車検が切れている、もしくは車検ギリギリの車を買い取ってもらうことはできるのでしょうか?

結論からお伝えすれば可能です!しかも、車検の有無による買取額の差は数万円です。10万円以上する車検費用を払うよりも、車検が切れたまま買取ってもらう方がお得になります。

ただし、車の状態によって査定額に違いが出てくるので、高価買取のためには買取業者選びが重要になってきます。

そこで今回は、車検切れの車を高く買い取ってもらうための方法をご紹介していきます。

車検切れでも車の買取は可能!査定額も下がらない!

冒頭でもお伝えした通り、車検切れの車でも買取可能です。例えば、自宅に放置されていた車であったり、車検ギリギリの車でも売ることもできます。車買取の際に、車検の有無は大きな問題ではないということです。

車検に出す前に買取ってもらう方がお得

さらに、車検の有無によって買取査定額に大きな差は出ません。車検が1年以上残っている場合には多少のプラスがありますが多くても数万円の差です。

車検に通すと少なくとも10万円近くの費用がかかることを考えれば、車を売るためにわざわざ車検に通すメリットはありません。(買取査定額よりも車検費用の方が上回ってしまうからです。)

それよりも車を早く売った方が自動車税を支払わなくて済んだり、査定額も高くなる可能性があります。車検を心配するよりも、どこに売れば高く買取ってもらえるのか探した方がお得です。

車の状態によって買取業者選びが変わる

ただし、車検が切れている車の状態によって、利用する買取業者が変わってきます。

例えば、つい最近まで乗っていた車の車検が切れたなら通常の買取業者で構いません。しかし、長年自宅で眠っていたような車の場合、廃車専門の買取業者を利用した方が高く買取ってもらえることもあるのです。

また、車検が切れている車は公道を走れませんので、運転して買取店に運ぶことはできません。違反すると免停になってしまいます。そのため、次にご紹介するような業者選びを参考にしていただくことをおすすめします。

車検切れの車を高く買取る業者の探し方

車検切れの車でも買取ができることはお伝えした通りですが、買取額(査定額)は業者によって差が出てきます。いくつかの業者から無料査定を受けて、一番高く買取ってくれる業者を選ぶのがコツになります。

そこで便利なのが車買取の一括査定サイトです。わざわざ自分で複数の業者を回って査定額を比べなくても一番高く査定してくれる業者を見つけることができるからです。

特に車検切れの場合、自分で車を運転して買取店に足を運ぶことができません。しかし、一括査定サイトを利用すると、自宅に査定スタッフが来てくれたり、売却した車も運んでくれる業者が見つかるため安心です。

ただ、一括査定サイトは一度登録すると個人情報が漏れるとか、営業電話がしつこくかかってくるという噂も聞くため不安に感じている方が多いと思います。そんな場合には、車買取一括査定サイトを安心して使う方法をチェックしてみましょう。個人情報も営業電話も心配せず車を買取ってもらうことができます。

車検が切れた放置車両は廃車買取業者からも査定を受ける

もし車検が切れてしばらく放置していた車を買取ってもらいたい場合には、廃車専門の買取業者から査定を受けることをおすすめします。

車を廃車するには手間も時間も費用もかかり、場合によっては5万円以上の負担になることもあります。しかし、買取業者を利用すれば面倒な手続きも業者が代わりに行ってくれますし、高価買取の可能性もあるので、利用しない手はないのでしょうか。

こんな車売れるわけがないと思っていた車でも予想外の査定額が提示されることもあるので、ぜひ活用してみてください。

同様に、事故車故障車を取り扱っている買取業者もあります。

  • 処分に困っていた
  • 売れるはずがないと思っていた

こんな車があるようでしたら、一度買取業者から無料査定を受けてみることをおすすめします。

税金が未納になっている車の買取には要注意!

車検切れについては車の買取額に大きく影響しません。しかし、自動車税などが未納になっている場合は注意が必要です。

基本的には税金が未納になっている車を売却することはできません。ただし、買取額から納税額を差し引いて売るといった方法もあります。詳しくは、自動車税が未納の車を売る方法を確認してください。

こちらで詳しくお伝えしていますが、税金が未納でも買取ってくれる業者は限られていますし、さらに車検切れとなれば対応できる業者を探すことに苦労します。そんな場合でも車を売る方法をご紹介していますのでぜひチェックしておきましょう。

車検切れの車の買取に必要な書類

ここまで車検切れの車を買取ってもらう方法をお伝えしてきましたが、実際に車を売る時には書類の準備が必要になります。

特に、しばらく放置していたような車の場合には、書類の所在がわからないことがあるかもしれませんので、事前に確認してスムーズに買取ってもらうようにしましょう。

具体的には、以下の8つが必要になります。

  • 車検証(自動車検査証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書または軽自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券

車検が切れているからといって特別な書類はありませんので安心してください。また、買取業者からの振込先になる口座番号も用意しておくと慌てずにすみます。

車検切れの車を買取してもらう場合の注意点

無車検運行

最後に改めて確認しておきますが、車検が切れている車を公道で走らせることはできません。もし無車検で捕まった場合(無車検運行)、

  • 6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金
  • 違反点数6点

このような罰則があり30日以上の免停になります。

無保険運行

さらに、車検が切れていると自賠責保険(強制保険)も切れていることがあります。(自賠責保険は車検の時に払っていることが多いからです。)

自賠責保険が切れた状態で車を運転した場合(無保険運行)、

  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 違反点数6点

このような罰則になります。

もちろんこうした罰則だけではなく、万が一事故でも起こしてしまった場合には、高額な損害賠償を課せられることもあります。

仮ナンバー取得

もし車検切れの車で公道を移動する場合には、仮ナンバーという仕組みがあります。市区町村で申請すると一定期間(3〜5日)だけ、車を運転することができるようになります。

この仮ナンバーを使えば、車検が切れている車に乗って買取店まで移動することができますが、期間限定だったり申請が必要になるため手間がかかってしまいます。

こうしたことを考えると、車検切れの車を売る場合には自宅まで出張査定にきてくれたり、自宅から車を引き取ってくれる買取業者を選ぶことがおすすめです。

車検切れの車を買取業者に高く売る方法まとめ

いかがだったでしょうか?車検が切れている車、もしくは車検ギリギリの車でも買取ってもらうことは可能です。さらに、長時間放置して廃車のようになっている車でも売れます。

また、車検の有無による査定額への影響はわずかしかありませんので、わざわざ車検を受けてから売るよりも車検切れのまま売った方がお得になります。

今回ご紹介したような買取業者を利用すれば、自宅で査定をしたり引き取りにきてくれるところがあるので、車検が切れ運転できない車を売りたい場合には非常に便利です。

車検で悩むよりも、まずはいくらで売れるのか確認してみるのがいいでしょう。

おすすめの記事