エンジンオイルが劣化する原因と判断方法

エンジンオイルは劣化するめ、定期的な交換が必要なのはご存じだと思います。しかし、劣化の原因について知っている方は少ないはずです。

そこで今回は、エンジンオイルの劣化原因とその判断方法(劣化するとどの様な症状が起こるか)についてご紹介します。オイルの役割や交換時期が知りたい方には参考になる内容ですので、ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

エンジンオイルが劣化する原因

まず、エンジンオイルには以下の5つの役割があります。

  • 金属同士の潤滑
  • 燃焼室等の密閉
  • エンジンの冷却
  • エンジン内の洗浄
  • 防腐

これらの役割はどれも重要で、1つでも無くなると故障したり、本来の性能を発揮できなくなります。

しかし、これらの役割の中に劣化の原因になるものがあります。それは洗浄効果です。洗浄とは、燃料が燃えた際の燃えかすなどを吸収する事です。これらの汚れはオイルで吸収しなければエンジン内に溜まってしまうため、性能低下や故障の原因となります。

エンジンオイルはこうした役割があるため、使用し続けていると汚れて劣化してしまいます。

また、エンジンオイルが劣化しやすい状況というのもありますので確認しておきましょう。

シビアコンディションでの使用が多い

短距離、短時間の走行や負荷が大きい高速走行が多い事をシビアコンディションと言います。シビアコンディションでの走行は、エンジン内の熱膨張が足らない事や、燃料の爆発力が高くなるなどの理由から、エンジンオイルに燃えかすやゴミが混ざりやすくなります。そのため、シビアコンディションでの走行が極端に多い場合、オイルがすぐに劣化してしまいます。

エンジンが摩耗している

エンジン内部では金属部品が擦れ合っているため、過走行車やオイル管理の悪い車は擦れ合っている金属部品が摩耗してしまい、燃えかすや汚れがオイルに混ざりやすくなっています

例えば、過走行車で「オイルが減ってしまう」と言う話をよく聞きますが、その様な車はオイルも汚れやすいです。

現在の車は部品の精度が高いため、よほど管理が悪くない限り、この様な事にはなりませんが、万が一、オイルがすぐに汚れたりってしまう場合は、エンジン内の摩耗を疑った方が良いでしょう。

極端に高温となる

これまで、オイルは汚れることで劣化していくとご紹介しましたが、それ以外にも高温となる事も劣化原因となります。一般道を普通に走行している方は心配はいりませんが、アクセルを全開にしている時間が多い方は高温となりやすいため注意が必要です。

エンジンオイルが劣化していると判断できる症状

エンジンオイルが劣化してしまうと、エンジンの寿命を縮めて故障の原因になる事もあります。こうしたトラブルを起こさないためにも、エンジンオイルの劣化時に起こる症状を確認しましょう。

燃費が低下する

エンジンオイルは、劣化すると潤滑性能が低下するため、エンジン内部の抵抗が増えて燃費が低下します。

また、密閉効果も低下する事から、燃焼室内の混合気(燃料と空気が混ざり合った気体)が漏れ、燃焼効率も低下してしまいます。

潤滑、密閉効果が低下すると燃費が落ちるだけで無く、エンジンの寿命を縮めてしまいます。そのため、極端に燃費が低下した際はオイルの点検を行いましょう。

エンジンの音がうるさくなる

エンジンオイルが劣化すると潤滑性能が低下する事から、金属部品が擦れ合うカチャカチャ音が出やすくなります。

比較的新しい車でも、音が出やすい物はありますが、オイル交換直後と比較して音が大きくなってきた場合はオイル交換を行いましょう。

色が黒くなる

オイルには洗浄性能がある事から汚れを吸収します。しかし、汚れを吸収するとオイルのそのものの性能も徐々に低下します。

汚れていたらすぐに交換しなければいけないという事はありませんが、極端に汚れている様でしたら交換した方が良いでしょう。

振動が大きくなる

車はエンジン出力が適切な状態の時に振動しないように設計されています。しかし、エンジンオイルが劣化して密閉効果が無くなると出力が低下するため、車の振動も大きくなります。

車の燃費や加速性能の低下は少々わかりにくいですが、振動は分かりやすいのでオイルの劣化を判断しやすいです。オイル交換直後より振動が増えたと感じたらオイルの点検をしてみましょう。

粘度が低下する

エンジンオイルは劣化するとエンジンオイル自体の粘度が低下してしまいます。オイルを手で触り、さらさらしていたら劣化していると判断できます。

ただし、オイルは種類により粘度が異なるため、自分で確認する場合は新品時の粘度を知っておく必要があります。また、温度によっても粘度は変化してしまいます。

この様な理由から、粘度から劣化具合を確認する事はあまり現実的ではありません。

油圧が低下する

エンジンには様々なオイルの通り道がありますが、それらにオイルが行き渡る様にしているのがオイルポンプです。エンジンオイルは劣化すると粘度が低下する事から、ポンプで送れるオイル量が少なくなるため油圧が低下します。

油圧は極端に低下してしまうと、オイルをエンジン内に送る事ができなくなり、故障してしまう事もあるため非常に重要です。

しかし、油圧を測るのには専用の測定器が必要になります。また、オイル劣化による油圧低下が起こると、これまでにご紹介した様々な症状が出てきますので、そちらで判断することができるでしょう。

油温が上がりやすくなる

エンジンオイルの劣化が起こると、潤滑、密閉効果が低下する事から、摩擦や燃焼時のガスに触れてしまう事が多くなり、油温が上がりやすくなります。

ただし、こちらも油圧同様、測定するには専用の機器が必要になりますし、この症状が出るような状態になっていれば、その他の症状も出るため、そちらで判断することができるでしょう。

オイルの匂いが変化する

エンジンオイルは劣化すると酸化を起こすため、匂いも変化します。オイルの匂いが極端に変化した際は、寿命を迎えている事があります。

ただし、オイルは種類によって匂いが異なります。そのため、自分でオイル交換をする方や、点検を頻繁に行い匂いの変化に気づける方でしたらこの方法で劣化具合を確認する事もできますが、それ以外の方ですと難しいかもしれません。

スポンサーリンク

劣化して寿命を迎えたエンジンオイルは早めに交換を!

この様に、エンジンオイルが劣化すると様々な症状が起こるため早めに交換する必要があります。

劣化したエンジンオイルを交換しなかった場合

もしも、劣化したエンジンオイルを交換せず、そのまま使い続けると以下の様な事が起こります。

  • エンジンが壊れる
  • 車両火災を起こす

この様なリスクを避けるためにも定期的なオイル交換が重用になります。

エンジンオイルの交換時期

では、具体的なオイル交換時期ですが、国産の普通車なら5,000~15,000km毎、半年に一度が目安となっていますが、軽自動車やシビアコンディションでの使用をしている場合は、3,000kmで交換が必要になる事もあります

この様に、オイルの交換時期は車や使用状況により異なるため、自分にあった時期に行いましょう。

まとめ

今回の記事でご紹介したように、エンジンオイルは劣化すると様々な症状が起こります。また、最悪の場合には、エンジンが壊れてしまったり、怪我をしてしまう事もあります。

そのため、オイルが劣化して寿命を迎えたら早めの交換が必要となります。燃費の悪化や振動が大きくなる、またはエンジンから異音が聞こえるようになるといった症状が見られる場合には、エンジンオイルの劣化が疑われますので交換時期かもしれません。

自分に合った方法でオイル劣化を確認し、定期的な交換を行いましょう。

おすすめの記事