タイヤはタイヤメーカーの違いだけではなく、同じメーカーのタイヤでも種類によって特徴や性能が大きく異なります。新車装着時のタイヤはその車の求める性能に最も適合するタイヤが選ばれています。タイヤが異なれば燃費やブレーキング性能も異なってしまうからです。

今回の記事ではタイヤの種類と特徴、性能を詳しく説明しますので、どんな種類を選べばいいのか迷っている方は確認していきましょう。

スポンサーリンク

タイヤの種類・性能一覧

タイヤの種類と性能、それによる主だった特徴をまとめてみました。

夏タイヤ(サマータイヤ)

通常、新車装着時に装着されている普通のタイヤ

①低燃費タイヤ(エコタイヤ)

転がり抵抗が低く燃費性能向上に寄与するタイヤ

②車種別設計タイヤ

その車種の特性に応じた専用設計のタイヤ

③コンフォートタイヤ

静粛性や乗り心地に向上を目的としたタイヤ

④スポーツタイヤ

グリップ性能やハンドリング性能アップを目的としたタイヤ

⑤Sタイヤ

サーキット走行用のハイグリップタイヤ

⑥ランフラットタイヤ

パンクしても一定距離を走行可能なタイヤ

冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)

雪道及び凍結路での走行性能、安全性向上を目的としたタイヤ

オールシーズンタイヤ(全天候型タイヤ)

夏タイヤを基本としながらも、降雪初期のシャーベット路面などもカバーできるタイヤ

夏用タイヤ(サマータイヤ)

新車装着時に装着されている通常イメージする普通のタイヤが夏用タイヤ(サマータイヤ)と呼ばれるものです。

夏用タイヤ(サマータイヤ)の種類

最も使用される機会の多い夏用タイヤ(サマータイヤ)には大きく分けて6種類のタイヤがあります。ここでは、その詳細を確認してみます。

①低燃費タイヤ

ハイブリッド車などに装着されているのが低燃費タイヤです。低燃費タイヤは表面のコンパウンド(ゴム)を改良することなどにより、タイヤが路面と接触して回転する場合に発生する転がり抵抗を低減するように設計されています。

低燃費タイヤはグレーディングシステムという基準に合致しているものがそのように呼ばれます。グレードにシステムでは、転がり抵抗性能が「AAA」「AA」「A」、ウェットグリップ性能がd以上を満たすものに「低燃費タイヤ統一マーク」が表示されています。

②車種別設計タイヤ

その車種に求められる特徴的な性能や、車種ごとの特性を改善することを目的に作られているのが車種別設計タイヤです。車種ごとに主な特徴を確認してみます。

・軽自動車

軽自動車、特に最近主流となっている軽ハイトワゴン向けの車種別設計タイヤの特徴は、フラツキを抑える設計がなされていることです。

車高の高いハイトワゴンでは横風を受けた場合の直進安定性が低下する傾向にあります。また、車高が高いことは車自体の重心位置が高いことにも繋がりますので路面の段差やうねりなどで車が揺れた場合にふらつきやすい傾向にあります。

このフラツキを抑え、直進安定性を高めるように作られているのが軽自動車用の車種別設計タイヤです。

・セダン・ワゴン

セダンやワゴンに用いられている車種別設計タイヤの特徴は、静粛性や乗り心地の向上を目的としたものが多くなっていることです。高級大型セダンや輸入セダン向けには新しいテクノロジーや素材を採用したタイヤが用いられています。

例えば、タイヤが発生するロードノイズを低減させるためにタイヤの内側に音を吸収するスポンジなどを装着したものなどです。そうしたタイヤでは販売価格も高くなりますが、セダンユーザーからは静粛性に対する要望が高いため、そこを大きく改善した車種別設計タイヤに対しても需要があります。

・ミニバン

ミニバンも軽ハイトワゴンと同様に車高が高いことによるフラツキが出やすい車種です。そのため、ミニバン専用タイヤもフラツキを抑えて、安全運転とドライバーの疲れを低減することを謳い文句にしている商品が中心です。

ただし、軽自動車と比べて車重が重く乗車人数、荷物の積載量も多くなりがちですので軽自動車用とは異なる耐荷重性能が求められます。ミニバン専用タイヤとして必要な耐荷重性能と、車高の高さからくる車種の特性を改善することを目的に作られているのがミニバン専用タイヤです。

・SUV

SUV用のタイヤは舗装された道路(オンロード)だけではなく悪路・泥濘路(オフロード)での性能も持ち合わせる必要があります。そのため、溝が深く、タイヤのトレッドパターン(表面のゴムの模様・形)を大きくしてオフロード走行時に石の角に乗り上げてもタイヤが損傷しないように設計されています。最近ではオールシーズンタイヤ(全天候型タイヤ)が装着されることが多いのもSUVの特徴です。

③コンフォートタイヤ

コンフォートタイヤはコンフォート(快適)性の向上を目的として作られているタイヤです。コンフォート性能に大きく影響を与えるのは静粛性、乗り心地、路面の凹凸を乗り越えたときにも衝撃が少ないことです。

そのためにコンフォートタイヤではロードノイズを低減させるためのトレッドパターン(溝の模様)を採用することと、タイヤの側面のゴムの厚さを最適化して路面に凹凸があった場合やギャップを乗り越えた場合もしなやかに吸収するように設計されています。

④スポーツタイヤ

スポーツカー向けに作られているのがスポーツタイヤです。スポーツタイヤではグリップ性能が最も重視されます。グリップ性能が良くなれば今までよりもスリップすることなく速いスピードでコーナリングすることが可能です。

また、路面との摩擦係数が高い(グリップ性能が高い)ことはブレーキング性能にも良い影響を与えます。結果的に短い制動距離で停止することが可能です。

また、タイヤの側面を硬めにするなどしてステアリングを切った場合の反応・応答性を向上させクイックなハンドリングも実現しています。

⑤Sタイヤ

サーキット走行専用タイヤではなく一般道でも使用可能ながらも、よりグリップ性能などを高め、サーキット走行向きに作られているのがSタイヤです。スポーツタイヤよりも更に柔らかくグリップの良いコンパウンドが使用されています。

また、トレッドパターンも溝の少ないブロックが大きく剛性の高いものが採用されています。ただし、雨天時の排水性は他のタイヤよりも劣りますので、濡れた路面での走行には注意が必要です。

⑥ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤはパンクして空気が抜けても一定の距離が走れるように作られています。他のタイヤはパンクして空気が抜けるとタイヤが完全につぶれてしまい、タイヤはホイールと路面の間に挟まれてしまいます。そのまま走行すればタイヤを痛めることになりますし、何よりハンドルがとられるなどして走行を続けること自体が危険です。

ランフラットタイヤでは空気が抜けても完全にはつぶれないようにタイヤのサイド部のゴムの厚さを厚くするなどの工夫が行われています。これにより空気が抜けた状態でもパンクしていない時の形状に近く、60km/h程度の走行ではハンドリングも悪化させることなく、最寄りのタイヤショップやディーラーまで走行できるように作られています。

夏用タイヤ(サマータイヤ)の選び方

夏タイヤには多くの種類や特徴を持ったタイヤがあることがわかりました。また、最近は車種別設計タイヤも多くのタイヤメーカーから発売されています。同じタイヤサイズでも多くの種類のタイヤが用意されていますので、ご自身の車種や求める性能のタイヤを選ぶようにしましょう。

詳しくは、「夏タイヤの選び方|5つのポイントはこれ!」こちらで確認することができます。

スポンサーリンク

冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)

結路や圧雪路、雪道で使用されることを目的に作られているのが冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)です。普段は雪の降らない地域にお住まいでも、冬にはスキー場にウィンタースポーツを楽しみに愛車で出かけたり、仕事で降雪地に行く場合にも冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)が必要になります。

冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)の選び方

冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)はタイヤの表面に細かい溝が刻まれているたり、ゴムの表面に小さい窪みを設けて接地面の水分を取り込むなど、排水性にとても優れたタイヤです。

どのタイヤメーカーの冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)も、タイヤと路面の間に水や氷が入り込んでもそれらを排水し、スリップすることなく走る事が出来るように工夫しています。冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)は毎年のように性能を向上させた新しいタイヤが発売されます。

長年使用しているとゴムが硬くなり、溝が残っていてもスリップしやすくなりますので3年を目処に新しいタイヤに交換するのがおすすめです。

オールシーズンタイヤ

夏用タイヤ(サマータイヤ)を基本に、降雪の初期などまだ路面が圧雪や凍結路になっていない場合でも走れるようにしたのがオールシーズンタイヤです。

年に数回しか降らない雪のためにスタッドレスタイヤを用意していた方にとっては、出費を抑えられる使い勝手の良いタイヤと言えます。詳細については「オールシーズンタイヤとは「万が一の雪にも対応できる」便利なタイヤ!」こちらを参考にしてください。

オールシーズンタイヤの選び方

オールシーズンタイヤは装着例の増えているSUV用の大きいリム径サイズを中心にバリエーションが増えてきています。ただし、サイズバリエーションはまだまだ少ないのが現状ですのでご自身の車にあったサイズラインナップが用意されているかどうかを最初に確認する必要があります。

また、店舗に在庫を持っているケースも少ないですので購入を検討する際は販売店にサイズラインナップと取り寄せ日数を確認することをおすすめします。

国産タイヤと輸入タイヤ(アジアンタイヤ)の性能比較

中国や韓国、インドネシアなどの東南アジアで作られているタイヤがアジアンタイヤとも呼ばれる輸入タイヤです。最近の輸入タイヤは技術力の向上により日常使用では不満のない製品になっています。

また、アジアンタイヤの特徴は価格の安さです。安全運転を心がけているユーザーで、走行距離の長い方にはメリットとなるでしょう。

対してコンフォート性能や低燃費タイヤの部分では国産タイヤにまだ優位性を感じます。性能と価格のバランスから、どの点を重視するかを考えて輸入タイヤを検討されてみても良いかと思います。

タイヤ交換費用を抑えたいと考えている方は、まずは「輸入タイヤ(アジアンタイヤ)と国産タイヤの性能比較」こちらで、その安全性能を確認しておくのがおすすめです。

タイヤの種類と性能を比較して最適なタイヤ選びを!

タイヤにも多くの種類があることを記載しました。最近は昔のセダンように特定の車種ばかりが売れることなく、ミニバンや軽ハイトワゴン、SUVなど多くの車種がまんべんなく人気を集めています。

それに合わせてタイヤも種類も多様化しています。種類が多すぎてどれを選んだら良いのかわからないユーザー向けに車種別設計タイヤも販売量を伸ばしています。装着されたタイヤによって燃費やハンドリング性能も異なってきます。

愛車に最適なタイヤを選ぶことによってより安全に、楽しいドライブになるようなタイヤ選びを検討して見るための参考にしてみて下さい。

おすすめの記事