楽天カードはETCカードの審査なし!?審査のゆるい楽天の狙いとは

楽天カードはETCカードを審査なしで取得できると言われています。実際に審査なしで取得できるケースがありますが、審査が必要なケースもあります。

また、家族カードであれば確実に本人の審査はなしになります。信用状況がブラック、もしくはブラックに近い場合は家族カードでの取得を目指した方が良いでしょう。

楽天カードには、家族カードでもそうでなくとも、多大なメリットがあります。デメリットもないわけではありません。あなたが冷静に判断できるよう、メリットとデメリットについても解説します。

ETCカードを入手するには楽天カードはとても良い解決手段になり得るので、当記事にて紹介していきます。

1. 楽天はETCカードが審査なしで利用可能になるという話の真相

楽天ではETCカードが審査なしで利用できることもあります。元々楽天カードを所持している人は、審査なしでETCカードを取得できるのです。

まだ楽天カードを取得していなければ、クレジットカードを取得する際に必要な審査を当然行います。信用状況がブラックであれば、確実に取得できるとは言えません。

とはいえ、他にクレジットカードを発行している会社に比べて、楽天カードはとても取得しやすいクレジットカードです。完全に信用状況がブラックでなければ、審査に通る可能性があります。

楽天株式会社の提供するサービスを多く利用する人には、ポイントが大幅に優遇されるため特にお勧めできます。

1-1. 楽天カードが取得しやすい理由

楽天カードはクレジットカードの中でも「流通系」と言われる種類に該当します。

「流通系」とは、自社サイトのサービス利用を促進させるために流通を促しているクレジットカードのことです。そのため、「流通系」のクレジットカードは審査がゆるいと言われています。

実際に、収入のない主婦や学生でも審査が通っている事例や、他のクレジットカード会社の審査で落ちた人が楽天カードだけは取得できた事例があります。

「流通系」のクレジットカードの中でも楽天カードは特に発行枚数が多いことから、「他よりも取得しやすいカードだ」といううわさ話が広まっている面もあります。

2. 楽天ETCカードのメリットとデメリット

楽天のETCカードには多大なメリットがありますが、同時にデメリットもあります。取得に関しては冷静に判断してください。

2-1. メリット

楽天カードはインターネット上で申し込むだけで発行できます。ETCカードを取得するには、楽天カードを申し込む際にETCカードも申し込む欄にチェックを入れるだけです。この圧倒的な手軽さは他のクレジットカード会社にはないメリットです。

楽天カードと楽天ETCカードには還元率1.0%のポイント還元(100円につき1ポイント)機能があります。他のクレジットカード会社は200円につき1ポイントがほとんどですので、大きなメリットです。

また、楽天ポイントはエネオスなどの楽天カード加盟店での利用でもポイントが貯まります。楽天市場などの自社サービスでは時折、大量のポイント還元キャンペーンも行われますので、ポイントを効率的に貯めることができます。

これだけのメリットがあっても、楽天カードは発行手数料と年会費が無料です。

2-2. デメリット

楽天カードとは違い、楽天ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。他のクレジットカード付帯のETCカードは年会費も無料ですが、こちらはデメリットになります。

また、楽天からのメールがたくさん届きます。普段から使っているメールを登録してしまうと混乱するかもしれませんので、登録するメールアドレスを選ぶ必要があります。

2-3. デメリットをなくす方法

楽天のETCカードは年会費が有料なのが大きなデメリットです。しかし、この年会費は条件付きで無料にすることができるのです。

年会費を無料にする方法は2つあります。

①楽天のゴールドカード、プレミアムカード、ブラックカードのいずれかを作る
②楽天市場の会員ランクが「プラチナ以上」である

①はかんたんにETCカードの年会費が無料にできますが、代わりにクレジットカードの年会費がかかります。ゴールドカードで2160円(税込)です。年会費を完全に無料にするなら、②の方が良いでしょう。

楽天カードを申し込んだ段階で楽天ポイントクラブの会員になれます。会員は楽天市場での買い物、楽天カードの使用で得る『ポイント数』と『ポイント獲得回数』で会員ランクが変動する仕組みです。

まずブロンドからスタートし、シルバー、ゴールドを経てプラチナになれます。プラチナの上のダイヤモンドでも、ETCカードの年会費は無料になります。

プラチナは過去6ヶ月で2000ポイント以上を貯め、15回以上ポイントを獲得すればなれます。単純計算で6ヶ月で20万円使えば問題ありません。水道光熱費や携帯代などを楽天カードで支払えば、すぐに2000ポイント貯まるのでお勧めです。

問題はポイント獲得回数が15回以上であることですが、こちらは楽天ポイントカード提携店で楽天カードによる支払いをするのをお勧めします。

提携店での買い物は回数分が獲得回数になるだけでなく、100円につき楽天ポイントカードとして1ポイント、さらにクレジットカードとして1ポイントの合計2ポイントが付きます。これならすぐに条件を達成できます。

注意すべきなのは、楽天市場の会員ランクが「プラチナ以上」になってからETCカードを申請しなければ無料にならないことです。

プラチナ会員になってからETCカードを申し込むことで年会費が無料になるのです。

また、楽天からのメールが大量に届くことに関しては、楽天の会員サイトでメルマガ登録の削除をすることが挙げられます。

3. 家族カードは本人の審査なしで発行可能

楽天カードに限らず、家族カードはカード取得者本人の審査は必要ありません。

家族カードとは、生計を同一にする家族の分もカードを追加発行してくれるサービスです。元々クレジットカードを取得している家族(本会員)の信用情報を用いて審査をするため、新たに契約する人の信用情報はチェックされません。

たとえ信用状況がブラックの人でも、家族カードであればETCカードだけでなく、クレジットカードも入手が可能です。

ただし、家族カードは本会員と与信枠を共有し、本会員の口座からクレジット利用料を引き落としされます。そのため、本会員にクレジットカードの利用履歴がすべて公開されることになるため、注意が必要です。

楽天カードは、家族カードの分のETCカードを発行できません。この章では、あくまでクレジットカードを入手するなら楽天の家族カードはお勧めであるという旨でお話ししています。

4. まとめ

楽天ETCカードは元々楽天カードを所持している人だけが審査なしで入手可能です。

まだ所持していない人は審査が必要ですが、楽天カードは「流通系」のクレジットカードの中でも取得が容易な部類ですので、まずは取得に向けてチャレンジしてみることをお勧めします。

楽天カードと楽天ETCカードには他のカードにはないメリットが数多くあり、特にポイント還元率の高さは特筆に値します。

楽天ETCカードのデメリットである年会費540円(税込)も、ポイント取得を工夫すれば無料に抑えることもでき、実質デメリットは存在しないと言えるでしょう。

クレジットカードの取得だけを考えている人は、家族カードで楽天カードを取得するのも良いでしょう。信用情報がブラックの人でも、審査のない家族カードなら取得の可能性が高いです。

便利なETCを利用するのに、取得しやすい楽天ETCカードはお勧めです。ポイントを有効に使って便利にお得にETCを使いましょう。