ドライブレコーダーの駐車監視機能の必要性とは?不要と言われる理由もチェック!

ドライブレコーダーには駐車監視機能が付いているものがあります。しかし、この機能は常時使用するものではなく、誰でも必要になるとは言えません。ドライブレコーダーの使用目的に応じて選ばなければ、高い機種を買ったのに不要な機能となってしまうかもしれません。

ドライブレコーダー選びに迷われている方は、今回ご紹介する駐車監視機能の必要性について必ず目を通してから購入してください。また、駐車監視機能が不要なケースもお伝えしますので参考にしてください。

バイク用ドライブレコーダーについて、メリット・デメリットの情報やおすすめの機種などをお探しの方は「バイク用ドライブレコーダーの失敗しない選び方を元白バイ隊員が徹底解説」こちらの記事で元白バイ隊員が警察官の視点で解説しているので参考にどうぞ。ちなみに、車に置き換えても参考になる情報なので、ぜひご覧ください。
スポンサーリンク

ドライブレコーダーの駐車監視機能の必要性とは?

駐車監視機能は「駐車中にも撮影出来る」機能で、当て逃げいたずらなどの様々なトラブルに対応出来ます。しかし、誰でも要な機能では無く、使う人によって必要性が変わります。

例えば、車庫や管理された駐車場などに車を置いていて、たまにドライブをする方なら必要性は低いと言えるでしょう。一方で、共用の駐車場を使用していたり、買い物や通勤などに車を毎日使用している方の場合は、当て逃げなどの可能性が高くなりますので、必要性も高くなります。

また、駐車監視機能を使用している事で、トラブルの際に相手の特定をしやすくなりますが、使用していない場合は特定も難しく、修理費を自分で支払う事になってしまう可能性があります。修理費が安い車でしたら自分の負担額も少なく済みますが、一部の外車や高級車の場合は一般的な車と塗装の方法が異なるので、修理費が高くなり自己負担額が大きくなってしまう可能性もあります。その様な車を所有している人も必要性が高くなると言えます。

駐車監視機能の必要性とは・・・
  • 車を安心できない場所に駐車する事が多い人
  • 輸入車、高級車に乗っている人

これに該当する方には、ドライブレコーダーの駐車監視機能の必要性が高くなります。

ドライブレコーダーの駐車監視機能の効果・メリット

KENWOOD  ドライブレコーダー  DRV-340 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 LED信号対応 専用SDカード(16GB)付 1年保証 Gセンサー 衝撃録画 駐車監視機能付 GPS ケンウッド

ここまで駐車監視機能の必要性についてご紹介しましたが、より詳しい効果やメリットについて確認してきましょう。

駐車中の当て逃げ、いたずら、車上荒らしの証拠を残せる

万が一、愛車に当て逃げやいたずらをされたり、車上荒らしにあってしまった場合は、監視カメラなどが無い限り相手を探し出すことは難しく、警察も入念に捜査をしてくれなかったり、非常に時間が掛かってしまいます。犯人を特定したり見つけることができない場合は、修理費などを自己負担することになってしまいます

そんな場合でも、駐車監視機能を使用していれば、犯人を特定ができる可能性があるので、泣き寝入りを防いだり事件の早期解決にも繋がります。

いたずらや車上荒らしの抑止効果になる

駐車監視機能は、トラブルが起きた場合の証拠となるだけではなく、トラブルを未然に防ぐ効果もあります。なぜなら、車の外からドライブレコーダーが見えることで抑止効果となるためです。

特に、駐車監視機能が作動していることを知らせるライトがついている製品なら、夜間でも駐車監視機能の作動が分かりやすく、防犯効果が高くなるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの駐車監視機能は「不要」の意見も・・・

このように多くのメリットがある駐車監視機能ですが、中には不要だと言う意見もあります。ただし、先にもお伝えしたように、そもそも車の当て逃げやいたずらが起きる可能性が低かったり(車を車庫に停めている時間が長く、車の使用頻度も低いなど)、多少のいたずらなどは気にしないという方は(古い車に乗っていたり、浅い傷なら自分で直せる肩など)、そもそも駐車監視機能の付いたドライブレコーダーを買うのはあまり意味が無いと考える為です。

繰り返しにはなりますが、駐車監視機能は、

  • 車を安心できない場所に駐車する事が多い人(自宅から離れたところに駐車場を借りている、青空駐車をしている、頻繁に車で出かけるなど)
  • 輸入車、高級車に乗っている人

このような方にとって必要性のある機能となります。ご自身の車の使用状況を考えてから購入するようにしましょう。

また、すでにドライブレコーダーを取り付けている方は、後付けで駐車監視機能を使えるようにすることができます。詳細は「ドライブレコーダーの駐車監視機能を後付けする「駐車監視キット」の使い方」こちらが参考になりますのでチェックしてみてください。

ドライブレコーダーの駐車監視機能のデメリット

ここでは、駐車監視機能付きのドライブレコーダーを購入する場合の注意点についてもご紹介していきます。

バッテリー上がりの危険がある

通常であれば、駐車監視機能が付いているドライブレコーダーは電圧を監視しているのでバッテリーが上がる事はありません。しかし、バッテリーが劣化している場合や、極端に走行距離や走行時間が短い場合には消費電力が充電量を上回ってしまい、バッテリー上がりを起こしてしまうことがあります。

正しく使用していれば心配ありませんが、バッテリー上がりの対策も知っておくとより安心できます。詳しくは、「ドライブ レコーダーの駐車監視機能とは?バッテリー上がりには要注意?!」こちらが参考になりますのでチェックしておきましょう。

価格が高くなる

駐車監視機能が付いているドライブレコーダーは価格が高くなります。また、動体検知機能を使用する場合や電源をバッテリーから取る場合は、ドライブレコーダー本体意外にも、後付けのセンサーや外部バッテリー、ケーブルなども購入する必要があります。中には、電源直結配線のみで5,000円以上するものもあります。ドライブレコーダー本体は安くてもオプション品まで揃えると結果的に高くなってしまうこともありますので購入前にしっかりと確認しておきましょう。

取り付け工賃が高くなる可能性がある

ドライブレコーダーの一般的な取り付け工賃は、15,000円が相場となっています。しかし、駐車監視機能を利用する場合、電源意外にもセンサーなどの別の配線を繋げる必要があり、取り付け作業が増えて工賃が高くなる可能性があります。

その為、ドライブレコーダーの取り付けをお店に依頼する場合は、工賃を事前に調べておくことをおすすめします。

ドライブレコーダーの取り付け工賃の確認はこちらから

愛車をトラブルから守るために駐車監視機能は必要!

繰り返しになりますが、次のような方には駐車監視機能の必要性が高くなります。

  • 車を安心できない場所に駐車する事が多い人
  • 輸入車、高級車に乗っている人

車を安心できない場所(自宅から離れた駐車場を借りている、外出機会が多いなど)に駐車する事が多い人は、当て逃げやいたずらなどのリスクが高くなりますし、輸入車や高級車など板金修理が高くなる車に乗っている方は、高い修理費を自分で負担することになってしまう可能性もあります。そんな時に駐車監視機能があれば、犯人の特定や早期解決に繋がる証拠を残すことができます。

また、こうしたトラブルを事前に防ぐ抑止効果も期待できますので、大切な愛車を守るためには必要な機能と言えるでしょう。ただし、駐車監視機能のついていないドライブレコーダーと比べると価格や工賃が高くなってしまうことがあるので、ご自身の車の使用状況や予算を踏まえて検討していただくといいのではないでしょうか。

バイク用ドライブレコーダーについて、メリット・デメリットの情報やおすすめの機種などをお探しの方は「バイク用ドライブレコーダーの失敗しない選び方を元白バイ隊員が徹底解説」こちらの記事で元白バイ隊員が警察官の視点で解説しているので参考にどうぞ。ちなみに、車に置き換えても参考になる情報なので、ぜひご覧ください。
おすすめの記事