2年、3年ごとにやってくる車検は、車を所持している以上必要経費とはわかっていても、毎回まとまった金額が出て行ってしまうのは痛い出費です。出来れば車検を安く済ませたいと思っている人も多いのではないでしょうか。日産車に乗っている人なら、日産のディーラー車検を考えるでしょうが、見積もりの値段の高さに驚く人が多いです。ディーラー車検と民間車検、どれくらい費用が違うのか比較してみました。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

スポンサーリンク

1. 日産ディーラーの車検費用の相場はいくら?

日産車に乗っている人は、まず日産のディーラーで車検を受けようと思う人が多いでしょう。「車検はディーラーでしか受けたことがない」と言う人もいるほど、「ディーラーで車検を受ける」と言う選択肢しかない人もいるかもしれません。

でも、車検費用って年々上がっていくのをご存知でしょうか。

1-1. 初回車検の費用相場

車検では、ディーラー車検でも民間車検でも、法定費用(自陪責保険料、重量税、印紙代)の値段は変わりません。法定費用は国で定められていますので、車検時に必ず絶対に必要になります。

それでは、日産キューブ(型式「DBA-Z12/総排気量1,498L/車両重量1,200〜1,240kg/駆動形式FF」を例に、全国平均で比べてみた車検費用の相場を見ていきましょう。

例)日産キューブ (新車で購入後3年経過)

項目 費用
法定費用 51,630円
代行手数料 8,390円
整備・部品交換料 9,550円
合計金額 69,570円

新車購入時にサービスパックなどに加入しており、何もトラブルや不具合がない時は、だいたい上記のような価格になります。

店舗や地域によってはプラス印紙代がかかるなど価格差が若干あります。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

それでは、次に新車購入から5年経過した2回目の車検の費用を見てみましょう。

例)日産キューブ(新車で購入後5年経過)

項目 費用
法定費用 51,630円
代行手数料 8,390円
整備・部品交換 63,980円
合計金額 124,000円

5年目以降は、車検の金額も大幅に上がってしまいます。
しかし、日産のディーラー車検を受けるともっと車検費用は高いのです。

2. 日産のディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

日産のディーラー車検は高いと言う噂は本当なのか、民間車検を代表してオートバックスの車検費用と比較してみました。

車種 日産ディーラー オートバックス(民間車検)
キューブ 92,500円 6,9570円
スカイラインクーペ 168,800円 88,480円
エルグランド 178,940円 98,480円
ノート 89,710円 6,9960円

上記の価格は一例であり、走行距離や車の状態によって車検費用は上下します。

しかし、これだけ見ても車検費用には2万〜7,8万の差が出てきます。

車の状態によっては、パーツ代の交換を色々としなければならないため、パーツ代が加算されていきます。

また、初回車検、2回目車検、3回目車検となると車検費用もどんどん割高になってきます。

スポンサーリンク

3. 日産の車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

車検代は、5年以降の2回目からは、どんどん高くなっていきます。

実際に新車から5年経過した時、もしくは走行距離が5万キロほど走っている車では、ファンベルトなどのベルト類の消耗品を交換しなければならない状態になっていることが多いです。

ベルト類などの交換となると、その分修繕費も加算されてしまうので、車検費用にパーツ代、修繕費とどんどん高くなってしまう可能性があります。

例えばミニバンなどの箱型の車の場合、修理箇所によっては整備代がかさんでしまうこともありますので、修繕費はやや多めになると覚悟しておいた方が良いでしょう。

また、バッテリーなども5年目を過ぎると交換時期になってくることが多くなります。

その他、交換が必要になりそうなパーツとしては、ワイパーブレード、ブレーキフルード(ブレーキオイル)、ベルト類、エンジンオイル、オイルフィルター、オイルエレメント、ブレーキパット、バッテリー、エアクリーナー、冷却水などがあります。修繕費は、初回の車検や、途中の点検等で交換したものがある場合や、またそれ以降の個人の使用環境によっても変わってきます。

・タイヤ代がかかることも…

車検にはタイヤの溝についての規定もありますので、車検に通すためにはタイヤ交換が必要になることもあります。

個人の使用環境によってタイヤの交換頻度は違いますが、車検前に基準値より下回っている場合は、タイヤ交換が必要になる場合があります。

3-1. 車検費用の内訳

車検費用は、大きく分けて、法定費用と、車検整備費用、その他のメンテナンス費用に分かれています。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

・法定費用

車検の際は、法定費用として国で定められた費用があります。

法定費用のことを諸費用と書いているときもありますが、一般的に法定費用とは、自陪責保険料・重量税・印紙代のことです。

法定費用についての金額は、車のタイプや車の車両重量によって違います。

以下の表を参照して下さい。

  軽自動車 普通車(小タイプ) 普通車(小タイプ) 普通車(中タイプ) 普通車(大型ワゴン車など)
車両重量 ~1,000kg 1,001~1,500kg 1,501~2,000kg 2,001~2,500kg
車種例 N-BOX等 ヴィッツ・フィット・ノートなど プリウス・パッソ・キューブなど クラウン・スカイライン・マークXなど アルファード・エルグランド・ヴェルファイアなど
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,100円
自賠責保険料(

24ヶ月)

25,070円 25,830円 25,830円 25,830円 25,830円
印紙代 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円
法定費用合計 32,770円 43,330円 51,530円 59,730円 68,030円

法定費用は、必ずかかる費用ですから、ディーラー車検であろうが、民間車検であろうが、どこで車検を受け多としても、同じ金額の法定費用が発生します。法定費用の部分を節約することは出来ません。

重量税については、エコカーの場合はまた変わって、少し安くなります。しかし、エコカーも13年経過すると少し高くなってしまいます。

・車検整備費用

車検整備とは、車検の継続検査など受けるとき、整備工場などで実施している点検整備のことです。車が保安基準にきちんと適合しているかなど、しっかり調べてくれます。

エンジン、マフラーなどの車両の下回り部分、ブレーキクリーニング、ドラムクリーニングなどの足回り部分、タイヤやワイパーゴムなどの車両周りの部分、ブレーキオイル、冷却水、ラジエターなどのエンジンルーム内などが車検整備箇所になります。

車検について調べていると、「車検整備付」と言う言葉を見かけます。車検整備付きという時は、「車検にかかる整備費用は車両本体価格に含まれる」ということになります。

整備のことだけですので、自賠責保険料や自動車重量税などの法定費用や、車検に通すための代行手数料は別途発生します。

・その他のメンテナンス費用

車検の際は、安全のためにはメンテナンスが必要な箇所が出てきます。エアエレメントやエンジンオイルなどが、メンテナンスの対象になります。

エンジンが吸い込む空気の汚れを取るエアエレメントフィルターが目詰まりしていると、エンジンの調子が悪くなります。

また、エンジンオイルの劣化は、エンジン各部を傷めてしまうなど様々なトラブルの原因になってしまいます。異音やエンジン不調、オーバーヒートなどのトラブルが発生してしまう可能性がありますので、エンジンオイルの交換も車検時にはお勧めされます。

また、エンジンオイルの汚れをとる役割をするオイルエレメント、オイルの劣化により変速ショックが起こる可能性があるオートマオイルなども、車検時のメンテナンスの対象です。

また、エンジンを冷やすためのエンジン冷却水クーラントも、年数が経つにつれて劣化してしまいますので、車検時のメンテナンス対象になります。

3-2. 5年目、7年目を迎える日産は部品の交換時期

5年目(2回目)や7年目(3回目)の車検では、交換が必要になる部品がいくつか出てきます。

まず、最も交換対象となるのは、交換頻度が一番速いエンジンオイルで、エンジンオイルは5年目(2回目)や7年目(3回目)も交換対象となる可能性が高いです。エンジンオイル交換の際、2回に1回はエンジンオイルフィルターや、2年に1回交換が推奨されるラジエター液やブレーキフルードも交換対象になるでしょう。

交換目安が割と長いパーツは、7年目(3回目)になって初めて交換対象となるものもあります。走行距離が4万kmごとの交換が推奨されているAT/CVTフルードは7回目の対象となることがあります。使用頻度によっては、ブレーキパッドやドラムブレーキのブレーキシューエンジンなどもが5回目〜7回目の車検時に交換となることが多いです。

また、走行距離が10万kmあたりで交換の目安となるタイミングベルト、走行状態により劣化が進むVベルトなどの交換も、車検で交換を推奨されるパーツです。

3-3. 日産は部品交換や修理費用、工賃が高い

日産での部品交換や修理費用は、工賃が高くなってしまいます。それは、パーツ交換時に、対象の車の純正品を使うからということが理由に挙げられます。

日産などのディーラーは、車を販売するためのメーカーとのつながりがあるため、非純正品のパーツは使わず、純正品を使うことも条件のようになっているため、民間車検の工場より値段が張ってしまうのです。

そもそも日産の本業は、修理ではなく車の販売です。購入してくれた車のアフターケアとして、修理や車検を請け負っていると考えたほうが良いでしょう。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

ディーラー車検では、実は外注マージンが発生しているので、値段も高くなってしまうのです。ディーラーが板金修理をしないという話を聞いたことがある人もいるでしょうが、ディーラー車検も外注マージンがかかっています。

下請会社が整備などをして、その代金にディーラーが利益を上乗せしていますので、自社工場完備の民間車検に出すよりも料金は高くなってしまうのです。

マージン料は状況やディーラーによって異なります。

4. 日産のディーラー車検と民間車検の違い

それでは、日産のディーラー車検と民間車検の違いを詳しくご説明します。

4-1. 車検費用の違い

車検費用はどうしてもディーラー車検の方がかなり高くなってしまいます。車検費用を節約したい人は、民間車検に出す方がかなり節約できるでしょう。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

車検内容については、点検・整備などで比べてみると「ディーラーは専門性があり整備や点検が充実しているから、予防的な面でもしっかりメンテナンスしてくれそうだ」と思う人も多いでしょう。

しかし、ディーラーだから安心だというわけではなく、結局は担当者によってサービス内容が変わってしまうということもあります。

あまり奉仕精神のない担当者であれば、手厚いフォローをしてくれるわけでもありません。

民間車検工場の担当者がとても奉仕精神がある場合は、価格はディーラーよりかなり安く、手厚いサービスをしてくれることもありますので、点検・整備内容の違いは、ディーラーだから安心だということも言い切れないことを知っておきましょう。

4-3. 信頼性の違い

日産のディーラー車検と民間車検の信頼性で言うと、一般的にはディーラー車検の方が信頼出来ると思われているでしょう。しかし、昔ながらの車検工場で丁寧な仕事をしている整備士さんは、多くのお客さんとの信頼関係を築けているでしょう。

さらに、ディーラーは転勤があるので、1人の担当者とじっくり付き合うことは出来ないことがほとんどです。

比較してみると、信頼性を築けるのは、ディーラーよりも民間車検工場であることが多いのです。

5. 日産車の車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

では、日産車の車検を民間車検で受けることになった場合、どのようなメリットとデメリットがあるのかを具体的にご説明します。

5-1. メリット

日産車の車検を民間車検で受ける場合の最大のメリットは、車検費用の安さでしょう。何と言ってもディーラー車検とは比べ物にならないほど、車検費用を抑えることが出来ます。

ディーラー車検と民間車検は、まとまって数万円の差が出てしまうので大きいです。

自分で車のことをきちんと管理できる人、定期的にメンテナンスする人、車に大切に乗る人は、日産車の車検を民間車検で受ければ、かなりの金額を節約することが可能です。

5-2. デメリット

日産車の車検を民間車検で受ける場合のデメリットは、ディーラーほど手厚い安全性への追求がないと言うことでしょう。

日産車をディーラー車検に出す場合のメリットとしては「ディーラーならではの安心感」があります。

日産は、車に対しての高度な知識と専門性を伸ばすために「日産サービス技術習得制度」という独自の教育制度を導入して社員教育をしています。

さらに車の中でも専門的かつ高度な知識や技術が必要になる電気自動車部門では、車検の際も点検内容が一般の自動車とは全く違った目線で点検することになります。

また、日産ももちろん、各ディーラーでは開発時から現時点までの蓄積された豊富なデータや専門知識がありますので、これから起こり得る可能性がある危険予知やトラブルの予防など、危険を限りなく予見して行う点検やアドバイスを提供しています。
この手厚いサポートの分、どうしても車検費用が高くなってしまうのでしょう。

6. 日産ディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

日産ディーラー車検の費用が高い!と思った時、車検費用を節約したいと思いますよね。そんな時に民間車検の選び方をご紹介します。

6-1. 民間車検の種類

車検は受ける場所や方法によって、値段もサービスも違ってきます。

1995年より車検の制度が見直しされ、車検を受けられる場所の選択肢が広がりました。

・オートバックスなどのカー用品店

車のアクセサリーパーツやタイヤなどを扱っているカー用品店でも車検が受けられます。

・ガソリンスタンド

近年は、ガソリンスタンドでも車検を受けられるところが増えてきました。行きつけのガソリンスタンドで車検が受けられるのは便利だと、ユーザーも増えてきています。

・民間整備工場

民間車検というと、民間整備工場での車検を指すことがおおいでしょう。整備工場での車検は、工場によって設備や仕上がりに差があります。中には、ディーラー以上の整備をしてくれるところもあります。

・フランチャイズ店

「ホリデー車検」などでおなじみの車検専門としているフランチャイズ店も、近年急増しています。

価格も安定しており、フランチャイズですので一定水準のサービスが受けられます。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

民間車検を選ぶときは、予算に応じて選ぶのか、日数によって選ぶのか、お店の対応の質で選ぶのかで決めていくことになります。

参考までに、車検を受ける場所別の相場価格を下表でまとめてみました。

車検を受ける場所 車検費用合計
日産ディーラー車検 法定費用 + 40,000円~100,000円
車検専門のフランチャイズ店舗 法定費用 + 25,000円~80,000円
民間の整備工場での車検 法定費用 + 25,000円~80,000円
カー用品専門店での車検 法定費用 + 20,000円~60,000円
ガソリンスタンド 法定費用 + 20,000円~60,000円

表記の価格はおおよその目安であり、別途必要となるパーツ代などは含まれていません。

7. 日産の車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

日産の車検費用を抑えたいと思うのであれば、民間車検業者の選び方がポイントになります。

ディーラー車検と民間車検業者を比較してみると、ディーラーの方が設備など

整っているように思えますが、実際は民間車検業者でも、ディーラーの向上と同等レベルかそれ以上の技術レベルや設備を持っていることもあります。
また、民間車検業者は、一人ひとりのニーズに合わせたパーツを取り寄せてくれるなどもあります。それでいて、車検費用はディーラーより安くなっていますので、車検費用を抑えたい人は民間車検業者で検討してみるのも良いでしょう。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!
グー車検
ホリデー車検
EPARK車検
おすすめの記事