ドラレコの駐車監視機能を後付けする「駐車監視キット」の使い方

ドライブレコーダーの機能の一つである駐車監視機能ですが、元々付いていないものにも駐車監視キットを利用する事で駐車監視機能を後付けすることができます。

そこで今回は、駐車監視キットの仕組みや使い方を詳しくご紹介します。もし、駐車監視機能を後付けするか、それとも駐車監視機能の付いている機種に買い換えるかで迷っている方には特に参考になりますので、ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

ドラレコの駐車監視機能の後付けができる「駐車監視キット」とは?

ドライブレコーダー駐車監視キット フィールドセンサーセット

ドライブレコーダーが駐車監視機能に対応していれば、電源直結配線や外部バッテリーなどを購入する事で、簡単に使用することができます。一方で、駐車監視機能に対応していない機種の場合、本来であれば使用することができません。

しかし、このような場合でも駐車監視キットを利用する事で、駐車監視機能を後付けすることができます。

ただし、駐車監視キットは通常とは仕組みなどが違うため、注意しなければならないこともありますので確認しておきましょう。

機能・仕組み

駐車監視キットの機能、仕組みは2つあります。

常時撮影タイプ

1つ目は、常時撮影タイプです。このタイプは、撮り漏らしの可能性がありませんが、次にご紹介するセンサータイプのものと比べると消費電力が大きいため、長時間の撮影ができなかったり、バッテリー上がりの可能性が高くなってしまうのデメリットがあります。

フィールドセンサー、ショックセンサー検知タイプ

2つ目は、フィールドセンサー、ショックセンサー検知タイプです。このタイプは、センサーが検知した場合に電源が入り、撮影を開始するものです。常時撮影タイプと比べ消費電力が少なく長時間の撮影ができます。また、バッテリー上がりの可能性が少ないのもメリットとなります。デメリットは、センサーが反応してから電源が入るため、トラブルの直後の撮影となってしまうことです。

対応機種

駐車監視キットは全ての機種で取り付けることが可能です。しかし、電源が入ってから撮影開始まで時間がかかる場合は、当て逃げなどをされてから撮影開始までの間に相手に逃げられてしまう可能性もあるため、あまりおすすめできません。(ドライブレコーダーの起動が早いものに取り付けるのがおすすめです。

また、電源が入っても自動的に撮影を開始しないもの(手動で操作する必要があるもの)には使用することができません。

取り付け方

駐車監視キットは元々のドライブレコーダーの配線から分岐させて取り付けます。分岐させる配線は、常時電源、ドライブレコーダーの+、アクセサリー電源になります。ドライブレコーダーの電源を裏から取っている場合は配線の分岐ができるので、問題なく取り付けることが可能ですが、シガーソケットから電源を取っている場合は配線を分岐させる事ができないので、取り付けは難しくなります。

また、撮影時にヘッドライトやルームランプを点灯させる場合は、それらの配線も分岐させます。フィールドセンサーやショックセンサーを使用する場合には、センサー配線の接続も必要となります。

分岐や接続などの方法は、ドライブレコーダーの取り付け方法とそれ程変わらず、工具や正しい知識があれば難しい事はありませんので、ドライブレコーダーの取り付けができる人は自分での取り付けをしてみましょう。

また、お店に依頼することも可能ですが、一般的な工賃として約5,000円程度はかかると思っていたほうが良いでしょう。

駐車監視機能の後付けvsドライブレコーダーの買い替え

ここで、駐車監視キットを使用して駐車監視機能を後付けするのと、元々駐車監視機能が付いている機種に買い換えるのでは、どちらが良いのか疑問に感じている方もいるかもしれませんので、それぞれ比較してみましょう。

まず、現在使用しているドライブレコーダーの機種によって選択が変わります。

駐車監視キットを使用した場合、トラブル直後の撮影開始となります。そのため、現在使用しているドライブレコーダーが、電源が入ってから撮影開始まで短時間で行えるものである必要があります。反対に、撮影開始までの時間が長い場合は買い換えた方が良いでしょう。

2つ目に駐車監視機能に求めるレベルですが、これまでにもご紹介した様に、後付けした場合はトラブル直後からの撮影となるため、当て逃げなどの瞬間も確実に撮影したい人は、元々駐車監視機能が付いているものに買い換えるほうが良いでしょう。反対に、トラブル直後の撮影でも、相手の特定に役立つ情報が少しでも多く欲しいという方は後付けをするのが良いです。

では次に、気になる費用についても確認していきましょう。

ドライブレコーダー駐車監視キットの費用

駐車監視キットの価格は3,000~10,000円程となっています。値段の差があるのは、安いものはセンサーが無い、高いものはフィールドセンサー、ショックセンサーが両方付いているなどの違いがあるためです。

駐車監視機能を短時間しか使用しない場合はセンサーが無いものでも充分ですが、長時間使用する場合は多少高くなってしまっても、フィールドセンサー、ショックセンサーが付いているものを選ぶのが良いでしょう。

ドライブレコーダー買い替え費用

駐車監視機能が付いているものに買い換える場合、前方撮影のみのものでも最低10,000円、前後分離型のものですと20,000円は掛かってしまいます。また、駐車監視機能を使うために必要となる配線などは基本的に別売りとなっていますので、この他に数千円の費用が掛かります。また、お店で取り付けてもらう場合には工賃も掛かりますので、前方撮影のみのもので20,000円前後~、前後分離式のものだと40,000円前後~程度の費用が掛かかります。

買い替えの費用が高いと感じた方は駐車監視キットで対応できるか考えてみましょう、現在使用している機種が電源が入ってから撮影開始までの時間が短いものでしたら後付けの方が安く済みますし、充分に使用することができます。

コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015  前後200万画素 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(16GB)付 1年保証 Gセンサー GPS 高速起動 駐車監視/安全運転支援機能付 COMTEC

スポンサーリンク

駐車監視機能の後付けでドライブレコーダーを有効に使おう!

今回ご紹介したように、駐車監視キットを使用することで、駐車監視機能を後付けすることができます。ただし、現在使用しているドライブレコーダーによって買い換えた方が良いか、駐車監視キットを使用したほうが良いかが変わりますので注意しましょう。

ドライブレコーダーの起動から撮影開始まで短時間で行える機種であれば、駐車監視キットが有効です。逆に撮影開始が遅いと当て逃げやいたずらなどの証拠映像を撮り逃してしまう可能性がありますので、まずは現在利用しているドライブレコーダーの性能をチェックしてみましょう。

おすすめの記事