エンジンオイルを継ぎ足しする方法

エンジンオイルが漏れたり、燃えて減ってしまう時は、継ぎ足す事で応急処置が出来ます。

今回は、エンジンオイルを継ぎ足すときの正しい方法をお伝えします。合わせて、継ぎ足す際の注意点等もご解説しますので、ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

エンジンオイルの継ぎ足しは可能?

エンジンオイルが漏れたり、燃えてしまっている等で減っている時には、継ぎ足す事で応急処置が出来ます。

しかし、エンジンオイルの継ぎ足しはあくまでも応急処置ですので、継続的に行うとエンジンが壊れてしまう事もあります。また、オイルを入れる際にこぼしてしまうと、車両火災の原因となる事もあります。

オイルの継ぎ足しは簡単ですが、この様な危険もあるので、充分に注意しましょう。

エンジンオイルを継ぎ足しする方法

では、エンジンオイルの継ぎ足し方法について具体的に確認してきましょう。

①エンジンオイルを用意する

エンジンオイルを継ぎ足す際には、新たに補充用のオイルを用意しなければなりません。オイルには様々な種類があり、混ぜてしまうと車の本来の性能を引き出せない事があります。その為、出来れば普段から使用している物を使用した方が良いでしょう。

②エンジンオイル量を確認する

エンジンオイルは入れすぎてしまうと故障や性能低下の原因となります。その為、継ぎ足す前に現在のオイル量を確認する必要があります。

オイル量は、レベルゲージで確認します。レベルゲージには2つの穴があり、上の穴はオイル量の上限を表し、下の穴は下限を表します。この2つの穴の間に油面がある場合、継ぎ足しをしなくとも大丈夫ですが、下の穴よりも油面が低い場合は継ぎ足しが必要となります。

③エンジンオイルを継ぎ足す

エンジンオイルを継ぎ足す際は、エンジンのオイル注入口から継ぎ足します。この時、オイルが溢れてしまうと、車の不具合を起こす事があります。その他、マフラー等の熱を持つ部分まで溢れてしまうと、車両火災の原因となる事もありますので、ジョウゴ等を使用し、こぼさない様に継ぎ足しましょう。

また、エンジンの構造によってはオイルが入りにくく溢れやすい物もありますので、継ぎ足しは慎重に行いましょう。

オイルを継ぎ足すのは簡単ですが、この様な注意点もありますので、作業は慎重に行いましょう。

④エンジンオイルの量を確認する

エンジンオイルを継ぎ足しましたら、最後にレベルゲージでオイル量を確認します。オイルは入れすぎてしまうと、オイルが噴き出したり、燃費が落ちたり、最悪の場合にはエンジンが壊れてしまう事もあります。その為、作業終了後には必ずオイルの量を確認しましょう。

スポンサーリンク

エンジンオイルを継ぎ足しする場合の注意点

これまでにご紹介した様に、オイルは簡単に継ぎ足す事が出来ます。しかし、継ぎ足す際にも注意点があり、知らないで作業を行うと車が不調になるだけで無く、壊してしまう事もあります。

その様な事にならないよう、継ぎ足しする際の注意点もお伝えします。

エンジンオイルの入れすぎ

エンジンオイルは入れすぎてしまうと、車の性能低下や故障の原因となります。その為、継ぎ足す前にレベルゲージでオイル量を確認してから継ぎ足しましょう。また、万が一入れすぎてしまった時には、オイルを抜く等の対処を行いましょう。

エンジンオイルをこぼさない

エンジンオイルの継ぎ足し時にはオイルをこぼさない様に注意しましょう。先ほどもご紹介した様に、オイルはこぼれてしまうと車両トラブル等の原因となります。特に、マフラー付近の高熱になる部分に付着してしまうと、車両火災となる事もあります。

その為、ジョウゴ等を使用し、出来る限りこぼさない様に継ぎ足しましょう。また、万が一こぼしてしまった場合には、パーツクリーナー等の脱脂剤を使用し清掃しましょう。

エンジンオイルの継ぎ足しを繰り返さない

エンジンオイルが減っていく状態が続いてしまうと、オイル交換をせずに補充のみとしてしまう事があります。しかし、この状況は非常に危険です。

なぜなら、

  • オイルフィルターを変える事が無くなる為、フィルターが詰まってしまいオイルが循環しなくなってしまう
  • オイルが常に劣化したままで、本来の性能が発揮できない状態が続いてしまう

この様な理由がある為です。この状態が続いてしまうと、エンジンに大きな負担が掛かり、壊れてしまいます。その為、継ぎ足しはあくまでも応急処置で、繰り返し行うのは絶対に辞めておきましょう。

ただし、輸入車はオイル消費をする前提で設計されている事があります。その様な車種の場合、オイル交換だけで無く、継ぎ足しも日常的に行う事となります。輸入車でオイルが減った場合には焦らずに取扱説明書を確認しましょう。

エンジンオイルの継ぎ足しは応急処置だけ!

以上がオイルの継ぎ足し方法と、注意点となります。これまでにもご説明した様に、オイルの継ぎ足しは輸入車を除き、応急処置のみです。

また、オイルが減ってしまう状況をそのままにしてしまうと、エンジンが壊れてしまうだけで無く、大きなトラブルを引き起こしてしまう事もあります。その為、オイルが減っている場合は、補充を繰り返すのでは無く、早めに修理を行いましょう。

おすすめの記事