プジョーのディーラー車検費用が高い!安い民間車検を賢く利用する方法まとめ

車検の時期を迎え、購入したディーラーに依頼したところ、見積りの金額の高さに驚いたという方も多いのではないでしょうか。

その反面、安さを売りにしている車検業者もあり、「何がそんなに違うんだろう?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

そこで今回は、プジョーの車検を”ディーラー車検”と”民間車検”で比較し、お得な民間車検業者の選び方などについても解説していきたいと思います。

1. プジョーディーラーの車検費用の相場はいくら?

1-1. 初回車検の費用相場

プジョーの初回車検(3年目)の相場を見てみますと、法定費用と基本的な整備費用を合わせて約100,000円~110,000円という結果になりました。

パーツ費用は加味していませんが、パーツ費用を加味すると約150,000円~200,000円といった感じで、1.5~2倍近い金額になるようです。

初回ですと交換箇所も少ないですが、場合によっては高額になってしまうケースもあるようですね。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

2回目以降になりますと、安くても150,000円を超えてしまうケースがほとんどです。

初回に比べてパーツ交換箇所が増えてしまいますので、相場としては約200,000円~300,000円と言ったところでしょうかね。

交換パーツ自体の価格も少々高めにはなりますので、国産車と比較すると上がり幅が大きくなります。

5年目、7年目と累進的に費用が上がっていきますので、買い替えを検討される方も少なくはないようですね。

2. プジョーのディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

実際にディーラー車検と民間車検の費用を比較してみましょう。

プジョーの現行車種をピックアップし、車両の重量を目安に車検費用を算出したものが下記になります。

車種 プジョーディーラー オートバックス(民間車検)
208 約100,000円 約65,000円
308 約105,000円 約65,000円
308sw 約110,000円 約75,000円
5008 約110,000円 約75,000円

法定費用と基本的な車検整備費用を足した総額で比較してみましたが、この時点でかなりの差がついています。

この金額にパーツ費用が上乗せされる形で、ディーラー車検は新品の純正パーツのみ、民間車検は社外パーツなどの安価なパーツも使用可能ですので、それらも合計しますと2倍以上の差がつく事も考えられますね。

3. プジョーの車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

3-1. 車検費用の内訳

・法定費用

法定費用は、自賠責保険・重量税・印紙代など手続き面で必要な費用で、ディーラー車検と民間車検で金額差はほぼありません。

つまり、どこで車検を受けても法定費用は安くならないという事なんですね。

目安としては、自賠責保険が約26,000円、重量税は車重に応じて約16,000~40,000円、印紙代は1,100円ほどとなっており、車検の回数で累進的に値上がりする事もありませんので、2回目の車検以降に高くなる理由としては適切とは言えないでしょう。

・車検整備費用

車検整備費用は、実際に車検の検査を行うための”作業費”のようなイメージですね。

この費用に関しては、ディーラー車検と民間車検で金額が大きく異なり、民間車検の代表としてオートバックスの車検整備費用を挙げますと、車重・排気量問わずに12,800円となっています。

それに対し、ディーラー車検の車検整備費用を見てみますと、車重に応じて約40,000円~50,000円となっており、民間車検と比較しますと3倍以上の金額です。

しかし、この金額に関しては回数に応じて上がるわけではありませんので、ディーラー車検が高額になってしまう理由の一端ではありますが、5年目以降の車検費用が高くなる理由ではありません。

・その他のメンテナンス費用

上で紹介してきた費用だけで車検が済むわけではなく、次回の車検まで安心して乗るためにパーツを交換する必要があり、それに掛かる費用がプラスされるわけですね。

車のパーツというものは一種の消耗品ですので、3年目の車検時よりも5年目の方が劣化しています。

つまり、”次回の車検まで安全に乗ること”を重要視するディーラー車検において、交換を余儀なくされるパーツが年々増えていくわけですので、5年目以降の車検が高額になってしまう理由として最も適切なのがこちらの費用と言えますね。

3-2. 5年目、7年目を迎えるプジョーは部品の交換時期

前述もしたとおり、3年目の初回車検時と比較すると、5年、7年と経過した自動車はパーツの消耗が目立つようになります。

国産車とは違い、走行環境については海外の気候や環境を想定されていますので、日本で運転する事によって消耗が早まるという事も考えられます。

海外の道路では充分に加速出来ても、日本ではそれが難しい場合が多く、エンジン回りやブレーキ周りの消耗が激しくなる傾向があります。

そういった消耗が5年目以降に顕著になるケースが多い為、5年目や7年目の車検時が交換のタイミングと言えるわけですね。

3-3. プジョーは部品交換や修理費用、工賃が高い

ディーラー車検の場合、交換に使用するパーツは純正パーツのみとなります。

プジョーの純正パーツは海外より輸入する必要があり、パーツ代だけではなく輸入コストが加算され、結果的に高額となってしまうわけですね。

社外パーツなども使用可能な民間車検と比較して、純正パーツしか使えないディーラー車検は、こういった点で費用の差が生まれてしまいます。

また、民間車検と比較しますと、交換などの際の工賃に関しても高額ですので、パーツ自体の費用と合わさって、ディーラー車検が高いと思われてしまう要因になるわけです。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

ディーラー車検の場合、購入した販売店に持ち込むのが一般的ですが、その販売店自体には車検の検査設備が無いケースがほとんどです。

販売店に持ち込まれた後、ディーラーが提携している整備工場に運ばれ、その工場で検査を終えて販売店に戻ってくるという流れが一般的なんですね。

そうなりますと、販売店と整備工場の間は提携先とはいえ”外注”のような形式になりますので、整備工場に依頼するための中間マージンが発生するわけです。

そのマージンに関しては、ディーラーが支払ってくれるわけではなく、ユーザーの車検費用に加算される形となりますので、車検費用が高くなってしまう一因と言えるでしょう。

4. プジョーのディーラー車検と民間車検の違い

4-1. 車検費用の違い

ディーラー車検と民間車検を比較した時に、最も分かりやすい違いは車検費用の違いで間違いないでしょう。

ディーラー車検の費用は、民間車検の2倍以上になる事も少なくありませんので、「車検費用を抑えたい!」と思うのであれば、民間車検一択となります。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

まず、ディーラー車検の民間車検では、”車検に対するスタンス”に違いがあります。

次回の車検まで安全に乗ってもらうために検査やパーツ交換を行うのがディーラー車検で、車検に通過させるために修理やパーツ交換を行うのが民間車検です。

ディーラー車検の場合、独自の検査機器によって消耗箇所や故障箇所などを割り出し、それに則ってパーツ交換を進めていきます。

その検査によってピックアップされた箇所は、その時点で不具合が無くても交換を行なう形となり、このあたりが民間車検との大きな違いと言えるのではないでしょうか。

民間車検の場合、極端な話「車検を通過できる最低限の状態になっていればOK」という感じですので、次回の車検まで安全に乗る事を見越した交換などは行われません。

この違いが費用の違いに直結していると言っても過言ではないでしょう。

4-3. 信頼性の違い

自分の愛車を預ける上で、信頼性を考えるのであればディーラー車検の方が確実に信頼性は高いと言えます。

ディーラー車検は、プジョーの車を見続けてきた整備士、プジョーの車の為の設備が整っている工場という”プジョーの為の環境”で行われる車検ですので、当たり前といえば当たり前の話ですよね。

「ずっと車検でお世話になっている知人が民間車検業者にいる」などの特殊な例を除けば、信頼性の面ではディーラー車検に軍配が上がるでしょう。

5. プジョーの車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

5-1. メリット

・安価な車検費用

これについては何度も書いていますが、民間車検を受けるメリットで最も大きいのは”安さ”です。

安く車検を済ませたいのであれば、民間車検で間違いないでしょう。

しかし、安さだけで選んでしまうと失敗する場合もありますので、安さのみに着目しない事もポイントです。

・土日でも車検を行なえる

ディーラー車検の場合、検査工場が土日休みのため、車検作業は平日のみとなってしまいますが、民間車検業者の場合は土日でも車検可能な事が多いです。

車検のために休みを取りたくないという方や、土日しか時間を作れないという方には嬉しいサービスと言えるのではないでしょうか。

・持ち込んだその日に車検が終わるサービスも

民間車検業者の中には、1day車検などのように、即日で車検を済ませてくれる業者も存在します。

つまり、何度も業者を訪れる手間も省けますし、代車に乗る必要もありません。

「車検の時の代車がイヤ」という意見が意外と多かったので、こういった即日サービスの存在は大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

5-2. デメリット

・業者によって当たりハズレが大きい

ディーラー車検の場合、検査場や整備士のクオリティが保証されていると言って過言はありませんが、民間車検は少なからず業者によってムラがあります。

全ての業者を平均的に見ると、ある程度の水準は保たれてはいますが、同じチェーンの業者の中での個体差なども存在するわけですね。

手放しで任せられるディーラー車検と比べると、この点はデメリットと言えるでしょう。

・細かいチェックが出来ない

民間車検は、あくまで”車検を通すため”の修理や交換を行ないますので、細かい部分のチェックは基本的に行われません。

ディーラーの場合、専門的な診断システムがありますが、民間車検業者にはそれが無いため、車検が終わった後に故障や不具合が見つかるというケースも十分にあり得るわけですね。

・業者を決めるまでに時間と手間を要する

ディーラー車検の場合、車検を依頼する業者は基本的に1箇所しか無いわけですが、民間車検の場合、依頼する業者の選択肢が無数にあると言っても過言ではありません。

詳細は後述しますが、カー用品店やガソリンスタンド、整備工場や車検専門店などの全てが”民間車検業者”というカテゴリに含まれますので、その中から良い業者を見極めるには手間と時間を要してしまいます。

調べる時間も勿論ですが、気になる業者に見積もりを依頼し、見積もり結果が届いてから比較して決定するまでの時間を考えると、ディーラー車検がいかに楽な車検であるかが分かるでしょう。

費用が安い分、”手間と時間”が掛かる点はデメリットと言えるでしょう。

6. プジョーディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

6-1. 民間車検の種類

・オートバックスなどのカー用品店

普段からカー用品店をよく利用するという方は、カー用品店での車検を選択肢に入れてみるのも良いでしょう。

オートバックスなどの大手チェーンですと、車検費用なども分かりやすく書かれていますし、何より普段から行くお店なら車検の依頼も進めやすいですよね。

店舗による個体差こそありますが、設備や整備士の質などは一定以上の水準が保たれていると言えます。

・ガソリンスタンド

カー用品店と同様に、日頃から利用するガソリンスタンドが決まっているのであれば、その店舗で車検を依頼するのはスムーズで良いかと思います。

料金体系なども分かりやすく、日頃から利用している店舗であれば依頼や相談がしやすいのがメリットと言えるでしょう。

こちらも大手チェーンであるほど、設備などの水準が一定以上保たれている事が多いです。

・民間整備工場

民間整備工場は、1日車検などのサービスを行っている”指定整備工場”と、そうではない”認定整備工場”の2種類に分類されます。

カー用品店やガソリンスタンドとは違い、基本的に個人で経営されている工場ですので、設備や整備士の質に関するムラは大きいと言えます。

しかし、修理などに長けている整備工場もありますので、パーツ交換の費用を省き、想定より安い車検費用になるケースも考えられます。

・フランチャイズ店

民間整備工場をフランチャイズ化し、車検をメインで行っている業態がこれに当たりますね。

いわゆる”車検専門店”というもので、テレビCMやインターネット広告などで見掛けたという方も多いのではないでしょうか。

作業スピードの早さが特徴的で、30分で車検を終えられるプランがある業者も存在します。

基本的にマニュアル化が行き届いているため、設備や整備士の質などについては一定以上の水準を保っていると言えるでしょう。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

民間車検業者は「車検が○○円!!」などのように、安さをアピールしている場合が多いですが、”民間車検”にカテゴライズされる業者は総じて車検費用は安いです。

つまり、”安さ以外の部分”で比較する事がポイントと言えるわけですね。

車検後のトラブルを保証してくれるサービスであったり、プジョーの取り扱い実績の多さ、車検の仕上がりの早さなど、費用以外の部分でも見るべき点は色々あります。

「安さ以外に何を求めるのか」を頭に思い浮かべながら業者選びをすると良いかもしれないですね。

7. プジョーの車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

ディーラー車検と民間車検を比較してきましたが、費用を抑えるのであれば民間車検を選んで間違いないでしょう。

気になった業者には見積もり依頼を出し、最低でも3社くらいは比較する事が大切です。

一時とはいえ愛車を預けるわけですし、修理やパーツ交換なども任せるわけですので、実際に車検を受けた人の評判や口コミなども加味すると良いかと思います。

良い業者に巡り会えれば、次回の車検からは業者を選ぶ手間も省けますので、この記事で得た知識を頭に置きつつ業者を選定してみてほしいですね。