ドライブレコーダーにはGセンサーと呼ばれるセンサーがあります。これは、車やスマートフォンなど、様々なものに使用されていますが、ドライブレコーダーのGセンサーは非常に重要で、搭載されていない場合、トラブルなどの際に映像がしっかり保存できず、勝手に上書きされてしまう事もあります。

その様なことにならないよう、Gセンサーについて詳しく解説していきます。Gセンサーについて気になることがある方には参考になる内容ですので、ぜひご覧下さい。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーのGセンサーとは?

ドライブレコーダーのGセンサーとは、加速度を検知するセンサーの事です。加速度とは、一定時間あたりの速度の変化率の事で、走行中の車で例えるなら、急加速や急減速、急ハンドルをした時には加速度が大きくなり、反対にゆっくりとした加速、減速をした場合は加速度が小さくなります。

Gセンサーの仕組み

ドライブレコーダーのGセンサーは、設定値以上の加速度を検知した時に撮影を開始するようになっています。加速度は、急操作を行うことで大きくなりますが、それ以外にも事故などの衝撃が加わった際にも大きくなるので、事故を検知する事が出来ます。

また、Gセンサーが反応し、撮影した映像はイベント録画と呼ばれ、自動的に上書き禁止フォルダに保存されるようになっているので「事故の証拠となる映像が勝手に上書きされてしまう事が無く、確実に事故の証拠を残す事が出来ます。

Gセンサーの感度

Gセンサーの感度はかなり良く、機種によっては道路の段差などでもイベント録画を開始する事があるものもあります。道路の段差レベルでも反応してしまうレベルですと、小さな事故や当て逃げなどでも間違いなくイベント録画をする事が出来ますが、頻繁にイベント録画をしてしまう為、イベント録画用のフォルダがいっぱいとなってしまいますし、イベント録画開始時の動作音もうるさく、運転に集中出来ないなどの大きなデメリットもあります。

そのような場合は、Gセンサーの感度を変える事で対応出来ます。ただし、あまりにも極端に感度を落としてしまうと、衝撃の少ない事故などの際にイベント録画が開始されない事もあります。その為、感度の設定を変える場合は充分に注意しましょう。

また、Gセンサーを使用し、いたずらなどにも備えたい人には、感度を落とすと撮影できなくなる可能性が高くなりますので、あまりおすすめは出来ません。

Gセンサーのメリット

ここまでご紹介した様に、Gセンサーを使用するメリットは、万が一の際に自動的にイベント録画を行い、証拠となる映像が消えてしまう事を防げる事です。

ドライブレコーダーは車のエンジンが掛かっている間は常時撮影をしていますが、それらはデータがいっぱいになってしまうと自動的に上書きされてしまいます。しかし、Gセンサーが付いていれば事故などの際にはイベント録画を行い、上書き禁止フォルダに保存する為、勝手に消えてしまう事がありません。

ドライブレコーダーのGセンサー機能の必要性

このように、ドライブレコーダーを使用する上で、Gセンサーは絶対に必要と言っても過言ではないレベルです。

なぜなら、Gセンサーが無く常時撮影のみの機種だと、事故の際の映像が勝手に上書きされてしまう事があるからす。もちろん、事故直後に上書きされないようにSDカードを取り外せば問題ありませんが、SDカードが取り外されている間はドライブレコーダーの使用をする事が出来なくなってしまいます。

この様な理由から、ドライブレコーダーのGセンサーの必要性はかなり高くなっています。現在はGセンサーが付いているドライブレコーダーも非常に安くなっていますし、ほとんどの機種で搭載されていますので、ドライブレコーダーを選ぶ際にはGセンサーが付いているものを選びましょう。

スポンサーリンク

ドライブレコーダー選びは大切な証拠を守るGセンサー機能にも注目!

以上がGセンサーについてのご紹介になります。これまでにお話してきたようにGセンサーは非常に重要で、必要性もかなり高くなっています。

また、Gセンサーの精度はメーカーにより様々です。例えば、道路の段差などでも反応してしまうものもあれば、事故の際にしか反応しないものもあります。もちろん、Gセンサーの設定を合わせることにより、問題なく使用することが出来るようになりますが、Gセンサーの精度が悪い可能性もあります。その為、ドライブレコーダーをチェックする際は機能や性能だけではなく、Gセンサーもしっかりと確認しましょう。

おすすめの記事