車のタイヤがパンクしてしまった場合、修理できる状態であればパンク修理を行います。パンク修理はディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドなど様々な所で行えますが、それぞれにメリット、デメリットがありますし、料金も気になると思います。

そこで、今回はそれぞれの店舗でのパンク修理の料金やメリット、デメリットを比較してみました。タイヤのパンク修理をお店に頼む際には参考にして下さい。

スポンサーリンク

タイヤパンク修理料金の比較一覧表

施工店

料金

所要時間

ディーラー

2,160円~

30分~

カー用品店

オートバックス

1,620円

15分~

イエローハット

2,160円~

10分~

ジェームス

2,268円~

30分~

タイヤ館

2,160円~

30分~

ガソリンスタンド

2,160円~

30分~

タイヤのパンク修理はディーラーがおすすめ!

タイヤのパンク修理はディーラーがおすすめです。ディーラーではカー用品店などと違い、自動車整備士の資格を持っている人が作業を行うので、作業ミスの可能性が少ないためです。

また、パンク修理剤などを使用した場合でもディーラーならパンク修理が出来る可能性があります。

しかし、ディーラーは店舗によりパンク修理の値段が違う事が多いので、事前に電話などで問い合わせておくのが良いでしょう。上の表にも書いたとおり、基本的なディーラーでのパンク修理の料金は2,160円となっていますので、この料金よりも高い場合は他の店舗を探して見ましょう。

スポンサーリンク

タイヤパンク修理の料金とサービス内容

タイヤのパンク修理の料金は上の表の通りですが、各店舗により料金やサービス内容が違います。そこで、それぞれの店舗の料金やサービスの内容をご紹介致します。

ディーラーの場合

ディーラーでパンク修理をする場合の料金は2,160円が相場となっています。

ディーラーでパンク修理をするメリットは上でも書いたとおり、基本的に整備士免許を持っている人が作業を行うため、整備ミスの可能性が少ないことです。その他にも、「外面補修」だけではなくより確実にパンク修理が出来る「内面補修」にも対応している事もメリットとなっています。

そして最大のメリットは、車載の「パンク応急修理キット」を使用した場合も、パンク修理が出来る可能性があることです。基本的にパンク応急修理キットを使用した場合は、パンク修理が出来ずタイヤ交換をする事になってしまいます。しかし、車種やパンク修理剤によってはディーラーに持ち込む事でパンク修理が出来る可能性もあるのです。

反対にデメリットは上でも書いたとおり、メーカーは同じでも店舗により料金が違う事があることです。これは「メーカー直営店舗」と、「FC(フランチャイズ)として営業している店舗」があるためこの様になってしまうのです。しかし、逆に言えば「ディーラーでも相場よりも安く修理してもらえる場所もある」と言うことですので、ディーラーでパンク修理をする場合は様々な店舗に料金を確認してみましょう。

カー用品店の場合

カー用品店でパンク修理を行うメリットは「ディーラーよりも安く、時間もそれほど掛からず」修理が出来る店舗がある事です。しかし、これらのメリットは店舗により違うため、下でそれぞれの店舗のメリットを詳しくご紹介致します。

反対にデメリットは、「整備士免許を持っていない人が作業をする」可能性があることです。カー用品店では、整備士免許を持っていないアルバイトが作業する事も多く、作業を行う人全員がしっかりとした知識を持っているとは言い難いです。もちろん、作業場には整備士免許を持った人が必ず居ますが、それでも全ての作業をしっかりと確認出来てはいません。

その為、カー用品店にパンク修理を頼む際には、事前にネットの口コミやレビューを確認しておくようにしましょう。

オートバックス

オートバックスでパンク修理を行うメリットは料金が1,620円と、ディーラーや他のカー用品店よりも安い事です。パンク修理をとにかく安く済ませたい方はオートバックスがおすすめです。

デメリットは、「内面補修が出来ない」事です。外面補修をした場合、タイヤに負担の掛かる走り方をした場合や長期間使用しタイヤが劣化してしまった際に空気が漏れてしまう可能性があり、完璧な修理とは言えません。

もちろん、通常の使い方やタイヤが劣化したらすぐにタイヤ交換をする方であればあまり問題はありませんが、それでも内面補修の方がより確実な修理となっています。

この様な理由から、内面補修でより完璧にパンク修理をしたい方にはオートバックスはおすすめできません。

イエローハット

イエローハットでのパンク修理のメリットは所要時間が短い事ですが、店舗の忙しさによっては時間が掛かってしまう可能性もあるので注意が必要です。また、料金は2,160円と平均的な値段となっています。

デメリットはオートバックス同様、内面補修が出来ない事となっています。その為、完璧なパンク修理をしたい方にはおすすめ出来ません。

ジェームス

ジェームスでのパンク修理は外面補修での料金が2,268円と他店舗と比べると少し高くなっているのがデメリットですが、反対にメリットは外面補修だけではなく内面補修も出来る事です。

内面補修をする際の料金は3,391円と外面補修と比較すると高くなってしまいますが、上でも説明したとおり、内面補修は外面補修と比べより確実にパンク修理が出来ます。その為、確実にパンク修理がしたい方はジェームスでのパンク修理がおすすめです。

デメリットは、上の2店舗と比べると「店舗数が少ないこと」です。場所によっては1県に1店舗しかないような場所もあるため、予め近くの店舗を確認しておきましょう。

タイヤ館

タイヤ館でのパンク修理料金は外面補修で2,160円と平均的な値段になっています。
また、タイヤ館もジェームスと同様、内面補修をしていますので、確実にパンク修理をしたい方にはおすすめとなっています。

しかし、内面補修でのパンク修理をする場合の料金が4,320円と少々高くなってしまうのがデメリットとなっています。

ガソリンスタンドの場合

ガソリンスタンドはディーラーと同じ理由で、店舗によりサービスがかなり異なっています。料金は2,160円が相場ではありますが、店舗によっては相場よりも安くパンク修理をしてくれる店舗もありますし、逆に相場よりもかなり高い店舗もあります。また、外面補修や内面補修といった修理方法も店舗により異なります。

この様に店舗により大きく料金や修理方法が異なってしまうのがガソリンスタンドでパンク修理をする際の大きなデメリットです。しかし、店舗によっては内面補修で2,160円と言うような店舗もありますので、ガソリンスタンドでパンク修理をする際は様々な店舗に料金と修理方法を電話などで問い合わせてみましょう。

車のタイヤのパンク修理ができない場合

ここまでパンク修理をする際の各店舗の料金やメリット、デメリットをご紹介いたしましたが、パンク状況によってはパンク修理が出来ない場合もありますのでご紹介致します。

パンク応急修理キット使用後

上でも説明しましたが、車載されているパンク応急修理キットを使用した場合は、基本的にパンク修理が出来ません。ですので、パンク時の状況によってはパンク応急修理キットを使用せずにレッカーを呼んで整備工場などに車を運んでもらった方が費用面で見ると安くなる可能性もあります。

この様な理由から、パンク応急修理キットを使用する際は、事前に周辺の整備工場などを確認しておく事をおすすめします。

また、パンク応急修理キットを使用しても車種やパンク修理剤によってはパンク修理が出来る場合もありますので、こちらも事前にディーラーに確認しておくと安心です。

タイヤのパンク穴がトレッド面以外にあり、6mm以上の場合

パンク修理が出来るのはトレッド面に6mm未満の穴が空いてしまった場合となっています。その為、タイヤのパンク穴がトレッド面以外にある場合や、パンク穴がトレッド面にあっても6mm以上の場合はパンク修理が出来ません。

サイドウォール(タイヤの横の部分)に損傷がある場合

縁石などにタイヤを当ててしまった場合にサイドウォールが損傷してパンクしてしまうことがあります。この様なパンクの場合はトレッド面ではなくサイドウォールが損傷してしまうため、パンク修理が出来ません。

また、空気が抜けてしまっている状態で長く走行を続けた場合もサイドウォールが損傷してしまい、パンク修理が出来なくなってしまう可能性があります。

タイヤがバーストしてしまった場合

タイヤがバーストしてしまった場合は、タイヤが割れてしまうような状態となってしてしまうのでパンク修理が出来なくなってしまいます。

タイヤのバーストは空気圧の低下やひび割れが原因です。これらは、点検をする事で防ぐ事が出来ますので月に1回程度は空気圧とタイヤ表面のひび割れの点検を行いましょう。

車のタイヤパンク修理にかかる料金比較まとめ

以上が各店舗でのタイヤパンク修理の料金やメリット、デメリットの比較となります。

カー用品店でのパンク修理はどの店舗でも料金や修理方法は変わりませんが、ガソリンスタンドやディーラーでは店舗により料金や修理方法が様々です。その為、ガソリンスタンドやディーラーにパンク修理を頼む際は、事前によく確認してからパンク修理を頼むようにしましょう。

 

おすすめの記事