ドライブレコーダーの「あおり運転」に対する効果

近年、あおり運転が社会問題となっています。あおり運転は事故を誘発する危険なもので、実際にあおり運転が原因で大事故に発展してしまった例もあります。

では、その様な危険なあおり運転に対し、ドライブレコーダーはどの様な効果があるか、あおり運転を受けた時の対処方法についてご紹介します。あおり運転対策をしたい方や、あおり運転に困っている方には参考になる内容ですので、ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの「あおり運転」に対する効果

ドライブレコーダーで撮影した映像は、あおり運転をされた時にも証拠として使用する事が出来ます。

また、あおり運転対策をする為にドライブレコーダーを使用すると、リアカメラを使用する事になりますが、リアカメラは後方から確認することが出来るので、あおり運転そのものを未然に防ぐ可能性も高くなります。

あおり運転を録画したドライブレコーダー映像の証拠能力

ドライブレコーダーで撮影した映像は、以前は映像の改ざんが出来る事から、証拠として使用する事は出来ませんでした。しかし、現在では映像データが複雑になり、改ざんが難しい上、万が一改ざんしたとしても解析出来るようになったことから、証拠として使用する事が出来るようになりました。

実際に、交通事故や交通トラブルでの裁判でもドライブレコーダーの映像が重要視される様になっていますので、ドライブレコーダーの証拠能力は非常に高くなっています。

しかし、あおり運転の証拠として使用する為には、車のナンバープレートと相手の顔を撮影する必要があります。もちろん、車のみの撮影でも車種の特定は可能ですが、所有者や運転者の特定は難しく、捜査が困難となってしまいます。その様な場合にも、ナンバープレートと相手の顔が分かれば、車の所有者や、あおり運転時の運転者を確実に特定する事が出来ますし、事件の早期解決にも繋がります。

この様に、ドライブレコーダーの映像には証拠能力がありますが、あおり運転の証拠として使用する場合は、相手の車のナンバープレートや相手の顔を撮影する事で、より確実な証拠として使用する事が出来ます。

ドライブレコーダーで記録したあおり運転は摘発・検挙に役立つ

ドライブレコーダーの映像に証拠能力があることは上でご説明した通りですが、具体的にはあおり運転者の摘発・検挙に役立てることが出来ます。

あおり運転は悪質な場合、あおり運転者の免許を停止させる事が出来る可能性もあります。また、あおり運転を行った場合には一発免許取り消しまで検討されています。

この様に、あおり運転は証拠があることであおり運転者を摘発・検挙する事が出来ますので、証拠がある場合には警察へ証拠を提出するようにしましょう。

あおり運転被害にあったら警察に通報を!

あおり運転被害にあった場合、まずは相手に進路を譲ることが大切です。道路の右車線を走行している場合には、左側の車線へ移動して進路を譲りましょう。また、一車線の道路では、安全に注意し道路の左端に停車し、あおり運転車に道を譲ります。この時、人目につかない場所で停車してしまうと、周りの目がないことから、より大きなトラブルとなってしまう可能性がありますので、できる限り人目のつくところで停車する様にしましょう。

あおり運転をされた場合、停車後の対応も重要です。停車後にはまず、車の窓、ドアをロックし、あおり運転者と対峙しないようにしましょう。車のロックが完了したら、警察への通報を行います。警察に通報することで、近くにいる警官がすぐに駆けつけてくれますので、絶対に自分だけで解決しようとしてはいけません。また、悪質な場合はその場で相手を逮捕してもらう事も出来ますし、そうでない場合にも、しっかりとその後の対応をしてもらう事が出来ますので、あおり運転の被害にあった時には警察への通報を行いましょう。

自動車保険会社もあおり運転対策を追加

2019年より自動車保険会社は、ドライブレコーダー特約と言うサービスを開始しました。具体的な内容としては、月額650~850円で通信機能付きドライブレコーダーをレンタル出来るサービスとなっています。
この、レンタルできるドライブレコーダーには多くの機能があります。例えば、あおり運転を受けた際にボタンを押す事で、あおり運転の証拠を撮影し、警備会社へ状況と場所の連絡をしてもらえる上、あおり運転が悪質な場合には警備員が駆けつけてくれます。その他、あおり運転の被害にあった場所や映像を家族のスマートフォンへ送信してくれる、警察への通報を代わりにしてもらえる等の機能もあることから、あおり運転対策には非常に有効となっています。

しかし、あおり運転対策で重要となる、リア用ドライブレコーダーの取り扱いをしている自動車保険会社は、現在あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の1社のみとなっています。その為、あおり運転対策でドライブレコーダー特約を利用する場合、自動車保険会社の選択肢が少なくなってしまいますので、よく検討してから利用する様にしましょう。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーであおり運転対策するなら後方カメラが必要!

ドライブレコーダーは前方のみを撮影するものを使用している方が多く、自動車保険会社のドライブレコーダー特約でも前方撮影型のドライブレコーダーのみしか取り扱っていない場合が多くなっています。

しかし、あおり運転は基本的に後方から行われる事が多く、幅寄せや前方での急停車などをされない限りは、前方のみの映像では証拠として使用する事が出来ません。

この様な理由から、あおり運転対策をしたい場合には、後方撮影が出来るドライブレコーダーも必要となります。後方の撮影が出来れば、相手のナンバープレートや、顔などを撮影出来ることから、確実に証拠として使用出来ます。

また、上でもご説明した通り、後方撮影が出来るドライブレコーダーを使用すると、後方からもカメラの確認が出来る事から、あおり運転そのものを未然に防ぐことも出来ます。

この様に、後方カメラがある事で、あおり運転の証拠として使用できるだけでなく、あおり運転の被害を減らし、身を守る事も出来ますので、あおり運転対策をする場合には、後方の撮影が出来るドライブレコーダーを使用しましょう。

あおり運転対策にドライブレコーダーを設置しよう!

以上があおり運転のドライブレコーダーの効果のまとめとなります。これまでにご紹介した様に、ドライブレコーダーで撮影した映像には証拠能力がありますので、あおり運転を受けた際には非常に有効な証拠となります。

また、あおり運転の証拠があることで、あおり運転者を免許停止にする事が出来る事もあるため、多くの人があおり運転の証拠を警察に提供することで、悪質なあおり運転の撲滅にも繋がります。

この様に、ドライブレコーダーは使用する事で、自分の身を守ることも出来ますし、あおり運転を減らすことも出来ますので、あおり運転対策にドライブレコーダーを設置しましょう。

 

おすすめの記事