エンジンオイル漏れかも?原因と対処法を解説

愛車からエンジンオイルが漏れている可能性がある場合、突然の予期せぬ修理費用が必要になるかもしれない事を考えると、ショックは大きいですよね。

すぐに修理工場へ持って行けば、即座に原因を追求してくれて修理も受け付けてくれます。ただし、オイル漏れの修理費用はその原因によっても大きく変動するので、点検してみないと理にいくら必要になるかは分かりません。

しかし、できる限り出費は抑えたいという方や修理費用によっては乗り換えも検討したいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんなエンジンのオイル漏れについて、症状の見分け方からその対処法、オイル漏れのケース別修理費用まで紹介しています。

また、エンジンのオイル漏れに関する様々な疑問についても触れていますので、この記事を最後まで読めばオイル漏れの際に取るべき行動が見えてきます!

エンジンオイル漏れとは?

エンジンオイル漏れには、エンジン内部で漏れが起こっている場合と、エンジン外部にオイル漏れが起こっている場合の2パターンがあります。

前者は燃焼室内にエンジンオイルが混入してしまう現象であり、エンジン内部の部品の摩耗やシールに問題があり、エンジン内部でオイル漏れが発生している事象を指します。

後者はエンジンオイルが何らかの原因によって、エンジン外部へとオイルが漏れてしまう事を指します。

どちらもエンジンオイルが漏れている症状に変わりはありませんが、一般的に言われるオイル漏れとはエンジン外部にオイルが漏れている後者の状態の事を指しています。

エンジンオイル漏れの症状・見分け方

エンジンオイルがにじむ程度であれば、症状が現れる事はほとんどないので、目視でエンジンを確認してエンジンオイルのにじみを発見するくらいしか発見方法はありません。

症状が悪化していくと、オイルゲージのオイル量で気付いたり、垂れている音や臭いによっても気付く事があります。

漏れている液体がエンジンオイルかどうかを見分ける方法としては、色や臭いで見分ける方法があります。

エンジンルームにはクーラント、パワステオイル、ATFやCVTなど様々な液体が循環しています。これらは、それぞれ独特な臭いや色がついているので、そういった情報から漏れている液体を特定する事ができます。

見分ける自信が無い場合は、一度アンダーカバーを外して洗浄してからエンジンを始動します。このように再度オイル漏れを発生させる事でオイル漏れ部位を容易に発見する事ができます。また、漏れる量が多ければオイルゲージでオイルの減りを見る事でも確認は出来ます。

エンジンオイル漏れの対処法・応急処置

エンジンオイル漏れの量が多く、エンジンオイルの量が十分で無い状態でエンジンを始動させてしまうと、最悪の場合はエンジンが焼き付いてしまい、膨大な修理費用が必要になる可能性があります。

そのため、もし補填できるエンジンオイルがあれば一次的に始動はできますが、そうでない場合はロードサービスに引き取ってもらうか、その場で修理するかの二択になります。

また、移動できる程度の僅かなオイル漏れであれば、漏れ止め系のケミカルで改善する場合があります。

いずれにせよ、オイル漏れが発覚した後にエンジンを始動する場合は、必ず事前にエンジンオイルの量をオイルゲージで確認し、こまめにオイル量を点検しなくてはなりません。

では、エンジンオイル漏れが起こってしまった場合の対処法・応急処置の詳細を紹介します。

エンジンオイル漏れ止め剤

エンジンオイル漏れの多くは、鉄やアルミなどの硬い材質の接合部に用いられているシールやパッキンの劣化によって発生してしまいます。

エンジンオイル漏れ止め剤はこのような原因によって、オイルが漏れ出してしまう隙間に作用してオイル漏れを止めます。

また、添加剤にエンジンオイル漏れ止め効果があるものがあり、そちらは添加剤という区分で販売されています。

エンジンオイル交換

エンジンオイルは劣化すると、粘度が低くなってサラサラになってしまいます。

シールやパッキンが劣化してわずかな隙間ができてしまった場合、粘度が低下してサラサラになったエンジンオイルは、そのわずかな隙間からエンジンオイルが外部へと漏れ出してしまいます。

こういった理由から、エンジンオイル漏れ止め剤や添加剤などでオイル漏れの改善を試みる場合にも、同時にエンジンオイルを交換しておく事で、更なる効果に期待ができます。

また、交換の際にはオイルの粘度の高いエンジンオイルを選択する事で、オイル漏れに有効となる場合があります。

エンジンオイル添加剤

僅かなオイル漏れであれば、添加剤の種類の中にオイル漏れ止め効果があるものを使用する事で改善する場合があります。

純粋なエンジンオイル漏れ止め剤と比較すると、添加剤の方が効果が薄い印象はありますが、単純にオイルの粘度を上げる事でも、一定のオイル漏れ抑止効果が期待できるので、一概にどちらの製品が漏れ止め効果が高いとは言い切れません。

ただ、エンジンオイル漏れ止め剤と添加剤のどちらに対しても言えるのは、メーカーや品種によって性能が大きく変わるので、品定めは慎重に行わなければなりません。

車を修理に出す

オイル漏れに対して添加剤やエンジンオイルの交換といった対処法は、漏れるオイルの量が多い場合では効果がなかったり、実際に試してみないと改善されるかどうかは分からない点を踏まえると、安価に試せるとはいえ確実性に欠ける方法とも言えます。

確実にオイル漏れを止めるには、やはり修理する方法しかありません。しかし、原因によって修理費用は大きく変動してしまいます。

一般的な整備工場は車を預けてから、エンジンオイル漏れしている箇所を特定したら、修理費用を見積もって連絡をしてくれますが、不安な場合は前もって修理費用の見積連絡をして欲しいという事を受付の際に伝えておきましょう。

その連絡で費用を確認してから、修理するか否かを検討する猶予ができるのでオススメです。

エンジンオイル漏れの原因

エンジンオイルの原因でもっとも多いのが、シール、パッキン部分からのオイル漏れです。多走行や経年によってゴムが痩せたり、シールが破損したりしてエンジンオイルが通過できる隙間が空いてしまいます。

また、長年エンジンを始動し続ける事で生じる、エンジンの僅かなひずみによっても隙間をつくってしまう原因となり、オイルパンやヘッドカバーなどの継ぎ目からオイルが漏れてしまいます。

オイルクーラーが付いている車やターボ車の場合は、各部品にエンジンオイルが循環しているので、オイルクーラー&接続パーツ、ターボ&接続パーツからもそれぞれオイル漏れする可能性があります。

これらのようにエンジンが劣化した事が原因となる場合もあれば、ヒューマンエラーによってオイル漏れが発生する事もあります。

例えば、オイル交換の際に触れるオイルフィラーキャップ・オイルゲージ・オイルエレメントの取り付け不具合や、ドレンボルトが緩んでいたり、ねじ山がなめっていたりなどでもオイル漏れの原因となります。

エンジンオイル漏れの修理費用

オイル漏れの原因としても多い、ヘッドカバーやオイルパンなどの継ぎ目のシール(パッキン)が劣化した事によるオイル漏れであれば、2万円前後で修理が可能です。

ただし、ヘッドカバーの脱着作業が困難なエンジンの場合は別途で工賃が上乗せされたり、オイルパンが損傷していた場合は別途部品代が必要となります。

ドレンボルトやオイルエレメントからのオイル漏れであれば、エンジンオイルを抜いての作業になるので、数千円程度の部品代とオイル料金が加算されて1万円前後の費用で修理が可能です。

シリンダーブロックやシリンダーヘッドなどが歪んだ事によるオイル漏れの場合は、重整備になるので10万円~数十万円という高額な修理費用が必要になります。

これらはあくまでも目安であり、例えばヘッドカバーパッキンであれば、直列4気筒とV型8気筒では作業が倍になるように、車種によっても工賃や部品代は大きく変動します。

エンジンオイル漏れに関するQ&A

エンジンオイルが漏れた時の対処、原因、修理費用については分かりましたが、まだまだオイル漏れに関する疑問が尽きない人もいるのではないでしょうか。

続いては基本的な情報以外のオイル漏れに関する、よくある疑問について紹介・解説したいと思います。

エンジンオイルが漏れていると車検に通らない?

エンジンオイルが漏れている場合、基本的にはオイルが漏れている車は検査に通りません。

ただ、どの程度のオイル漏れを不合格とするかは担当の検査員の判断に委ねられます。オイルがにじんでいる程度であれば合格する場合もありますが、基本的には通らないという事は覚えておきましょう。

エンジンオイル漏れを放置したらどうなる?

エンジンオイルが少しにじむ程度であれば、急激に症状が悪化してしまう訳ではないので、規定量のエンジンオイルさえ入っているのであれば、少しの期間ならそのまま乗り続ける事は可能です。

ただし、多くの場合は徐々に悪化して、漏れるエンジンオイルの量が増えていくので、症状が軽い段階で発見できたのであれば、早めに対処する事をおすすめします。

エンジンオイル漏れはオートバックスのようなカー用品店で修理できる?

カー用品店には資格を整備士資格保有者が常駐している認証・指定工場が多く、オイル漏れ等の修理を受付できる環境は整っていますが注意点があります。

カー用品店のピットでは購入した商品の取り付けや、オイル交換、車検が大多数であり、カー用品の販売に伴うタイヤ交換やオーディオなどの取り付け作業については、かなりの作業数をこなしている分技術力も高くなっています。

一方、オイル漏れの修理実績はディーラーや整備工場と比較すると少なく、修理内容によっては修理の受付に対して消極的な応対になってしまう可能性があります。

エンジンオイル漏れはガソリンスタンドで修理できる?

ガソリンスタンドもカー用品と同じく、オイル漏れの修理実績としては少ないですが、修理を受付をしてくれる所はあります。

また、カー用品店ほど配置されている整備士の人員が少ない事から、断られたり外注に委託する可能性もあります。

これらを踏まえると、オイル漏れであればディーラーか整備工場へと持っていった方が円滑に事を進める事が出来ます。

エンジンオイル漏れは自分で直せる?

エンジンオイル漏れの箇所によりますが、ある程度の整備経験と最低限の環境があれば難しい作業ではなく、自分で直せる範囲の難易度です。

整備経験とは、締め付けトルクの感覚が分かっていたり(トルクレンチでも可)、ボルトの付け間違いや忘れなく分解整備ができる程度であれば問題はありません。エンジンオイル漏れの修理作業は、エンジン本体に取り付けされているボルトが多く、締め過ぎて折れてしまうと、最悪の場合エンジン積み替えが必要になってしまいます。

最低限の環境とは、整備をするのに必要な工具類やジャッキ&リジットラック(ウマ)などの道具が必要です。また、再利用できないパッキンやシール類、作業後に入れるエンジンオイルなど、事前に必要なものを用意しておかなければなりません。

エンジンオイル漏れで汚れたアスファルト・コンクリートの掃除方法は?

エンジンオイルは油なので、一度アスファルトに染みができた跡は、簡単に水だけで綺麗にする事は出来ません。

エンジンオイルの染みを家庭にあるもので洗浄する場合は、中性またはアルカリ性の洗剤で根気よく回数を重ねて洗浄しなければ落ちません。

エンジンオイル漏れは高額出費の原因になる!すぐに対処を!

エンジンオイルについてこれまで解説してきた事をまとめると、劣化によるエンジンオイル漏れは初期症状であれば添加剤やエンジンオイル漏れ止め剤で改善する可能性があり、放置しておくと酷くなって車検にも通らなくなってしまいます。

さらに、エンジンオイル漏れの原因によっては、高額な修理費用がかかってしまう事も分かりました。

これらを踏まえると、場合によっては修理をするより車を買い換えた方が良いというケースもあります。

このように、エンジンオイル漏れには注意しなくてはなりません。早い段階で気付く事ができれば対処法の選択肢も増えるので、日常点検の際にオイル漏れチェックも取り入れて、不測の事態に備えておきましょう。

くるまと推奨!
最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎


おすすめの記事