トヨタ86のマフラーをサウンド重視でランキング! あなたに合うマフラーは?

トヨタ86に乗る以上、エンジンをかけた時の迫力あるサウンドは不可欠なものですよね。もしも見た目は最高の仕上がりになったとしても、マフラーから聞こえてくるサウンドが残念な音だとなんとなくガッカリしてしまいます。

86のサウンドって、マフラー次第なんですよね。しかも86対応のマフラーってかなりの数が出回っているため、どれを選ぶとイメージ通りのサウンドが手に入るのかよくわからなくなってしまいます。

そこで今回は86マフラーのサウンドを徹底比較し、おすすめランキングを紹介しながらあなたの希望通りのマフラーを一緒に探していこうと思います。

1. トヨタ86におすすめ!車検対応マフラーランキングTOP5

1位:TRD「ハイレスポンスマフラーVer.R」

・価格:

126,000円

・サウンド・性能

トヨタの老舗チューニングメーカーであるTRDですから、車検の保安基準はもちろんクリアしています。ハイレスポンスマフラーVer.Rは、嫌味のない心地よいサウンドが楽しめるのが魅力です。

しかもTRDの刻印が施されているため、細部にまでこだわりたい人におすすめです。

2位:Rマジック「チューンドサイレンサー チタンテール」

・価格

123,000~126,000円

・サウンド・性能

アイドリングや低回転時の音量は控えめですが、回転数を上げるほどに心地の良いサウンドが楽しめます。

消音材に「アドバンテックスグラスウール」という極細の繊維を使用していることによって、マフラーの劣化スピードを極力抑えた構造になっているのも特徴です。

3位:HKS「リーガマックスプレミアム」

・価格

102,900円

・サウンド・性能

迫力のあるサウンドが楽しめる車検対応マフラーといえば、HKSのリーガマックスプレミアムも負けてはいません。存在感のあるテールと迫力のサウンドが欲しい人におすすめです。

4位:STI「スポーツマフラー」

・価格

166,950円

・サウンド・性能

スバルBRZ用のスポーツマフラーですが、もともと86とは兄弟車ということもあって装着可能なマフラーとなっています。

STIのスポーツマフラーは、スラッシュカットのテールパイプを二重構造にしたステンレス製φ120の左右両側出しタイプとなっています。

5位:PROVA「センターアップエキゾースト」

・価格

186,900円

・サウンド・性能

数多くのレース実績を誇るプローバの「センターアップエキゾースト」は、ルックス・サウンドともに楽しみたい人におすすめの逸品です。

数あるマフラーの中でも「センター出しといえばプローバ製」といわれるほど人気が高く、取り付けるだけでリヤバンパー周辺の印象がグッと個性的になります。

2. トヨタ86のマフラーを販売しているメーカー一覧

86マフラーを販売しているメーカーは数多くありますが、中でも車検対応している安心のメーカーを一覧で紹介します。

【86マフラー販売メーカー一覧】

  • TRD
  • TOM‘S
  • HKS
  • Apsx
  • PROVA
  • RMagic
  • REVOLUTION

3. トヨタ86で高音のマフラーはこれ!

N`s MAKE「ESループマフラー」

・価格

要相談

※N`s MAKEのマフラーは全てハンドメイドとなっており、受注発注制となっています。価格は直接問い合わせをしてください。

・サウンド・性能

超高音のサウンドが魅力といえば、ESループマフラーがイチオシです。N`s MAKEのコンセプトが「国産車に新しい音を」がテーマにハンドメイドで音を作り出していくため、1つ一つが個性的なサウンドに仕上がります。

今回紹介したのはESタイプですが、「もっと最高のサウンドを手に入れたい」という場合はワンランク上のSPタイプもおすすめです。

キャタバック「F1サウンド バルブトロニック エキゾーストシステム」

・価格

511,000円~

・サウンド・性能

キャタバックのF1サウンドも「超高音&爆音」が楽しめる人気のマフラーです。アイドリングや低回転時にはやや音がうるさい感じもありますが、走り出した後はほとんど気になりません。

値段はかなり高いですが、それ以上の価値を感じることが出来るためおすすめとしてピックアップしました。回転数が上がるほど周囲から注目されること間違いなしの逸品です。

FUJITSUBO「AUTHORIZE R typeS」

・価格

128,600円

・サウンド・性能

アスリート系の86オーナーに一押しなのが、フジツボのAUTHORIZE R typeSです。クオリティーはもちろんですがコストパフォーマンスにも優れているため、手軽なチューニングアイテムとしてもおすすめです。

もちろんMT・AT共通で装着可能です。

4. トヨタ86で重低音のマフラーならこれ!

HKS「Hi-Power SpecL」

・価格

90,000~110,000円

・サウンド・性能

Hi-Power SpecLの特徴といえば、やはり「究極の軽量化に成功したマフラー」という点は見逃せません。心地よい重低音が手に入っても、マフラーそのものが重くなれば走行性能にデメリットが出ます。

その点に特化して開発されたHi-Power SpecLは、ノーマルタイプと比べ約50%も重量をカット!さらにテール部分にカーボンをかぶせたデザインなので、見た目のインパクトもしっかりとしています。

GANADOR「Vertex Sports」

・価格

94,000~230,000円

・サウンド・性能

いくら重低音サウンドが楽しめたとしても、マフラーを交換するからには「馬力」と「燃費」の2つの性能がアップしなければ本当の意味で満足とはいきません。その点をクリアするために開発されたのが、ガナドールのVertex Sportsです。

実際の購入者の口コミを見ても、「燃費が良くなった」「ノーマルよりも明らかに馬力がアップしている」などのコメントが目立ちます。音だけでなくマフラーの性能を今よりもっと向上させたい人におすすめです。

スルガスピード「PFSループサウンドマフラー」

・価格

291,600円~

・サウンド・性能

低回転時のサウンドはもちろんですが高回転時の唸るような重低音は、レース経験が豊富なスルガスピードならではといえます。ちなみにPFSは車検対応マフラーです。

5. トヨタ86の4本出しマフラーはこれ!

TRD「ハイレスポンスマフラー Ver.R」

・価格

126,000円

・サウンド・性能

おすすめ第一位でもあるTRDのハイレスポンスマフラーは、TRDの代名詞ともいえるスタイルです。性能・サウンド・安全性の3拍子が揃った4本出しマフラーです。

柿本改「Class KR」

・価格

170,000円~

・サウンド・性能

ワイルドで個性的な見た目を重視したいのであれば、柿本改のClass KRも見逃せません。一寸の妥協も許さない究極のマフラーがテーマにあるだけに、純正品の2本出しマフラーではまねのできない迫力があります。

Rmagic「チューンドサイレンサー チタンスラッシュ」

・価格

176,000円

・サウンド・性能

Rmagicのチューンドサイレンサーは、思わずアクセルを踏みっぱなしの状態で走り続けてしまいたくなるようなド迫力のサウンドが魅力です。

アイドリング時には少し音がこもっているような感じもしますが、回転数を上げると全く気になりません。「とにかく迫力のある音が欲しい!」という人は、ぜひチェックしてみてください。

6. トヨタ86のノーマルマフラーの音量や性能

ノーマルマフラーの性能

マフラーの性能といえば、馬力と燃費性能が重要になります。86の場合はグレードごとに異なるため、一覧にしてみました。

グレード シフト 排気量 燃費
G 6MT 1988cc 11.8㎞/ℓ
G 6AT 1988cc 12.8㎞/ℓ
GT 6MT 1988cc 11.8㎞/ℓ
GT 6AT 1988cc 12.4㎞/ℓ
レーシング 6MT 1988cc 11.8㎞/ℓ
GTリミテッド 6MT 1988cc 11.8㎞/ℓ
GTリミテッド 6AT 1988cc 12.4㎞/ℓ
GTリミテッドブラックパッケージ 6MT 1988cc 11.8㎞/ℓ
GTリミテッドブラックパッケージ 6AT 1988cc 12.4㎞/ℓ
GR 6AT 1988cc …㎞/ℓ

ノーマルマフラーの音量

ノーマルマフラーは2本出しタイプになっています。音はオプションマフラーと比べると、ややおとなしい感じがします。

通常の走行であれば、閑静な住宅街でも音が気になるということはありません。ただ音にこだわりたい人にとっては、純正品であるがゆえの物足りなさを感じます。

7. トヨタ86のマフラー交換方法

マフラーの交換をDIYするのは、あまりお勧めしません。もちろん知識や技術、取り付けに必要な工具などがすべて揃っているのであればよいですが、基本的には取り付け業者またはディーラーに依頼します。

実際に交換するまでに必要となる作業時間は1時間程度ですが、場合によってはもう少し時間がかかる場合もあります。

また取り付け後もバランスを調整する必要があるため、交換する場合には時間に余裕をもっておくのが良いでしょう。

8. まとめ

ノーマルマフラーでも通常の走行であれば基本的に問題はありませんが、「個性が欲しい」「馬力が欲しい」「迫力のあるサウンドが欲しい」という場合はカスタマイズするのが一番です。

今回は各メーカーが取り扱っているマフラーのサウンドを中心に比較・紹介してきましたが、マフラーはそれぞれデザインも違うため見た目もガラリと変わります。

とはいえ、まずはノーマルの状態をしっかりと確認しておくことが、マフラー選びをする時のポイントです。参考になさってくださいね。