近年個人の自動車保有年数が伸びています。原因は、車の耐久年数が上がったことにより自動車の故障が減り自動車の買い替え年数が伸びてきたのも要因のひとつです。

また、50代以降の人が1960年代、1970年代、1980年代の昔憧れた車の購入を考えるようになり、クラッシクカーの保有台数が増えています。

保有年数が伸びた車やクラッシクカーを所有するとき困るのが任意自動車保険です。今回、ダイレクト保険であるソニー損保でもクラッシックカーの自動車保険の契約について解説をします。また、契約時に注意点についても確認します。

スポンサーリンク

1. ソニー損保はクラシックカーでも契約できる?

ソニー損保自動車保険はクラッシクカーでも一般契約できます。また、車両保険も都度審査となりますが加入は可能です。加入の際には、車検証と金額が記載されている注文書の提出が必要です。

提出された書類から専門の査定員が査定を行い、車両保険の金額が決定されます。

2. クラシックカーの自動車保険選びの3つの注意点

クラッシクカーの保有台数が増えることで、クラッシクカー用自動車保険を専門で販売する会社が増えてきました。そこで、クラッシクカーの自動車保険を選ぶときに注意点について確認します。

2-1. 車両保険を付帯できるかを確認する

クラシックカーの自動車保険に加入するときに気になるのが車両保険に加入できるかです。

クラッシクカーは時価総額にすると査定額は0円になりますが、実際の売買取引では当時の販売価格より高くビンテージカーです。もし、事故などが発生して修理するとき修理費用がとても高くなってしまいます。

そのため、車両保険の契約によりサポートできないか確認が必要です。

2-2. 保険会社紹介に修理工場での修理は可能を確認する

クラッシクカーが故障したときに修理できる工場があるかが問題となります。最新の車だと修理書などのマニュアルがあるため修理は可能ですが、クラッシクカーだと修理書などのマニュアルがない車両もあり簡単に修理ができません。

そんなときは、対象車両の修理を請け負っている専門店での修理が必要です。保険会社の関連業者の修理工場で対象車両の修理を請け負ってもらえるかを確認する必要があります。

2-3.保険料の割引を受けられるかを確認をする

クラッシクカーは、ビンテージカーにため保険の加入の制限があるそのため保険料が高くなる場合があります。しかし、所有者としてできるだけ保険料を安くしたいものです。

保険料を安くする方法として、走行距離と対象車の経過年式により保険料の割引を受けられる可能性がありますので、保険契約前に割引について確認をしてください。

スポンサーリンク

3. クラシックカーにおすすめの自動車保険はどこ?

クラッシクカーに特化した自動車保険という名目で宣伝している自動車保険会社はChubb(チャブ)自動車保険のみです。しかし、他の自動車保険会社はクラシックカーの加入は無理なのでしょうか、答えはNOです。

クラシックカーでも、どの会社の自動車保険への加入は可能です。しかし、問題となってくるのは車両保険に加入できるかです。車両保険は、車の時価総額で決まっているため年数が経つと時価総額は下がり車両に対する価値も下がってしまいます。

クラシックカーと言われる車は製造して20年以上経過している車のため、保険会社の査定価値はほぼ0円となってしまいます。そのため、各保険会社は車両保険がつけらなく保険契約者の希望どおりになっていないのが現状です。

では、クラッシクカーに車両保険はつけられないかというと各社ともにある条件をクリアすることで車両保険を付けられる可能性はあります。

その条件は、車検証の提示及び購入時の購入価格が明示されている書類が必要になります。あと中古車市場での自分が購入した車の中古車価格を理解しておくことも必要です。

クラシックカーの購入車が増えている現状から、各自動車保険会社も対応するようになってきています。また、車両保険が付帯できた場合にプラスアルファとして車両全損修理時特約を付帯するのも忘れないようにしてください。

車両全損修理時特約とは、事故で車の修理費用が車両保険価格を上回ってしまった場合に、超過してしまった費用を補償してくれる特約です。

クラシックカーの修理で困るのが交換部品です。交換部品が現在新品で流通していない可能性が高いため、部品についても価格があってないようなものです。

そのため、いざ部品を交換した場合修理費用が車両保険費用を超えてしまうことがよくあります。そのため、車両全修理時特約は必ず付帯することをおすすめします。

<参考で各社の車両全損修理時特約の限度額を確認します>

  • 限度額30万円の自動車保険会社:
    三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保 など
  • 限度額50万円の自動車保険会社:
    おとなの自動車保険、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、共栄火災、JA共済 など

<参考:Chubb損保クラシックカー自動車保険リンク>

  • https://www.chubb.com/jp-jp/individuacls-families/classic-car.aspx

<参考:車両全損修理時特約 各社リンク>

  • おとなの自動車保険:
    https://www.ins-saison.co.jp/otona/compensate/vehicle/total_loss.html?cid=WHP001
  • 東京海上日動:
    https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/total-assist/shohin/sharyo.html
  • 損保ジャパン日本興亜
    https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/thekuruma/sche/sp/
  • 共栄火災
    https://www.kyoeikasai.co.jp/personal/car/kapkurumaru/index.html#B
  • JA共済
    http://www.ja-kyosai.or.jp/okangae/product/car/jido/car.html

4. ソニー損保の補償内容とクラシックカーにおすすめの自動車保険まとめ

ソニー損保自動車保険でクラッシクカーで保険契約をするときの補償内容は、以下となります。

【標準補償】

  • 対人賠償
  • 対物賠償(対物超過修理費用)
  • 人身傷害
  • 搭乗者傷害
  • 車両保険(但し、車検証と購入金額が記載された注文書の提示が必要)
  • 事故時レンタカー特約
  • 車内身の回り品特約

【オプションの補償】

  • 弁護士特約
  • 個人賠償特約
  • おりても特約
  • ファミリーバイク特約

<補償内容詳細リンク>

https://www.sonysonpo.co.jp/auto/coverages/acvr000.html

また、クラシックカーに特化した自動車保険Chubb損保の補償内容を確認します。

<保険対象車の条件>

  • 新車製造から25年以上経過した国産車または、輸入車
  • 年間の走行距離が5,000km以内
  • 公道での通常走行が可能な状態にある車両(ナンバープレートが付いていること)
  • 車両保険の付与

<補償内容>

【基本補償】

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 車両保険

【オプションの補償】

  • 対物超過修理費用補償特約
  • 人身傷害搭乗中のみ補償特約
  • 人身傷害の車内外自動車事故補償特約
  • 搭乗者傷害保険の医療保険部位・症状別払特約
  • 自損事故傷害傷害補償特約
  • 無保険車傷害補償特約
  • 地震・津波・噴火危険「車両損害」補償特約
  • 代車費用補償特約
  • 全損時諸費用補償特約
  • 車両価格協定保険特約
  • 他車運転補償特約
  • 身の回り品補償特約
  • 弁護士費用補償特約
  • ファミリーバイク特約
  • 臨時代替自動車補償特約

などがあります。

<補償内容詳細リンク>

https://chubb.meclib.jp/AUD5390/book/#target/page_no=3

※補償内容については各社での契約時に事前に確認をお願い致します。

補償内容やロードサービスについては各社で各々違います。

クラシックカーですと保険の内容について制限を受ける可能性がありますので、契約前にしっかりと補償内容、ロードサービスの内容を確認してから契約することをおすすめします。

おすすめの記事