ブリヂストンタイヤの性能と評価

口コミからわかるように、ブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)はスポーツ性が高い、乗り心地が良い、静粛性が高い、安定感がある、スタッドレスタイヤの性能が高いといった評価があります。性能を求める人におすすめのタイヤです。

今回は、このようなブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)の評価について詳しく確認していきます。購入前の参考してください。

ブリヂストンタイヤの
悪い評価
・価格が高い
ブリヂストンタイヤの
良い評価
・スポーツ性が高い
・乗り心地が良い
・静粛性が高い
・安定感がある
・スタッドレスタイヤの性能が高い
スポンサーリンク

ブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)ってどんなタイヤ?

が、大手タイヤメーカーという事は知っていても歴史や性能を詳しく知っている方は少ないと思います。

そこで、実際に評価を確認する前に、ブリヂストンタイヤについてご紹介致しますので、ブリヂストンタイヤを購入予定の方は是非ご覧下さい。

ブリヂストンタイヤの歴史

日本が誇る世界タイヤランキング1位のブリヂストンですが、その歴史は1930年に日本足袋株式会社のタイヤ部が純国産タイヤを製作したのが始まりです。一年後、日本足袋タイヤ部が独立し「ブリヂストンタイヤ株式会社」が設立されました。

更に一年後には、当時最先端の自動車を製造していたフォード、GMの製品試験に合格しタイヤの輸出を始めます。

1953年には売上高100億円を突破し、タイヤ業界での地位を固めていきます。

タイヤ開発を行うために重要であるモータースポーツに参戦を始めたのもこの頃で、1963年には第1回日本グランプリに参戦、その後1997年にはF1に本格参戦しています。

また、1982年には日本で初めてスタッドレスタイヤを発売したのもブリヂストンタイヤです。

ブリヂストンタイヤの特徴

ブリヂストンタイヤはタイヤの取り扱い種類が多く、トップクラスの性能を持っている事が特徴です。そのため、スポーツタイヤ、プレミアムタイヤ、エコタイヤ、スタッドレスタイヤ、オフロードタイヤ等など、どのタイヤを使用しても「他社のタイヤと比較して、性能が低く後悔した」と言うことはなく、満足して使用する事ができます。

また、性能が高いだけあり、価格が高くなっている場合が多いのも特徴の1つと言えるでしょう。

ブリヂストンタイヤの性能

ブリヂストンタイヤの性能は世界的に認められており、特にスポーツタイヤやオフロードタイヤ、スタッドレスタイヤなどの特殊な技術が必要となるタイヤの性能が高いです。

そのため、車を日常使い以外にもサーキット走行を行う方や林道を走行する方、また、雪国に住んでいる方は非常に満足できるタイヤです。もちろん、それ以外のプレミアムタイヤやエコタイヤなどの性能も高く、どの口コミを見ても「ロードノイズが静か」「ロードノイズがない」という声が上がる程です。

ブリヂストンタイヤの信頼性

ブリヂストンタイヤには様々な実績があります。古いもので言えば次のようなものがあります。

  • 1934年のフォード、GMのタイヤ試験に合格
  • 1953年には売上高100億円を突破
  • 1965年には戦後初の海外工場を設立

さらに、近年では、1997年から2010年までF1に参戦。2002年からオートバイレースの最高峰であるMOTO GPに参戦。また、現在でも世界中の多くのレースに参戦しているなど、多くの実績があります。

この様な実績からもわかるように、ブリヂストンタイヤはは世界的に認められたメーカーであることがわかります。また、様々なメーカーの自動車の純正採用タイヤとされている事も、信頼性を向上させている点の1つでしょう。

ブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)の評価

様々な歴史と実績のあるブリヂストンタイヤですが、それだけではどの様なタイヤなのかを正確に知ることはできません。

そこで、実際にブリヂストンタイヤを使用した方の評価をご紹介しますので、ご覧下さい

ブリヂストンタイヤの悪い評価

ブリヂストンタイヤには次のような口コミがあります。

  • 価格が高い
  • 減りが早い
  • 剛性感がない

価格に関しては、高性能かつ国産タイヤということで他のメーカーと比較すると価格設定が高くなっています。

しかし、「減り、剛性感」に関しては、使用していたタイヤが「コンパクトカー、軽自動車向けのスタンダードタイヤ」で、車重とタイヤのバランスが悪くなってしまったためです。
これは、どの様なメーカーでも起こるもので、その為に、各タイヤメーカーは通常のタイヤ以外に「SUVタイヤ」や「ミニバン向けタイヤ」を販売しています。

この様に、ブリヂストンタイヤは、悪い評価もあるものの、選択を間違わなければこの様な不快さはないため、あまり気にしなくとも良いでしょう。

ブリヂストンタイヤの良い評価

ブリヂストンタイヤには次のような良い口コミがあります。

  • ロードノイズが静か
  • タイヤのよれが少ない
  • 高速安定性が高い
  • 乗り心地が良い
  • ドライ、ウェット共に性能が高い

特に注目する点は、「タイヤのよれが少ない」「高速安定性が高い」と言う口コミです。こちらの口コミで使用されている車は、「スズキ ジムニー」で、通常は高速走行をするとふらつきが激しく不安を覚える車です。しかし、その様な車でも、ブリヂストンであれば不安感無く走行が可能となっており、非常に高い次元でバランスの取れたタイヤである事が分かります。

ブリヂストンのタイヤは、ただ性能が高いだけでなく、バランスが非常に良いタイヤなので、安心、快適に走行する事ができます。

【総合評価】口コミからわかること

ブリヂストンタイヤは、価格が高いという口コミがあるものの、タイヤ性能に関しての良い口コミが非常に多くなっています。

そのため、タイヤを性能重視で購入する方には強くおすすめできるタイヤです。

また、どのタイヤも価格が高い訳ではなく、価格帯を抑えたタイヤもありますので、タイヤ性能にこだわりたいけど費用は抑えたいという方でも選択肢に入れていただくことができます。

スポンサーリンク

ブリヂストン(BRIDGESTONE)のスタッドレスタイヤの評価

積雪地域の多い日本では、スタッドレスタイヤも大変重要なものとなっています。そこで、スタッドレスタイヤの評価もご紹介しますので、スタッドレスタイヤを購入予定の方はぜひご覧下さい。

ブリヂストンのスタッドレスタイヤの悪い評価

ブリヂストンタイヤのスタッドレスタイヤには「価格が高い」との声が多くありました。

性能は非常に高く、実際に積雪地域での使用率、信頼性は高いものですが、他社のスタッドレスタイヤと比較してしまうと価格が高くなっています。

そのため、タイヤ性能を重視する方や豪雪地域にお住まいの方にはおすすめできますが、たまに雪道を走行する様な方にはあまりおすすめできません。

ブリヂストンのスタッドレスタイヤの良い評価

ブリヂストンタイヤのスタッドレスタイヤには、次のような良い口コミが寄せられています。

  • ロードノイズが静か
  • ドライ路面でも違和感がない
  • タイヤのよれが少ない
  • ミニバンでもしっかりと走行ができる
  • 雪道、氷上でのグリップ性能が高い

この様にタイヤの評価は良いものが多く、雪道でも非常に安定感があり、安心して走行可能です。

もちろん、どの様なタイヤでも雪道での走行は慎重になる必要がありますが、「転ばぬ先の杖」という言葉があるように、性能の高いタイヤを使用していれば事故を未然に防ぐ事も可能です。

タイヤ交換費用に余裕がある場合はぜひ使用してみて下さい。

【総合評価】スタッドレスタイヤの口コミからわかること

ブリヂストンタイヤのスタッドレスタイヤは、「価格が高い」という声が多くあるものの、雪道や氷上性能を含めた全ての性能が非常に高くなっており、安心、快適に走行する事が可能となっています

そのため、価格よりも、とにかく安心できる高性能なスタッドレスタイヤが欲しいという方に強くおすすめできるタイヤです。

もし、価格も抑えたいという方は、他のタイヤメーカーを検討した方がいいでしょう。最近人気のアジアンタイヤにもスタッドレスタイヤは数多くラインナップされており、その性能も国産タイヤと引けを取らないほど向上していると評価です。

ブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)はこんな人におすすめ!

おすすめできない人

  • タイヤ価格を抑えたい人、価格を重視する人

おすすめできる人

  • タイヤの性能を求める人
  • 静粛性を求める人
  • 信頼性の高いタイヤが欲しい人
  • 雨の日の走行が不安な人
  • サーキット走行を行う人

これまでにもご紹介した様に、ブリヂストンタイヤは性能も信頼性も高く、どの様な人にもおすすめできるタイヤです。特に、「レグノシリーズ」や「ポテンザシリーズ」では快適性、スポーツ性が非常に高くなっています。

一方で、タイヤ費用を抑えたいと考えている方は迷ってしまうと思います、やはり国産タイヤで信頼できるメーカーというのは安心できるからです。ただ、最近は国産以外のタイヤでも十分な性能を持つようになっています。特に、通勤や買い物、お出かけなど日常的な使用の場合には、その差を感じることも少なくなりました。価格も性能もちょうど良いコスパに優れたタイヤを探している方は、通販ショップのオートウェイなどで、価格を比較してみるのがおすすめです。

ブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)の購入方法

ブリヂストンタイヤは、日本の大手タイヤメーカーなので様々な場所で購入する事ができます。

例えば、ディーラー、カー用品店、タイヤショップ、ガソリンスタンド、ネットショップでの購入が可能です。しかし、レグノやポテンザなどの高性能タイヤはあまり在庫していない店舗も多いので、オートウェイなどのネットショップも活用してみると良いです。

ブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)のメリット・デメリット

良い評価の多いブリヂストンタイヤですが、実際にどの様なメリット、デメリットがあるかも気になります。知らないで購入してしまい、後から後悔してしまう事を防ぐためにも、確認しておきましょう。

ブリヂストンタイヤに交換する3つのメリット

信頼性が高く、安心して使用する事ができる

ブリヂストンタイヤは多くの歴史や実績があり、非常に信頼性の高いタイヤです。中には使用していて不安を感じるメーカーのタイヤもありますが、ブリヂストンタイヤではその様な事が無く安心です。

価格は高いものの、価格以上の性能・品質がある

これまでにもご紹介してきたように、ブリヂストンのタイヤの価格帯は高くなっています。しかし、他社のタイヤと比較して、価格以上の性能を持っている製品が多いので、その価格に見合った安心、安全を手に入れることができます。

また、タイヤの品質管理も徹底しており、不良品に当たってしまっという話も聞きません。

どこでも購入できる

ブリヂストンタイヤは流通が多いので、どのお店でも手に入ります。スポーツタイヤなど特殊なものでなければ即日でタイヤ交換するとも可能です。

購入前に確認したいデメリット

タイヤ価格が高い

繰り返しですが、ブリヂストンタイヤは他のメーカーと比較しても価格設定が高くなっています。優れた性能を持ったタイヤですので、タイヤ選びにこだわる方は納得して購入することができます。

しかし、タイヤに詳しくない方、車検前にタイヤがすり減っているから交換が必要と言われ方のように、タイヤに特別なこだわりを持っていない方の場合は、躊躇してしまうと思います。

ディーラーに置いてあるような高いブリヂストンのタイヤ以外にも、価格を抑え十分な性能を持ったタイヤは数多くありますので、比較してみると良いです。

ブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)にはどんな種類があるの?

良い評価の多いブリヂストンタイヤですが、実際に購入する場合、どのタイヤを選べば良いか分からない方も多いと思います。そこで、ブリヂストンタイヤが取り扱っているタイヤをご紹介しますので、購入前の参考にして下さい。

REGNO(レグノ)

レグノシリーズは、高い快適性と、安全性能を両立したシリーズです。車に乗っていて快適性を最も重視する方におすすめのタイヤです。

REGNO GR-XⅡ(レグノ ジーアールクロス ツー)

レグノ GR-X2は、セダン車、コンパクトカー向けの快適性を高めたプレミアムタイヤとなっています。特に、静粛性を重視したタイヤとなっており、様々な路面で静かに快適に走行する事が可能です。

もちろん、乗り心地や高いハンドリング性能も持っており、日本の道路では不満が出ることはないでしょう。

タイヤサイズは14インチから20インチまでと、多くの車に使用する事が可能です。

推奨車種

プリウス、カローラ、クラウン、ヴィッツ、ヤリス、スカイライン、フーガ、フィット、インプレッサ、レガシィ、など

ユーザーの口コミから見る商品紹介

レグノ GR-X2は、「乗り心地が良い」「静か」との声がありました。また、「一度使用すると他の銘柄には移りたくない」と、他社と比較しても良いタイヤである事がわかるコメントもあり、とにかく快適性を重視する方には強くおすすめできるタイヤです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
14インチ175/65R1412,240円
17インチ215/55R1725,600円
18インチ245/40R1847,130円

REGNO GRVⅡ(レグノ ジーアールブイ ツー)

レグノ GRV2は、ミニバン、SUV車向けの快適性の高いプレミアムタイヤです。

先ほどご紹介したGR-X2と基本的な性能は同じとなっていますが、重心が高く重量も重いミニバン、SUV車向けにタイヤのショルダー部分を改良しており、横風や路面のうねりなどで発生するふらつきを抑えていることが特徴です。

タイヤサイズは15インチから20インチとなっており、多くのミニバン、SUVに使用する事ができます。

推奨車種

アルファード、ノア、ヴォクシー、RAV4、ステップワゴン、オデッセイ、セレナ、エクストレイルなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

レグノ GRV2は、「静粛性が高い」「安定感がある」という声がありました。静粛性はもちろんのこと、安定感も高いとのことで、ブリヂストンの公表通りふらつきを抑え、安定した走行を可能としている事が分かります。

しかし、タイヤ価格が高いとの声もあり、価格を重視する方にはあまりおすすめできません。価格よりも快適性と安定性を求める方に強くおすすめできるタイヤです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
15インチ195/65R1516,000円
16インチ205/65R1623,360円
18インチ225/50R1829,800円

REGNO GR-Leggera(レグノ ジーアール・レジェーラ)

レグノ GR-レジューラは、軽自動車向けの快適性を高めたプレミアムタイヤです。軽自動車は、販売価格を下げるためにコストカットを多く行っており、ロードノイズや乗り心地などの快適性が犠牲になりがちです。

そのような軽自動車に向け、快適性を高めるために発売されたのがこちらのタイヤになります。軽自動車特有のノイズを抑えることに成功し、快適に走行する事を可能としています。

また、偏摩耗を起こしやすい軽自動車向けに、耐偏摩耗性能を高めており、スタンダードタイヤよりもタイヤライフが長いことも特徴です。

タイヤサイズは14インチ、15インチと少ないものの、現在販売されている多くの軽自動車には使用する事が可能となっています。

推奨車種

アルト、ラパン、エブリイワゴン、ミラ、ミライース、タント、Nシリーズ、EKシリーズなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

レグノ GR-レジューラは「静粛性が高い」「タイヤバランスが良い」との声があり、快適性能のみで無く、製造時の品質も高い事が分かります。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
14インチ155/65R1416,060円
15インチ165/60R1520,900円
15インチ165/55R1521,340円

POTENZA(ポテンザ)

ポテンザシリーズはサーキット走行からワインディング走行を楽しむ方まで、ドライブを楽しむ方に向けたスポーツタイヤです。運転が好きな方でしたら、必ず満足できるタイヤとなっています。

POTENZA RE-71RS(ポテンザ アールイー・ナナイチアールエス)

ポテンザ RE-71RSはサーキットでタイムを縮めるために開発されたハイグリップラジアルタイヤです。

前作のRE-71Rよりもラップタイムを2%短縮し、タイヤライフは5%向上させています。また、タイヤのトレッド面が斜めになっており、キャンバーを付けた効果を持たせていることが特徴で、昔ながらのホーシングタイプやトーションビーム式の足回りを採用している車では、よりタイム短縮を期待できるでしょう。

タイヤサイズは13インチから20インチまでと、軽スポーツからスーパースポーツカーまで使用する事ができます。

推奨車種

アルト、ミラ、ヴィッツ、ヤリス、86、フィット、シビック、NSX、スカイライン、GTR、WRX、911、Mシリーズなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ポテンザRE-71RSは、「熱が入りやすい」「グリップが高い」との声がありました。

スポーツタイヤで、熱が入りやすいと言うのは非常に大きなメリットとなり、熱が入りにくい冬場でも安心してスポーツ走行を楽しむことができます。また、「そんなに熱が入りやすいのでは、夏場は熱だれを起こしてしまうのではないか」と不安に思う方も居ると思いますが、こちらのタイヤではその様な口コミはなく、安心してサーキット走行を行えます。

この様にポテンザRE-71RSは、グリップ性能が高いだけでなく、耐久性も高く、サーキット走行を行う方に強くおすすめできます。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
13インチ155/60R1314,630円
15インチ195/50R1525,300円
18インチ245/40R1865,560円

POTENZA S007A(ポテンザ エス・ゼロ・ゼロ・セブン)

ポテンザ S007Aは、快適性も重視したプレミアムスポーツタイヤです。高いハンドリング性能とグリップ性能を発揮しながらも、街中や高速道路などでも快適に走行する事が可能となっています。快適に走行つつも、スポーツ性能を犠牲にしたくない方におすすめのタイヤです。

タイヤサイズは16インチから21インチまでと、多くのスポーツカー、セダン車に使用する事が可能です。

推奨車種

スープラ、クラウン、アルテッツァ、WRX、レガシィ、RX-8、アコード、シビック、スカイライン、フェアレディZ、911、AMG GT、M3、M5、カマロ、モデル3など

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ポテンザ S007Aは、「乗り心地が良い」「タイヤパターンがかっこいい」との声がありました。ポテンザは高いスポーツ性能を発揮するタイヤで、実際に使用すると快適性が少なくなると思う方も多いと思います。しかし、実際にはS007Aのような、快適性も重視したタイヤもあり、「スポーツ性能が欲しいけど、快適性がなくなるのは嫌だ」という方に強くおすすめしたいタイヤとなります。

また、タイヤパターンもかっこいいとの声もありますので、性能だけでなく、見た目を重視する方にもおすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
17インチ225/45R1734,450円
18インチ225/40R1838,478円
20インチ235/35R2047,060円

POTENZA Adrenalin RE004(ポテンザ アドレナリン・アールイー・ゼロ・ゼロ・フォー)

ポテンザ アドレナリン RE004は様々な車に使用する事を想定したスポーツタイヤです。

グリップ性能はこれまでにご紹介したタイヤより劣るものの、ポテンザらしいスポーツ性能は持っており、ドライブを楽しみたい方におすすめです。

タイヤサイズは14インチから20インチまでと多くの車に使用する事ができます。

推奨車種

ミラ、ヴィヴィオ、アルト、アルトワークス、ランサーエボリューション、インプレッサ、WRX、MR2、セリカ、シルビア、86、911など

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ポテンザアドレナリン RE004は、「直進安定性が高い」「ロードノイズがそれ程気にならない」との声があり、スポーツタイヤでありながら、スタンダードタイヤの様な快適性を持っていることが分かります。

しかし、「段差の突き上げがある」との声もあり、より快適性を重視したい方は、先にご紹介したS007Aがおすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
15インチ195/50R1513,630円
17インチ205/45R1721,350円
19インチ225/40R1932,150円

POTENZA S001RFT(ポテンザ エス・ゼロ・ゼロ・ワン アールエフティー)

ポテンザ S001RFTは、高いスポーツ性能と安全性能、快適性を持ったランフラットタイヤです。

ランフラットタイヤは「乗り心地が悪い」「ロードノイズがうるさい」というものが多くなっていますが、こちらのタイヤはブリヂストンの特許であるクーリングフィンを設けたサイドウォールを使用する事で、通常のタイヤと変わらない乗り心地を実現しています。

タイヤのサイズは16インチから19インチまでと、スポーツカーや中型セダン向けのタイヤとなっています。

推奨車種

クラウン、アコード、レジェンド、スカイライン、フェアレディZ、Cクラス、Eクラス、3シリーズ、5シリーズなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ポテンザ S001RFTは、「グリップ性能が高い」「乗り心地が良い」との声がありました。

先ほどもご紹介した様に、ランフラットタイヤは、乗り心地が悪いものが多くなっています。しかし、こちらの口コミでも分かる様に、S001RFTはその様な事が無く、快適に高いスポーツ性能を楽しむことができます。

ランフラットタイヤにしたいけど、快適性が悪くなるのは許せないという方におすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
17インチ225/50R1727,560円
18インチ225/40R1825,740円
18インチ225/40R1844,970円

Playz(プレイズ)

プレイズシリーズは、ウェット性能、耐摩耗性能が高いタイヤとなっています。また、運転中の疲れにくさを重視したタイヤでもあり、長距離を走行する方におすすめのタイヤです。

プレイズシリーズは、乗用車向けとミニバン、SUV向けの2種類があります。

Playz PXⅡ(プレイズ ピーエックスツー)

プレイズ PX2は、ウェット性能、耐摩耗性能、転がり抵抗性能を向上したタイヤです。

トレッド面の接地形状と使用ゴムを改良することにより、ウェット性能を高めたり、安定性の向上も図っています。

タイヤサイズは13インチから19インチまでと、軽自動車から中型セダンまで使用する事ができます。

推奨車種

ワゴンR、アルト、ムーブ、ミラ、アクア、プリウス、クラウン、フィット、ノート、マーチ、スカイラインなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

プレイズ PX2は、「転がり抵抗性能が高い」「グリップ性能が高い」「タイヤがしっかりしている(タイヤ剛性が高い)」「乗り心地がしなやか」との声がありました。

また、「少し走行しただけでも違いが分かる」との声もあり、他社と比較して非常に性能が高いことが分かります。

プレイズは様々な性能をバランス良く発揮する事で運転中の疲れを軽減させており、長距離運転をよく行う方や運転中に疲れやすい方におすすめできるタイヤです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
14インチ175/65R1410,169円
15インチ195/65R1512,310円
18インチ215/45R1828,340円

Playz PX-RVⅡ(プレイズ ピーエックス アールブイツー)

プレイズ PX-RVはミニバン向けのタイヤです。先ほどご紹介したPX2と性能は同じものの、重量があり、ふらつきや偏摩耗を起こしやすいミニバン向けにショルダー部分の剛性を上げており、耐偏摩耗性能とふらつき抑制性能を向上させています。

多くのミニバン向けタイヤの様に、サイドウォール部分の剛性を上げている訳ではないので、乗り心地も良く、快適に走行する事ができます。

タイヤサイズは15インチから20インチと、多くのミニバンに使用可能です。

推奨車種

アルファード、ノア、ステップワゴン、フリード、セレナ、プレマシーなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

プレイズ PX-RV2は、「ウェット性能が高い」「耐摩耗性能が高い」との声がありました。

ミニバンはふらつきを起こしやすいため、雨の日には怖い思いをすることもありますが、こちらのタイヤはウェット性能も高く、安心して走行する事ができます。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
15インチ205/65R1512,440円
16インチ205/65R1617,740円
18インチ225/45R1836,210円

ECOPIA(エコピア)

エコピアシリーズは、「低燃費性能」「タイヤライフ」「安全性」を求めたエコタイヤです。

タイヤ作りが得意なブリヂストンタイヤらしく、ウェット性能や快適性能も高くなっており、経済性が高いだけでなく、快適に走行する事ができます。

エコピアシリーズは11種類がありますが、今回は乗用車向けの3種類をご紹介します。

ECOPIA NH200(エコピア エヌエッチ ニヒャク)

エコピア NH200は、「低燃費性能」「耐偏摩耗性能」「静粛性」を重視したエコタイヤです。

前モデルのNH100よりも転がり抵抗性能が11%低減されており、燃費性能に大きく貢献できるタイヤです。また、ショルダーブロックを高剛性とする事で、耐偏摩耗性能は23%の向上を図っているため「偏摩耗を起こしやすい足回り」を使用している事が多いエコカーにおすすめです。

タイヤサイズは14インチから18インチと、軽自動車からセダン車まで使用する事ができます。

推奨車種

ワゴンR、アルト、ムーブ、ミラ、アクア、プリウス、クラウン、フィット、ノート、マーチ、スカイラインなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

エコピア NH200は、「静粛性が高い」との声があり、燃費性能だけで無く、快適性も高い事が分かります。

また、ウェット性能や耐久性が高いとの声もあり、安全性と経済性を重視しつつも、快適性も諦められないと言う方に強くおすすめのタイヤです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
14インチ185/65R1412,690円
16インチ205/55R1621,120円
18インチ225/45R1833,220円

ECOPIA NH200 C(エコピア エヌエッチ ニヒャク シー)

エコピア NH200Cは、先ほどご紹介したNH200の軽自動車、コンパクトカー専用タイヤです。

基本的な性能は変わらないものの、トレッド部のブロック剛性とパターンを改良することでタイヤライフ、ウェット性能を向上させています。

タイヤサイズは13インチから17インチと、近年の軽自動車、コンパクトカー向けです。

推奨車種

ワゴンR、アルト、ムーブ、ミラ、アクア、フィット、Nシリーズ、EKシリーズ、ノート、マーチなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

エコピア NH200Cは「前作のエコピアよりもロードノイズが抑えられている」との声がありました。

NH200でもご紹介した様に低燃費性能が高く、経済性も高くなっていますので軽自動車、コンパクトカーにお乗りで、経済性を重視する方におすすめのタイヤです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
13インチ155/80R138,450円
14インチ155/65R149,036円
15インチ175/55R1514,200円

ECOPIA EP001S(エコピア イーピーゼロ・ゼロ・ワン・エス)

エコピア EP001Sは、2012年に発売された低燃費性能を重視したタイヤです。発売されてから時間が経っているため、最新のNH200よりは性能が劣るものの、通常使用でまず不満が出る事はなく、安心して使用する事ができます。

また、「転がり抵抗性能」に関しては、NH200にも引けを取らないものとなっているので、燃費性能を重視する方におすすめです。

タイヤサイズは15インチ、16インチのみと、使用できる車種は少なくなっています。

推奨車種

プリウス、86、クラウン、アコード、シビック、アクセラ、ティーダ、など

ユーザーの口コミから見る商品紹介

エコピア EP001Sは、「静粛性が高い」「走りが軽くなった(転がり抵抗性能が高い)」との声があり、燃費性能と快適性を両立させているタイヤである事が分かります。

特に、転がり抵抗性能に関しては、「実感できた」と言う声が多くあり、高い性能を持っていることが分かります。

この様に、エコピア EP001Sは燃費性能を求めた上で、快適性を欲しい方におすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
15インチ195/65R1520,860円
16インチ205/55R1624,650円

DUELER(デューラー)

デューラーはSUV向けのタイヤで、オンロード走行をメインとした「H/L850」、オンロードからオフロードまで、様々な路面で快適に高い性能を発揮する「A/T001」、泥道での走行も可能な本格的なオフロードタイヤである「M/T674」の3種類があります。

DUELER H/L850(デューラー エイチエル・ハチゴーマル)

デューラー H/L850は、オンロードでの走行を重視したSUV用コンフォートタイヤです。

静粛性や乗り心地と言った快適性能から、耐偏摩耗性能、低燃費性能も高く、SUV車を普段使いする方には非常に満足度の高いタイヤです。

タイヤサイズは15インチから19インチまでと、様々なSUV車に使用する事ができます。

推奨車種

ジムニー、パジェロミニ、ランドクルーザー、ヴェゼル、アウトランダー、デリカ、タホ、サバーバンなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

デューラー H/L850は「燃費が良い」との声がありました。

タイヤ価格が少々高めのため、タイヤ交換費用は高くなってしまいますが、燃費性能が高くなっている上、耐摩耗性能も高いので、結果的にコストパフォーマンスは良くなります。

また、口コミでは、「固い」との声がありましたが、別の口コミを見てみますと、「柔らかい」「なめらか」との声もありますので、車の重量などが関係しているようです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
15インチ175/80R1516,390円
16インチ175/80R1613,000円
17インチ225/65R1717,300円

DUELER A/T001(デューラー エイティー・ゼロゼロワン)

デューラー A/T001は、オフロードでの走行性能を高めつつ、オンロードでの快適性も重視したオールテレーンタイヤです。

オールテレーンタイヤは一般的にタイヤの摩耗が早く、コストパフォーマンスが悪いものが多くなっています。しかし、デューラー A/T001耐摩耗性も高く、転がり抵抗性能も高いため、通勤などで普段から車を使用する方も気兼ねなく使用する事ができます。

タイヤサイズは15インチから18インチまでと、多くの車に使用する事が可能となっています。

推奨車種

ジムニー、パジェロミニ、ランドクルーザー、アウトランダー、デリカ、タホ、サバーバン、K1500、F150、RAM1500、など

ユーザーの口コミから見る商品紹介

デューラー A/T001は「静音性が高い」「燃費への影響が少ない」との声がありました。

オールテレーンタイヤといえど、ブロックパターンになっているタイヤは、快適性が低くなる傾向が強く、普段使いで不快感が出る事もあります。しかし、こちらのタイヤでは、その様な事が無く、快適に使用する事ができます。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
15インチ225/70R1515,513円
16インチ215/70R1616,200円
17インチ265/65R1725,500円

DUELER M/T674(デューラー エムティー・ロクナナヨン)

デューラーM/T674は、泥道での走行も可能な、本格的なオフロードタイヤです。

また、高いオフロード性能だけでなく、耐久性やオンロードでの快適性にも配慮しており、通常使用でもそれ程不満が出ることはないでしょう。

タイヤサイズは15インチと16インチのみと、使用できる車は限られそうです。

推奨車種

ジムニー、パジェロミニ、ランドクルーザー、アウトランダー、デリカ、タホ、サバーバン、K1500、F150、RAM1500、など

ユーザーの口コミから見る商品紹介

デューラーM/T674は「燃費がそこまで悪く無い」「ロードノイズがそれ程気にならない」との声がありました。こちらのタイヤは、実際に見てみると非常にブロックが大きなタイヤで、ぱっと見は快適性や燃費性能は無いと思えます。しかし、使用している方からはこの様な声があり、通常の使用ではあまり不満が出ないことが分かります。

ただし、高速時はロードノイズが気になるとの声もあり、高速道路での使用はやめておいた方が良いでしょう。

この様に、デューラーM/T674頻繁にオフロード走行を行う上、たまに普段乗りもする方におすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
15インチ215/75R1514,320円
15インチ235/75R1515,990円
16インチ245/70R1619,380円

ALENZA(アレンザ)

アレンザシリーズはウェット、ドライでの高い性能を持ちながらも経済性が高いプレミアムSUV向けのプレミアムタイヤです。

タイヤ種類はコンフォート系とスポーツ系の2種類があり、今回はその2種類をご紹介します。

ALENZA LX100(アレンザ エルエックス ヒャク)

アレンザ LX100は、静粛性重視のSUV向けタイヤです。このタイヤのすごさは、タイヤが摩耗してきても静粛性が変わらず快適に使用することができる点です。通常、タイヤは摩耗してくるとトレッドパターンが変化し、ロードノイズが気になるものです。しかし、アレンザ LX100はその様な事が無く、最後まで快適に使用することができます。

また、耐ふらつき性能や、耐摩耗性能も高いため、安全性を求める方にもおすすめです。

タイヤサイズは15インチから22インチまでと、スタンダードSUVからプレミアムSUVまで使用可能です。

推奨車種

RAV4、ハリアー、ヴェゼル、アウトランダー、CX5、CX8、X5、カイエンなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

アレンザ LX100は「ロードノイズが静か」との声がありました。また、「SUVのレグノ」と言われることもあるほど快適性が非常に高いことがわかります。

また、ウェット性能や運動性能も高いとの声があり、SUV車で快適性と安心性を求める方には強くおすすめできるタイヤとなっています。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
16インチ175/80R1613,290円
17インチ265/70R1625,080円
18インチ225/55R1830,270円

ALENZA 001(アレンザ ゼロゼロワン)

アレンザ 001は、高い運動性能を重視しつつも低燃費性能、耐摩耗性能を持っているタイヤです。

先ほど「LX100は、SUVのレグノ」と言う声がありましたが、こちらは「SUVのポテンザ」と言った感覚です。もちろん、ポテンザのような性能を持っていても快適性は高く、不満無く使用する事ができます。

タイヤサイズは16インチから21インチまでと、LX100よりは少ないものの多くの車種に使用可能となります。

推奨車種

RAV4、ハリアー、ヴェゼル、アウトランダー、CX5、CX8、X5、カイエンなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

アレンザ001は「タイヤ剛性が高い」「山道でもロール感が少なく、気持ちよく走れる」との声がありました。

また、他の口コミにも目を向けてみると「静粛性が高い」「ウェット性能が高い」との声もあり、安全性と快適性を両立させたタイヤである事が分かります。

そのため、こちらのタイヤはSUVにお乗りで、ドライブを安心、快適に楽しみたい方におすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
17インチ235/55R1726,070円
18インチ235/50R1829,400円
20インチ285/50R2029,500円

BLIZZAK(ブリザック)

ブリザックシリーズは、雪道や氷上での性能を求めた高性能なスタッドレスタイヤです。北海道、北東北主要都市での装着率ナンバー1と圧倒的な人気があり、性能と信頼性が高い事が分かります。

BLIZZAK VRX3(ブリザック ヴィアールエックススリー)

ブリザック VRX3はブリザックシリーズの最新タイヤです。

前モデルであるVRX2との違いは、主に「氷上性能」「タイヤライフ性能」の2点となります。特に、氷上性能は20%向上と非常に高くなっており、降雪地域で安全性を求める方にはこちらのタイヤがおすすめです。

タイヤサイズは12インチから20インチと、軽自動車からミニバン、大型セダンまで使用する事ができます。

推奨車種

アルト、ハスラー、ワゴンR、ミラ、ムーブ、タント、アクア、プリウス、クラウン、フィット、オデッセイ、ステップワゴン、アコード、フーガ、スカイライン、セレナなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ブリザック VRX3は、「雪道での安定感が高い」「静粛性が高い」との声がありました。

雪道での性能はもちろんのこと、静粛性が高いとのことで、走行性能だけではなく、快適性能も高いことが分かります。また、VRX3はタイヤの性能低下量が少なくなっていますので、年間走行距離が短い方にもおすすめできます。

この様にブリザック VRX3は雪道、氷上での走行性能と、快適性を求める方におすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
14インチ175/65R1414,300円
15インチ215/65R1521,320円
18インチ225/55R1838,720円

BLIZZAK VRX2(ブリザック ヴィアールエックスツー)

ブリザック VRX2は、先ほどご紹介したVRX3の前モデルです。

前モデルとは言えど非常に性能は高く、現在新品で発売されているタイヤの中では1位2位を争う程の性能を持っており、降雪地域でも安全に走行することが可能です。

タイヤサイズは12インチから20インチと、VRX3同様、様々な車に使用する事ができます。

推奨車種

アルト、ハスラー、ワゴンR、ミラ、ムーブ、タント、アクア、プリウス、クラウン、フィット、オデッセイ、ステップワゴン、アコード、フーガ、スカイライン、セレナなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ブリザック VRX2は、「様々なスタッドレスタイヤの中でもかなり高い性能を持っている」との声がありました。

また、それ以外にも「ロードノイズが静か」「乗り心地が良い」との声もあり、走行性能だけで無く、快適性も高いことが分かります。

先ほどもご紹介した様に、最新モデルのVRX3と比較してしまうと多少性能が劣るものの、通常使用ではまず不安になる事は無く、安心して使用する事ができます。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
14インチ155/65R145,885円
15インチ195/65R1515,290円
17インチ225/50R1715,000円

BLIZZAK DM-V3(ブリザック ディーエム ヴィスリー)

ブリザック DM-V3はSUV向けのスタッドレスタイヤです。

基本的に、使用されている技術はVRXと同じものとなっていますが、重量の重いSUV向けに剛性が高いタイヤブロックを採用しており、SUVでの雪道、氷上走行時のグリップ力を向上させています。

タイヤサイズは15インチから21インチと、様々なSUV車に使用する事ができます。

推奨車種

RAV4、ハリアー、ヴェゼル、アウトランダー、CX5、CX8、X5、カイエンなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ブリザック DM-3Vは「グリップ性能が高く、VSC(横滑り防止装置)がほとんど作動しなくなる」「滑り出した後のコントロール性が高い」との声がありました。

特に注目する点はコントロール性の高さです。コントロール性というとあまり重用に感じませんが、雪道や氷上では非常に重要なもので、いざという時に事故を未然に防ぐ事も可能となります。

この様に、ブリザック DM-3Vは雪道での走行性能が非常に高くなっていますので、SUV車で性能の良いスタッドレスタイヤを求めている方におすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
17インチ255/65R1715,880円
18インチ245/60R1828,600円
20インチ265/50R2040,000円

NEXTRY(ネクストリー)

ネクストリーは低燃費性能を重視した上で、走行性能や快適性のバランスが優れたタイヤです。

タイヤ種類は1種類のみとなっております。

NEXTRY (ネクストリー)

ネクストリーは、転がり抵抗性能を重視したベーシックなエコタイヤです。

ベーシックとはいえ快適性やグリップ性能も考えられており、通常使用では快適に使用することが可能です。

ただし、タイヤの剛性はあまりないので、スポーツ走行などを行う方にはあまりおすすめできません。

タイヤサイズは13インチ~18インチまでと、軽自動車からセダンまで使用できます。

推奨車種

ワゴンR、ムーブ、ライフ、Nシリーズ、ノート、スカイライン、フーガ、アクア、ヴィッツ、プリウス、クラウン、フィット、アコードなど

ユーザーの口コミから見る商品紹介

ネクストリーは、「燃費が良い」との声がありました。また、それだけでなく、「ひび割れを起こしにくい」「価格が安いにもかかわらず日本製」との声もあり、燃費性能だけでなく、信頼性、コストパフォーマンスも高いことが分かります。

この様に、ネクストリーは安心、安全に走行できる上、燃費性能とコストパフォーマンスも高いため、タイヤ交換の費用を抑えつつ、安心できるタイヤが欲しい方におすすめです。

参考価格

インチタイヤサイズ価格
13インチ165/65R135,910円
15インチ185/60R1510,600円
17インチ215/45R1714,930円

ブリヂストンタイヤ(BRIDGESTONE)の評価まとめ

ブリヂストンタイヤは、全体的に価格が高いものが多く、購入には躊躇してしまうことがあると思います。しかし、他メーカーのタイヤと比較しても、その性能は非常に高いものとなっています。また、口コミを見てもわかるように、ブリヂストンのタイヤを選び、その性能に後悔することはほとんどありません。

つまり、ブリヂストンタイヤは、価格よりも安心と快適性を求める方におすすめできるタイヤと言えるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事