タイヤワックスの効果的な塗り方とは?塗っていい場所、悪い場所や塗る時のコツとは?

タイヤはゴム製品ですので、使い続けるほどだんだんとくすんだり茶色く変色したりします。このようなタイヤだと、いくらボディーがピカピカだったとしても全体的なバランスが悪く見えてしまいます。

そんな時によく使われるのが、タイヤワックスです。タイヤワックスにも様々な種類があるのですが、使うことによってツヤのある黒いタイヤに蘇ります。ただしタイヤワックスの塗り方には、きちんとワックスの効果を発揮させるためのコツや注意点があります。

そこで今回は、タイヤワックスの効果的な塗り方や作業のポイント、キレイな黒い色にするためのちょっとしたコツをわかりやすく解説していきます。

タイヤワックスの効果的な塗り方の手順

タイヤワックスの効果をきちんと実感できるようにするためには、「効果的な塗り方をする」ということが大切です。具体的には、

  1. 汚れを落とす
  2. タイヤワックスを塗る
  3. 余分なワックスを拭き取る

この3つになりますので、それぞれ詳しく確認していきましょう。

①タイヤ洗車で汚れを落とす

汚れが付いたままのタイヤにいくらタイヤワックスを塗っても、汚れの上に塗るわけですからタイヤそのものには何も効果が表れません。そのためタイヤワックスを始める前に汚れを落とすということは、タイヤワックスを使う時の基本です。

高圧洗浄機で大体の汚れを落とす

まずはタイヤについた汚れをざっくりと落としていきましょう。タイヤの汚れはかなりしつこいですので、高圧洗浄機を使うと簡単に汚れを落とすことが出来ます。

タイヤ用洗剤を使って細かな汚れを落とす

高圧洗浄機によって代替の汚れが落ちたら、今度はタイヤ用洗剤を使って細かな汚れを落としていきましょう。この時ゴシゴシと力を入れて洗ってしまうと、タイヤを傷つけてしまいます。タイヤの傷は劣化の原因になりますので、洗う場合も出来るだけ優しくなでるように洗っていきましょう。

洗い終わったら、洗剤が完全に落ちるまでしっかりと水洗いします。

キレイに拭き取る(タイヤを乾かす)

タイヤの汚れを完全に落としきったら、タイヤの表面についた水を丁寧に拭き取ります。タイヤワックスには水性・油性がありますが、いずれの場合も「きちんと水気をとってから塗る」が基本です。

②タイヤワックスを塗る

タイヤワックスの効果には、大きく分けると「つや出し効果」と「タイヤ保護効果」の2つになります。どちらもタイヤにとっては大切なことなのですが、あなたがどちらを優先させるかによっても選び方が変わってきます。

ただタイヤ本来の深みのある黒い色を蘇らせたいのであれば、やはりタイヤワックスの効果は見逃せません。

しかも驚くようなピッカピカなツヤだけが、ワックスのツヤ出し効果ではありません。しっとりとした新品タイヤのような深い黒色に仕上げるタイプのワックスもたくさんあります。

いずれにしても洗車するだけでは、その効果は持続しません。洗うことによってようやく黒いタイヤに戻ったのなら、その効果が持続するようにきちんとコーティングをしてあげることが大切です。そのためにもタイヤワックスはおすすめです。

タイヤワックスの塗り方のコツ

初めてタイヤワックスを塗る人でもプロ並みの仕上がりを目指したいのなら、知っておきたいタイヤワックスの塗り方のコツがあります。

一気に塗り込み過ぎない

どのタイプのタイヤワックスであっても、いきなり全体的に塗りつけていくのはお勧めできません。特にスプレータイプのワックスの場合は、一気にタイヤに吹き付けることによって液だれが起こります。

間違った場所についてしまったらすぐに拭き取る

ホイールやボディーに間違ってワックスを付けてしまった場合は、慌てずに乾いた布などできれいに拭き取りましょう。そのままにしておくと、いずれシミになります。タイヤワックスのシミは落ちにくいので、付いてしまったその時に拭き取ることが大切です。

スプレータイプと塗り込みタイプの違い

スプレータイプと塗り込みタイプの違いは、手間のかけ方にあるといえます。スプレータイプの場合はタイヤに吹き付ければ簡単に塗布出来ますが、塗り込みタイプの場合はスポンジにとって塗り込んでいかなければいけません。

さらに塗り込みタイプの場合は塗り漏れや塗り過ぎが起こりやすいこともあって、初心者の場合は塗り込みタイプよりもスプレータイプの方がやりやすいと感じるはずです。

ただし使い方としては基本的にこの2つに違いはありません。「タイヤを洗う→ワックスを塗る→拭き取る」の工程は必要です。ですから「あなたがどちらの方が使いやすいと感じるのか?」がスプレータイプと塗り込みタイプの大きな違いといっても良いでしょう。

タイヤワックスを塗る場所・塗ってはいけない場所

タイヤワックスを使うとピッカピカになりますよね?つまりこれは「滑りやすい」ということです。そのためタイヤワックスには「塗る場所」と「塗ってはいけない場所」があります。

塗る場所

タイヤワックスを縫ってよいのは、「サイドウォール」と呼ばれるタイヤの側面です。この部分は汚れや劣化が起こりやすい場所なので、保護成分を含んだタイヤワックスを塗り乞うことによってツヤ出しだけでなく劣化防止にもなります。

塗ってはいけない場所

ツヤが出るということは滑りやすいということですから、路面に直接設置する部分に塗ってはいけません。またホイールやボディーにタイヤワックスがついてしまうと、汚れが付きやすくなるだけでなくシミの原因にもなります。

タイヤワックスはホイールについても大丈夫?

液だれなどでタイヤワックスがホイールについてしまった場合は、すぐに拭き取るようにしてください。拭き残したまま放置していると、その部分がしみになります。

シミになると落ちにくくなるだけでなく、その部分から錆びてしまうためホイールの劣化につながる恐れがあります。

タイヤワックスの2度塗りの効果とは?

タイヤワックスの耐久性を良くしたいのであれば、2度塗りもおすすめです。1度のコーティングでも十分に効果はありますが、2度塗りすることによってさらに分厚い膜が出来ます。

ただし1度目のタイヤワックスが完全に乾いてからでなければ、2度塗りの意味はありません。乾ききる前に2度塗りしてしまうと、せっかくキレイにコーティング出来ていたものが2度目のタイヤワックスによって落ちてしまいます。

ですから2度塗りをしたい場合は、2日に分けて作業を行うことが重要です。

③余分なタイヤワックスを綺麗に拭き取る

余分なタイヤワックスが残ったままでは、ムラが出来てしまうだけでなくホイールやボディー汚れの原因になります。この汚れは、走行中に余分なタイヤワックスが飛び散ってしまうことが原因です。

ですからつけすぎてしまったタイヤワックスは、きちんと拭き取ることも忘れないようにしておきましょう。

タイヤワックスを綺麗に塗る方法まとめ

タイヤワックスできれいな黒いタイヤを目指すなら、面倒でもワックスを塗る前にきちんとタイヤの汚れを落とすということが大切になります。汚れのないタイヤにワックスを塗ることによって、ワックスの効果が最大限に発揮されます。

ただし「たくさん塗ればワックスの効果が高くなる」というわけではありません。きちんと正しい方法で塗ることが出来れば、初心者だってプロ並みに仕上げることが出来ます。