ツーリングを楽しむためには休憩が大切です。安全運転のために連続運転を避けることはもちろんですが、ライダーの疲れた体を癒すことも忘れないようにしましょう。

でも、休憩にあまり時間を使いたくないという場合もあると思います。

そんな時でも便利なのが足湯です。さっと体を温めて疲れを取ってくれるので、温泉のように時間もかかりません。また、無料で利用できるところもありますので、気軽に休憩することができます。

そんな足湯ですが、東京にもおすすめの場所が3つありますので、詳しくご紹介していきます。

ツーリングの休憩場所①秋川渓谷 瀬音の湯(東京都あきる野市)

あきる野市にある秋川渓谷 瀬音の湯の温泉施設内には無料足湯があります。ここは、秩父多摩甲斐国立公園の中にある温泉施設になっていて、自然を眺めながら入る露天風呂にも人気があります。

ツーリングの休憩のためにふらっと立ち寄るのもいいですが、こちらでは食事や宿泊もできたり、地元野菜が販売されていたりしますので、ツーリングの疲れをしっかり休めることができる場所になっています。

アクセス方法

瀬音の湯は圏央道あきる野I.C. からおよそ30分の場所にあります。施設内には駐車場がありますが、休日は混雑していることがありますので注意しましょう。

基本情報

住所 〒190−0174
東京都あきる野市乙津565番地
足湯料金 無料
(温泉は大人900円/3時間)
営業時間 10:00〜22:00
休業日 年4回(3月、6月、9月、12月)第2水曜日 その他不定休
駐車場 無料
二輪車用スペースあり
電話 042−595−2614
ホームページ 瀬音の湯HP

ツーリングの休憩場所②奥多摩温泉 もえぎの湯(東京都 奥多摩)

奥多摩にある温泉施設もえぎの湯では、源泉100%の湯が湧き出ています。この奥多摩温泉の効能には、神経痛、筋肉痛、関節通、疲労回復などがあり、ツーリングだけではなく登山や行楽帰りの方でも賑わっています。

また、もえぎの湯の施設内には足湯が用意されており、足湯だけなら100円で利用することができるので、ツーリングの疲れを癒すためにふらっと立ち寄ることもできます。

その他にも、食事処があったり、近くにはマス釣場やキャンプ場、カヌー体験ができる場所もあったりしますので、こちらで1日楽しむこともできます。

アクセス方法

もえぎの湯へのアクセスは、青梅街道(国道411号)を通り、新氷川トンネル付近の側道を入っていくのですが、道がわかりづらくなっていますので注意が必要です。

もえぎの湯のホームページには、わかりやすい道案内が載っていますので、事前に確認するようにしましょう。

基本情報

住所 〒198−0212
東京都西多摩郡奥多摩町氷川119−1
足湯料金 大人100円
本館の風呂の利用者は無料
営業時間 (4月~11月)10:30~17:00
(12月~3月)10:30〜16:00
休業日 月曜日
(月曜が祝日の場合は翌日)
駐車場 無料
電話 0428−82−7770
ホームページ もえぎの湯HP

ツーリングの休憩場所③高尾山ふもとや(東京都 八王子市)

ふもとや(FUMOTOYA)は高尾山で唯一のイタリアンレストランです。高尾山の麓にあり高尾山口駅にも直結していますので、登山客の利用も多くなっています。

そして、このイタリアンレストラン内に足湯があります。食事をされた方は無料ですが、200円で足湯のみ利用することもできます。高尾山へツーリングにいくなら要チェックです。

アクセス方法

高尾山ふもとやへのアクセスは、圏央道高尾山I.C.から約5分の場所にあります。駐車場には限りがありますので注意しましょう。

基本情報

住所 〒193−0844
東京都八王子市高尾町2241
足湯料金 200円

(食事をすれば無料)

営業時間 (平日)11:00〜17:30

(土日祝)10:00〜18:30

休業日 2月のみ火曜日定休
駐車場 4台あり
電話 042−667−7568
ホームページ 高尾山ふもとやHP

東京にあるツーリングの休憩にも最適なおすすめの足湯まとめ

今回はツーリングの休憩ポイントにもおすすめの足湯を3つご紹介してきました。安全なツーリングのためには休憩ポイントの選び方も大切になります。ぜひ、お近くのコースを通る際には、今回ご紹介した足湯にも訪れてみてはいかがでしょうか。

また、休憩スポットとしては、他にも道の駅やライダーズカフェなどもおすすめです。休憩ポイントも考えた計画を立てて快適なツーリングを楽しみましょう。

おすすめの記事