ニットータイヤの性能と評判
ニットータイヤの
悪い評判
・ロードノイズがうるさい
ニットータイヤの
良い評判
・スポーツ性能が高い
・乗り心地が良い
・静粛性が高い
・高速安定性が高い
・コストパフォーマンスが良い

口コミからわかるように、ニットータイヤ(NITTO)は乗り心地が良い、静粛性が高い、スポーツ性能が高い、高速安定性が高い、コストパフォーマンスが良いといった評判があります。価格を重視しつつ、高い性能を持つタイヤを使用したい人におすすめのタイヤです。

今回は、このようなニットータイヤ(NITTO)の評判について詳しく確認していきます。購入前の参考してください。

スポンサーリンク

ニットータイヤ(NITTO)ってどんなタイヤ?

日本であまり聞かないニットータイヤですが、実は日本の企業で「日東タイヤ」としてタイヤの販売を行っていました。そのため非常に高い技術力を持っており、安心して使用できます。

今回は、そんなニットータイヤをご紹介しますが、まずは歴史、特徴、性能、信頼性から解説致します。

ニットータイヤの歴史

ニットータイヤの歴史は非常に古く、東京急行電鉄が出資し、1949年に創業されたのが始まりです。その後、すぐにアメリカ市場に進出。1979年には、現在の体制であるトーヨータイヤの傘下となります。

トーヨータイヤの傘下となった後も、アメリカでのタイヤ販売を行っており、現在の様な趣味性の高いタイヤを発売し、アメリカで好評を得たのは1990年代の事です。

現在では、積極的にモータースポーツへのタイヤ供給を行い、販売しているタイヤのほとんどがスポーツタイヤ、SUV向けタイヤとなっており、アメリカの車好きからは高い支持を得ています。

ニットータイヤの特徴

ニットータイヤがアメリカで人気となったのは、90年代に流行していたドラッグレースなどの自動車競技用の、趣味性の高いタイヤを販売したためです。その当時、ドラッグレース用のタイヤを積極的に販売しているタイヤメーカーは少なく、ニットータイヤは大きな支持を受けました。その流れで、スポーツ性能が高いタイヤを生産し続け現在に至っています。

この様な流れがあり、ニットータイヤが販売しているタイヤは現在でも趣味性の高いタイヤが多くなっています。例えば、現在ニットータイヤが日本向けに販売しているタイヤは8種類ありますが、どのタイヤも独特のトレッドパターンとなっており、かなりスポーツ性能を意識したものです。

また、そのうち2種類は、フルサイズSUV向けで本格的なオフロード走行を行うタイヤとなっていて、国内で使用されている車にはほぼ使用不可となります。

ニットータイヤの性能

ニットータイヤは、1990年代より現在の様な趣味性の高いタイヤを販売しており、そのタイヤ性能は非常に高いです。

また、1979年にはトーヨータイヤの傘下となっているため、当時よりトーヨータイヤの技術などを引き継いで開発、製造を行っており、タイヤ製造そのものの技術も非常に高くなっています。

他タイヤメーカーのように、純正採用されているタイヤは無いものの、モータースポーツなどでは積極的に使用されており、タイヤの性能は市場が証明していると言えるでしょう。

ニットータイヤの信頼性

2022年現在、ニットージャパン(ニットータイヤ)はトーヨータイヤの100%出資となっており、完全な子会社となっています。そのため、品質管理や製造工程など、トーヨータイヤと近い方式をとっており強い結びつきがあります。例えば、アメリカで販売されているスタッドレスタイヤは、トーヨータイヤとほぼ変わらないものになっているなど、ほとんど同会社であると言っても過言ではないでしょう。

また、2010年時点で、ニットータイヤはトーヨータイヤの売り上げの10%近くを占めており、販売実績もあります。

この様に、ニットータイヤは販売実績、トーヨータイヤと言う親会社、「ニットータイヤの性能」でもご紹介した市場での評価もあり、信頼性が高く、安心して使用する事ができます。

ニットータイヤ(NITTO)の評判

趣味性の高いタイヤが得意なニットータイヤですが、実際にどの様な評判があるか気になる方も多いと思います。

そこで、ニットータイヤを使用した方の口コミをまとめましたので、購入予定の方はぜひご覧下さい。

ニットータイヤの悪い評判

ニットータイヤには次のような口コミがあります。

  • ロードノイズがうるさい

これは、趣味性が高いタイヤであるために起こることで、例えば、スポーツ性能やオフロード性能を重視するとこの様な事が起こります。

一般的なスポーツタイヤは、スポーツ性を求めつつもロードノイズの静音性を良くしている場合が多く、ここまで声が上がることはありません。しかし、ニットータイヤの一部タイヤは静音性を求めておらず、タイヤ性能のみを求めています。このような特徴を知らずにタイヤを選んでしまうことが内容に注意しましょう。

次にご紹介しますが、コンフォート系タイヤではこの様な評価が全くありませんので、ニットータイヤで静音性を求めるなら、必ずコンフォート系タイヤを使用しましょう。

ニットータイヤの良い評判

ニットータイヤには次のような良い口コミがあります。

  • レッドパターンがかっこいい
  • ロードノイズが静か
  • グリップ性能が高い
  • ウェット性能が高い

先ほどは、「ロードノイズがうるさい」との声があったのに対し、良い口コミでは一切その様な声がありませんでした。これは、使用していたタイヤがコンフォート系タイヤであるためです。

また、スポーツタイヤが得意なニットータイヤらしくグリップ性能は高く、スポーツ性能を求める方におすすめです。

【総合評価】口コミからわかること

ニットータイヤは、タイヤ性能の差が激しく、グリップ性能やオフロード性能を求めたタイヤは快適性が極端に低下しており、通常使用では不満が出てしまいます。しかし、そのタイヤの性能を発揮する状況でしたら満足できるでしょう。

また、コンフォート系のタイヤであればこの様な極端な性能は無く、バランスの良いタイヤですので、快適に安心して使用する事が可能となります。

ニットータイヤを購入する際は、自分の使用用途に合ったタイヤを正しく購入しましょう。

スポンサーリンク

ニットータイヤ(NITTO)にスタッドレスのラインナップはある?

ニットータイヤは、日本市場に参入した当初は、トーヨータイヤのOEMのようなスタッドレスタイヤを販売していました。しかし、2022年現在は日本市場へのスタッドレスタイヤ販売は行っていません。

しかし、アメリカでは未だにSN2、SN3と言うスタッドレスタイヤを販売しています。SN2は、既に10年以上前のモデルですので、もし、アメリカに行った際、スタッドレスタイヤを購入するのであれば最新モデルであるSN3が、近代的な性能となっており安心です。

ニットータイヤ(NITTO)はこんな人におすすめ!

おすすめできない人

  • 軽自動車、コンパクトカーに乗っている人
  • 極端に安いタイヤを求める人
  • 趣味性の高いタイヤで、快適性を求める人

おすすめできる人

  • オフロード性能を求める人
  • スポーツ性能を求める人
  • 国産タイヤより安いタイヤが欲しい人
  • スポーツカー、中型セダン、フルサイズSUVに乗っている方

ニットータイヤで販売している趣味性の高いタイヤは、ロードノイズがうるさく高い快適性能を求める方にはおすすめできません。

また、日本国内で販売されているタイヤは、サイズの大きいものが多く、軽自動車やコンパクトカーに使用できるものが非常に少なくなっているため、これらの車に乗っている方にもおすすめできません。

一方で、スポーツ性能やオフロード性能を求め、スポーツカーやフルサイズSUVに乗っている方には強くおすすめできるタイヤメーカーですので、ぜひご検討下さい。

ニットータイヤ(NITTO)の購入方法

ニットータイヤは、国内での販売をほとんどしておらず、カー用品店やディーラーで購入できる事はほとんどありません。

そのため、購入する場合にはオートウェイなどのネットショップで購入することになります。また、オートウェイでは、ニットータイヤが国内で販売している全種類のタイヤを取り扱っていますので、こちらで購入するのがおすすめです。

ニットータイヤ(NITTO)のメリット・デメリット

ニットータイヤに交換する5つのメリット

国産タイヤの為、信頼性が高い

ニットータイヤは親会社がトーヨータイヤという事もあり、信頼性は非常に高いものとなっています。あまり聞いたことがないメーカーのため、警戒してしまう方も多いかもしれませんが、トーヨータイヤと同じ信頼性があるため安心して使用することができます。

大手国産メーカーと比較して、タイヤ価格が安め

一般的にレース用タイヤなど趣味性の高いタイヤは金額が高く、タイヤ交換費用が高くなってしまいます。しかし、ニットータイヤはその様なタイヤでも、価格が安めで、他社の同様のタイヤと比べ、コストパフォーマンスが高いことがメリットとなります。

また、フルサイズSUV用タイヤは、タイヤそのものがかなり大きく、ネットショップで購入すると送料が高くなります。しかし、オートウェイのような通販ショップで頼めば、1本あたり330円の送料で配送してもらえるので、この様なサービスを利用することで、よりタイヤ交換費用を抑える事ができるのもメリットの一つです。

スポーツ性能、オフロード性能が高い

ニットータイヤは、スポーツ性能、オフロード性能が非常に高くなっているため、サーキット走行を行う方や本格的なオフロードコースを走行する方にとっては大きなメリットとなります。

他メーカーでは、そもそもその様なタイヤを販売していないこともあり、特殊なタイヤを販売しているニットータイヤは貴重な企業であると言えるでしょう。

ネットで購入できる

ニットータイヤは、ネットからの購入が可能となっています。特に、オートウェイでは国内で販売しているタイヤの全種類取り扱っているため、欲しいタイヤがなくて困ることもないでしょう。

タイヤの通販購入になれていない方も多いと思いますが、オートウェイでのタイヤ購入は非常に簡単ですので、ぜひ試してみてください。

フルサイズSUV向けのタイヤを取り扱っている

アメリカで良く使用されているフルサイズSUVですが、日本でも強い人気があり、リフトアップしている車両も多くあります。

その様にカスタムしている車両は、タイヤサイズが大きくなり、国内で販売しているタイヤは使用できない事が多いです。

しかし、ニットータイヤの取り扱いタイヤには、その様な車両にも合うタイヤも販売しており、リフトアップしているフルサイズSUV車に乗っている方には大きなメリットとなります。

購入前に確認したいデメリット

アジアンタイヤよりは高い

ニットータイヤの価格は、国産タイヤより安くなっています。しかし、最近人気のアジアンタイヤと比較すると高めの料金になります。タイヤ購入時に価格を重視される方は、オートウェイの公式ショップを利用すると両ブランドのタイヤ料金を確認することができますので、事前にチェックしてみましょう。

ニットータイヤ(NITTO)にはどんな種類があるの?

これまでにご紹介した様に、ニットータイヤは趣味性の高いタイヤを多く取り扱っています。

しかし、実際にどの様なタイヤがあるか、分からなければ、購入時に戸惑ってしまうこともあります。そこで、ニットータイヤの取り扱いタイヤについて、ご紹介しますので、購入予定の方は参考にして下さい。

INVO(インヴォ)

インヴォは、静音性、乗り心地と言った快適性能を持ったプレミアムスポーツタイヤです。

転がり抵抗性能は非常に低く、燃費性能は期待できないものの、市街地走行からサーキット走行までを楽しめる、バランスの良いタイヤとなります。

タイヤサイズは、17インチから22インチまでと、スポーツカーや中型セダン、スーパーカーに使用できるタイヤとなります。

推奨車種

86、GRヤリス、MR2、シルビア、スカイライン、GTR、インプレッサ、WRX、BRX、ランサーエボリューション、シビック、NSX、911、Mシリーズなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

GOOD year LS EXEからの履き替え。
静粛性、乗り心地共に最高です。
雨天時はやはり少し制動力が落ちた気がします。
しかし、それを上回るドライ性能でとても満足です。

引用:オートウェイ

インヴォは「乗り心地が良い」「静粛性が高い」「ドライ性能が高い」との声がありました。

ニットータイヤは、快適性が低いものが多く、通常使用では不満が出ることもありますが、こちらのタイヤはその様な事も無く、スポーツ走行から快適な市街地走行までを行う事ができます。

タイヤ価格もそれほど高くはないので、スポーツ性の高いタイヤを求める方にはおすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
19インチ245/40R1923,100円
20インチ255/45R2022,700円
21インチ285/30R2127,500円

NEOテクGEN(ネオジェン)

ネオジュンは、先ほどご紹介したインヴォより、スポーツ性能を落とし、コンフォート性能を向上させたタイヤとなっています。

また、インヴォよりもウェット性能が高く、雨の高速道路などでは安全、快適に走行する事が可能です。

タイヤサイズは18インチから22インチまでと、インヴォ同様、使用できる車は限られています。

推奨車種

86、GRヤリス、MR2、LS、ISシルビア、フーガ、スカイライン、GTR、インプレッサ、WRX、BRX、ランサーエボリューション、シビック、NSX、911、Mシリーズなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

毎日100キロ走行します。高速が90%です。
履き始めはうるさいタイヤだなぁと思いましたが、徐々に静かになりました。最後まで静かなタイヤでしたね。

引用:オートウェイ

ネオジュンは「ロードノイズが静か」「乗り心地が良い」との声があり、快適性が高いタイヤである事が分かります。また、耐摩耗性能もインヴォよりは高いため、たまにスポーツ走行を行うけど、普段乗りもする方におすすめです。

また、ロードノイズがタイヤ交換直後はうるさいとの声もあり、慣らしをしっかりとする必要があります。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
18インチ215/40R1816,270円
19インチ245/35R1916,600円
20インチ245/30R2019,400円

NT830Plus(エヌティーハチサンマルプラス)

NT830プラスは、高速安定性、静粛性、乗り心地を重視したコンフォートタイヤとなっています。転がり抵抗性能も比較的高く、燃費性能にも期待できます。

また、ニットータイヤの中では数少ない、小径タイヤをラインナップしており、15インチから20インチまでの取り扱いとなっています。

推奨車種

アルト、ワゴンRムーブ、ミラ、タント、86、GRヤリス、MR2、LS、IS、フーガ、スカイライン、GTR、インプレッサ、WRX、BRX、ランサーエボリューション、NSX、911、Mシリーズなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

細溝が多いが、ウェットでも全然怖さが無い。
ライフも浅めの溝のわりにピレリドラゴンの様なショルダー割れもない
全然よく食いつく。

引用:オートウェイ

NT830プラスは、「ウェット性能が高い」「ドライ性能が高い」「乗り心地が良い」との声があり、コンフォート性能だけで無く、スポーツ性能も高いことが分かります。

この様に、こちらのタイヤは、快適に走行できるだけでなく、安全に走行できるタイヤである事が分かります。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
15インチ165/55R156,990円
16インチ165/45R168,490円
17インチ225/45R1712,490円

NT555G2(エヌティーゴーゴーゴー ジーツー)

NT555 G2は高速安定性能、ウェットブレーキ性能を重視したプレミアムタイヤとなっています。

もちろん、それだけでなく、静粛性、乗り心地と言った快適性能も高く、ドライ路面でのグリップ性能も高くなっています。

この様に、NT555G2は高いレベルでバランスの取れたタイヤとなっており、普段乗りから高速域での走行を行う方も快適、安心して走行する事が可能となっています。

タイヤサイズは17インチから22インチまでと、これまでにご紹介したタイヤとほぼ同じものとなっています。

推奨車種

クラウン、アルファード、ヴェルファイア、LS、IS、フーガ、GTR、911、カイエン、ケイマン、sクラス、cクラス、Mシリーズなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

① 乗り心地が柔らかくなり、段差などの突き上げ感が少なくなった。
② タイヤ自体が軽くなり平均燃費が約0.5km/l伸びた。
③ 高速道路でのグリップはドライ、ウエットとも 全く問題ないレベル。
④ 価格が安い。純正はランフラットで約2.5倍の価格

引用:オートウェイ

NT555G2は、「乗り心地が良い」「静粛性が高い」「ウェット性能を含めたグリップ性能が高い」「重量のあるミニバンなどに使用してもよれがなく、快適」との声があり、非常に万能なタイヤである事が分かります。

また、サーキット走行を行っている方も多く、ハイグリップタイヤのようにタイムを削れるものでないものの、スポーツ走行を楽しむには十分なタイヤです。

この様に、NT555G2は、どの様な方にもおすすめできるタイヤですが、特にスポーツ性を重視する方に特におすすめしたいタイヤとなります。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
17インチ215/45R1711,600円
18インチ225/45R1813,600円
19インチ245/40R1916,600円

TERRA GRAPPLER(テラ グラップラー)

テラ グラップラーは、オフロード性能を高めつつ、オンロード性能も重視しているオールテレーンタイヤです。

それだけでなく、静粛性や乗り心地も高めており、普段乗りでも十分に快適に走行する事が可能となります。

タイヤサイズは17インチから22インチまでと、かなり大きなサイズで、フルサイズSUV向けタイヤとなります。

推奨車種

ビックホーン、ランドクルーザー、タホ、サバーバン、ラングラー、チェロキー、ラム1500、ラム2500、ラム3500、F150、F250、F350など

ユーザーの口コミから見る商品紹介

テラ グラップラーは、オールテレーンタイヤでありながら、見た目のインパクトもあり、快適性も高く、オフロード性能も高い、バランスの良いSUVタイヤとなります。

また、本格的なオフロードタイヤと比較し、価格も安いため、ファッションで使用する方にもおすすめできるタイヤとなります。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
17インチ265/65R1721,490円
17インチ285/70R1721,990円
18インチ285/60R1830,990円

NT420S(エヌティーヨンニーマルエス)

NT420Sは、ウェット、ドライ路面でのグリップ性能を高めており、また、乗り心地、静粛性も高い、コンフォートタイヤとなっています。

タイヤサイズが大きく、20インチと22インチのみとなり、使用できる車種は少なくなっています。しかし、タイヤ価格は比較的安めですので、使用できる車にお乗りの方はぜひ使用してみて下さい。

推奨車種

X1、X2、Q5、ラム2500、ラム3500など

ユーザーの口コミから見る商品紹介

NT420Sはグリップ性能と快適性のバランスが取れているタイヤとなっている上、他メーカーに少ない大径タイヤをラインナップとなっており、
また、タイヤ価格も比較的安くなって居ることも特徴の一つです。

この様な大径タイヤで、安く、普段使いでも快適、安全に使用できるタイヤは非常に少なくなっていますので、タイヤ価格を抑え、不満無く使用したい方はぜひ検討してみて下さい。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
20インチ255/40R2022,990円
22インチ265/35R2230,300円
22インチ305/40R2224,990円

NT421Q(エヌティヨンニーイチキュー)

NT421Qは、先ほどご紹介したNT421Sの性能を向上させているタイヤです。

特に、乗り心地や静粛性が高くなっており、SUV向けプレミアムタイヤと言えるでしょう。

また、転がり抵抗性能も非常に高く、燃費性能も高くなっているため、通勤などで毎日車を使用する方におすすめのタイヤです。

タイヤサイズは17インチから22インチまでと多くのSUV車に使用する事ができます。

推奨車種

ハイラックス、ランドクルーザー、ヴェゼル、デリカ、アウトランダー、トレイルブレイザー、ラム1500、F150、サバーバンなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ネット通販ははじめてでしたが不安なところはとても新鮮に対応して頂き感謝してます!イヤについてですが雨天時のグリップも安心して走行できます。勿論、通常走行、高速走行、静寂性に関しても何も問題ありません。それどころか、逆に元々付いていたタイヤよりも良い感じです!

引用:オートウェイ

NT421Qは、「ウェットグリップが高い」「高速安定性が高い」「快適性が高い」との声があり、SUVタイヤとして、高い次元でバランスが取れていることが分かります。

価格は、先ほどご紹介したNT420Sより高いものの、金額分の性能はありますので、多少高くとも性能を重視したい方におすすめのタイヤとなります。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
17インチ215/60R1711,990円
18インチ235/60R1815,490円
19インチ255/50R1920,990円

ニットータイヤ(NITTO)の評判まとめ

これまで、ニットータイヤについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ニットータイヤは趣味性の高いタイヤが多く、デメリットもあるものの、自分に合ったタイヤを選択すれば快適に、安全に走行することが可能です。

あまり使用者もいないため、購入するとなると勇気がいるかもしれませんが、タイヤ性能は高く、満足に使用する事ができますので、ぜひ検討してみて下さい。

スポンサーリンク
おすすめの記事