ダイレクト型(通販型)の保険で売り上げNo.1の自動車保険と言えばソニー損保ですが、事故対応が悪いという評判も一部では聞こえてきます。

果たしてその評判は真実なのでしょうか。この記事ではその真偽の程と初期対応やロードサービスの内容を徹底解説していきます。

自動車保険の切り替えや継続・更新を検討されている方は、是非最後までご覧になってみて下さいね。

スポンサーリンク

1. ソニー損保の事故対応は評判が悪い?!

数ある自動車保険の中でも、非常に人気の高い保険である「ソニー損保」ですが、一部では事故対応が悪いという話もあります。

実際にグーグル検索のサジェストでも「ソニー損保 事故対応 悪い」というワードが出てきます。

人気があるのに事故対応の評判が悪いというのも何だか矛盾している気もするので、早速その真偽の程を確認していきましょう。

2. ソニー損保の事故対応の口コミ・評判

それでは早速ですが、ソニー損保の事故対応に対する口コミや評判を紹介していきましょう。

この項目では、良い口コミも悪い口コミの両方を包み隠さず紹介していき、真偽の程を検証していきます。

2-1. 良い口コミ・評判

  • ロードサービスが充実しており、事故対応も◎

普段はあまり車を利用しないため、走行距離に応じて細分化され安くなる保険や、事故の際のレッカー対応やトラブルに対する24時間対応という点に魅力を感じ保険に加入しました。

実際に事故を起こしてしまった際、ソニー損保を選んで良かったと思いました。

後続の車に追突されてしまうという内容だったのですが、初めての事故でパニックに陥ってしまったものの、24時間対応の窓口にすぐに相談することが出来ました。

事故受付時に電話で事故相手とも話をしてくれ、非常に助かりました。

結局自宅付近の事故だったので利用することはありませんでしたが、事故後の帰宅に関する交通費についても、相談に乗ってくれ有り難かったです。

レッカー代や事故後の交通費が有料になる保険もある中、ソニー損保は無料で対応してくれるだけでなく、セコムも現場に駆けつけてくれます。

実際に事故に合うとパニックになってしまうため、いつでも専門家に相談が出来てロードサービスの充実しているソニー損保にして良かったと感じています。

  • 丁寧なサポート

保険料の安さに惹かれソニー損保に切り替えましたが。最初は「初めから担当者がいないと事故の際に大変なのでは・・・」と考えていました。

しかしいざ事故を起こしてしまった際に、電話を一本しただけで、事故相手への連絡や修理工場への連絡・手配もしてくれて、その後も2週間に1度必ず状況報告の電話があり、手厚いサポートと対応の良さに驚きました。

また、保険を使って修理した際に上がる保険料と、保険を使わずに実費で治した場合の金額差についてもアドバイスを頂け、非常に丁寧な対応でした。

保険料もお手頃でサービスも手厚く大満足です。

  • オススメです

車の購入に合わせて急いでインターネットで手続きが可能ということで、ソニー損保を選びましたが、評判通り、迅速な対応で不明点や不安な点にも分かりやすく対応して頂けました。

数回エンストを起こし、無料のサービスなのでそこまで対応は良くないのでは・・・と思っていましたが、その度に迅速かつ丁寧に対応をしてくれました。

事故の際にも全てお任せで事故処理をしてもらうことが出来ましたし、車両保険にも加入していたので費用も全く掛からず非常に助かりました。

」対応が良い保険なので、継続して入っています。

2-1. 悪い口コミ・評判

  • 事故対応が悪い

軽い事故を起こしてしまった際、本来であればちょっとした接触事故で終わるはずが、ソニー損保の担当者の対応がいい加減だったために揉めることになってしまいました・・・。

一般的に事を納めようという気がなく、それに関してソニー損保側に指摘してもまともに怪訝な対応をされてしまいました。これでは何のための保険会社か分かりません。

  • とにかく最悪

保険料が安いだけの保険です。

駐車場に停車していた際に隣にバックしてきた車にぶつけられ、相手が100パーセント悪いのに、相手が大手の保険会社に加入しているせいか相手に強く言えない様子。

終いには「裁判したらどうか?」と勧めてくる始末。事故対応、交渉、担当者の態度、全てにおいて不満足度ナンバーワンです。

  • 事故対応のスタッフが不誠実で信頼出来ない

事故に対して専任のスタッフがついてくれるとのことで、安心して事故対応を任せられると考えて保険に加入しました。

しかし、いざ実際に事故を起こしてしまった際にはその対応がイマイチでした。

事故相手との示談交渉では私の話をあまり聞いてくれず、事故の詳しい状況確認もしっかりとしないまま、ソニー損保で決められている割合で事故相手との交渉が終わってしまいました。

私の質問に対してしっかりと答えてもらえず、その対応は不誠実であまり信頼出来ないと感じてしまいました。

コールセンターの対応が良かった分、専任スタッフの対応が悪くその落差にがっかりとしてしまいました。

 

ソニー損保に対する良い口コミと悪い口コミを両方3つずつピックアップして紹介しましたが、非常に良かったという口コミと非常に悪かったという口コミで二極化していることが分かると思います。

悪かった口コミに関しては、担当者レベルでの対応の悪さが目立ち、対応の善し悪しは担当者次第ということが分かるでしょう。

多くの担当者の場合は、良い対応を受けることが出来ることが出来るはずですが、万が一悪い担当者に当たってしまった場合には、あまり良くない対応をされてしまうことはあるかもしれません。

ただ、ソニー損保に対する良い評判も非常に多いため、対応の悪い担当者に当たりさえしなければ、非常に良い対応を受けることが出来ると考えて良いと思います。

スポンサーリンク

3. 契約前に要チェック!ソニー損保の事故対応(初期対応)やロードサービス内容とは?

3-1. 事故対応(初期対応)の内容

・24時間365日事故受付。さらにその日のうちに初期対応!

予想の出来ない事故に遭ってしまった場合、一刻も早くその事故を解決させたいと思うのは当然のことです。

多くの保険が24時間365日事故の受付をしていますが、全ての保険において即日対応という訳ではありません。

しかし、ソニー損保の場合、20時までに事故の受付が完了した場合には、その日のうちに事故相手への連絡や病院、車の修理が必要な場合の修理工場への連絡、代車が必要な場合の台車の手配などを行ってもらうことが出来ます。

これは「即日安心365」というサービスで、担当者からの連絡もその日の9時〜17時までに受付が完了した場合には1時間以内に決定した担当者から連絡をもらうことが出来ます。

・土日のうちに即日対応

上記の対応スピードは平日のみならず土・日・祝日の場合であっても同様です。

他の保険会社であれば、土・日・祝日の場合は週明けの月曜日から事故対応というケースも多いです。

しかし、ソニー損保の場合は土・日・祝日であっても当日17時までの自己受付であれば、ロードサービスの手配や相手方への連絡などをその日のうちに行ってもらうことが出来ます。

素早い対応は事故の早期解決に繋がることなので、嬉しいポイントの一つでもあります。

・SECOM現場駆けつけサービス

事故が発生してしまった場合には、誰でも不安になってしまったり、焦りを感じてしまうものです。

そういった際にソニー損保には心強いサービスが無料で付いています。保険者の要望に応じて要請することが可能で、全国2,800箇所のSECOMの拠点から事故現場に急行してくれます。

現場に急行したSECOMの緊急対処員が現場の事故状況などをカメラで記録し、その後の事故解決の参考にしてもらうことが可能です。

事故状況の記録だけではなく、警察・救急車・タクシー・レッカーなどの手配を、緊急対処員がサポートしてくれるため、事故後の混乱の中で、分からないことだらけでも安心して対処することが出来ます。

・ドライブレコーダーによる事故解決

保険会社は当然ながら全力で事故解決に当たってくれますが、必ずしも納得出来る解決の結果になるとは言えません。

場合によっては、「自分の話をちゃんと聞いてもらえず、相手の主張ばかりが通ってしまった」「相手が事実と異なる証言をしていたにも関わらず、保険会社が自分の味方をしてくれなかった」なんて言ったことも口コミなどで目にするケースは少なくありません。

そう言った場合も想定し、ソニー損保ではドライブレコーダーの映像も全国の各拠点で確認出来る体制を整えています。

ソニー損保は一方的に契約者が不利になることがないよう、ドライブレコーダーの映像も事故解決の手段として活用しているため、万が一の場合でも自分が不利になることがないようになっています。

ソニー損保は事故の初期対応に関して、非常に内容・スピードともに充実しているサービスであることが分かります。

SECOMのサービスも無料で利用することが出来、万が一の事故の際に安心出来る自動車保険と言うことが出来るでしょう。

3-2. ロードサービスの内容

ソニー損保のロードサービスは全て無料で利用することが出来ます。

もちろん24時間年中無休でサービスを受けることが出来、事故の際には全国9,700箇所のロードサービス拠点からサポートを受けることが出来ます。

また、ロードサービスを利用した場合でも保険料や等級には一切影響が出ないため、安心してロードサービスを利用することが可能です。

また、嬉しいポイントの一つとして、ロードサービスに関しては契約車両自体が対象となっており、他人が車を運転していた場合でもロードサービスを受けることが出来ます。

・レッカーサポート

ソニー損保の指定工場までであれば距離に関係なく無料でレッカー牽引を依頼することが可能です。

もちろん契約車希望の修理工場であっても、150kmまでは無料で牽引してもらうことが出来ます。

無料の牽引距離が他の保険よりも長いだけでなく、無料で利用出来る回数制限がないことがポイントの一つです。

・応急作業サポート

故障やトラブルなどにより契約車両が動かなくなってしまった場合、下記の応急サポートを受けることが可能です。

  • バッテリー上がり時のエンジンの始動
  • ガス欠時のガソリンまたは軽油の10リットルまでの配達および給油(契約一年目は契約者負担となります)
  • キー閉じこみ時のカギ開け
  • パンク時のスペアタイヤへの交換
  • 各種オイル漏れ時の点検及び補充オイル代等は契約者負担となります)
  • 冷却水の補充(冷却水代は契約者負担となります)
  • 各種灯火類のバルブ交換
  • ボルトの増し締め
  • 落輪や脱輪時の車両引き上げ・引き降ろし
  • スタックからの脱出
  • その他、作業時間30分までの現場での応急作業

・宿泊費用サポート

事故やトラブルなどにあってしまい、時間も遅く帰りの交通手段がなくなってしまった場合には、宿泊費用サポートを受けることが出来ます。

契約車両に乗っていた全員の宿泊費を、全額負担してもらうことが出来るサービスです(事故・トラブル発生現場から最寄りのボジネスホテルクラスのホテルとなります)。

契約車本人だけではなく、契約車に乗っている全員が対象となることも嬉しいポイントの一つです。

このサポートは契約期間中何度でも利用することが可能です。

・ペット宿泊費用サポート

ソニー損保の場合は、契約車に乗っている人だけが対象ではありません。

ペットも契約者の大事な家族ということで、帰れなくなった際のペットのペットホテル宿泊費用も1万円まで負担してもらうことが可能です。

外出時にペットホテルなどに預けていた場合でも、事故やトラブルなどにより帰れなくなった場合の延長分を1万円までソニー損保に負担してもらうことが可能になっています。

・帰宅費用サポート

事故やトラブルが発生した場所から自宅までの帰宅費用をソニー損保が全額負担してくれます。

遠方に外出している場合でも安心で、飛行機や船舶などを利用しても全額負担してもらうことが出来ます。こちらも保険契約期間中何度でも利用可能です。

・レンタカー費用サポート

事故やトラブルに遭遇し、車が走行不能になった場合に自宅や目的地までの24時間のレンタカーの費用をソニー損保に負担してもらうことが可能です。

乗り捨て料に関してもサポート範囲に入っており、距離の制限もないため、万が一の場合でも安心して利用することの出来るサービスです。

・修理後搬送サポート

事故やトラブルなどの後、発生現場から最寄りの修理工場に運ばれて修理が完了した車両の自宅までの搬送を無料で行ってもらうことが可能です。

自宅から離れていた場合でも、距離制限等は特にありません。仮に自分で車両を引き取りに行く場合であっても交通費を負担してもらうことが可能です。

このようにソニー損保には7つのロードサービスがあり、無料で非常に充実したサービスを受けることが可能です。

自宅までの費用や事故後のホテル宿泊費など、契約者負担の保険も中にはある中、全額保険によるサポートが受けれることは嬉しいポイントの一つですよね。

それだけでなく、ペットの宿泊費用サポートなど、ユニークなサポートもついており、ペットを飼われている方には強い味方になる保険とも言えます。

4. ダイレクト通販型売り上げNo.1のソニー損保の自動車保険が選ばれる理由

世の中には数多くの自動車保険がある中、ダイレクト型(通販型)の自動車保険の中で売り上げNo.1の実績を誇っています。その理由は何なのでしょうか?

ここで各調査機関が発表している自動車保険のランキングを見てみましょう。

(データは全て2018年度の最新のものです)

  • 価格.COM
    自動車保険総合満足度ランキング→総合第4位
  • 補償内容満足度ランキング→第3位
  • 顧客対応満足度ランキング→第2位
  • 保険料満足度ランキング→第6位
  • オリコン満足度ランキング
    事故対応満足度ランキング→第2位
  • 加入・更新手続き満足度ランキング→第1位
  • 商品内容の充実度 満足度ランキング→第2位
  • サポートサービス満足度ランキング→第1位

ソニー損保の場合、保険料はダイレクト型(通販型)の中ではやや高めなせいもあってか、保険料満足度においてはそこまで評価は高くありません。

しかし、他の項目においては軒並み上位にランクインしています。

それだけではなく、インターネットからの加入や更新のしやすさも第1位、ロードサービスなどのサポートサービスの満足度ランキングも第1位であることも選ばれる理由の一つでしょう。

冒頭の口コミで事故対応に関する悪い口コミも紹介しましたが、オリコンの事故対応満足度ランキングでも第2位と、懸念されている事故対応の部分でも対応の良さは上位にランクインしています。

トータルの部分で考えた時に「トータルで優れた保険」であることが、ソニー損保には言えるでしょう。

5. ソニー損保の自動車保険はこんな人におすすめ!

先ほどの項目では、多くの方にソニー損保が選ばれる理由を紹介させて頂きましたが、それではどのような人にソニー損保はオススメなのでしょうか。早速詳細を紹介していきましょう。

5-1. 年間走行距離がそれほど多くない方

ソニー損保はCMなどでも目にする機会が多いため、ご存知の方も多いかもしれませんが、走行距離に応じて保険が細分化された保険です。

年間走行距離が少ない方であれば、より保険料が安くなる仕組みになっており、自身の年間走行距離から最適な保険料を選ぶことが可能です。

  • 3,000km以下
  • 5,000km以下
  • 7,000km以下
  • 9,000km以下
  • 11,000km以下
  • 16,000km以下
  • 無制限

上記の7つの走行距離ごとに保険が区分されており、走る可能性のない距離の分に対し、余計な保険料を払わずに済むという訳です。

万が一、想定した年間走行距離よりも少なかった場合にはその分翌年の保険に距離分の割引が繰り越されることになるので、心配は要りません。

5-2. 事故対応にスピードや対応の良さを望む方

ソニー損保は別項目でも紹介させて頂いた通り、事故対応を土日含めて24時間365日行っています。

しかも平日は20時までの受付、土・日・祝日は17時までの受付であれば当日のうちに初期対応を行ってもらうことが可能になっています。

事故解決は初期対応のスピードにも左右される部分があるため、スピードを重視したいという方にはソニー損保はオススメの保険とも言えます。

対応の部分でもオリコンのランキングにおいて2018年の事故対応満足度ランキング2位の実績があるため、安心して任せることが出来ます。

緊急時のSECOMの緊急対処員によるサービスも嬉しいポイントの一つですよね。

5-3. 万が一の場合のロードサービスが充実した保険に加入したい方

ソニー損保のロードサービスは数ある自動車保険の中でも非常に充実した部類に入り、万が一の場合に備えてロードサービスを万全にしておきたいと考えている方にはピッタリの保険と言えます。

レッカーなどの緊急時のサポートも保険の等級や保険料に影響しないのはもちろんのことですが、契約期間中の利用に回数制限がないため、万が一の場合でも安心出来ることがオススメポイントの一つです。

この3項目全てに合致する方にとってはソニー損保はまさにピッタリな保険と言えます。

現在保険の切り替えなどを検討している方で、上記の項目に一致する方は、ソニー損保への切り替えを検討してみると良いかもしれませんね。

6. ソニー損保の事故対応の評判まとめ

以上、「ソニー損保の事故対応は評判が悪い?!初期対応や7つのロードサービス内容を徹底解説!」をご紹介させて頂きましたが、如何でしたか?

WEB上では一部事故対応に対する悪い口コミが散見される保険ですが、第三者機関の調査でも多くの人が事故対応に満足している回答が出ており、信頼の出来る自動車保険の一つであると言えます。

事故対応だけでなく、補償内容やロードサービスなども優れた保険なので、売上No.1という実績も頷けます。

今後保険の更新や切り替えを検討されている方は、選択肢の一つとして、ソニー損保を考えてみるのも良いかもしれませんね!

おすすめの記事