ジャガーのディーラー車検費用が高い!安い民間車検を賢く利用する方法まとめ

ジャガーは乗っていて気分が高まる車ですが、初めての車検を迎える時期には、その費用を考えると憂鬱になってしまいます。ジャガーの車検には想像を超えた金額がかかると聞きますが、正規ディーラーの車検費用はいくらくらいなのか、民間車検ではいくらくらいなのか詳しくご紹介します。

1. ジャガーディーラーの車検費用の相場はいくら?

ジャガーのことを一番よく知るのは正規ディーラー。ジャガーの正規ディーラーに車検を出した場合、いったいどの程度の車検費用が必要なのでしょうか。

1-1. 初回車検の費用相場

車検の際に必ず発生する法定費用は、どこで車検を行っても金額は同じです。自賠責保険料、重量税、印紙代は、車検手段による費用の変動はありません。

自賠責保険料の保険料は、車種による価格の違いはありません。毎回の車検の時に2年分の自賠責保険料として25,830円を支払う必要があります。

印紙代も同様に車種による違いはなく、1,100円が必要です。重量税だけは車両の重さによって変動し、軽自動車では6,600円で済みますが、普通自動車は最大41,100円まで増額します。

車検時にはこれら法定費用に加えて、法定24ヶ月点検の費用、保安確認のための検査料、車検代行手数料が加算されます。

車検代行手数料、点検費用、自動車整備のメンテナンスの費用は、店舗によって異なります。同じジャガーの正規ディーラーでも地域によって価格差がり、民間車検においても業種や店舗によって異なる価格設定になっています。

実際のジャガーXEをディーラー車検に出した場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか。

法定費用

自賠責保険料 25,830
重量税 32,800
印紙税 1,200
車検代行手数料 20,000
小計 79,830

車検整備費用

点検整備 38,700
日常点検 7,450
検査ライン測定 16,500
非常信号灯 1,080
リアブレーキパッド交換 23,450
バッテリー交換 57,700
ガラスコーディングメンテナンス 25,000
小計 169,880

法定費用と車検整備費用を合計すると税込271,419円となります。

上記の価格例は比較的問題が確認されなかった車検で求められる費用であるため、ジャガーの初回車検は最低でも27万円以上かかるものと思っておくのがよいでしょう。

なお、プレミアムメンテナンスケアに入っている場合、サービスにより以下の金額無料になります。

プレミアムメンテナンスケア会員サービス分

項目 金額
エンジンオイル交換 13,500
オイルフィルター 3,400
ブレーキフルード 2,550
ウインドウウォッシャーフルード 1,100
スマートキー電池交換費用 2,000
フューエルシステムクリーナー 3,750
小計 26,300
税込合計 28,404

プレミアムメンテナンスケアを利用しない場合には、これらの金額も上乗せされることになり、30万円を超える金額がかかります。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

2回目以降の車検費用は、交換する必要があるパーツが増えるため、初回車検より高額になりやすいでしょう。初回車検費用にタイヤ代が加わった場合、さらに25〜30万円ほどかかりますので、車検費用は50万円を超えてしまうことがあります。

2. ジャガーのディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

ここまでの情報から、「ジャガーの車検は高い!」と感じられたかと思います。ここでディーラー車検と民間車検の費用を比較しましたのでご紹介します。

車種 ジャガーディーラー オートバックス(民間車検)
ジャガーXE 271,419 134,230
ジャガーXJ 25,3840 187,030
ジャガーXエステート 261,608 164,830
ジャガーXF 287,320 130,350

ジャガーを民間車検に出した場合、車種にもよりますがディーラー車検と比較すると倍以上の差が出ることがあります。

もちろん車両の状態によって車検費用は大きく変わりますが、民間車検がどれほど安く抑えられるかがわかっていただけたかと思います。

3. ジャガーの車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

ジャガーの正規ディーラーで受ける車検費用は、初回車検でも20万以上の高額になりやすい傾向にあります。さらに2回目、3回目となるとさらに高額傾向は強まっていきます。

車検の回数が増えても、車検でチェックを行う内容自体は大きく変わりませんが、運転時間に比例して弱っていった各パーツの交換の費用が掛かるようになってきます。

プレミアムメンテナンスケアの有効期間が3年のため、1回目の車検までは交換費用は心配しなくてもよいですが、2回目以降はある程度の金額になることを覚悟しなければなりません。

エンジンオイル、オイルフィルター、強化剤といった消耗品の交換はもちろん、バッテリーやブレーキパッドといった比較的長持ちするパーツの交換も検討する時期になります。

自動車に乗る以上仕方のない出費ではありますが、いきなり金額を提示されて驚かないように、交換が必要になりそうなパーツについて、車検前にディーラーに見積もりを依頼してみるとよいでしょう。

3-1. 車検費用の内訳

車検費用は、以下に分類されます。

  • 法定費用
  • 車検整備費用
  • その他のメンテナンス費用

それぞれの項目について解説していきます。

・法定費用

法定費用は、自陪責保険料・重量税・印紙代といった、車検時に必要となる費用です。車検を行う業者の値段設定に左右されない費用であり、自分で車検を行うユーザー車検でも同額払う必要があります。

・車検整備費用

車検整備費用は、車検に関わる作業を行ってもらうために車検業者に払う費用です。24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料の3種類があり、業者により金額は異なります。車両の状態によって大きく変わる性質を持っています。

・その他のメンテナンス費用

長期間の運転に伴い、車を構成する各パーツが消耗し傷んでいきます。車検ではそれらのチェックも行われ、必要に応じて交換が求められます。

エンジンオイルやワイパーブレードといった、比較的頻繁に交換するものから、バッテリーやブレーキパッドのように長期間使用するものまで、さまざまなパーツの交換が必要になることがあるため、車検費用が大きく変動する要素にもなります。

車検時にいっきに高額の費用が掛かるのを防ぎたい場合には、定期点検もしっかりと受け、消耗品はこまめに交換しておくのがよいでしょう。それにより重要で高価なパーツが長持ちするようになるため、結果的に修理費用のが跳ね上がりを防ぐことが出来ます。ジャガーのオーナーは、こまめなケアが求められるものと思っておくと良いでしょう。

3-2. 5年目、7年目を迎えるジャガーは部品の交換時期

5年目や7年目の車検を迎えるジャガーは、車検時に交換が必要になるパーツがたくさん出てきます。その上、車の挙動にとって重要で耐用年数の長いパーツが傷んでくる時期に入るため、高額な交換費用が必要になるでしょう。

交換だけで「車が1台購入できたのではないか」というほどの金額になることも少なくありません。車検費用についてはあらかじめしっかりと計画しておくことが重要です。

3-3. ジャガーは部品交換や修理費用、工賃が高い

ジャガーをディーラー車検に出すと、民間車検に比べて費用が高くなってしまう傾向にあります。正規ディーラーでの部品交換は必ず純正パーツが使われるため、イギリス車であるジャガーの純正パーツはイギリス産のものになり、その価格は並みの国産車とは比べ物になりません。

また、ジャガーは英国王室御用達とされるほどの高級車であり、ディーラーの整備士への人件費も高額になる傾向があります。そのため車検費用も比例して高額になり、民間車検の大きく上回る整備費用となります。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

ジャガーのディーラー車検を利用すると、外注マージンがかかるケースもあります。正規ディーラーでも整備工場を持たない店舗である場合、多店舗に整備を任せる必要があります。これはジャガーに限った話ではなく、輸入車は特にこの傾向が強いようです。

多店舗に外注する場合、作業の手数料の上に依頼した店舗のマネジメント料も加算されるため、ただでさえ高い車検費用がさらに高くなるのです。

4. ジャガーのディーラー車検と民間車検の違い

ジャガーの車検費用が高額になりがちな点についてご紹介してきましたが、それでも適切な車検を行いたいものです。ジャガーの車を、正規ディーラー・民間車検に出す場合にどのような違いがあるのかについて、具体的にご説明します。

4-1. 車検費用の違い

ディーラー車検と民間車検にはいくつもの違いがありますが、大きな違いとして挙げられるのはまず費用の違いです。

ディーラー車検と民間車検を比較すると、同じ車でも10万円以上の差が出るケースがあります。「ジャガーには乗りたいけれども、なんだかんだで維持費が厳しい」と思う人は、ディーラーではなく、民間車検を利用するほうが金額を節約できるでしょう。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

ジャガーは国産車とは構造が異なるため、すべての民間車検で対応できるとは限りません。よほどジャガーに詳しい整備士がいる民間整備でもない限り、簡単に受け入れてはもらえないかもしれません。

ディーラーの整備士はもちろんジャガー車を専門に扱っているため、対応ができないという心配はありません。

4-3. 信頼性の違い

ジャガーのディーラーは顧客の車両について、定期点検を通じて十分に状態を把握している上で車検に臨んでくれるため、適切な対応を行ってくれる期待が持てます。民間車検で対応可能な工場があったとしても、ディーラーほどの対応が望めないことがほとんどでしょう。

しかし高級車・輸入車専門をうたうような民間車検業者の整備士は豊富な経験を持っており、ディーラーをしのぐ整備を見せることがあります。数は少ないかもしれませんが、そういった業者を探し出すことも必要かもしれません。

5. ジャガーの車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

民間車検は費用が安いことはお伝えしましたが、ジャガーの車検を民間車検に任せる場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

5-1. メリット

民間車検で受ける最大のメリットは、やはり車検費用を大幅に抑えられる点です。約半額程度まで抑えられるのは、ただでさえ高額になりやすいジャガーの車検にとって大変魅力的な条件です。

5-2. デメリット

ジャガーを民間車検に出す場合、まず受け入れてもらえるところを探すところから始める必要があります。また、引き受けてくれる店舗があったとしても、「輸入車・高級車は2〜5万円増」と設定されている場合もあるため、想像しているよりは安くないと感じるかもしれません。

6. ジャガーディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

ディーラー車検と民間車検について比較をしてきましたが、民間車検の中でもいくつかの種類があります。民間車検にはどんな種類があり、実際にどの程度の金額で車検を受けることが出来るのかをご紹介します。

6-1. 民間車検の種類

民間車検は大きく4つに分類することができます。

・オートバックスなどのカー用品店

オートバックスなどのカー用品店では、店舗によって車検が受けることが出来ます。カー用品店での車検は、比較的安価に設定されており、交換に選べるパーツも豊富です。ただし輸入車の車検に対応できない店舗も多いため、あらかじめ確認をするのがよいでしょう。

・ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでも車検を扱う店舗が増えています。カー用品店と同等で、車検費用が比較的安価に設定されています。近所のいきつけのガソリンスタンドで車検が受けられるならば、手続きも手軽に行えるでしょう。ただし輸入車の対応は難しい店舗も多いため、最寄りのガソリンスタンドで、ジャガーの車検が受けられるか確認は必要です。

・民間整備工場

輸入車、高級車に詳しい整備士がいる民間の整備工場であれば、ジャガーの正規ディーラーよりも安価で丁寧な整備が受けられる場合があります。輸入車・高級車専門をかかげる工場は少ないですが、経験豊富な整備士も多く在籍する傾向にあります。

・フランチャイズ店

ホリデー車検やアップル車検といった、フランチャイズ車検専門店でも、輸入車の車検が受けられることがあります。価格は全国で統一されているため、明瞭会計が期待できるのは安心できるポイントです。

店舗によってはジャガーのような輸入車の対応不可というところもあるため、最寄りの店舗の対応状況を調べてみましょう。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

実際に民間車検でジャガーの車検を受ける際に重視すべきポイントをお伝えします。

  • ジャガーに詳しい整備士が在籍している
  • インターネット上に「ジャガー専門店」「ジャガーの車検歓迎」という旨を公開している
  • オーナーがジャガー所有者である

上記の条件に当てはまる民間整備工場であれば、価格面を抑えた上で、質の高い車検を行うことができるでしょう。

7. ジャガーの車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

ジャガーの車検について、ディーラー車検・民間車検それぞれのメリット・デメリットを紹介しました。

ジャガーの車検はディーラーに預ければ安心ではありますが、大変な高額のため、今後の維持にも影響を与えかねません。できれば安く信頼できる民間車検にお任せしたいのが本音でしょう。

ジャガーの車検費用の節約のために、信頼できる民間車検を探し、見積もりを取るところからスタートしてみましょう。