ハーレーを手に入れた時にかかる税金|納税額と支払いのタイミングまとめ

ハーレーにかかる税金には、重量税軽自動車税の2つがあります。

大型バイクの場合には税金を含めた維持費が高いというイメージがあると思いますが、税金に関しては中型バイクと比べてどの程度の差があるのでしょうか。

今回はハーレーにかかる税金を詳しくお伝えしますので、これからハーレーの購入を検討されている方、ハーレーに乗りたいけど維持費が心配な方はぜひチェックしてください。

1. ハーレなどの大型バイクに課せられる税金

バイクに課せられる税金の金額は排気量によって異なります。現行のハーレーは排気量が833cc以上ですので、大型バイク(大型自動二輪)の税金を確認することになります。

また、バイクの税金には重量税軽自動車税の2種類がありますが、それぞれ税額と支払い方法が異なりますので詳しく確認していきましょう。

税金の種類 税額 支払い時期
重量税 1,900円/年
(新車登録後12年まで)
車検ごとの支払い

(新車購入時は購入費用に含まれる)

2,200円/年
(新車登録後13年〜17年まで)
2,500円/年
(新車登録後18年以上)
軽自動車税 6,000円/年 毎年5月末までの支払い

2. ハーレーの重量税

2-1. ハーレーの重量税の税額

バイクの重量税は排気量に応じて税額が変わりますが、401ccを超える大型バイクの場合には税額が一律になります。

ハーレーの場合を詳しくお伝えすると、833cc〜1801ccまでの排気量の車種がありますが、どれに乗っても重量税は同じということになります。

ただし、注意していただきたいことは、新車登録後の年数に応じて税額が変わるということです。

上の表をご覧いただくとわかるように、

  • 新車登録後12年まで…1,900円/年
  • 新車登録後13年〜17年まで…2,200円/年
  • 新車登録後18年以上…2,500円/年

このように3,000円ずつ税額が上がります。

2-2. ハーレーの重量税の支払い方法

この重量税は車検時に支払われることがほとんどです。(車検費用に含まれています。)

ただし、新車購入時には初回車検までの3年分の重量税を支払います。また、2回目以降の継続車検の場合には2年分の重量税をまとめて支払います。中古車購入時には、年式によって税額が異なりますので下の表で確認しておきましょう。

車両の状態 支払い時期 税額
新車購入の場合 新車購入時 1,900円×3年=5,700円
中古車購入の場合 車検ごと 新車登録後12年まで

1,900円×2年=3,800円

新車登録後13年〜17年まで

2,200円×2年=4,400円

新車登録後18年以上

2,500円×2年=5,000円

3. ハーレーの軽自動車税

3-1. ハーレーの軽自動車税の税額

ハーレーのような大型バイクの場合には二輪の小型自動車に該当するため、年間6,000円の納付義務が定められています。

3-2. ハーレーの軽自動車税の支払い方法

軽自動車税は毎年4月から5月中に納税通知書が届きますので、5月末までに支払いをします。

こちらは、毎年4月1日時点でのバイク(ハーレー)所有者に課せられる税金です。例えば、3月にハーレーを購入した場合、2ヶ月後の5月が支払いとなります。また、4月1日以降にバイクを購入した場合、翌年の5月が支払い時期となります。

どのような場合でも納税通知書が届きますので、こちらを確認することで納付忘れは防ぐことができます。

4. 新車と中古車のハーレーの税金の違い

新車のハーレーを購入する場合の税金をまとめると、

  • 重量税…5,700円
  • 軽自動車税…6,000円

このようになります。ポイントは、3年分の重量税の支払いが含まれるところです。

一方で、中古車購入の場合には、車検が残っている場合と切れている場合で購入時に支払う税金(重量税)が異なります。

つまり、車検が残っている場合には、購入時に重量税の支払いはありません。しかし、車検が切れている場合には支払いが必要になります。(車検費用と一緒に支払います。)その場合の税額は、車両の登録年数によって異なりますので注意しましょう。

5. バイクの税金が値上げ?!ハーレーの税金の注意点

ハーレーやバイクの税金を調べていると、軽自動車税が4,000円となっている場合がありますが、2016年からバイクの軽自動車税も増税され、現在は6,000円になっていますので注意しましょう。

そのほかにも、ハーレーの維持費には税金以外にも○や○がかかりますので確認しておきましょう。

6. ハーレーとその他のバイクの税金の違い

これからハーレーの購入を検討されている方は、ハーレー以外のバイクの税金との比較も気になっているのではないでしょうか。

はじめにも伝えした通り、バイクの税金は排気量によって異なります。

400ccを超える大型バイクの場合にはハーレーと税金は同じです。一方で、普通自動二輪で乗れる中型バイクの場合には税金が異なってきますので、詳しく確認しておきましょう。

区分 排気量 重量税 軽自動車税
二輪の軽自動車 126〜250cc 4,900円
(新車購入時のみ)
3,600円
二輪の小型自動車 251〜400cc 4,900円
(新車購入時のみ)
6,000円

ご覧いただいたように、中型バイクの場合には重量税の支払いが新車購入時の1回のみとなっています。(車検ごとの支払いはありません。)

また、250cc以下のバイクの場合には軽自動車税も3,600円となっています。

その他、バイクの維持にかかる費用としては、

  • 自賠責保険料
  • 任意保険料
  • ガソリン代
  • メンテナンス費用

これらの違いもありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

ハーレーの税金まとめ

今回は、ハーレーを購入したときにかかる税金についてお伝えしてきました。具体的には重量税と軽自動車税の2種類があります。それぞれ下の表のようになっていますので、ハーレー購入前の参考として役立ててください。

税金の種類 税額 支払い時期
重量税 1,900円/年
(新車登録後12年まで)
車検ごとの支払い

(新車購入時は購入費用に含まれる)

2,200円/年
(新車登録後13年〜17年まで)
2,500円/年
(新車登録後18年以上)
軽自動車税 6,000円/年 毎年5月末までの支払い