チャレンジ車検の評判は?ディーラー車検との違いを比較!

ディーラーで受ける車検は安心できるけど、費用がかかるものだと感じている人は多いかもしれません。しかし車検はさまざまな場所で受けることができるため、現在では安心と低額を一緒に手に入れる車検も存在します。

『チャレンジ車検』もそのひとつです。ディーラー車検との差をきちんと把握することで、お得に安全な車検を受けることができるようになります。

スポンサーリンク

車検に出すならディーラーとチャレンジ車検どっちがおすすめ?

車検は「自動車検査登録制度」を略したもので、検査を行うことによって安全に使用することができるかを確認するものです。また車の所有権を法的に認めてもらう制度のことをいいます。

車検代の内訳をみると、重量税、自賠責保険料、印紙代については、どこで車検を受けても同じ金額が必要です。この費用を法定費用といいます。そのほかの内訳費用には24カ月点検整備検査代や、代行手数料となる車検基本料が含まれることになるわけです。

つまり、車検費用に価格差が生じるのは法定費用を除く車検基本料になります。どこまでの点検整備を行うか、どのパーツの消耗部品を交換するかによって異なるでしょう。

車検を受けることができるのはディーラーだけではありません。以下に挙げる場所でも車検を受けることは可能です。

  • 車検専門業者
  • ガソリンスタンド
  • カーショップ
  • ユーザー車検

最近は車検を専門とする車検専門店が増えており、その多くはフランチャイズ方式です。加盟店も拡大しているため、どこの店舗で車検を受けても同じサービスを受けられます。しかし『チャレンジ車検』はボランタリーチェーン方式です。

フランチャイズとは異なり、各店舗で独自の展開を行うことが可能になっています。同じ『チャレンジ車検』であっても、店舗によって特色があるといえるでしょう。コンビニエンスストアのように同じ地域の近い場所に『チャレンジ車検』加盟店舗を置きません。

そうすることで同じボランタリーチェーン店同士のつながりが強く、しっかりとした運営が行われる仕組みを整えています。

一般的にディーラーは、自動車メーカーが自社の車を販売するための拠点となる場所で、正規ディーラーと呼ばれる販売店です。『TOYOTA』『HONDA』などのメーカーの新車を販売すると同時に、修理や車検なども行うことができます。

直営店であることから、該当車種の情報量はもちろんのこと、整備士の知識も十分あることから、安心だということができるでしょう。

『チャレンジ車検』とディーラー車検には、それぞれにメリット・デメリットがあるため、どちらがおすすめなのかは人それぞれかもしれません。ここからはそれぞれの特徴をご紹介していきます。

そのうえで、自分に合っているのはどちらなのかを判断できるといいのではないでしょうか。

ディーラー車検がおすすめな方

車は本来半年に1度の定期点検を行った方がいいといわれています。しかし頻繁に点検を行うユーザーは数少なく、ほとんどは2年に1度の車検が定期点検になると考えられるでしょう。

定期点検ではブレーキの残量、オイル交換、タイヤの状態などをみることになっていますが、この点検は任意に行われます。そのためディーラーは2年先に行う車検まで十分に持ちこたえることができる整備を目指しているのです。

実際には国が定めた項目基準を満たしているかを検査するための車検ですが、同車種であっても、それぞれの車の状態は使用頻度や状況によっても異なります。その車に最適な状況を長期間に渡り整えることが重要なのかもしれません。

車を使用するユーザーは老若男女を問わず、さまざまな人が使用します。中には車のことがあまりよく分かっていないという人もいるでしょう。そういった人におすすめなのは、ディーラーでの車検ということができそうです。

チャレンジ車検がおすすめな方

車に詳しく、ある程度の情報を収集できるユーザーには『チャレンジ車検』をおすすめします。車検に立ち会うことで車の状態を把握することができ、修理が必要な場合にも詳しい説明で判断することが可能です。

また『チャレンジ車検』ではさまざまなメニューが用意されているため、現状に合わせた車検を選択することができます。

チャレンジ車検

立ち合い見積もりを無料で行うことができ低価格でありながら、整備保証もついた車検

ピッカピカ車検

車検と同時に外装、内装、窓ガラスの撥水やボディーコーティングまで任せる車検

C-up車検

お値打ちになる車検メニューで、およそ30分で完了です。整備保証もついているので安心です。例えば追加整備がほとんど必要ない初回車検車にはおすすめでしょう。

パーフェクト車検

車検後2年の整備無料整備が付いています。パンク修理はもちろんのこと、オイル交換、

バッテリー交換、オイルエレメント交換、ワイパーゴムに至るまで面倒を見てくれるプラ

ンです。

整備保証は7年経過、又は10万キロまでの長期保証が付くので、『チャレンジ車検』に不安を持っている人にも安心できるプランが用意されています。

チャレンジ・エコノミー車検

45分で車検を終了することができるメニューです。車のオーナーが立ち会うことで、無駄な整備を省くことが可能になります。

車検のプランをすべて任せるのではなく、車の知識を活かして判断ができる人であれば、問題なく車検を通すことができるでしょう。また長期の補償が付いているメニューも取り揃えているため、さまざまなクルマの情況に応じて対応することができます。

チャレンジ車検の評判・口コミは?

では、実際に『チャレンジ車検』を受けた人たちはどのように感じているのか、気になるところです。口コミや評判をご紹介していきましょう。

良い評判

  • あっという間に車検が終了しました。丁寧な対応で書類も次の日にできあがるスピーディーさで、大変満足です。
  • 近所のお店なので、何かあってもすぐ対応してくれるという安心感があります。そのため2回目の利用をお願いしました。
  • 不要なサービスの無理強いもなく、見積もりもまた車検後に取り換えた部品をみせながら説明するという丁寧さが良かったです。またお願いしたいと思います。
  • 急なお願いにも快く対応していただき、本当に助かりました。また価格にも大満足できました。
  • 最初に見積もりを取った店よりも安い値段で車検を済ませることができました。またいろいろと相談に乗ってもらい、感謝しています。
  • 見積もり通りで、価格的にも所要時間も満足しています。また予定になかった代車まで用意してくれる親切なところが本当に嬉しかったです。
  • 前回の車検は別のところで依頼して、車検後に不具合が続いた。しかし今回は車検後の不具合も一切なく快適に運転することができている。依頼してよかったと思う。

迅速な車検はもちろんのこと、価格的にも皆さん満足されている様子です。また何よりも、丁寧な対応で予想以上のサービスを得られたことが嬉しいという声が多く聞かれました。

悪い評判

  • もう二度と利用することはないと思います。
  • 入店しても誰も声をかけることがなく、こちらから声を掛けました。どのように進めていくかの説明もなく、車を預けてからずっと待っているだけです。接客態度が雑だったのでもう二度と利用することはありません。
  • 納車の日にちについて、お願いした時間には無理だといわれ譲歩しましたが、結局こちらの言った時間にできるのであれば初めから引き受けてくれればいいのに、と思いました。ちょっといい加減な態度が目につき嫌な感じです。
  • セルフドリンクを勧められることもなく、飲んでいいものかこちらから尋ねなければ対応してくれませんでした。

車検本来に対しての評価だけではなく、お店に対しての不満が多くみられます。接客に対して、もう少し見直した方がいいという意見が多く聞かれました。

スポンサーリンク

ディーラー車検とチャレンジ車検の違い

ディーラー車検と『チャレンジ車検』では、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴とメリット、デメリットについて詳しくご紹介していきましょう。

ディーラー車検の特徴

たとえば新車で購入してメンテナンスまでディーラーで任せている場合には、車のコンディションを細かくチェックしてもらうことができます。顔見知りになれば、不安なことも相談しやすくなるでしょう。

また点検時期なども知らせてもらうことができるほか、定期的に点検に行く機会も増えるため、車の異常に気付きやすくなるという点も特徴のひとつです。

そのほかには、売却時の査定時に長年整備を行ってきていることが有利に働き、査定アップにつながることもあるでしょう。

メリット

  • 自動車メーカーの信頼を背負っている安心感
  • 使用するパーツはすべて純正
  • 自社車両ならではの経験と質の高いサービス
  • 専用のテスターを導入している
  • 車検の定期点検項目以外も点検してくれる
  • 整備保証がある
  • 代車の貸し出し無料

まずディーラーは、自動車メーカー系列の販売会社なので、メーカーが正規ディーラーにしか提供しない新車解説マニュアルがあります。また整備マニュアルもあるので、車種によって異なる詳細な分解整備を行うことも可能です。

自社の車なので、交換部品も純正部品を使用するため交換後の不具合もありません。そのほかハイブリッド車両のようなコンピューター制御の車であっても、最新の専用テスターも備えているので、どのような故障や不具合も対応することができます。

部品交換になっても純正部品を使用するため、高品質が保証されているといえるでしょう。純正部品以外を使用することで補償の適用が受けられなくなる場合もありますが、ディーラー車検ではそのような不安もありません。

また、車検以外のメンテナンスのことや、次に買い替える時期などさまざまな相談をすることもできます。そのほか車検中の代車が無料になるサービスを行っている店もあるようです。

デメリット

  • 価格が割高
  • 純正パーツだからパーツ代金は割高

何といっても車検費用が割高になる点が挙げられます。その理由としては次の車検まで安全に乗ることができるように整備項目が多くなり、レパレートという整備1時間当たりの工賃が高くなっています。

その他にも来店時のお茶やお菓子のサービス、子供の遊び場の提供、洗車などさまざまなサービスの充実も費用に加味されているといえるでしょう。

車検でのパーツ交換になった場合には純正パーツを使用しますが、高品質である分だけ価格に差が生じるともいわれています。

このように車検費用が高額になってしまうことがデメリットといえるかもしれません。

チャレンジ車検の特徴

費用が比較的安く済むといわれている『チャレンジ車検』ですが、点検項目が少なく雑な車検であれば意味がありません。どのような仕組みで価格を抑えることができているのか、またメリット、デメリットについても詳しくご紹介していきます。

メリット

  • 車検費用が安くなる
  • ニーズに合わせた車検メニューが豊富
  • オーナー立ち合いのもと1時間というスピード車検
  • ハイブリッド車にも対応
  • 地域に密着した整備工場

通常の車検では車を1日以上預けますが、スピード車検ではおよそ1時間で車検を完了することが可能となります。

整備を行う整備員と、検査をする検査員の両者とも資格を保持しているので、安心して車検を任せられるでしょう。また車のオーナー自ら立ち会うこともできます。

1時間で車検が完了するとなると、丁寧に検査をしてもらえないのではないかと不安しなるかもしれませんが、整備を行う前の試乗確認や整備の終了後にも丁寧な説明を受けることができます。

そのほかには整備保証もついているので、万が一車検終了後に不具合が生じても安心して修理をしてもらうことも可能です。また追加料金が発生するような箇所がある場合には、必ず確認をとってから行うので、トラブルに発展することはありません。

車検は完全予約で行っているので、電話で予約をすれば当日、車を持ち込むだけで車検が完了します。もちろん週末の土曜、日曜でも車検をすることは可能です。

デメリット

  • ボランタリーチェーン方式であるため、店舗によって差がある
  • 車検費用が安いことで必要最低限の点検と整備しかしてもらえない可能性がある

『チャレンジ車検』ではさまざまなメニューを展開していますが、車に詳しくない人の場合には、どのメニューを依頼したかで、不満を感じる場合があるかもしれません。自分の車の状態にあわせて、相談をしながらメニューを決定することも必要になるでしょう。

ディーラー車検に不満ならチャレンジ車検で見積もりを取ろう!

もし高額なディーラーの車検に不満を持っている場合には、『チャレンジ車検』で見積もりを取ることをおすすめします。どこで車検を受けるにしても、見積もりを取ることである程度の概算を立てることが可能です。

ディーラーとの合い見積もりをとることで『チャレンジ車検』の安全性、安心感、納得できる保証を確信することができるかもしれません。

くるまと推奨!
最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎


おすすめの記事