タイヤ交換にかかる料金には、

  • タイヤの購入費用
  • タイヤ取り付け工賃

この2つが含まれています。

純正タイヤと同じものにしようとすると4本で10万円以上かかることもありますが、中には1本2,000円(4本で8,000円)で購入できる安いタイヤもあります。

また、工賃は店によって料金設定が異なり、5,000〜10,000円ほどが相場になります。

このように、タイヤ交換の料金は、タイヤとお店の選び方によって大きな差が出てきてしまうのです

今回は、タイヤ交換にかかる料金の詳細と、費用を安く抑える方法をご紹介しますのでぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

タイヤ交換料金の総額

冒頭でお伝えした通り、タイヤ交換に必要な料金は、タイヤの購入費用と交換するための工賃の合計金額になります。それぞれ、費用の目安を詳しくご紹介しますので、タイヤ交換前にチェックして、なるべく安く交換できるようにしていきましょう。

タイヤ購入費用の目安

タイヤはサイズによって価格が異なります。安価な物で1本2,000円から高額になると20万円を超えるものまでさまざまです。まずは、自分が必要とするタイヤがどういうものなのかを探してみることをお勧めします。

一番大切なのは自分の車に合うサイズであること、また低燃費志向であるとか、スポーツタイヤが欲しいのか、摩耗に強く長持ちするものがいい、雨に強い方がいいなど、どんな性能を求めているかによっても全くタイプが異なります。

タイヤの方向性が決まったら、工賃の比較が必要になります。

タイヤの組み換え・交換工賃の相場

タイヤの組み換えとは、ホイールから古いタイヤを取り外し、その後、新しいタイヤを取り付けることをいいます。では、工賃がどのくらいかかるのか詳しく見ていきましょう。

まず、タイヤのサイズによって、工賃に違いがありますので一例をご紹介します。

軽自動車

  • 12インチまで1,200/1
  • 13インチ以上は1,500/1

普通自動車

  • 13~16インチ1,500/1
  • 17~18インチ2,100/1
  • 19~20インチ 2,700/1

SUV・4×4車

  • 18インチまで2,100/1
  • 19~20インチ3,000/1

スタッドレスタイヤ

  • 軽自動車、普通自動車、ミニバン:1,800/1
  • ワンボックス、RV2,500/1

スポーツタイヤ

  • R35 GTR用ランフラットタイヤ:20,00030,000

このようにタイヤのサイズによって金額に差がみられることがわかります。サイズの大きなタイヤやスポーツタイヤなどの特殊なものだと工賃も高くなってきます。

次に大手ショップごとに工賃の詳細をみていきましょう。

 

オートバックス

イエローハット

タイヤ館

取り付け工賃

1,080円/1

1,080円/1

1,080円/1

バランス調整

1,080円/1

1,080円/1

1,080円/1

バルブ交換

270円/1

432円/1

324円/1

廃タイヤ処分

324円/1

270円/1

432円/1

他にもタイヤ交換ができる場所として、カーディーラー、ガソリンスタンド、タイヤ交換専門店、タイヤ交換出張サービスなどがあります。

次章でそれぞれの工賃とサービス内容を比較してみましょう。

タイヤ交換にかかる工賃比較

店舗名

工賃目安

カーディーラー

15,000円

カー用品店

9,000円

ガソリンスタンド

11,000円

カーショップ

12,000円

タイヤ交換専門店

10,000円

タイヤ交換出張サービス

15,000円

それぞれの工賃の詳しい比較は、「タイヤ交換工賃の比較一覧」でもご紹介しています。どこに依頼すればいいのか迷ったり、費用を安く抑えたい方はぜひチェックしておきましょう。

カーディーラー

各メーカーによって工賃はさまざまです。タイヤを購入する場合や、整備パックを利用すると工賃が安く設定されていたりすることもあります。タイヤ交換の金額自体は高めですが、整備補償が付くなどの特典もあるので自分の車のメーカーで確認してみるのも良いかもしれません。

タイヤ交換出張サービス

自宅や職場に来てもらいタイヤ交換をしてもらうことができるので、持ち込む手間がかかりません。インターネットで購入したタイヤの取り付けや、廃タイヤの処分も有料で引き取ってもらうことができます。出張料が余分にかかるので、高めになってしまうようです。

カーショップ

ショップによってはレースに参戦しているお店もあり、車のパーツならほとんどのものを取り扱っています。タイヤやホイールはもちろんのこと、エアロパーツ、マフラー、ローダウンまでさまざまなことを相談できるのが魅力です。スポーツタイヤなどの知識も豊富なので、分からないことは気軽に教えてもらえるのではないでしょうか。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドは給油の他にもタイヤなどの販売、トラブル時の応急処置や簡易修理、車検まで幅広いサービスを提供しています。店舗数も多いので、時間をかけずにタイヤ交換を行うことができるのはメリットといえそうです。給油のために頻繁に顔を出す場所なので、気軽に依頼や相談ができるのは嬉しいですね。

タイヤ交換専門店

タイヤメーカー系のショップとして独立した店舗を展開しているお店が多いため、品揃えは加盟しているタイヤメーカーのタイヤが中心となります。そのため他のメーカーとの比較はできないことが多いですが、その分加盟メーカーのタイヤに関しては深い知識があります。

カー用品店

最近では、軽自動車やミニバンが主流となり、ファミリーや女性でも入りやすくなりました。そのため、車関連のさまざまなグッズが並び、実用性の高いものが多く取り扱われています。店舗が広いのでタイヤも国産から安価な海外のものも取り扱いがあり、比較することができるのは嬉しいですね。予算に合ったものを選びやすく、困った時にはスタッフに相談できるので頼りになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

タイヤ交換料金を安くできる「持ち込み」サービスが便利!

「持ち込み」でタイヤ交換するメリット

最近、インターネットでタイヤを買う人が多くなっています。それはタイヤの価格が一段と安くなっているからにほかなりません。

店舗で購入の場合、ブリジストンやヨコハマなどのブランドタイヤは、1本あたり約5,000円ですが、インターネットならブランドタイヤでも、4本で12,000円のものが数多くあります。

このように、安く購入しタイヤを店舗に持ち込むことでタイヤ交換費用をぐっと安く抑えることができます。タイヤをネットで購入することや、タイヤを持ち込めるお店を探すことに不安を感じる方は、「タイヤ交換は「持ち込み」が安い!気になる工賃を比較!」こちらも確認しておきましょう。今までネットショッピングをしたことがある方なら心配ありません。

「持ち込み」でタイヤ交換する場合の工賃

持ち込みによるタイヤ交換で気になるのは工賃だと思います。

まず、ディーラーや整備工場では、自店でも持ち込みでもあまり差がありません。

カー用品店では持ち込みの場合、各店舗によって対応が異なるため確認することが必要です。オートバックスでは、アマゾンで購入したタイヤの持ち込み交換にも対応しています。その場合1本1,500円と廃タイヤ処理が必要となっており、店での購入よりは若干ですが高い設定になっています。

ガソリンスタンドは、高いところもあれば安いところもあり、店舗によって差が大きく開いています。例えば宇佐美では、アマゾンの持ち込みに対応しているため、1,080円の工賃と廃タイヤ処理に257円となっており、他と比べてもかなり安い金額設定といえます。

持ち込み時の注意点ですが、お店側としては本来ならばタイヤ料金と取り付けで採算を出すものです。そのため通常の工賃に割り増しがあり、意外と高くつくことがありますので、店舗選びが重要になります。

また、サービス内容も脱着、バランス調整、ゴムバルブの交換、廃タイヤの処分まで含まれている業者を選ぶことが大切になります。

持ち込み可能な業者を調べるのは、手間のかかるものです。このお店ならお願いしてもいいと思うところがあるなら、馴染みの客になると融通が利くようになるかもしれません。

タイヤ交換にかかる料金を安くするコツ

タイヤの価格が一番安いのは、インターネットで購入する方法でしたね。購入後、持ち込みで交換してくれるところは、ディーラーや整備工場、ガソリンスタンドなどがあるので、工賃を比較して依頼しましょう。

タイヤ交換はネット通販で購入すれば安くなる!」こちらでも詳しく解説していますので、タイヤ交換費用を抑えたい方はぜひ確認しておきましょう。

インターネット通販でタイヤを購入する

では、インターネットで購入できるのは、どんなサイト(サービス)があるのか見ていきましょう。

TIREHOOD(タイヤフッド)

国産タイヤを中心にした商品展開です。このサイトの特徴は送料が無料なので、出費を抑えることができます。サイトの使い方も分かりやすく、簡単に購入できます。ただ、取り付け店の予約には1週間ほどかかるので、時間に余裕のある人にお勧めです。

AUTOWAY(オートウェイ)

格安の輸入タイヤがメインですが、国産も取り扱っています。発送から到着まで1日と対応が早いのは嬉しいですね。最寄りの取り付け店を検索することができます。

オートバックス

実店舗があるので、知名度の高いカー用品店です。インターネットで購入するメリットは、組みつけの工賃が安い場合があることです。取り付けは店舗で行い、もしも店舗の価格の方が安い場合には、店舗での値段になり安心です。

Amazon

インターネット通販大手のアマゾンでタイヤの購入もできます。タイヤ組み換えセットを同時購入すると指定のタイヤ交換店にタイヤを直送してくれるので、簡単です。交換店舗はコールセンターが案内してくれます。

注意点は、タイヤ組み換えセットはインチで金額が異なるため、間違えないようにしてください。

楽天市場

まずタイヤを購入し、続けて取り付けのサービスチケットの購入をします。最寄りの取り付け店は指定されるので、自分が選ぶことはできません。

少し購入方法が分かりづらいところがあり、使いにくいと感じる人もいるのではないでしょうか。

タイヤ交換にかかる料金の見積もりを比較する

実店舗でタイヤを購入する場合には、見積もりをとって比較することが大切です。同じ商品であっても、取り扱うお店によって価格差があるということは、タイヤに限ったことではありません。さまざまな商品にいえることです。

まず、初めに調べる時には、インターネットなどに掲載されているお店の情報をもとに知識を得ることが多いのではないでしょうか?

特にこだわりがなく、できれば安価で品質が良ければと考えている場合には、価格差は大きくなることもあります。またインターネットの情報だけでは判断ができない場合もあるので、見積もりを取ることをお勧めします。

予算に合うタイヤを比較検討することは非常に大切です。また数店舗で見積もりを依頼することで、価格を比べることもできます。

例えば、大手カー用品店のオートバックスは、各店舗が独立した会社であるフランチャイズで展開しているため、お店によって値段が異なることがあります。またタイヤの在庫状況にもばらつきがあるかもしれません。家の近くにオートバックスが何店舗かある場合には、複数の店舗から見積もりを取ってみるといいでしょう。

タイヤ交換にかかる料金と安くする方法まとめ

タイヤ交換には、タイヤの購入費用と工賃がかかります。

タイヤの購入費用は安いものであれば1本2,000円のものもありますが、純正タイヤと同等にしようと思うと4本で10万円以上かかることもあります。

また、工賃については依頼する店によって5,000〜10,000円ほどの価格差があります。

こうした高額なタイヤ交換の料金を安くするためには、インターネット通販でタイヤを購入して、取り付け店に持ち込むのがおすすめです。

今までは、タイヤの持ち込み交換は費用が割高になり、お得感がありませんでしたが、最近はインターネットショップと提携している店舗や、持ち込み交換を積極的に行なっている店舗が増えています。

こうしたところを利用すれば、インターネット出やすく購入したタイヤを、安い工賃で交換することができます。

タイヤ交換の費用を抑えたいと考えている方は、ぜひ活用してみてくださいね。

おすすめの記事