ポルシェに乗っている人は車検の時期になると購入したディーラーか店舗から車検の案内がくるでしょう。一般的に、輸入車は維持費や車検代が国産車に比べて高いという印象があり、車両本体価格の10分の1が車検代という話もあるほとです。

実際にポルシェの車検はいくらかかるのでしょう。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

スポンサーリンク

1. ポルシェディーラーの車検費用の相場はいくら?

ポルシェをディーラー車検に出したら、車検費用はどのくらいになるか心配ですよね。ポルシェの正規ディーラーとは、国産車ディーラーが運営している場合と、地元企業などが運営している場合がありますが、いずれも本国ポルシェAGの100%子会社のポルシェジャパン株式会社が輸入した車両を販売している携帯になっています。

今あるポルシェの店舗は、フォルクスワーゲンの子会社として存在し、ポルシェだけの販売ではなく高級セダンもラインナップするメーカーとなりました。ポルシェ自体は、輸入車の中でも特別な存在として扱われることも多いため、多くの人はポルシェを購入したディーラーや店舗に車検を出すことが多いでしょう。

しかしポルシェを中古で購入した場合は、ディラーや正規店での車検は引き受けてもらえないケースが多いので、中古車のポルシェの車検を引き受けてくれる店舗を探すことになります。

1-1. 初回車検の費用相場

まずは、ポルシェの初回車検の基本料金を見ていきましょう。

・ポルシェ車検:法定費用

車両重量 1.5t以下 2.0t以下 2.5t以下
自賠責保険料 25,830円
重量税 24,600円 32,800円 41,000円
手数料・印紙代 1,800円
法定費用合計 52,230円 60,430円 68,630円
総合計 116,030円 124,230円 132,430円

・ポルシェ車検:基本料金

車両重量 1.5t〜2.5t
車検基本点検料/24ヶ月点検 54,800円
完成検査+テスター 9,000円
書類作成+車検代行料 16,000円
基本料金 合計 79,800円

ここに、交換が必要なパーツ代金が加わってきますので合計するとポルシェのディーラーでの車検代金は22万円〜25万円ほどになります。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

ポルシェの2回目(5年目)、3回目(7年目)の車検の場合、上記の車検価格18万円〜23万円にプラス、初回車検では交換の必要がなかったパーツや、その他修理・整備の金額がかかるようになります。バッテリー交換が加わると、ディーラーでのポルシェ車検費用は30万円を超えることもあるでしょう。

また、2回目(5年目)、3回目(7年目)となると、走行距離によってはタイヤ交換が必要になる場合もあります。タイヤ交換をする場合は、さらに10万円以上かかってしまうことも…。ポルシェは維持費が大変といいますが、輸入車の場合はポルシェに限らずどの車でも維持費がかかってしまうのは仕方ないでしょう。

2. ポルシェのディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

「ポルシェのディーラー車検は高い」といわれますが、本当にそこまで高いのでしょうか?ポルシェのディーラー車検費用と、オートバックスなどの民間車検で費用を比較してみましょう。

車種 ポルシェディーラー オートバックスなどの民間車検
911/997 209,200円 13,2300円〜
ケイマン 213,530円 13,2300円〜
カイエン 263,450円 154,660円〜
ボクスター 258,746円 123,340円

上記の価格はあくまで一例ですので、該当車でも全ての車に当てはまるものではありません。同じポルシェディーラーでも、地域や販売店によって金額の差は発生します。

また民間車検工場も、場所や店舗によって価格差が出ます。また、同じポルシェの同車種でも3年目、5年目、7年目では車検費用も全く違いますし、走行距離や状態は人それぞれ違うため、車の状態によって車検費用は大きく上下します。

しかし、この表で価格だけを見てみても、民間車検と比べるとポルシェディーラーは、およそ7〜10万ほど高いことがわかります。国産車でもディーラーと民間車検では差がありますが、ポルシェなどの外車では大きな差が出ることがわかります。

スポンサーリンク

3. ポルシェの車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

車の中でも、ポルシェは特別高いイメージを持っている人も多いでしょう。実際ポルシェは、高性能モデルのエンジンについては、一つ一つ職人の手で各部品のバランス調整を確認しながら作られています

これは、ポルシェが大量生産ではないことと、世界中からクオリティの高さを求められているということでしょう。そんなポルシェですが、新車で購入しても5年を過ぎた頃から修理、交換する必要があるパーツが出てくるのです。そのため、5年目以降からの車検代金は高くなってしまうのです。

3-1. 車検費用の内訳

ポルシェの車検費用は、大きく分けると以下の3つになります。

  • 法定費用
  • 車検整備費用
  • その他のメンテナンス費用

それぞれの項目について詳しく説明します。

・法定費用

車検の際は、法定費用はどこのお店で受けても必要です。一般的に法定費用とは、「自陪責保険料」「重量税」「印紙代」のことです。法定費用は、ディーラーでも店舗でもどこで受けても値段は変わりません。法定費用の金額は、車のタイプや車の車両重量によって違います。ポルシェの重量税につきましては、以下の表を参照して下さい。

重量税
項目 〜13年 13年〜 18年〜
1t以下 16400円 22800円 25200円
1.5t以下 24600円 34200円 37800円
2t以下 32800円 45600円 50400円
2.5t以下 41000円 57000円 63000円
ポルシェ車種別の車両重量
1.5t以下 2.0t以下 2.5t以下
ボクスター(986型)
ボクスターS(986型)
ボクスター(987型)
ボクスターS(987型)
928GT(928型)
928S4(928型)
カイエン ターボ
カイエン ターボS
カイエンGTS
カイエンS
カイエン
カイエンS トランスシベリア
911 カレラ4 カブリオレ(964型)
911 カレラ2 カブリオレ(964型)
911 カレラ4 タルガ(964型)
911 カレラ4 クーペ(964型)
911 カレラ2 クーペ(964型)
911 ターボ(964型)
911 カレラ4 カブリオレ(996型)
911 カレラ カブリオレ(996型)
911 タルガ(996型)
911 ターボ(996型)
911 ターボ カブリオレ(996型)
911 カレラ4S(996型)
911 カレラ4S カブリオレ(996型)
911 カレラ4 クーペ(996型)
911 タルガ(996型)
パナメーラS ハイブリッド
パナメーラS E-ハイブリッド
911 カレラ RS(993型)
911 カレラ4(993型)
911 ターボ(993型)
911 カレラ カブリオレ(993型)
911 カレラ4S(993型)
911 カレラ タルガ(993型)
911 カレラ クーペⅠ(993型)
911 カレラ クーペⅡ(993型)
911 カレラ カブリオレ(997型)
911 カレラS カブリオレ(997型)
911 カレラ4 カブリオレ(997型)
911 カレラ4S カブリオレ(997型)
911 カレラ4(997型)
911 カレラ4S(997型)
911 タルガ 4S(997型)
911 ターボ(997型)
911 ターボ カブリオレ(997型)
911 カレラ クーペⅠ(996型)
911 カレラ クーペⅡ(996型)
911 カレラ クーペ(996型)
911 タルガ(996型)
911 カレラ カブリオレ(996型)
911 カレラ4(996型)
911 GT2(996型)
911 GT3 RS(996型)
911 タルガ 4(991型)
911 タルガ 4S(991型)
911 タルガ 4GTS(991型)
911 ターボ(991型)
911 ターボS(991型)
911 ターボカブリオレ(991型)
911 ターボSカブリオレ(991型)
911 カレラ(997型)
911 カレラS(997型)
911 カレラ4(997型)
911 GT2(997型)
911 GT3(997型)
911 GT3 RS(997型)
マカン
マカンS
マカン ターボ

上記のポルシェ以外にも、年式や型式違いのものもあります。車検前にはしっかり見積もりを取るようにしましょう。

・車検整備費用

車検時には、ポルシェディーラーや民間車検、どちらで受けても整備費用が必要になります。整備費用は、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などが含まれています。これらを全て合算したものが車検代金となります。

911の場合

【車検整備】

  • 基本点検
  • 機器による検査
  • スチーム洗車
  • エンジンオイル&フィルター
  • ブレークフィールド交換&エアー抜き
  • エアコンフェイルター交換

合計…89,000円

【諸費用など】

  • 車検法定費用
  • 代行料

合計…63,000円

ポルシェといえども、使用環境によっては車の劣化具合も変わってきます。長距離を走っているポルシェであれば、別途追加の整備が必要になることがあります。また、車に乗っていれば必ず消耗するものがあります。エンジンオイルなど各種オイル・タイヤなども消耗していくものなので、車検時にはきちんと整備していないと通らないこともあります。

その場合は、車検料金にさらに追加料金がかかることになります。ポルシェディーラーや民間車検でも、各社で車検費用に大きな違いがあるのは、この車検整備費用の差が大きいです。自分のポルシェのメンテナンスとしての点検整備をどこまでするか、交換するパーツは純正品のパーツを使うのか、非純正品を使うのかなどでも、車検整備の料金は全く違ってきます。

・その他のメンテナンス費用

その他のメンテナンス費用として、年数経過とともにパーツ交換が必要なものも出てきます。

  • ブレーキフリュードKIT
  • シーリング
  • オイルフィルター
  • CABINエアコンフィルター
  • エンジンオイル

また、エンジンオイルなどは、車検の時期を待たずに交換することも多いでしょう。ポルシェは特に繊細ですので、メンテナンスには気を配っておくことをおすすめします。

3-2. 5年目、7年目を迎えるポルシェは部品の交換時期

ポルシェが5年目(2回目)や7年目(3回目)の車検を迎える時は、車検時に交換が必要になる部品がたくさん出てきます。特に長くポルシェに乗っている場合や走行距離が多い場合などは、3年目、5年目の車検では交換対象じゃなかったものも、交換しなければならないこともあります。参考までに、ポルシェディーラーでのパーツ価格をご紹介します。

項目 価格
エンジンオイル 9,504円
オイルフィルター 3,564円
エアフィルター 4,752円~
ベルト(タイミングベルト除く) 8,316円~
スパークプラグ 10,692円~
バッテリー 8,316円
ブレーキパッド(フロント) 10,692円
ブレーキパッド(リア) 10,692円~
ブレーキディスク・ロータ(フロント) 17,820円
ブレーキディスク・ロータ(リア) 17,820円~
ブレーキフルード 9,504円
ワイパーブレード 1,188円
エアコンフィルター 2,376円

新車購入から3年間は、無償のメーカー保証が付帯され安心ですが、3年を過ぎてしまうと、万が一の故障が起きた時の費用は、ユーザーの自己負担となります。

この保証は、正規販売店にて新車・中古車を購入したユーザーに限られます。

また購入時の車両の状態によっては、ポルシェのメーカー保証に加入できないこともあります。

ポルシェディーラーでは、購入時に「ポルシェ延長保証制度」への加入をすすめられます。延長含め最大で新車購入時の登録から9年、もしくは走行距離が200,000Kmまで一般保証を延長することができるのです。

新車保証や認定中古車保証終了までに加入手続きや継続手続きが必要になります。また、万が一継続手続きをしなかった場合も、手数料支払うと、再度ポルシェ延長保証に加入することができることもあります。

・ポルシェ メンテナンスパッケージ

新新車登録から35ヵ月間または走行距離が45,000kmまでの車へ、定期点検と消耗品の交換がセット

・ポルシェ メンテナンスパッケージ プラス

新車登録から4~5年目もしくは走行距離が75,000kmまでの車へのサービス

この制度を利用しながら、ポルシェの維持費を節約して行くのですが、それでもディーラーの点検・車検価格は高くなってしまいます。

3-3. ポルシェは部品交換や修理費用、工賃が高い

ディーラーで車検を受けると、どうしても民間車検などと比べると工賃が高くなってしまいます。その主な理由は以下です。

・純正パーツを使う

ポルシェディーラーで部品交換をすると、必ず純正品を使うということがあります。純正パーツはどうしても非純正パーツより費用が割高になってしまうので、車検代も高くなってしまいます。

・すぐに交換が必要でないパーツも交換する

ポルシェなどのディーラーでは、「次の車検まで安全に乗れるように」と予防を含めた整備を行うため、整備項目が多くなり、その分いますぐ交換する必要がないパーツでも交換対象にされてしまいます。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

ポルシェのディーラー車検は、外注マージンがかかることがあるって知っていますか?店舗によっては車検が重なったり、繁忙期の時期に重なったりすると、外部の整備工場に外注をしていることもあるのです。外車のディーラーでは、外注で整備を頼んでいるところがとても多く、その都度マージンがかかってしまうことになるのです。

4. ポルシェのディーラー車検と民間車検の違い

アウディの車をディーラー車検に出す場合と、民間車検に出す場合の違いを具体的にご説明します。

4-1. 車検費用の違い

車検費用は、ポルシェのディーラーに車検に出すと、民間車検よりどうしても割高になってしまいます。車の状態によっては、20万円の差が出ることもあります。「どうしても車検費用を節約したい」と思う場合は、ポルシェの正規ディーラーではなく、民間車検に出した方が節約できるでしょう。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

ポルシェの整備は、民間車検では対応できないという店舗も多いです。事前に確認しておくとよいでしょう。ポルシェの点検・整備をしている民間車検の整備士は、ポルシェに精通している人も多いため、まずはポルシェの取り扱いをしているかどうかをチェックすることが大切です。

ポルシェに詳しい整備士に出会うことができれば、民間車検を受けても整備内容に問題はないでしょうし、かなり細やかに見てもらえる場合もあります。

4-3. 信頼性の違い

輸入車の中でもポルシェは特殊ですので、ポルシェを購入する場合は、営業担当との綿密な会話、個人的信頼関係が出来ていることも重要です。ちょっとした話から、車の購入につながることもあります。しかし、車の整備自体の信頼性でいえば、よい整備士にめぐり合う事ができればポルシェディーラーも民間車検工場でも変わりはないでしょう。

5. ポルシェの車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

「ポルシェの車検をディーラーで受けるとかなり高額になってしまうのがどうしても嫌だ」という人もいますよね。そこで、ポルシェの車検を民間車検で受けるメリットとデメリットをご紹介します。

5-1. メリット

まずはメリットからご紹介します。

・車検費用

ポルシェの車検を民間車検で受ける一番のメリットは、車検費用が安くなることでしょう。ポルシェの中でも大型の車種になると、民間車検の場合車検費用を半額ほどに抑えられる場合もあります。

・車検で不要なパーツ交換をされずにすむ

車検時は「先々の安心のために」という名目で、不要なパーツ交換をされる場合もあり、その分余計な出費になります。しかし民間車検に出せば、不要なパーツ交換をされることはまずないでしょう。

・短時間で車検が終わる

民間車検は、ポルシェのディーラー車検のように何日も車検のために預かることはありません。ですから「30分車検」の場合、何も問題がなければすぐに車検が終了するのもメリットでしょう。

5-2. デメリット

次に、ポルシェを民間車検に出すデメリットをご紹介します。

・代車の手配がないこともある

ポルシェを民間車検に出した時のデメリットは、代車の手配をしてもらえないことがあるということです。ポルシェのディーラーに車検に出せば、もちろん代車はポルシェか、同党クラスの輸入車でしょう。民間車検では、輸入車の代車を用意しているところは少ないでしょうし、代車にも限りがあるので手配してもらえないこともあります。

・外車は割増料金のことがある

民間車検工場では、国産高級車は通常価格でも、ポルシェなど外車の場合割り増し価格になってしまうこともあります。理由として、ポルシェの整備をする際には、特別な器具を使用することなども関係しています。店舗によって価格や対応が違いますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

6. ポルシェディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

ポルシェディーラーでの車検費用の見積もりが異様に高かった時「車検にそんなに高いお金を出したくない!」と思う人もいるでしょう。そこで、民間車検にはどんな種類があるのか、また民間車検で車検を受けるとどのくらいの金額になるのかをご紹介します。

6-1. 民間車検の種類

民間車検も枠が広がり、1995年以降は色々な店舗で車検が受けられるようになりました。しかし、ポルシェは整備自体が特殊であるため、民間車検で受けてくれる店舗は少ないです。

・オートバックスなどのカー用品店

ポルシェなどの輸入車も、オートバックスなどのカー用品店でも店舗によっては車検が受けることが出来ます。カー用品店での車検は、比較的安価で受けることができます。イエローハットは、店舗によっては、輸入車の車検は対象外のこともあります。

・ガソリンスタンド

ガソリンスタンドも、店舗によってはポルシェの車検が可能です。価格は比較的安価です。

・民間整備工場

民間車検工場では、ポルシェの車検を引き受けるところと引き受けないところがあります。輸入車、高級車に詳しい整備士がいる店舗は「輸入車専門店」という看板を掲げて車検を受けている業者もあります。車検価格は、もちろんディーラーよりはかなり安くすみます。

・フランチャイズ店

ホリデー車検やアップル車検などのフランチャイズ車検専門店は、ポルシェに関しての車検を受けるところとそうでないところがあります。事前に問い合わせをしてみましょう。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

ポルシェの場合、まず民間車検で受け付けてくれる店舗を探すことから始めます。

  • 整備士でポルシェに詳しい人がいる
  • ポルシェオーナーが経営している民間車検工場を選ぶ
  • ポルシェの車検実績が多い

これらのことに気をつけて、民間車検を選ぶとよいでしょう。整備士同士でも「迂闊にポルシェの整備に手を出せない」という人も多く、地方のイエローハットなどではオイル交換も受け付けしていない事が多々あります。

その理由は、ポルシェの専門性はとても高く、オイル交換だけでも専門知識と専用の器具が必要になるからなのです。特にポルシェはスポーツカーの部類に入るため、本来の性能を十分生かしきるためにも専門的な知識が必要になってくるのも否めません。まずは、ポルシェについて明るい知識を持った整備士がいる民間車検工場を探してみましょう。

7. ポルシェの車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

ポルシェをディーラー車検に出すか、民間車検に出すかについての色々な視点からの比較についてご紹介してきました。

ポルシェは高性能のスポーツカーであり、今もなお世界でトップクラスの自動車メーカーでもあります。そんな憧れのポルシェに乗りたいけれど、維持費が高いという人ももちろんいます。「ポルシェ車検費用を少しでも安く抑えたい」と思う人は、民間車検に出すことも選択肢の1つです。まずはポルシェの整備が可能な民間車検業者を探すことから始めましょう。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!
グー車検
ホリデー車検
EPARK車検
おすすめの記事