これは86がFA20型エンジンを載せたからこそ実現した、アクティブなスポーツ走行と言えるでしょう。

5. トヨタ86のエンジン情報まとめ

トヨタ86のエンジンは、スバルBRZと基本的に同じです。ただスバルの代名詞である水平対向エンジンを搭載したことによって、これまでのトヨタ車にはなかった魅力あふれるスピード走行が実現出来るようになりました。

スポーツカーの最大の魅力である加速力の凄さはもちろんですが、コンパクトなエンジンを手に入れたことで、さらに車との一体感が味わえるようになった86。

今回は数ある86の魅力の中から「86エンジンの魅力」についてお届けしてみました。あなたの愛車選びの際にぜひ参考にしてみてくださいね。