トヨタ86をスーパーチャージャーでさらにパワーアップ!

ベーシックなライトスポーツカーとして非常に人気な「トヨタ86」ですが、スーパーチャージャーを搭載することでさらに戦闘力をアップさせることが出来ます。

こういったカスタムも「トヨタ86」という車をより楽しむための楽しみの一つですよね。「トヨタ86」へのスーパーチャージャーの搭載を検討している方は、是非ご覧になって下さいね。

1. トヨタ86対応!スーパーチャージャーキット一覧

それでは、「トヨタ86」に対応しているスーパーチャージャーキットを、早速紹介していきましょう。現在市場に出ている物を全て網羅して、ご紹介です!

(クスコ)「クスコスーパーチャージャーキット」

・価格:¥448,000

・馬力:208PS/7400rpm

・口コミ・評判

「メーカーが3リッター車に乗っているかのような・・・と謳っていたが、本当に3リッター車に乗っているような感覚です!」

「全域でトルクアップしているような印象。2000回転くらいから効き始めて、レブリミットまで綺麗に吹け上がります。」

「燃費はリッター1km程度悪化の印象。」

(HKS)「GTスーパーチャージャー プロキット」

・価格:¥410,400

・馬力:従来キット + Flash→220PS

HKS GT S/C STEP1(S/C Pro + Flash)→249PS

HKS GT S/C STEP2 (S/C Pro + Fuel up + Flash)→302PS

・口コミ・評判

「ノーマルとは全く別物!!」

「『これが86本来のあるべき姿では?』くらい楽しい車になった。」

「加速性能も抜群にパワフルだし、街乗りでもノッキング等は感じないですね。」

(トムス)「ハイパーコンプレッサーキット」

・価格:¥680,000

・馬力:232PS/6400rpm

・口コミ・評判

「低回転からの立ち上がりがともかく気持ちいい!!」

「他社製品の方が高出力は出るかもしれないが、やはり故障等考えるとこのくらいの出力がちょうどいい」

「不具合も現状ほとんどないです。」

(ゼロスポーツ)「スーパーチャージャーシステム for BRZ」

・価格:¥ 537,840

・馬力:メーカー公称記載無し

・口コミ・評判

※口コミ見当たりませんでした。

2. トヨタ86のスーパーチャージャー取り付け工賃と費用総額

前の項目で、本体の価格を紹介しましたが、もちろん取り付け工賃等の付随費用が発生します。本体自体も高額なので、やはりこちらも気になるポイントだと思います。早速紹介していきましょう。

2-1. スーパーチャージャー取り付け工賃の相場

工賃は店舗によって異なりますが、取り付け工賃の相場は、大体10万円前後は見ておく必要があります。

また、キャンペーンのような形で本体価格+取付工賃+チューニング費用混みの価格で紹介している店舗も非常に多いので、気になる方は、取り付け予定の店舗ごとに確認してみることが一番です。

2-2. スーパーチャージャーのチューニング費用の総額

先ほど紹介した通り、スーパーチャージャーキット本体価格に取り付け工賃が必要ですが、それにチューニング費用が必要となります。

例えばCPUセッティング等を行う場合は5万円〜10万円程度必要になるケースもあります。そのため総額はスーパーチャージャーキットの価格にプラスして15万円程度を見ておけば総額は把握することが出来ます。

3. トヨタ86のターボとスーパーチャージャーカスタムの違い

「ターボ」と「スーパーチャージャー」の違いがイマイチ分からないという方も決して少なくないと思います。

簡単に言うと、スーパーチャージャーは、機械式過給機の総称で、エンジンと連動してエンジンの力で稼働します。

ターボは逆にエンジンからの排気を利用してタービン(風車のようなものです)を回し、加速するためのパワーを得るという仕組みなので、同じように車のパワーをアップさせるチューニングでも根本的に異なっています。

スーパーチャージャーはエンジンと直接連動しているので、アクセルを踏めば即座にその恩恵を受けることが出来るかもしれません。

しかし、ターボは逆にアクセルを踏んでエンジンを回転→それによって生じた排気ガスでタービンを回転させるため、ターボラグが生じてしまい、低回転域でのパワーを得難いという弱点があります。

逆に高回転域ではターボの方が恩恵を得ることが出来たりと、それぞれ特徴が異なります。

自分の運転スタイルやトヨタ86の用途・好みによってどちらが良いかは異なりますので、自分にとって合うチューニングを検討してみて下さいね。

4. トヨタ86のスーパーチャージャーチューニングをする場合の注意点

別項目で少し触れた内容ですが、出力を上げすぎると、車に対してのダメージも多く故障の原因にも繋がったり・・・と注意しなければならない点もあります。

この項目ではスーパーチャージャーチューニングの際の、注意点を紹介していきます。

4-1. オートマ(AT)とマニュアル(MT)対応を確認する

スーパーチャージャーによっては、どちらに対応しているものもあれば、ATのみ、MTのみ対応という場合も大いにあります。スーパーチャージャーキットは価格も高額なので購入前に確認してからする必要があります。

4-2. スーパーチャージャー取り付け後の燃費

スーパーチャージャーを付けると出力がアップしますが、当然ながらそれに伴って燃費も悪くなってしまいます。

燃費の悪化率はおおよそ10%〜20%程度。確実に燃費効率はダウンしてしまうため、それを頭に入れた上でチューニングするようにしましょう。

4-3. スーパーチャージャー取り付け後の故障

スーパーチャージャーを搭載することで、その車本来の主力よりパワーアップするため、残念ながらそれが原因でノーマル車よりも故障は増えてしまうケースが多いです。

特にトヨタ86の場合は、300PSまで馬力を上げるようなスーパーチャージャーチューニングを行うと故障につながるケースもあります。

出力を上げることのメリットと故障のリスクを、自分の中でしっかりと天秤にかけてからチューニングを行うようにしましょう。

先ほど紹介したキットの中では、やはりトムスのスーパーチャージャーキットが故障が最も少ないと言われています。

馬力もノーマルより32PS程度のアップですし、何よりもトムスはオフィシャルチューンドメーカーですから、その点では非常に信頼性が高いですよね。

4-4. スーパーチャージャー取り付け後の車検

通常のチューニングメーカーから販売されているようなスーパーチャージャーであれば、そのまま車検を受けても問題なく通ると考えられます。

理由としては、出力自体はアップしますが、排気量が変わるわけではないためです。

どうしても不安があるという場合には、スーパーチャージャーを購入する際に利用するカーショップで車検を受けるのは間違いないと思います。

不安な点等を車検前に事前に相談しておけば、万が一の場合でも上手く対応してくれる可能性が非常に高いです。

5. まとめ

以上、トヨタ86のスーパーチャージャーによるチューニングをご紹介させて頂きましたが、如何でしたか?

トヨタ86はベース車だとそこまで出力が高い車ではありませんが、スーパーチャージャーによるチューニングで驚くほどパワーアップさせることも可能な車です。

「より加速性能をアップさせたい」「サーキット等に出て走行してみたい」など、モータースポーツへの関心が強い方には、非常にオススメなチューンナップです。

決して安い買い物ではありませんが、もっともっと愛車をパワーアップさせたいと考えている方は是非、トヨタ86へのスーパーチャージャーチューニングを検討してみて下さいね。