車検や定期点検などでディーラーに車を点検してもらった際、「タイヤの交換が必要です」と言われ、見積もりを見たらとても高くてびっくりした、と言う経験があるのではないでしょうか?

実はあまり知られていないだけでタイヤ交換を安く済ませる方法があります。

今回はタイヤ交換を安く済ませる節約術を詳しくご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

ディーラーのタイヤ交換料金が高い理由

タイヤ自体が高い

ディーラーでタイヤを買うと一般的なタイヤショップやカー用品店と比べ非常に高くなってしまいます。なぜこのような価格の差が出てしまうかと言うと仕入れ方仕入れルートの違いがあるためです。

まず仕入れ方の違いですが、タイヤショップなどは倉庫や店頭にタイヤを在庫として保管出来る為、一度の仕入れで数百本のタイヤを仕入れています。逆にディーラーでは在庫として保管しておくことが出来ないため、必要な本数を必要な時に仕入れています。

ディーラーやタイヤショップにタイヤを卸している業者からするとこの違いは大きく、大量に仕入れてもらえるのなら多少値切りをしても利益が出ますが、数本のみしか仕入れてもらえない場合、値切りをしてしまうと全く利益が出なくなってしまいます。つまり一般的なタイヤショップやカー用品店とディーラーでは、タイヤの仕入れ値が違うのです。

仕入れルートの違いは、タイヤショップやカー用品店はタイヤメーカーの卸業者から仕入れていることが多いですが、ディーラーではそのタイヤメーカーの卸業者が納品したタイヤ屋さんから仕入れています。当然、タイヤ屋や卸業者は利益を出すために仕入れ値よりも価格を乗せて販売しますので仕入れのルートが長くなれば長くなるほど価格は高くなります。

このような理由からディーラーではタイヤの値段が高くなってしまうのです。

工賃が高い

ディーラーでは一般的なタイヤショップやカー用品店と比べ工賃が高くなる傾向にあります。先ほどの仕入れの話と似た話になりますが、タイヤショップなどではタイヤ交換の仕事が多く入ってくるため安い工賃にしても利益が出るのです。

しかし、ディーラーではそこまでタイヤ交換の仕事が無いため、工賃を高くしないと利益が出ません。このような理由からディーラーの工賃は高くなるのです

ディーラーよりもタイヤ交換を安くする方法

ディーラーのタイヤ交換費用が高いと思った場合には、次の2つの方法を利用して費用を抑えましょう。

インターネット通販を利用する

1番安く済ませられるのはネットでタイヤを購入し、その後の交換作業は工賃の安いタイヤ交換店に頼む方法です。タイヤショップやカー用品店でもディーラーより安く交換することは出来ますが、ネット通販を利用するほうがお得です。

また、ディーラーやタイヤショップでは基本的に国産タイヤをメインとして扱っていますがネット通販ではアジアンタイヤ(日本以外のアジアで開発、生産をしているタイヤ)などの安いタイヤも扱っています。このような安いタイヤを購入することで、更にタイヤ交換費用を抑えることが出来るのです。

工賃の安いタイヤショップやカー用品店を探す

2番目に安く済ませられるのはタイヤの販売価格と交換工賃が安いタイヤショップやカー用品店に頼む方法です。

タイヤショップやカー用品店はディーラーとは違いタイヤを一度に大量に仕入れています。また、仕入れルートも店舗によっては卸業者を通さず直接メーカーから仕入れているお店もあります。そういったところは他の店舗よりも安くタイヤを購入出来ます。

しかし、タイヤは安くとも工賃がとても高いお店もあります。そうなってしまうとタイヤを安く買えても最終的に支払う合計金額は高くなってしまうことにもなりかねないので、タイヤの値段だけでなく工賃も事前に調べておくことが大切です。

スポンサーリンク

時間があるならネット通販でタイヤの価格をチェックしよう!

例えば、車検までに3週間から1ヶ月くらいのの余裕がある場合なら、ネット通販を利用してタイヤ交換を安く済ませることができます。しかし、急いでタイヤ交換する必要がある場合にはネット通販は不向きです。

ネット通販のメリット

タイヤ購入費用が安い

ネット通販のメリットはタイヤを安く購入することが出来ることです。同じタイヤでもタイヤショップやディーラーと比べ圧倒的に安く購入することが出来ます。

その他にもアジアンタイヤを購入できるのも大きなメリットです。アジアンタイヤは国産タイヤと比べ非常に安く買うことが出来ます。一昔前のアジアンタイヤはあまり性能も良くありませんでしたが、今のアジアンタイヤは非常に良く出来ていて、国産タイヤとの性能差は気にならないレベルになっていますので安心して使うことが出来ます。

ネット通販のデメリット

タイヤを安く購入することが出来るネット通販ですが、デメリットが2つあります。

タイヤを持ち込み交換してもらう必要がある

1つ目のデメリットは基本的にタイヤの交換をしてくれるタイヤ交換店を自分自身で探さなければならないことです。タイヤショップなどではタイヤを購入すればその場で交換してもらえますが、ネット通販だとタイヤのみが届くので、その後の交換作業はタイヤ交換店に頼まなければなりません。

ディーラーやタイヤショップでも交換はしてもらえますが、場所によってはタイヤ販売の利益が得られないため、工賃が高くなる場合があるので事前に工賃を確認しておく必要があります。

タイヤ交換までに時間がかかる

2つ目のデメリットは時間が掛かることです。

カー用品店やタイヤショップなどではタイヤが在庫として置いてあるため、タイヤの購入から交換作業まで早ければ1時間も掛からずに終わってしまいますが、ネット通販を利用してタイヤを購入すると、タイヤを注文してから届くまでに1~2日、在庫が無ければ1~2週間、そしてタイヤが届いてからタイヤ交換店に予約をしてタイヤを交換してもらう、と言う流れになります。

その為、タイヤショップなどで交換する時よりも余裕を持ったスケジュールでタイヤ交換をする必要があります。

ネット通販でタイヤ購入費用を安くする方法は、「タイヤ交換はネット通販で購入すれば安くなる!」こちらで詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてください。

急ぎの場合はカー用品店・タイヤショップをチェックしよう!

タイヤがパンクしてしまった時や、早急にタイヤ交換の必要があるような時にはカー用品店やタイヤショップをチェックしましょう。カー用品店などにはタイヤの在庫が大量にあります。その為、急ぎでタイヤ交換が必要な場合はすぐに交換することが出来ます。

ネット通販よりも高くはなってしまいますが、ディーラーよりは安く交換出来ます。

カー用品店・タイヤショップのメリット

その場でタイヤ交換ができる

カー用品店などでタイヤを購入するメリットは時間が掛からないことです。タイヤの在庫が大量にあるため、予約をしなくともその日のうちにタイヤを交換することが出来ます。

スタッドレスタイヤの交換時期でなければ、早くて1時間、長くなっても2時間ほどでタイヤ交換が出来ます。

また、メーカーから直接仕入れているお店でしたらより安くタイヤを購入することも出来ます。

カー用品店・タイヤショップのデメリット

カー用品店やタイヤショップにももちろんデメリットがあります。

ネット通販よりもタイヤの価格が高い

1つ目はネット通販よりも値段が高くなってしまうことです。多くのカー用品店、タイヤショップはメーカーからの直接仕入れではなく、メーカーの卸業者などから仕入れているため、ネット通販と比べると高くなってしまいます。仕入れ量もネット通販で販売している業者と比べて少ないので、その分でも高くなってしまうのです。

タイヤ交換の技術レベルにばらつきがある

2つ目は整備士の資格が無い人でも作業を行うことがあるため、技術のレベルにバラつきがあることです。精度の良くない機械とあまり慣れていない人が作業をした場合、うまくホイールバランスが取れない可能性や、後々になって空気が抜けてしまう可能性もあるので注意が必要です。

基本的にカー用品店でも整備士免許を持っている人が作業を確認はしていますが、中にはそういったことをしっかり行っていないお店も存在します。その為、カー用品店などでタイヤを交換する際には、事前にネットで口コミなどを確認することをおススメします。

【参考】ディーラー別タイヤ交換の工賃目安

ディーラー

工賃目安

備考

トヨタ

12,000~16,000

15インチ

日産

12,000~16,000

15インチ

マツダ

12,000~16,000

15インチ

三菱

10,000~16,000

16インチ

スバル

12,000~16,000

16インチ

ダイハツ

8,000~14,000

15インチ

スズキ

8,000~12,000

14インチ

レクサス

12,000~20,000

18インチ

BMW

12,000~25,000

18インチ

MINI

12,000~16,000

16インチ

メルセデス・ベンツ

15,000~20,000

18インチ

ボルボ

15,000~20,000

17インチ

ポルシェ

18,000~25,000

18インチ

表中の金額は4本交換、バランス調整込みの値段です。海外メーカーと国内メーカーとでは、あまり工賃の差はありません。しかし、海外メーカーや国内でも高級ブランドとなっているレクサスなどは工賃の差が大きくなっています。

これは、タイヤ自体が一般向けのタイヤからランフラットタイヤと言う交換自体に時間が掛かるタイヤなど、様々なタイヤを取り扱っていることが原因です。

ディーラーよりもタイヤ交換料金を安くする方法まとめ

タイヤ交換費用をディーラーよりも安く済ませる方法はネット通販を利用する、タイヤショップやカー用品店で交換する、この2つになります。

特にネット通販を利用してタイヤ交換をするとディーラーの半分以下の料金で済んでしまうこともありますので非常におすすめです。ディーラー以外でタイヤを交換するのは不安と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、ちゃんとした交換店、カー用品店に頼めば安心です。

タイヤ交換費用を抑えたい方は、ネット通販を利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事