タイヤ交換の値段はいくら?工賃の相場と安い店をご紹介!
タイヤ交換にかかる料金には・・・
  • タイヤの購入費用
  • タイヤ取り付け工賃

この2つの値段が含まれています。

    例えば、純正タイヤのようにタイヤ4本で10万円以上の値段で販売しているお店もあれば、中には1本2,000円(4本で8,000円)で購入できるタイヤを用意しているところもあります。また、工賃も店によって料金設定が異なり、5,000〜10,000円ほどが相場になります。

    このように、タイヤ交換の料金は、どこでタイヤ交換をするかによって大きな差が出てきてしまうのです

    今回は、タイヤ交換にかかる料金の詳細と、費用を安く抑える方法をご紹介しますのでぜひチェックしてください。

    タイヤ交換費用を安く抑えるコツ

    タイヤ交換費用は10万円〜20万円もかかってしまいます。車検に通るためには避けられない出費ですが、実はインターネットでタイヤを購入すれば、半額に抑えられることもあります!

    ただ、こんなデメリットもありました。

     

    • どんなサイズ・種類を選べば良いのかわからない
    • タイヤが自宅に届いても置き場所が無い
    • 自分でタイヤ交換できない

     

    でも、TIREHOOD|タイヤフッドを利用すればもう安心です。愛車に最適なサイズ選びから取り付けまで、簡単でわかりやすく対応してもらえるからです。タイヤ交換費用を安く抑えたい方はぜひチェックしておきましょう!

    スポンサーリンク

    タイヤ交換料金の総額

    冒頭でお伝えした通り、タイヤ交換に必要な料金は、タイヤの購入費用と交換するための工賃の合計金額になります。それぞれ、費用の目安を詳しくご紹介しますので、タイヤ交換前にチェックして、なるべく安く交換できるようにしていきましょう。

    タイヤ購入費用の目安

    タイヤはサイズによって価格が異なります。安価な物で1本2,000円から高額になると20万円を超えるものまでさまざまです。まずは、自分が必要とするタイヤがどういうものなのかを探してみることをお勧めします。

    一番大切なのは自分の車に合うサイズであること、また低燃費志向であるとか、スポーツタイヤが欲しいのか、摩耗に強く長持ちするものがいい、雨に強い方がいいなど、どんな性能を求めているかによっても全くタイプが異なります。

    タイヤの方向性が決まったら、工賃の比較が必要になります。

    タイヤ交換工賃の相場

    タイヤ交換の工賃はタイヤのサイズによって違いがありますので一例をご紹介します。

    軽自動車

    • 12インチまで1,200/1
    • 13インチ以上は1,500/1

    普通自動車

    • 13~16インチ1,500/1
    • 17~18インチ2,100/1
    • 19~20インチ 2,700/1

    SUV・4×4車

    • 18インチまで2,100/1
    • 19~20インチ3,000/1

    スタッドレスタイヤ

    • 軽自動車、普通自動車、ミニバン:1,800/1
    • ワンボックス、RV2,500/1

    スポーツタイヤ

    • R35 GTR用ランフラットタイヤ:20,00030,000

    次章では、各店舗ごとに工賃とサービス内容を比較してみましょう。

    タイヤ交換にかかる工賃比較

    店舗名

    工賃目安

    特徴

    ①カーディーラー

    10,000円-30,000円

    輸入車ディーラーは交換工賃も高めに設定されている

    ②タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)

    8,000円-12,000円

    タイヤ持ち込みでも問題なく対応してくれるが人気店は予約が取りづらい

    ③タイヤ交換出張サービス

    6,000円-10,000円

    交換工賃の他に出張料の支払いが必要な場合もあり

    ④カー用品店

    4,000円-8,000円

    タイヤの在庫を多く揃えている

    ⑤カーショップ

    4,000円-8,000円

    ユーザーの好みにあわせたタイヤ選択の提案をしてくれる

    ⑥ガソリンスタンド

    4,000円-6,000円

    タイヤの在庫が少なく、取り寄せるまでの待ち時間が必要な場合が多い

    【ここがポイント!】タイヤ交換料金を安くできる「持ち込み」サービスが便利!

    最近、インターネットでタイヤを買う人が多くなっています。それはタイヤの価格が一段と安くなっているからにほかなりません。店舗で購入の場合、ブリジストンやヨコハマなどのブランドタイヤは、1本あたり約5,000円ですが、インターネットならブランドタイヤでも、4本で12,000円のものが数多くあります。このように、タイヤをネットで安く購入し店舗に持ち込むことで費用をぐっと安く抑えることができます。

    ただし・・・

    大きくて重たいタイヤを店舗まで持ち込む(運ぶ)ことは非常に手間ですし労力を使います。女性がタイヤ4本運ぶのは困難でしょう。また、ネットショップから一度自宅にタイヤが届くため、持ち込むまでの少しの間、自宅で保管しなくてはなりません。タイヤは意外と大きいものですので、保管スペースの問題もあります。

    そこで便利なのが、ネットショップと取り付け店の予約がセットになっている【TIREHOOD(タイヤフッド)】のサービスです。こちらであれば、ネットショップで安く購入したタイヤを最寄の取り付け店に直接届けてくれるため、自分で持ち込む必要がありません。さらに、取り付け日時の予約までできるため、タイヤを安く購入したい方に非常に便利なサービスです。まずは、一度こちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

     

    ①カーディーラーの工賃

    工賃目安:10,000円-30,000円

    カーディーラーでタイヤ交換するメリット

    カーディーラーはタイヤだけではなく車両に対する知識や情報が豊富です。交換するタイヤについてもその車が新車装着時にどのようなタイヤが装着されていたのかを把握しています。

    車両によっては新車装着時の指定タイヤが1機種のみという場合もありますが、多くの車では何種類かのタイヤが新車時に装着されています。

    タイヤは車の特性とのマッチングを考えて選択されていますので、その車に最適なタイヤを交換時にも装着するという点ではカーディーラーが最も安心です。整備や車検などを全てディーラーに任せている方が、タイヤ交換においてもディーラー整備の安心感を重視する場合におすすめです。

    カーディーラーでタイヤ交換するデメリット

    カーディーラーでタイヤ交換する場合のデメリットとしては工賃が高くなる点でしょう。大きな店舗と技術力を持ったスタッフを多く抱えているため、店舗経営の固定費が高めになっている分が工賃に反映されている点もあります。

    しかし、タイヤ交換を行うだけではなく、その際にサスペンションやブレーキ、足回りの状態も目視にて確認し、不具合があれば指摘してくれますのでそういった安心料も含まれていると考えれば一概にデメリットだけとも言えません。

    ②タイヤ交換出張サービスの工賃

    工賃目安:6,000円-10,000円

    タイヤ交換出張サービスでタイヤ交換するメリット

    自宅から出かけることなく、場合によってはガレージに愛車を駐車したままでタイヤ交換が完了してしまう便利なサービスがタイヤ交換出張サービスです。このサービスではタイヤ交換に必要な機材をトラックに積んで自宅まで来て、その場で交換と脱着が完了します。

    作業時間も合計1時間ほどですのでユーザーはその間、自宅の中で待っているだけです。タイヤ交換のために時間を割くことや、手間をかけたくないというユーザーにはタイヤ交換出張サービスがおすすめです。

    タイヤの出張サービスについて気になる方は「タイヤ交換の「出張サービス」とは?便利な使い方をご紹介!」こちらもチェックしてください。

    タイヤ交換出張サービスでタイヤ交換するデメリット

    自宅に居ながらにしてタイヤ交換が完了してしまうという便利なタイヤ交換出張サービスですが、出張料が交換工賃とは別に発生します。店舗によって、出張可能な範囲も決まっていますので事前にホームページなどで確認しておくことが必要です。

    また、このタイヤ交換出張サービスもタイヤ交換専門店と同様に予約制ですので急な予約変更には対応できません。確実に在宅できる日を予約するなどの備えが必要です。

    ③カーショップの工賃

    工賃目安:4,000円-8,000円

    カーショップでタイヤ交換するメリット

    車のカスタマイズに興味を持ち、普段からチューニングやカスタマイズを手がけるカーショップに通っている場合は、タイヤ交換もそちらで相談するのが好みのタイヤを選択する近道です。タイヤ&ホイールの交換やインチアップはカスタマイズを行う際にも最初に検討するメニューの一つではないでしょうか。

    それらの相談をカーショップで行って実施した後にまたタイヤ交換の必要性が生じた場合はユーザーの好みを知っているカーショップが便利です。最初はハイグリップタイヤにしてみたが、もう少しコンフォート系のタイヤに変えてみたい、ミニバン専用タイヤに設定サイズがラインナップされたのでそれを試してみたい、などユーザーの好みにあわせたタイヤ選びを一緒になって検討してくれます。

    カーショップでタイヤ交換するデメリット

    カーショップはカー用品店に比べて専門性が高く、カスタマイズやチューニングにより柔軟に対応してくれますが店舗の規模はそれほど大きくありませんのでタイヤなど保管に場所をとるようなパーツの在庫は多くありません。

    そのため、装着するタイヤを選んだ後にメーカーにタイヤを発注しますので、入荷を待ってタイヤ交換を行うことになります。ですので、タイヤがバーストした、修理不可のパンクなどすぐにタイヤ交換が必要な場合の対応は難しくなります。

    しかし、ユーザーの好みを理解しているのもカーショップの特徴です。現在、インチアップしている場合やハイグリップタイヤを装着するなどカスタマイズしている場合にはカーショップに相談してみましょう。ユーザーの好みに応じたタイヤ選択を手伝ってくれるはずです。

    オートバックス

    イエローハット

    タイヤ館

    取り付け工賃

    1,080円/1

    1,080円/1

    1,080円/1

    バランス調整

    1,080円/1

    1,080円/1

    1,080円/1

    バルブ交換

    270円/1

    432円/1

    324円/1

    廃タイヤ処分

    324円/1

    270円/1

    432円/1

    ④ガソリンスタンドの工賃

    工賃目安:4,000円-6,000円

    ガソリンスタンドでタイヤ交換するメリット

    ガソリンスタンドの場合、タイヤ交換はサービスの一環として取り扱っているからか、交換工賃も他の店舗よりも安くなっています。

    取り扱っているタイヤブランドも国産及び輸入タイヤの有名ブランドは一通り取り揃えています。給油中の待合スペースには各社のタイヤカタログがありますので、どのようなタイヤが良いか、事前に検討することが出来ます。

    給油したついでのオイル交換を常日頃から依頼している場合や、近隣にカー用品店がない場合などはガソリンスタンドでのタイヤ交換を検討してみてはいかがでしょうか。

    ガソリンスタンドでタイヤ交換するデメリット

    取り扱っているタイヤブランドの多いガソリンスタンドですが、店舗面積はカー用品店よりもいのでタイヤの在庫数も少なめです。そのため、交換するタイヤを決定してから入荷するまでに数日ほど待たされることもあります。

    タイヤ交換工賃の相場は最も安くなっていますので、タイヤの価格にも納得しており、入荷まで待っても問題ない場合はガソリンスタンドでのタイヤ交換がおすすめです。

    ⑤タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)の工賃

    工賃目安:8,000円-12,000円

    タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)でタイヤ交換するメリット

    ネット通販で安くタイヤを購入した後のタイヤ交換作業として最初に検討したいのがタイヤ持ち込み交換にも対応してくれるタイヤ交換専門店です。

    ネット通販の普及と共に持ち込み交換にも対応してくれる専門店が増えています。ネット通販で購入した際は自宅に到着したタイヤを店舗まで持っていくのが一苦労でしたが、最近の専門店は発送受け取りにも対応してくれるようになりました。

    ネットで購入して発送する際に、タイヤ交換を行う専門店の住所と配送指定日を入力すれば、あとは店舗を直接訪問してタイヤ交換を行ってもらうだけですので、ネット通販での不便さは解消されてきました。

    ネット通販で価格を比較して安いタイヤを見つければ、ネット通販とタイヤ交換専門店の組み合わせが最もお得にタイヤ交換できそうです。

    タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)でタイヤ交換するデメリット

    ネット通販の普及と共にタイヤ交換専門店の予約が取りづらくなってきています。また、工賃は必ずしも最も安いわけではないですので、ネット通販で購入する際は交換を依頼する予定の専門店の交換工賃と、タイヤ代の合計金額を他の店舗と比較して検討する必要があります。

    ネット通販での最安値のタイヤ探しの手間をいとわず、取り付け予約の希望日が合えば最も安い組み合わせになりそうなのがネット通販とタイヤ交換専門店の利用です。

     

    ⑥カー用品店の工賃

    工賃目安:4,000円-8,000円

    カー用品店でタイヤ交換するメリット

    車のカスタマイズに興味を持ち、普段からチューニングやカスタマイズを手がけるカーショップに通っている場合は、タイヤ交換もそちらで相談するのが好みのタイヤを選択する近道です。タイヤ&ホイールの交換やインチアップはカスタマイズを行う際にも最初に検討するメニューの一つではないでしょうか。

    それらの相談をカーショップで行って実施した後にまたタイヤ交換の必要性が生じた場合はユーザーの好みを知っているカーショップが便利です。最初はハイグリップタイヤにしてみたが、もう少しコンフォート系のタイヤに変えてみたい、ミニバン専用タイヤに設定サイズがラインナップされたのでそれを試してみたい、などユーザーの好みにあわせたタイヤ選びを一緒になって検討してくれます。

    カー用品店でタイヤ交換するデメリット

    カーショップはカー用品店に比べて専門性が高く、カスタマイズやチューニングにより柔軟に対応してくれますが店舗の規模はそれほど大きくありませんのでタイヤなど保管に場所をとるようなパーツの在庫は多くありません。

    そのため、装着するタイヤを選んだ後にメーカーにタイヤを発注しますので、入荷を待ってタイヤ交換を行うことになります。ですので、タイヤがバーストした、修理不可のパンクなどすぐにタイヤ交換が必要な場合の対応は難しくなります。

    しかし、ユーザーの好みを理解しているのもカーショップの特徴です。現在、インチアップしている場合やハイグリップタイヤを装着するなどカスタマイズしている場合にはカーショップに相談してみましょう。ユーザーの好みに応じたタイヤ選択を手伝ってくれるはずです。

    スポンサーリンク

    タイヤ交換にかかる料金を安くするコツ

    タイヤの価格が一番安いのは、インターネットで購入する方法でしたね。購入後、持ち込みで交換してくれるところはディーラーや整備工場、ガソリンスタンドなどがあるので、工賃を比較して依頼しましょう。

    インターネット通販でタイヤを購入する

    では、インターネットで購入できるのは、どんなサイト(サービス)があるのか見ていきましょう。

    TIREHOOD(タイヤフッド)

    国産タイヤを中心にした商品展開です。このサイトの特徴は送料が無料なので、出費を抑えることができます。サイトの使い方も分かりやすく、簡単に購入できます。ただ、取り付け店の予約には1週間ほどかかるので、時間に余裕のある人にお勧めです。

    AUTOWAY(オートウェイ)

    格安の輸入タイヤがメインですが、国産も取り扱っています。発送から到着まで1日と対応が早いのは嬉しいですね。最寄りの取り付け店を検索することができます。

    オートバックス

    実店舗があるので、知名度の高いカー用品店です。インターネットで購入するメリットは、組みつけの工賃が安い場合があることです。取り付けは店舗で行い、もしも店舗の価格の方が安い場合には、店舗での値段になり安心です。

    Amazon

    インターネット通販大手のアマゾンでタイヤの購入もできます。タイヤ組み換えセットを同時購入すると指定のタイヤ交換店にタイヤを直送してくれるので、簡単です。交換店舗はコールセンターが案内してくれます。

    注意点は、タイヤ組み換えセットはインチで金額が異なるため、間違えないようにしてください。

    楽天市場

    まずタイヤを購入し、続けて取り付けのサービスチケットの購入をします。最寄りの取り付け店は指定されるので、自分が選ぶことはできません。少し購入方法が分かりづらいところがあり、使いにくいと感じる人もいるのではないでしょうか。

    見積もりを比較する

    実店舗でタイヤを購入する場合には、見積もりをとって比較することが大切です。同じ商品であっても、取り扱うお店によって価格差があるということは、タイヤに限ったことではありません。さまざまな商品にいえることです。

    まず、初めに調べる時には、インターネットなどに掲載されているお店の情報をもとに知識を得ることが多いのではないでしょうか?

    特にこだわりがなく、できれば安価で品質が良ければと考えている場合には、価格差は大きくなることもあります。またインターネットの情報だけでは判断ができない場合もあるので、見積もりを取ることをお勧めします。

    予算に合うタイヤを比較検討することは非常に大切です。また数店舗で見積もりを依頼することで、価格を比べることもできます。

    例えば、大手カー用品店のオートバックスは、各店舗が独立した会社であるフランチャイズで展開しているため、お店によって値段が異なることがあります。またタイヤの在庫状況にもばらつきがあるかもしれません。家の近くにオートバックスが何店舗かある場合には、複数の店舗から見積もりを取ってみるといいでしょう。

    タイヤ交換にかかる料金と安くする方法まとめ

    タイヤ交換には、タイヤの購入費用と工賃がかかります。タイヤの購入費用は安いものであれば1本2,000円のものもありますが、純正タイヤと同等にしようと思うと4本で10万円以上かかることもあります。また、工賃については依頼する店によって5,000〜10,000円ほどの価格差があります。

    こうした高額なタイヤ交換の料金を安くするためには、インターネット通販でタイヤを購入して、取り付け店に持ち込むのがおすすめです。今までは、タイヤの持ち込み交換は費用が割高になり、お得感がありませんでしたが、最近はインターネットショップと提携している店舗や、持ち込み交換を積極的に行なっている店舗が増えています。こうしたところを利用すれば、インターネット出やすく購入したタイヤを、安い工賃で交換することができます。

    タイヤ交換の費用を抑えたいと考えている方は、ぜひ活用してみてください。

    タイヤ交換費用を安く抑えるコツ

    タイヤ交換費用は10万円〜20万円もかかってしまいます。車検に通るためには避けられない出費ですが、実はインターネットでタイヤを購入すれば、半額に抑えられることもあります!

    ただ、

    • どんなサイズ・種類を選べば良いのかわからない
    • タイヤが自宅に届いても置き場所が無い
    • 自分でタイヤ交換できない

    こうしたデメリットがありました。

    でもTIREHOOD|タイヤフッドを利用すればもう安心です。愛車に最適なサイズ選びから取り付けまで、簡単でわかりやすく対応してもらえるからです。タイヤ交換費用を安く抑えたい方はぜひチェックしておきましょう!

    おすすめの記事