ドライブレコーダーはどこで買う?販売店を比較

事故等の際に証拠として重要となるドライブレコーダーですが、いざ購入するとなるとどこで購入すれば良いか、迷ってしまうと思います。

そこで今回は、ドライブレコーダーの販売店を比較してご紹介します。取り付け方法に応じた販売店の選び方や、それぞれの販売店のメリットやデメリットもご紹介しますので、ドライブレコーダーの購入店を迷っている方は是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーが買える販売店はどこ?

ドライブレコーダーは、カー用品店、ネットショップで購入することが出来ます。購入する際には自分に合った場所で購入することで、効率よく取り付けが出来たり、安く購入出来るなどのメリットがあります。もちろん、デメリットもありますので、それぞれの販売店のメリットやデメリットについて、詳しくご紹介致します。

ドライブレコーダーの取り付けまで頼むなら「カー用品店」

ドライブレコーダーを購入し、その場で取り付けまで頼むのであれば、カー用品店での購入がおすすめです。

メリット

購入から取り付けまでをその場で行えるため、手間が掛からない

カー用品店で購入した場合には手間が掛かりません。ネットショップで購入すると、取り付けを自分でするか、取り付け店舗を探さなければならない他、ドライブレコーダーの注文や受け取りもしなければならないので、手間がかかります。

しかし、カー用品店でしたらその場でドライブレコーダーを購入し、取り付けも出来るため、手間となりません。

実際にその場で商品の確認が出来る

カー用品店ではその場で商品の確認をする事が出来ます。もちろん、開封して見ることは出来ないので、箱に記載されているスペックなどを見ることとなりますが、ネットショップには記載されていないことも記載されていますので、ドライブレコーダーを選ぶ際の参考になります。

例えば、カメラスペックや機能はネットショップでも書かれていることが多いですが、生産国は書かれていないことが多くなっています。この様に、カー用品店では、ネットでは知ることが出来ない情報を確認できるのがメリットとなります。

商品を選びやすい

カー用品店では、ネットショップよりも商品を選びやすくなっています。各店舗でおすすめのドライブレコーダーを紹介していたり、商品の要点を説明していることが多いため、一目で商品の特徴が分かる様になっている為です。

ネットショップですと、商品数が多く、スペックは記載されていても特徴が記載されていることは少ないため、選ぶのに迷ってしまうことがありますが、カー用品店でしたらその様な心配もありません。

デメリット

以上が、カー用品店でドライブレコーダーを購入するメリットとなりますが、もちろんデメリットもありますので、ご紹介します。

価格が高い

カー用品店のドライブレコーダーはネットショップよりも高くなっています。これは、取り扱い機種が違う為ではなく、仕入れ方や、販売している商品の違いなどによるものです。

例えば、ドライブレコーダー専門のネットショップでしたら大量仕入れ、大量販売が出来ますが、カー用品店ではドライブレコーダーだけではなく、洗車用具やカーナビなど様々なものを販売している事から仕入れ量も限られてしまう為、価格が高くなってしまいます。

ネットショップと比べ、商品数が少ない

カー用品店ではドライブレコーダーを専門にしていないことや、在庫として置いておける数が少ないことから、ネットショップと比べると商品数が少なくなっています。

もちろん、大手メーカーのスタンダードな商品は揃っていますが、360°撮影型や後方のみ撮影タイプ、その他、あまり一般的ではないメーカーの商品は取り扱っていないことが多いです。

工賃が掛かる

カー用品店でドライブレコーダーを購入し、取り付けまで頼むとドライブレコーダーの価格以外にも工賃が掛かります。工賃の相場は前後撮影型を電源裏取りした場合で15,000円程度となっています。

その為、少しでも安く済ませたい方は、カー用品店での購入ではなく、ネットショップで購入し、安い工賃で取り付けをしてくれるお店を探すか、DIYでの取り付けをするのがおすすめです。

【販売店別】ドライブレコーダーの工賃比較

販売店

取り付け工賃(前後カメラタイプを電源裏撮りした場合)

オートバックス

16,500円~

イエローハット

15,400円~

ジェームス

16,500円~

タイヤ館

11,000円~

スポンサーリンク

自分でドライブレコーダーを取り付けるなら「ネットショップ」

ドライブレコーダーを自分で取り付ける場合は、ネットショップでの購入がおすすめです。

メリット

安く購入することが出来る

カー用品店とネットショップでは仕入れ方の違いなどから、販売価格が大きく変わり、商品によってはネットショップの方が10,000円以上も安く購入することが出来る場合もあります。その為、安く購入したい方はネットショップで購入するのがおすすめとなります。

自宅まで商品を届けてもらえるため、手間が掛からない。

自分で取り付けを行う場合、自宅等で作業を行うことになります。カー用品店等の販売店に行き、ドライブレコーダーを購入すると手間も時間も掛かってしまいます。しかし、ネットショップで購入すれば自宅まで届けてもらえるため、注文してから届くまでの時間は掛かってしまいますが、カー用品店に行く手間が省けます。

商品数が多い

ネットショップは、カー用品店よりも在庫を多く持てるため、商品数が多くなっています。その為、後方のみ撮影タイプ等のあまり一般的ではない商品を購入する事が出来ます。また、ネットショップでしたら簡単にいくつものショップを見ることが出来る為、ほぼ確実に欲しい機種を購入する事が出来ます。

この様に、ネットショップでは商品数が多くなっていますので、あまり一般的でない機種を購入したい場合はネットショップを見てみるのが良いでしょう。

デメリット

価格が安く、商品数も多いネットショップですが、もちろんデメリットもありますので、詳しくご紹介致します。

取り付け店舗を自分で探すか、自分での取り付けをする必要がある

ネットショップでドライブレコーダーを購入した場合、取り付けをしてくれるお店を自分で探すか、自分で取り付けをしなければなりません。

自分での取り付けが出来る場合にはそれ程問題とはなりませんが、お店を探す際には注意が必要で、ドライブレコーダーを店舗で購入した場合と、ネットショップで購入した物を持ち込む場合とで、工賃が変わってしまう可能性があります。

その為、ネットショップで購入したドライブレコーダーの取り付けを依頼する場合は、事前に持ち込みでの工賃を確認しておく様にしましょう。

購入から実際に商品が手元に届くまで時間が掛かる

ネットショップで購入すると、商品が実際に手元に届くまで時間が掛かってしまいます。もちろん、注文した翌日に届く物もありますが、ショップに在庫が無い場合には1週間以上掛かることもあります。

ドライブレコーダーをあまり必要としていない方には大きなデメリットではありませんが、いち早くドライブレコーダーを使用したい方には大きなデメリットとなってしまいます。その為、ネットショップでドライブレコーダーを購入する際には事前に商品の在庫や発送日などを確認した上で購入するようにしましょう。

商品を実際に確認することが出来ない

ネットショップで商品を購入すると、現物を実際に確認することが出来ません。ネット上にもカメラスペック等の情報は記載されているので、基本的には大きな問題とはなりませんが、生産国などのネットでは確認できない情報を知りたい方には大きなデメリットとなってしまいます。

その為、心配な方は、カー用品店等で欲しい商品の情報を確認した上で購入するようにしましょう。

取り付けが不安なら配線不要のドライブレコーダーもおすすめ!

ドライブレコーダーを自分で取り付けるのが不安な方は、配線不要のドライブレコーダーもあります。

配線不要のドライブレコーダーは、電源をシガーソケットから取れる様になっている為、取り付け時の配線作業の必要が無く、安心して取り付けが出来ます。フロントガラスへの取り付けや、シガーソケットまでの配線引きは自分でしなければなりませんが、一番複雑な配線作業がなくなることで、取り付け時の負担や難易度がかなり下がりますので、取り付け作業が不安な方にはおすすめです。

ドライブレコーダーの取り付け方法を考えて販売店を選ぼう!

以上がドライブレコーダーの販売店についてのまとめとなります。基本的には自分で取り付けが出来る場合はネットショップで、取り付けをお店に頼む場合はカー用品店での購入がおすすめとなります。

また、その他にも安く取り付けをしてくれるお店を知っている場合はネットショップでの購入でもメリットが大きく、デメリットも最小限で済みます。取り付け方法を考え、自分に合った販売店からドライブレコーダーを購入するようにしましょう。

 

おすすめの記事