タイヤ交換をディーラーですると大損?!

車検や定期点検などでディーラーに車を点検してもらった際、「タイヤの交換が必要です」と言われ、見積もりを見たらとても高くてびっくりした、と言う経験があるのではないでしょうか?実際に、ディーラーでタイヤ交換をすると高くついてしまい損をしてしまうことがあります。

特に車に詳しくない方は、ディーラーの言うことを鵜呑みにしてしまったり、カー用品店やタイヤショップでタイヤ交換をするのは敷居が高く感じてしまうかもしれません。でも、ディーラーと比べて半額でタイヤ交換ができるとしたらどうでしょうか?一度はディーラー以外でタイヤ交換することを検討してみたくなるはずです。

そこで今回は、ディーラー以外でタイヤ交換するにはどうすればいいのか詳しくご紹介していきます。

タイヤ交換
タイヤ交換費用を安く抑えるコツ

タイヤ交換費用は10万円〜20万円もかかってしまいます。車検に通るためには避けられない出費ですが、実はインターネットでタイヤを購入すれば、半額に抑えられることもあります!

ただ、こんなデメリットもありました。

 

  • どんなサイズ・種類を選べば良いのかわからない
  • タイヤが自宅に届いても置き場所が無い
  • 自分でタイヤ交換できない

 

でも、TIREHOOD|タイヤフッドを利用すればもう安心です。愛車に最適なサイズ選びから取り付けまで、簡単でわかりやすく対応してもらえるからです。タイヤ交換費用を安く抑えたい方はぜひチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

ディーラーのタイヤ交換料金が高い理由

タイヤ自体が高い

同じ種類のタイヤでも「ディーラー」と「タイヤショップやカー用品店」の販売価格を比べると、ディーラーの方が高くなってしまいます。この価格差は仕入れ方仕入れルートに違いがあるためです。

まず仕入れ方の違いですが、タイヤショップなどは倉庫や店頭にタイヤを在庫として保管できるため、一度に数百本のタイヤを仕入れています。逆にディーラーでは大量に在庫として保管しておくことができないため、必要な本数を必要な時に仕入れています。当然、一度に大量のタイヤを仕入れる方が、タイヤ1本あたりの価格を安くすることができます。

また、仕入れルートの違いは、タイヤショップやカー用品店はタイヤメーカーの卸業者から仕入れていることが多いですが、ディーラーではそのタイヤメーカーの卸業者が納品したタイヤ屋さんから仕入れています。仲介する業者が増えるほど消費者(私たち)が支払う金額は高くなってしまいます。

このような理由から、ディーラーで扱っているタイヤは高くなってしまうのです。やはり、タイヤを買う(交換する)ならタイヤを専門に扱っているお店を選んだ方が出費を抑えることができます。

工賃が高い

ディーラーではタイヤショップやカー用品店と比べて工賃が高い傾向にあります。先ほどの仕入れの話と似た話になりますが、タイヤショップなどではタイヤ交換の仕事が多く入ってくるため安い工賃にしても利益が出ます。しかし、ディーラーではそこまでタイヤ交換の仕事が無いため、工賃を高くしないと利益が出せないという事情があります。

このように、ディーラーでタイヤ交換をしたもメリットは感じられません。もしかしたら、「ディーラーなら安心」と思われていたり、カー用品店やタイヤショップには足を運びにくいと感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、その価格差を比べてみたらそうした不安も解消できると思います。次項でタイヤ交換を安くするためのおすすめの方法をご紹介していきますのでぜひチェックしてください。

ディーラーよりもタイヤ交換を安くする方法

タイヤ交換費用を安く抑えるには、次の2つのポイントがあります。

インターネット通販を利用する

タイヤ交換費用を安く抑えるにはインターネット通販を利用するのがおすすめです。ディーラーと比べればタイヤショップやカー用品店でも安く交換することはできますが、インターネット通販を利用するのが最も安くなります。

また、ディーラーやタイヤショップでは国産タイヤをメインとして扱っていますが、インターネット通販ではアジアンタイヤ(日本以外のアジアで開発、生産をしているタイヤ)も扱っています。このような安くて性能も十分なタイヤを購入することで、更にタイヤ交換費用を抑えることもできます。

まずは一度、インターネット通販での販売価格をチェックしてみてはいかがでしょうか?車種を選択すれば適合するタイヤを自動的に表示してくれますので、タイヤのサイズなどが分からなくても心配ありません。インターネット通販なら、取り付け予約までできるタイヤフッドがおすすめです。

工賃の安いタイヤショップやカー用品店を探す

2番目に安く済ませられるのはタイヤの販売価格と交換工賃が安いタイヤショップやカー用品店に頼む方法です。

タイヤショップやカー用品店はディーラーとは違いタイヤを一度に大量に仕入れています。また、仕入れルートも店舗によっては卸業者を通さず直接メーカーから仕入れているお店もあります。そういったところは他の店舗よりも安くタイヤを購入できます。

しかし、タイヤは安くとも工賃がとても高いお店もあります。そうなってしまうとタイヤを安く買えても最終的に支払う合計金額は高くなってしまうことにもなりかねないので、タイヤの値段だけでなく工賃も事前に調べておくことが大切です。

スポンサーリンク

ディーラーとインターネット通販のタイヤ価格を比べてみよう!

ここまでお伝えしてきたように、タイヤ交換をするならディーラーはおすすめしません。費用が高くなるだけでメリットが感じられないからです。ただ、おすすめしているインターネット通販には不安を感じてしまう方もいらっしゃると思います。

繰り返しになりますが、インターネット通販のタイヤ価格をみてみれば、その不安も解消できると思いますが、ここではインターネット通販のメリット・デメリットをまとめてご紹介しますので、ネット通販に抵抗を感じている方はこちらでチェックしておきましょう。

インターネット通販のメリット

タイヤ購入費用が安い

インターネット通販のメリットはタイヤを安く購入することができることです。同じ種類のタイヤでも圧倒的に安く購入することができます。

その他にもアジアンタイヤを購入できるのも大きなメリットです。アジアンタイヤは国産タイヤと比べ非常に安く買うことができます。一昔前のアジアンタイヤはあまり性能も良くありませんでしたが、今のアジアンタイヤは非常に良くできていて、国産タイヤとの性能差は気にならないレベルになっていますので安心して使うことができます。

愛車に適合するタイヤが自動的に分かる

ディーラーを含めカー用品店やタイヤショップなどの実店舗でタイヤ交換をすれば、愛車に適合するタイヤの種類やサイズを選んでもらうことができます。車やタイヤに詳しくなくても心配ありません。

では、インターネット通販だとどうでしょうか?タイヤに詳しくないと不安な方も多いと思いますが、実はインターネット通販でも、表示されている画面の内容に沿って愛車を選択するだけで、自動的に最適なタイヤを表示してくれるため、知識がなくても心配する必要はありません。複数表示されたタイヤの中から価格などを比較して購入するタイヤを選ぶだけですので操作自体も難しくありません。

取り付け予約もできる

インターネット通販を利用したことがある方はご存知だと思いますが、購入したものは自宅に配達されます。ただ、タイヤの場合は自宅に配達されても困ってしまうと思います。保管する場所はもちろんですが、「取り付け」という問題が出てきます。

でも、最近のインターネット通販を利用すれば、近所のタイヤ取り付け店に直送してくれますので、自宅に保管する必要はありません。もちろん取り付けも行ってもらえますし、タイヤ購入時に取り付け日の予約までできてしまいます。

インターネット通販のデメリット

タイヤ交換費用が安く抑えられるインターネット通販ですが、次のことには注意が必要です。

タイヤを持ち込みが必要になることもある

利用するインターネット通販によっては取り付けサービスを行っていないことがあります。するとタイヤが自宅に届いてしまうため、自分で取り付け可能な店舗に持ち込まなくてはいけなくなります。例えば、ディーラーやタイヤショップでも持ち込み交換してもらえますが、場所によっては工賃が非常に高くなる場合があるので注意してください。タイヤを安く購入したとしても取り付け工賃が高額になってしまっては意味がなくなってしまいます。

インターネット通販でタイヤを購入する場合には、取り付けサービスまで行っているTIREHOOD|タイヤフッドなどを利用するようにしましょう。

タイヤ交換までに時間がかかる

2つ目のデメリットは時間が掛かることです。

カー用品店やタイヤショップでは在庫があれば当日にタイヤ交換することができます。一方で、ネット通販を利用してタイヤを購入すると、タイヤを注文してから届くまでに1~2日、在庫が無ければ1~2週間かかることがあります。そのため、早急にタイヤ交換する必要がある場合には不向きと言えますので注意しましょう。

急ぎの場合はカー用品店・タイヤショップをチェックしよう!

タイヤがパンクしてしまった時や、早急にタイヤ交換の必要があるような時にはカー用品店やタイヤショップをチェックしましょう。インターネット通販よりは高くなってしまいますが、ディーラーよりは安く交換できます。

カー用品店・タイヤショップのメリット

その場でタイヤ交換ができる

カー用品店やタイヤショップのメリットは、タイヤの在庫が大量にあるため予約をしなくてもその日のうちにタイヤを交換することができます。スタッドレスタイヤの交換時期のような繁忙期でなければ、早くて1時間、長くなっても2時間ほどでタイヤ交換ができます。ただ、愛車に適合するタイヤの在庫がない可能性もあるので確認が必要です。

カー用品店・タイヤショップのデメリット

インターネット通販よりもタイヤの価格が高い

カー用品店やタイやショプではインターネット通販よりも価格が高くなってしまいます。ただ、ディーラーよりは安く交換できますので、急ぎの場合には仕方がないかもしれません。

タイヤ交換の技術レベルにばらつきがある

2つ目は整備士の資格が無い人でも作業を行うことがあるため、技術のレベルにバラつきがあることです。精度の良くない機械とあまり慣れていない人が作業をした場合、うまくホイールバランスが取れない可能性や、後々になって空気が抜けてしまう可能性もあるので注意が必要です。

基本的にカー用品店でも整備士免許を持っている人が作業を確認はしていますが、中にはそういったことをしっかり行っていないお店も存在します。そのため、カー用品店などでタイヤを交換する際には、事前にネットで口コミなどを確認することをおススメします。

【参考】ディーラー別タイヤ交換の工賃目安

ディーラー

工賃目安

備考

トヨタ

12,000~16,000

15インチ

日産

12,000~16,000

15インチ

マツダ

12,000~16,000

15インチ

三菱

10,000~16,000

16インチ

スバル

12,000~16,000

16インチ

ダイハツ

8,000~14,000

15インチ

スズキ

8,000~12,000

14インチ

レクサス

12,000~20,000

18インチ

BMW

12,000~25,000

18インチ

MINI

12,000~16,000

16インチ

メルセデス・ベンツ

15,000~20,000

18インチ

ボルボ

15,000~20,000

17インチ

ポルシェ

18,000~25,000

18インチ

表中の金額は4本交換、バランス調整込みの値段です。海外メーカーと国内メーカーとでは、あまり工賃の差はありません。しかし、海外メーカーや国内でも高級ブランドとなっているレクサスなどは工賃の差が大きくなっています。これは、タイヤ自体が一般向けのタイヤからランフラットタイヤと言う交換自体に時間が掛かるタイヤなど、様々なタイヤを取り扱っていることが原因です。

ディーラーよりもタイヤ交換料金を安くする方法まとめ

ディーラーyりもタイヤ交換費用を安く済ませる方法はインターネット通販を利用する、もしくはタイヤショップやカー用品店で交換する、この2つになります。

特にネット通販を利用してタイヤ交換をするとディーラーの半分以下の料金で済んでしまうこともありますので非常におすすめです。ディーラー以外でタイヤを交換するのは不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは一度、インターネット通販のサイトでその価格をチェックしてみてください。その価格差に納得できれば不安も解消できるはずです。ぜひお得にタイヤ交換をしましょう。

タイヤ交換費用を安く抑えるコツ

タイヤ交換費用は10万円〜20万円もかかってしまいます。車検に通るためには避けられない出費ですが、実はインターネットでタイヤを購入すれば、半額に抑えられることもあります!

ただ、

  • どんなサイズ・種類を選べば良いのかわからない
  • タイヤが自宅に届いても置き場所が無い
  • 自分でタイヤ交換できない

こうしたデメリットがありました。

でもTIREHOOD|タイヤフッドを利用すればもう安心です。愛車に最適なサイズ選びから取り付けまで、簡単でわかりやすく対応してもらえるからです。タイヤ交換費用を安く抑えたい方はぜひチェックしておきましょう!

おすすめの記事