外資系のダイレクト型自動車保険の代表格とも言える”アクサダイレクトの自動車保険”。

テレビCMやネット広告などでも目にする機会は多いのではないでしょうか。

今回は、アクサダイレクトの自動車保険に関するインターネット上の評判や、事故対応やロードサービスの内容、アクサダイレクトのおすすめポイントなど、様々な観点から解説していきます。

「アクサダイレクトが気になっている」という方や「自動車保険選びで悩んでいる」という方は必見です。

1. アクサダイレクト自動車保険の事故対応は評判が悪い?!

アクサダイレクトの事故対応について、インターネット上の評判などを見ていると、「担当者が何もしてくれなかった」「保険が降りず自費で支払った」などのような評判が見受けられます。

もちろん良い評判も多くありますが、上記のような悪い評判が目立ってしまいがちです。

なぜかというと、インターネットなどの特性として、”ネガティブな評判の方が書き込みされやすい”という性質があります。

自動車保険を評価するにあたって、「事故の際にきちんと対応をしてくれた」というのはある意味当たり前の事でもありますので、それをわざわざ書き込むよりも、「対応が悪かった」というケースの方が、インターネット上に書き込む動機に繋がりやすいわけですね。

さらに、インターネット特有の匿名性も手伝って、ある種の”ストレス解消”のような感覚で書き込みをする人もいますので、悪い評判が目立つ形となります。

自動車保険選びをする際に、インターネットの評判を真に受けてしまう方もいるかと思いますが、結局のところ必要なのは「本当に必要な補償を備えているか」や「自分に合っているか」という点がポイントになります。

ある人にとっては良い保険でも、別の人にとっては悪いという事もあり得るわけですね。

次項では、実際にインターネット上に書き込まれている評判から、良いものと悪いものの両方をピックアップして解説しますので、アクサダイレクトの自動車保険をチェックする際に、頭の片隅にでも置いておくと良いかなと思います。

2. アクサダイレクトの事故対応の口コミ・評判

2-1. 良い口コミ・評判

・難しい案件でも真摯に対応

コンビニの駐車場で接触事故を起こしてしまった方からの評判です。

加入者がぶつけてしまった側だったため、相手から補償を迫られ、半ば脅迫のような形になってしまっていたらしく、補償額が決定した後にも相手側からしつこく連絡が来ていたそうです。

そういった状況をアクサダイレクトに説明したところ、アクサダイレクトが間に入り、弁護士費用も補償額から捻出されたため、不当に補償を請求される事も無く、スムーズに事故処理を終えられたとの事でした。

・深夜の時間帯の事故対応

夜の23時を回った時間に事故を起こした方からの評判ですが、加入者自身も「この時間は難しいだろう」と思いつつアクサダイレクトに電話をしたそうですが、すぐにオペレーターに繋がり、事故状況の確認からロードサービスの派遣までスムーズに行ってくれたそうです。

ロードサービスが現場に到着するまでは30分ほどしか経過しておらず、スピーディな対応に驚いたとの事です。

その数日後に補償額の決定に関する連絡があり、深夜帯の事故受付から事故処理完了までの流れが非常にスムーズだったという内容でした。

・事故の際に落ち着かせてくれる口調

渋滞時に追突事故を起こした方からの評判ですが、追突してしまった事と、事故によって更に渋滞を引き起こしてしまった事によって、かなり焦っていたようです。

事故状況を伝えるためにアクサダイレクトに電話をしたところ、担当者の対応がとても親切で、焦っていた気持ちを落ち着かせてくれたとの事でした。

その後の対応についても、担当者以外の方も丁寧に対応してくれたため、素早く事故処理まで辿り着けたそうです。

2-1. 悪い口コミ・評判

・終始事務的な対応

”事故対応が事務的”という内容の評判が比較的多く見受けられました。

実際の例ですと、事故を起こした際、アクサダイレクト側は保険を使うか使わないかの判断を迫るのみで、「使う場合は翌年の保険料が云々」のように、等級が下がる事で保険料が上がる旨の説明をされ、親身に相談に乗ってくれるという事は無かったそうです。

示談交渉の際も、相手側の保険会社がほとんどを執り行う形になり、この方は更新時に契約解除し、他社に乗り換えたとの事でした。

この他にも、「こちらから意見を言ってもマニュアル通りのような話をされる」という内容の評判もいくつかありました。

・電話が繋がらない、対応が遅い

事故対応とロードサービス両方についてですが、事故受付の電話をしようとしても、繋がるまでに30分近く掛かったという評判がありました。

その方の評判では、電話が繋がるまでに30分以上掛かり、その後事故対応のロードサービスが到着するまでに1時間以上経過していたとの事で、補償の状況を伝える連絡も事故処理を終えるまで皆無だったため、解決後に初めて補償額などを知ったそうです。

同様の評判はいくつかあり、担当者によって対応のスムーズさにかなりの差があるように感じられました。

・加入者に親身になってくれない

過失割合が明らかに10:0の事故の際、アクサダイレクトに電話をすると8:2という結果を言い渡され、担当者から「うちの提携修理工場で修理するなら10:0にしてもいい」と言われたそうです。

その時点で10:0を認めているようなものですが、あくまで条件を付ける形で主張され、全然親身にもなってくれなかったとの事でした。

アクサダイレクトの担当者を挟まずに、直接相手の保険会社に連絡すると、10:0の過失割合が素直に認められ、補償額が決定したという評判もありました。

3. 契約前に要チェック!アクサダイレクトの事故対応(初期対応)やロードサービス内容とは?

3-1. 事故対応(初期対応)の内容

・24時間365日対応の事故受付

アクサダイレクトの事故受付は、土日祝祭日は関係なく、24時間365日対応可能となっています。

事故対応とロードサービスが1つの電話番号に集約されているため、「0120-699-644」に連絡することで、事故受付と同時にロードサービスの申請も出来ます。

・AXAプレミアムロードサービス

事故受付時に同時申請可能なロードサービスで、全国に9300箇所以上の拠点があるため、土地勘の無い旅先での事故、僻地などでの事故の際にもスムーズな対応を可能としています。

事故によって損傷した車両については、AXAパイロットガレージという提携修理工場で修理を受ける事が可能で、その際のレッカー費用などについても補償されます。

その他ロードサービスの内容については次項で詳しく解説します。

・損害調査、示談交渉

事故の際に、アクサダイレクトのスタッフおよび提携損害調査会社のスタッフが、損害状況や損害額などを迅速に行います。

示談交渉が必要な場合にも、アクサダイレクトの専任スタッフが対応し、調停や訴訟などの複雑な状況になった際にも、顧問弁護士が対応を行ってくれます。

それぞれの進捗などについては、ホームページのWeb照会にて、随時閲覧可能となっています。

3-2. ロードサービスの内容

・ロードサイドサービス

事故または故障などにより自走不可能になった場合、下記の応急修理サービスを受けられます。

  • バッテリーあがり時のジャンピング作業、交換作業、点検
  • ガス欠時の燃料補給作業
  • 雪道スタック時の引き出し作業
  • エンジンオイル、冷却水補充作業
  • スペアタイヤ交換作業、タイヤ周りの点検
  • 鍵閉じ込み時の開錠作業。

まず注意点としては、バッテリー関係の作業と燃料補給作業に関しては”保険期間中1回のみ”と回数制限があります。

さらに燃料補給作業に関しては、契約1年目はガソリン代有料(配送のみ無料)、2年目はガソリン代10リットル無料(保険期間中1回)というように、2年目で無料サービスの幅が広がる事もポイントです。

契約2年目で追加されるサービスとして、ガソリン代の無料サービス以外に、自宅の鍵を紛失した際の”玄関鍵開けサービス”も追加されます。

・レッカーサービス

事故や故障などによって自走可能になった場合、ロードサービスセンター指定の工場までのレッカー搬送を距離無制限で受けられ、加入者側で修理工場を指定する場合は、35kmが上限となります。

加入者側で修理工場を指定し、搬送距離が35kmを超える場合、超過分は有料となりますので注意しましょう。

また、レッカーサービスには、側溝などに落輪してしまった場合の引き上げ作業も含まれています。

こちらは、”いずれかのタイヤが路面に接している状態”が利用条件となっており、全ての車輪が路面に接していない、つまり車両が落下した場合などの引き上げ作業には適用されません。

・修理後車両搬送、引取り費用サービス

こちらは、レッカーサービスで修理工場に搬送した後、修理が完了した際に、加入者のご自宅まで車両の搬送、または引取り時の費用についてのサービスです。

ご自宅までの搬送の場合は全額補償、自身で引き取りに行く場合は、引取り当日の片道交通費1名分を上限50,000円(税込)まで補償してもらえます。

注意点としては、搬送の場合に日にち指定が出来ない事、加入者自身が修理工場を指定した場合はサービス適用外になってしまう事ですね。

・宿泊、帰宅、ペット宿泊費用サービス

トラブルによって、当日中の帰宅が困難になった際に適用されるサービスです。

まず宿泊費用についてですが、最寄りの宿泊施設の宿泊費と宿泊施設までの交通費が、”搭乗者全員分”補償されます。

帰宅費用についても、搭乗者全員分の帰宅交通費を補償する形となり、宿泊費用と帰宅費用のいずれか一方のみ利用可能となっています。

ペットの宿泊費用は、同乗しているペットのペットホテル宿泊費用を補償するものです。

これら3つの補償については、一旦加入者側で費用を立て替え、領収証を提出して補償を受ける形になりますので、トラブルが起きた時点で金額が補償されるわけではありませんので注意しましょう。

また、ペットの宿泊費用を含め、”前もって予約していた宿泊施設”に宿泊する場合は補償適用外となります。

・その他のサービス

アクサダイレクトのロードサービスには、ここまでで挙げたもの以外にも、下記のようなサービスが存在しています。

  • メッセージサービス
  • 車検割引サービス
  • ガラス交換業者紹介サービス

まずはメッセージサービスですが、トラブルなどによって自走不可能となった場合、ご家族や旅行会社、宿泊施設などに代理で連絡を行なってくれるサービスとなっています。

家族への連絡に関しては自分でも可能かと思いますが、宿泊施設や航空会社など、すぐに連絡先が確認出来ない場所への連絡も行ってくれますので、非常に有用であると言えます。

そして、トラブルなど関係なく利用出来るのが”車検割引サービス”です。

こちらは、アクサダイレクト指定の工場で車検を行なう場合に、作業工賃が10%オフされるサービスで、高額な出費となる車検をお得に受ける事が出来ます。

最後に”ガラス交換業者紹介サービス”についてですが、飛び石などによって車の窓ガラスが破損した場合に、現場まで出向いて交換や修理が可能な業者を紹介してくれるサービスとなっており、急な破損の際に有用です。

4. アクサダイレクトの自動車保険が選ばれる理由

アクサダイレクトの自動車保険が選ばれる1番の理由としては”保険料の安さ”であると言えるでしょう。

ダイレクト型自動車保険の特徴として、インターネットで手続きを行うことによって人件費などを削減し、リーズナブルな保険料で提供出来るという側面があります。

とはいえ、ダイレクト型自動車保険を提供している会社は多々あります。

その中でアクサダイレクトが選ばれているのは、保険料と補償内容のバランスが取れている事に起因するのではないでしょうか。

安さを売りにしている保険商品の中には、補償内容を削ってしまい、いざという時に最低限の補償しか受けられないというものも多いです。

アクサダイレクトは”ダイレクト型自動車保険”の中でも保険料が安い部類ではありますが、その割に補償内容の充実度は高く、事故対応やロードサービスの充実度に関しては、ダイレクト型自動車保険の中でも高いと言えるでしょう。

また、インターネットで手続きを行える事から、現代においては”加入のしやすさ”も選ぶ理由になっており、”アクサダイレクト”という名前のネームバリューによって「有名な保険会社だから」という理由で加入を決めたという方もいるようです。

5. アクサダイレクトの自動車保険はこんな人におすすめ!

5-1. 保険料を安く抑えたい人

ダイレクト型自動車保険の中でも安い部類に入るアクサダイレクトですので、「保険料を抑えたい!」という方には打ってつけであると言えます。

価格重視型、バランス型、補償重視型と3つのプランを選べることも特徴的で、価格重視型を選択すれば最大限に保険料を抑えることが可能です。

加入の際にインターネット割引なども適用されますので、初年度は特に安価な保険料となります。

代理店型から乗り換えた方からの評判では、年間数万円単位で安くなったという声が多く見受けられました。

5-2. 自分である程度の対応が出来る人

代理店型よりも安価な保険料は実現していますが、実際の対応に対しては「担当者が何もしてくれなかった」というような評判にもあるように、担当者によっては加入者自身で示談などの対応をしなければならないケースも存在するようです。

そのため、「最悪の場合は自分で何とか出来る」という気構えはあった方が良いですし、逆を言えば、そういった知識がある方にとっては”安さ”というメリットを最大限に受けられる自動車保険という事になります。

5-3. インターネットに強い人

ダイレクト型自動車保険という特性上、契約や対応についてもインターネットが切り離せないものとなります。

そのため、「インターネットはちょっと苦手」という人には向かないシステムと言えるでしょう。

アクサダイレクトに関しては、ホームページの構成なども非常にシンプルで見やすくなっており、見積もりなどもホームページ上から簡単に出来るようになっていますので、インターネットに慣れている人にとっては”使いやすい保険”となるのではないでしょうか。

6. アクサダイレクト自動車保険の事故対応の評判まとめ

アクサダイレクトの自動車保険について、事故対応やロードサービスの評判、それぞれの内容などについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ダイレクト型自動車保険の中でも悪い評判が目立つように感じましたが、評判自体の総数も多く、”アクサダイレクト”という会社のネームバリューの高さや加入者の多さが伺えました。

「保険料をとにかく安くしたい」という方にとって”価格重視型プラン”の存在は非常に魅力的ですし、ロードサービスの充実度に関しても、ダイレクト型自動車保険の中では上位と言える内容でしたので、ダイレクト型自動車保険への加入や乗り換えを検討されている方は候補に入れて問題ないかと思います。

自動車保険選びで迷っている方の参考になれば幸いですね。

おすすめの記事