ドライブレコーダーで撮影した映像には、トラブル時に非常に有効な証拠となります。
では、ドライブレコーダーの映像には、なぜ証拠能力があるか、また、トラブル時に必要となる機能について詳しく解説していきます。

ドライブレコーダーの機能を知っておくことで、トラブル時にもすぐに対応できますし、自分の身を守ることも出来ますので、ドライブレコーダーを使用している方も、検討している方も是非ご覧下さい。

くるまと推奨!
最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎


ドライブレコーダーの録画映像に証拠能力はある

一昔前はドライブレコーダーの映像は改ざんが出来ると言う理由から証拠能力がありませんでした。しかし、現在は映像の改ざんが難しい他、改ざんした場合にも解析をする事が出来るようになった為、証拠として使用する事が出来るようになりました。

また、証拠があることで、裁判の内容が180度変わり、自動車保険の過失割合も大きく変わる事もある為、ドライブレコーダーの録画映像は重要となっています。

万が一の証拠を記録するために必要なドライブレコーダーの機能

ドライブレコーダーは万が一の際に非常に役に立ちます。しかし、証拠を残す為の機能を使用していなければ、映像が消えてしまう可能性もありますので、証拠を残す為の機能を知っておくことはとても重要です。

そこで、万が一の際に必要となる機能について詳しく解説致します。

イベント録画機能

イベント録画機能は、衝撃や動体を検知した時やイベント録画開始ボタンを押した時に自動的に前後の数秒から数十秒を録画してくれる機能です。

トラブルの瞬間の前後の映像を残せる事から、確実に事故などの瞬間を撮影する事が出来ます。また、常時録画では、メモリーが上限に達すると古い映像は自動的に上書きされる様になっていますが、イベント録画で保存された映像は上書き禁止フォルダに保存されるので、証拠映像が上書きされてしまう心配がありません。

衝撃検知機能

衝撃検知機能は、衝撃を検知した時にイベント録画機能を開始する機能で、事故時の証拠を残す事が出来ます。

また、この機能は事故のみではなく、下でご紹介する駐車監視機能でも使用出来ます。駐車監視機能で衝撃検知機能を使用すると、駐車中の当て逃げに対応出来ますが、衝撃を検知出来ず撮り漏らしてしまう可能性もありますので、常時録画機能と併用するのがおすすめです。

動体検知機能

動体検知機能は、動体を検知した時にイベント録画を開始する機能です。事故の際には使用されませんが、駐車監視機能を利用してのいたずら対策等をする事が出来ますので、駐車中のトラブルにも万全に備えたい方におすすめの機能です。

常時録画機能

常時録画機能は、電源が入っている間は常に録画を行う機能で、あおり運転や交通トラブル等の長時間の撮影が必要となる場合に有効な機能です。

その他、イベント録画が正常に行われなかった場合も、常時録画機能があることで撮り漏らしをせずに済む為、イベント録画同等、重要な機能です。

駐車監視機能

駐車監視機能は、駐車中にも車を監視出来る機能で、当て逃げやいたずら等の証拠を残す事が出来ます。

駐車中の当て逃げ等は、防犯カメラが近くに無い限りは相手を見つけ出すのが困難です。また、警察も物損事故の場合はあまり捜査をしない為、相手を見つけるのにもかなりの時間が掛かります。その様になってしまうと、自分の保険を使用するか、自分でお金を出して修理する事になってしまうので、駐車監視機能は重要な機能となっています。

しかし、使用するにあたり、

  • 車の常時電源から電源を取った場合、バッテリー上がりの可能性がある。
  • バッテリーの電圧が下がってしまい、駐車監視機能が停止してしまう可能性がある。
  • データ量が上限に達してしまい、映像が上書きされる可能性がある。

と言った注意点もあります。

音声録音機能

事故の際に重要となるのは、ドライブレコーダーで記録した映像となります。しかし、あおり運転をされた場合は、クラクションを鳴らされる事や、悪質なものですと脅迫される可能性もある事から、あおり運転の証拠として使用する場合には音声録音機能も重要になります。

音声録音機能は、話し声も録音されてしまう等のデメリットもありますが、あおり運転をうけた際には証拠の一部として使用する事も出来ますので、デメリットが気にならないのであれば使用しておきましょう。

前後撮影機能

ドライブレコーダーは前方のみを撮影するものが多く使用されていますが、前方撮影のみですと事故の際にしか使用できず、あおり運転や当て逃げ対策では効果を発揮出来ない可能性もあります。

その為、後方からの事故やあおり運転、当て逃げ等、万全に備えたい方には前後撮影が出来るドライブレコーダーがおすすめとなります。

車内撮影機能

車内撮影機能は、はっきりと車内を撮影出来る事から、車上荒らしをされた際に有効となっています。また、証拠を残すだけではなく、センサーが反応することで、光や音を出して警告をする機能もありますので、車上荒らし対策をする事も出来ます。

あまり頻繁に使われる機能ではありませんが、車内に貴重品を置くことが多い方や、万全に備えておきたい方にはおすすめの機能となります。

「ドライブレコーダーの設置」+「安全運転」が身を守る!

以上がドライブレコーダーの証拠能力、証拠を記録するために必要となる機能となります。これまでにご紹介した様に、ドライブレコーダーには様々な機能があり、万が一の際には非常に役に立ちますので、まだドライブレコーダーを使用してない人は早めの取り付けを行いましょう。

また、何度もご説明したようにドライブレコーダーはトラブルの際に必ず役に立ちます。しかし、それは道路交通法を守り安全運転をして初めて効果を発揮するものです。危険な運転をしてしまってはドライブレコーダーが付いていても身を守ることが出来ませんので、安全運転を心がけた上で、ドライブレコーダーを有効に使用し、身を守りましょう。

おすすめの記事