タイヤのピンチカットは危険信号!

タイヤのサイドウォール(側面部分)の一部がコブ状に膨らんでしまい、いまにも破裂しそうな状態になってしまう現象をピンチカットといいます。

その見た目から、タイヤにただならぬ事態が起こっている事は推察できますが、一体なぜそのようにタイヤが膨らんでしまうのでしょうか。また、そのまま乗り続けた場合にはどういった危険性があるのでしょうか。

この記事ではタイヤにできるピンチカットについて、その原因や危険性、対策といった疑問や不安を解決できるように、あらゆる角度からピンチカットについて解説しています。

結論からお伝えすると、ピンチカットを発見した場合は急を要する危険信号なので、然るべき対処法をすみやかにとる必要があります!

タイヤ交換費用を安く抑えるコツ

タイヤ交換費用は10万円〜20万円もかかってしまいます。車検に通るためには避けられない出費ですが、実はインターネットでタイヤを購入すれば、半額に抑えられることもあります!

ただ、こんなデメリットもありました。

 

  • どんなサイズ・種類を選べば良いのかわからない
  • タイヤが自宅に届いても置き場所が無い
  • 自分でタイヤ交換できない

 

でも、TIREHOOD|タイヤフッドを利用すればもう安心です。愛車に最適なサイズ選びから取り付けまで、簡単でわかりやすく対応してもらえるからです。タイヤ交換費用を安く抑えたい方はぜひチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

タイヤのピンチカットとは?

ピンチカットとは、タイヤのサイドウォールが部分的にコブ状に膨らんでしまう現象の事をいいます。その部位はサイドウォールからショルダーまでの側面全域に発生する可能性があります。

その部位によっても症状や形状は多彩です。部位によっては走行中に僅かに異音や振動が発生する場合もあれば、ピンチカットしていても走行中に症状が出ないケースもあります。

ピンチカットの危険性

タイヤがまるで焼き餅が膨らんた時のようになってしまうピンチカットですが、実際に焼き餅が破裂するように、タイヤが破裂してしまった場合はどのような危険性があるのでしょうか。

ピンチカットが破裂すると、破裂した部分からタイヤ内部の空気が一気に放出します。その勢いは凄まじく、大型トラックのような大きなタイヤであれば、至近距離の車を大破させてしまう程の衝撃があります。

普通車であっても、タイヤを一瞬にして原型が無くなる程に引き裂いてしまう衝撃があります。

パンクのように徐々に空気が抜けていくのではなく、一瞬にしてタイヤが引き裂かれてしまう事でタイヤとして機能しなくなります。そして、ハンドルを取られたり、コントロール性能を失う事で周囲を巻き込む重大事故へと繋がる危険性があります。

ピンチカットとは、このようなバーストをいつ引き起こしてもおかしくない危険な状態といえます。

タイヤにピンチカットが生じる原因

タイヤは性質の異なる複数のゴムで構成されていますが、タイヤ表面のゴムの内部にはカーカスコードという補強や骨格の役割を担う、繊維でできたコード層があります。

このカーカスコードは、タイヤを縁石や輪止めなどにぶつけた衝撃で損傷してしまう事があります。損傷した部分は強度が下がり内部の空気圧に耐えられなくなって、タイヤ表面が膨らんでしまいます。

ピンチカットが起きた場合には、カーカスコードが損傷している事が推察できますが、実際に外部から目視で損傷を確認する事はできません。

ですから、タイヤを障害物に激しく接触した直後はピンチカットが生じていなくても、走行し続ける事で後々ピンチカットが生じる事もあるので、経過を慎重に見極めなくてはいけません。

また、タイヤの品質に問題があったり、無意識に衝撃を与えてしまっていた場合など、自覚が無くてもカーカスコードが損傷しているケースも少なくありません。

スポンサーリンク

ピンチカットを見つけた場合の対応策

ピンチカットは、いつバーストを起こしてもおかしくない状態と言え、ピンチカットが生じたタイヤを補修する事はできません。また、走行し続ける事で悪化する可能性が高くなっています。

このような事からピンチカットを見つけた場合の対応策としては、すぐさまタイヤ交換をする事が重要です。ピンチカットの症状にもよりますが、たとえ数時間走行しただけでも症状が悪化(膨らみが増大)する事もあります。

ピンチカットが生じたタイヤをスペアタイヤに交換するという対策もありますが、交換中に破裂しないとも限りません。

ですから、可能であれば自分で交換したり、自走せずにレッカーで引き取ってもらうのが望ましいです。また、やむを得ず自走で修理工場へと向かう場合には、速度を控え目にして最寄りの修理工場へ向かいましょう。

ピンチカットの生じたタイヤはすぐに交換を!

ピンチカットの原因となるカーカスコードの損傷には、縁石や輪止めのような障害物へサイドウォールを接触した事が原因によるものが多いと考えられています。

しかし、たとえ接触していなくても日常点検を怠っていると空気圧不足によって、タイヤのたわみが大きくなる事でカーカスコードを損傷してしまうケースもあります。

そういった突如できてしまったピンチカットの発見のためにも、定期的に空気圧のチェック、タイヤのコンディションのチェックをして、安心・安全なカーライフを送りましょう!

おすすめの記事