イーデザイン損保、おとなの自動車保険共にメジャーであるため、ダイレクト型自動車保険といったらすぐに連想される方も多いかもしれません。しかし、ダイレクト型自動車保険と一括りに言っても、それぞれの保険で保険料やサービスなどは全く異なります。

100人いたら100人全員に合う自動車保険というものは存在しません。両社共にメリットとデメリットが存在し、契約する方の年齢や環境、車の使用状況などによって、どちらの自動車保険が合っているのかは変わってきます。

そのため、各社の自動車保険の補償やサービスなどをよく確認し、現在の自分がおかれている状況にあった自動車保険を見極めることが重要となります。

ぜひ、イーデザイン損保とおとなの自動車保険の補償やサービスをチェックして、より自分に合っている保険会社を選択してくださいね。

スポンサーリンク

1. 自動車保険はイーデザイン損保かおとなの自動車保険どっちがおすすめ?

両社共に異なった色濃い特徴があります。それを知ることで、自分にはどちらの自動車保険があっているのか道筋が見えてくることでしょう。

1-1. イーデザイン損保はこんな人におすすめ!

イーデザイン損保は、2009年開業と比較的新しいダイレクト型自動車保険です。しかし、着実に進化をしている自動車保険と言えます。では、どんな方におすすめなのかを紹介していきます。

1-1-1. 保険に安心感を得たい方

保険に安心感を求める方には非常におすすめです。イーデザイン損保は、東京海上グループの会社です。東京海上グループは、元をたどれば明治時代の「東京海上保険」から始まっています。

日本人による日本で初めての保険会社として創業し、今に至るまで保険業界のリーディングカンパニーとして躍動してきました。

そのため、長い歴史の中で実績やノウハウを積み重ねており、それがイーデザイン損保にもフィードバックされているため、非常に安心することができます。

それを裏付けるように、「専門家が選んだ自動車保険ランキング」で5年連続1位を獲得しています。

1-1-2. 事故をした時の不安をなくしたい方

事故を起こすと気が動転したり、どうしたら良いかわからなくなったりすることもあるでしょう。それほど事故は不安なものです。そういった事故時の不安を少しでもなくしたいという方は、「セコム事故現場急行サービス」があるイーデザイン損保は非常におすすめです。

このサービスは、事故が発生した際にセコムの職員が駆けつけてくれて、警察や救急車への連絡、レッカー車やタクシーの手配、相手方からのヒアリングなどを契約者に代わって行ってくれます。

非常に心強いサービスと言えそうですね。

1-1-3. 無事故期間が長い方

無事故期間が長い方は、イーデザイン損保にすることで保険料が安くなるのでおすすめです。イーデザイン損保では、業界で唯一「無事故割引」を行っています。

契約期間中に無事故であれば、翌年の保険料から2%が割り引きされます。無事故が何年も続けば、合計額でかなりの額が割り引かれたことになります。そのため、事故を起こさず無事故期間が長い方にはおすすめです。

1-2. おとなの自動車保険はこんな人におすすめ!

おとなの自動車保険も特徴的なサービスを展開しています。メリットを享受できる方も多い保険ですので、しっかりと確認をしておきましょう。

1-2-1. 40代以上の方

40代以上の方は、おとなの自動車保険を契約することで保険料が安くなる可能性があります。

事故の発生率は、40代・50代近辺が一番低いというデータがあります。おとなの自動車保険はそのことに着目し、40代以上の方の保険料を安くして提供しています。そのため、40代以上の方であれば、他の保険よりもかなり割安で加入できることがあります。

1-2-2. 子どもも運転させたい方

子どもが運転できるようになり、自分の車で子どもも運転するようになった、という方におすすめです。

通常は、子どもも運転するとなると、保険料は子どもの年齢を基準として設定されます。そのため、自分だけが乗車していた時よりも、はるかに高い保険料となってしまうことがあります。

しかし、おとなの自動車保険の場合は、元々加入している方の年齢をベースとして保険料を設定し、そこに子ども分の保険料を追加します。そのため、保険料の上がり幅をぐっと抑えることができます。

1-2-3. 事故をした時の不安をなくしたい方

イーデザイン損保と同様に、事故時の不安をなくしたい方におすすめです。おとなの自動車保険の場合はALSOKが現場に急行し、安全確保や救急車の手配、相手方からのヒアリングなどを、契約者に代わって行ってくれます。

気が動転してしまい、一人では不安になって全く動けないこともあります。困っている時に誰かが助けてくれるというのは、非常に心強く感じることでしょう。

2. イーデザイン損保かおとなの自動車保険か?【評判・口コミ】の違いは?

どちらの会社にもメリットがあり、条件に合うユーザーであればとても有意義な自動車保険となります。しかし、実際に使用しているユーザーの評判や口コミも気になりますよね。ここでは、実際のユーザーの評判や口コミを紹介していきます。

2-1. イーデザイン損保の口コミ

イーデザイン損保は、安心感を評価する口コミが目立つのが特徴です。「大手の東京海上グループなので、とても安心感がある」といったものや、「数回電話をしたが、スタッフの礼儀や丁寧さは十分で非常に安心感があった」などがあります。

また「事故で気が動転していたが、とても冷静に対応していただき、信頼感や安心感を感じた」というものや、「ロードサービスを利用したところ、冷静かつ丁寧に対応していただき、業者名や予定到着時刻なども的確に連絡がもらえて非常に満足だった」といった口コミもありました。

全ての対応において、安心感を感じることができると言えそうです。

2-2. おとなの自動車保険の口コミ

特に40代以上の方の、保険料の安さを評価する口コミが目立ちます。60代の方が「他社と同条件で比較したら、こちらの方が安かった」というものや、50代の方が「インターネットで各社の料金を比較して、こちらが安かったので加入した」というものがありました。

謳い文句どおり、40代以上の方であれば低価格な保険料が期待できそうですね。

スポンサーリンク

3. イーデザイン損保かおとなの自動車保険か?【保険料】の違いは?

両社共に、保険料が安くなる独特のサービスを展開しています。この恩恵を受けることで、保険料を抑えることが可能になるでしょう。

3-1. イーデザイン損保の保険料

先にも説明をしましたが、「無事故割引」というサービスがあります。契約期間中の一年間が無事故であれば、翌年の保険料が2%割引されます。事故を全く起こさない方にとっては、非常にありがたいサービスと言えますね。

また、他社では、新規契約時に1万円の割引で、更新時は半額の割引となるところが多いです。しかし、イーデザイン損保の場合は、新規契約時も更新時も継続して1万円の割り引きとなります。無事故の方は、安く抑えることが可能です。

3-2. おとなの自動車保険の保険料

実際に利用している方の口コミのように、40代以上の方であれば保険料はかなり抑えることができます。また、不必要な補償を除外できるので、更に安くすることも可能です。40代以上の方で保険料を重視するのであれば、一度他社と比較してみることをおすすめします。

4. イーデザイン損保かおとなの自動車保険か?【補償内容】の違いは?

補償内容に関しても、両社で特徴的なものがあります。どんなものがあるのか紹介をしていきます。

4-1. イーデザイン損保の補償内容

特徴的なものとしては「弁護士費用等補償保険」があります。もらい事故などで自分の過失が0%の場合、保険会社は相手方とは交渉を行いません。しかし、この補償が付いていることで、相手方との交渉を弁護士が代わりに行います。

しかも、この補償は自動付帯ですので、もしもの時も安心です。

4-2. おとなの自動車保険の補償内容

おとなの自動車保険の場合は、基本の補償と特約を比較的自由に組み合わせられることが特徴です。そのため、自分に必要のないと感じたものは付けずに、保険料を抑えることができます。

また、ロードサービスについても自動付帯ではなく、オプションという扱いになっています。40代以上の方はJAFに加入している方も多いため、ロードサービスの必要が無い方々の保険料を更に抑えることが可能となります。

5. イーデザイン損保かおとなの自動車保険か?【事故対応・ロードサービス】の違いは?

事故対応は、両社で似たようなサービスを展開しています。ユーザーにとっては非常に心強いサービスと言えるでしょう。

5-1. イーデザイン損保の事故対応・ロードサービス

「セコム事故現場急行サービス」が無料で付帯されており、事故時に駆けつけて警察や救急車への連絡や、レッカーや救急車の手配、相手方からのヒアリングなどを行ってくれます。事故時は気が動転してしまうので、非常に心強いですね。

更に、ロードサービスも無料で付帯されており、全国に9300か所ほどある拠点から駆けつけてくれます。そして、レッカーは60kmまで無料です。しかし、事故で帰宅できなかった際の宿泊施設や、帰宅する際の公共交通機関の案内などはしてくれますが、費用は補償されません。

5-2. おとなの自動車保険の事故対応・ロードサービス

おとなの自動車保険の場合は、ALSOKが事故現場に駆けつけて、安全確保や救急車の手配、相手方からのヒアリングなどを行ってくれます。

更に、「つながるボタン」を車に配置して事故の際に押せば、スマホと連動して電話を発信し、オペレーターと繋がって即座に契約情報や現在地などを自動的に送信します。気が動転している時には非常にありがたく、心強いサービスです。

また、ロードサービスは有料オプションとなってしまいます。しかし、全国1万3千か所もの拠点があり、レッカー移動も300kmほどは無料となります。更に、帰宅できなかった際の宿泊費用は1名につき1万円まで、移動する場合の費用は1名につき2万円までの補償があります。

6. 自動車保険の選び方まとめ

ダイレクト型自動車保険でもメジャーな、イーデザイン損保とおとなの自動車保険の比較や保険選びのポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

イーデザイン損保は「安心感」、おとなの保険は40代以上の保険料の「安さ」が特に魅力的と言えます。自分のおかれている環境やカーライフなどを考え、どちらに加入すればよりメリットを享受できるのかを見極めることが重要です。

自分に合った自動車保険に加入して、より良い安心なカーライフを送ってくださいね!

おすすめの記事