車を売却しようと考えた時に、車検証に書かれた名義が自分と違うことに気づいて不安になっていませんか?例えば、親や知人・友人、もしくはディーラーやローン会社名義かもしれません。
このような場合でも、名義変更をすれば車を売却することができます。場合によっては、名義変更に必要な手続きを売却先の買取業者やディーラーが代行してくれるため、簡単に車を売ることができます。

ポイントは、名義変更に必要な書類を早めに用意しておくことです。ただし、名義人によって必要となる書類が変わるため注意が必要です。

そこで今回は、各ケース別に名義人が違う車を売却する方法をご紹介していきます。名義変更の手続きが遅れると売却できないだけでなく、車の査定額が下がってしまう可能性もあります。できるだけ高く車を売るためにも早速確認していきましょう

車売却のコツ|名義人が違う車を高く売る方法

冒頭でもお伝えした通り、名義人が違う車でも名義変更することで売却できます。特に、親や友人などが名義人になっている場合には、売却先(ディーラーや車買取店)が名義変更手続きを代行してくれるため、思いの外簡単に車を売却することができます。また、査定額にも影響しません。
もちろん、自分で名義変更をしてから車を売却しても構いませんが、手続きの手間や査定額に影響しないことを考えると、手続きは業者にまかせて早く車を売却することをおすすめします。

なぜなら、車の査定額の相場には変動があるため、名義変更手続きに手こずっていると車が高く売れるタイミングを逃してしまう可能性もあるからです。特に、買取業者を利用して車を高く売却したいと考えている場合には、名義変更手続きよりも無料査定の申し込みを優先しましょう。

特殊なケースとしては、名義人がカーディーラーやローン会社になっていることがあります。この場合には、所有権解除という手続きが別途必要になります。

また、名義人が死亡している場合には相続関連の書類が必要になるため、名義変更手続きがより煩雑になってきます。

こうしたケースでも、まずは買取業者に相談してみましょう。必要書類や取得方法を詳しく教えてくれますし、なにより査定額がわかるので売却後の予定も立てやすくなります。

以下に各ケースの売却方法と必要書類をご紹介していますので、こちらで流れを確認しながら売却手続きを進めていきましょう。

名義人が親や知人・友人になっている車の売却方法と必要書類

名義人が親や知人・友人になっている場合の車の売却は簡単です。以下にご紹介している必要書類が用意できれば、あとは通常の車の売却と変わりありません。

現在の名義人(車検証に記載の所有者)に用意してもらう書類

  1. 印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  2. 委任状(実印を押してもらう)
  3. 譲渡証明書(実印を押してもらう)

この3つの書類は現在の名義人(親や友人・知人)に用意してもらう必要がありますので、車の売却を決めたら出来るだけ早く連絡をとるようにしましょう。特に印鑑証明書は役所に取りに行かなくてはならないため遅れないように注意してください。

また、車の売却先が決まっているようでしたら、委任状と譲渡証明書の用紙は買取業者(もしくはディーラーなど)が用意してくれます。まだ売却先が決まっていないようでしたら、国土交通省のホームページからダウンロードすることもできますので活用しましょう。(リンク先ページを下に進むと「各種様式」がありますので、こちらから該当する書類をダウンロードして印刷しましょう。)

上記3つの書類を用意してもらったら、必ず車検証に記載されている内容と同じか確認するようにしましょう。

もし、車検証に記載されている住所と用意してもらった印鑑証明所の住所が異なる場合には、住民票も用意してもらう必要があります。さらに、名前が異なっている場合(結婚して名字ば変わったなど)には、戸籍謄本も必要になります。

車を売却する人(あなた)が用意する書類

  1. 印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  2. 委任状(実印を押す)
  3. 譲渡証明書(実印を押す)
  4. 車検証

委任状と譲渡証明書は、それぞれ1枚の用紙に現在の名義人と売却する人(あなた)が記入することになります。記入方法は買取業者、もしくは先ほどの国土交通省のホームページから確認することができます。

また、印鑑登録証明書は役所で申請すれば即日発行してもらえます。(手数料として300円前後必要になります。)

名義人がディーラーやローン会社になっている車の売却方法と必要書類

車をローンで購入した場合には、名義人がディーラーやローン会社名になっていることがあります。この車を売却するためには、ディーラーやローン会社に問い合わせて名義変更(この場合、所有権解除といいます。)の手続きを行う必要があります。(ローンが完済されている場合)

多くはローン会社などへ必要書類を郵送すれば、先方が手続きを行ってくれます。その際に必要となる書類は以下のようになります。

所有権解除のために必要な書類

  1. 車検証
  2. 印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  3. 自動車税納税証明書
  4. 完済証明書
これらの書類はご自分で用意する必要があります。その他にも、ローン会社に連絡すると必要書類が送られてきますので、それらと一緒に返信するようにしましょう。

印鑑登録証明書は役所で即日発行してもらえますので、予定を合わせて準備しておきましょう。(手数料として300円前後必要になります。)

また、車検証と印鑑証明所の住所が異なる場合には住民票も必要になります。さらに、結婚などで車検証に記載されている名前(名字)が変わっている場合には戸籍謄本も用意しましょう。車検証に記載されている内容を確認して、何度も役所に足を運ばなくて済むようにしましょう。

ローンが残っている場合の売却方法

もしローンが残っている場合には、基本的には完済してからの売却になります。しかし、車買取業者の中にはローンが残っていても売却できるところがあります。

例えば、車の査定額がローン残高を上回る場合、買取金を利用してローンを完済することができます。仮に査定額が100万円、ローン残高が30万円だったとすると、査定金額(100万円)から30万円を利用してローンを完済し、残りの70万円が手元に残るということです。

もし、査定額がローン残高を上回らない場合でも、残ったローンと新車購入費用をまとめてローンを組み直すサービスなどもあります。

こうしたサービスは、アップル、カーチス、ガリバー、ビッグモーター、ラビットなど多くの買取業者が対応していますので、まずは相談してみるといいでしょう。

名義人が死亡している車の売却方法と必要書類

例えば親が亡くなり所有していた車を処分したい場合などはこちらのケースに該当します。この場合、車は相続財産となり(相続車両と言われます)名義変更には相続に関する手続きが必要になってくるため複雑になってきます。

この後、必要書類を詳しくご紹介しますが、迷った場合は車買取店に先に相談してみるといいでしょう。手続きに必要な書類や取得方法について詳しく教えてもらうことができます。

ただし、買取業者に相談する前に車検証で所有者(=名義人)を確認しておくようにしましょう。なぜなら、ローンで購入していた車の場合、所有者(=名義人)がディーラーやローン会社になっている可能性もあるからです。こうしたケースでは手続き方法が変わってくるため、買取業者に事前に伝えておくことで売却がスムースになります。

車検証の所有者(名義人)が親の名前と一致する場合の必要書類

車検証に書かれている所有者(=名義人)が親の名前と一致している場合は、相続に関する書類を用意することで名義変更が可能となり、車を売却することができます。以下の書類を用意しましょう。

  1. 遺産分割協議書もしくは遺産分割協議成立申立書
  2. 戸籍謄本
  3. 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)

これらが、相続に関する手続きに必要となります。

遺産分割協議書には相続人全員の実印と印鑑証明書、戸籍謄本が必要です。ただし、売却する車の価格が100万円以下の場合には、遺産分割協議成立申立書で手続きが可能になります。

遺産分割協議成立申立書は、相続人(車を売却する人)の実印があれば名義変更することができます。このように、売却する車の価格によって必要書類が変わるため、まずは買取業者の無料査定を受けて価格を調べてみるといいでしょう。

その他、車を売却するためには車検証、自賠責証明書、自動車税納税証明書や委任状、譲渡証明書が必要ですが、こちらは通常の車の売却手続きと同じになりますので、まずは上記書類を用意すればスムーズな売却ができます。

車検証の所有者(名義人)がディーラーやローン会社の場合

売却したい車がローンを組んで購入されていた場合には、カーディーラー、もしくはローン会社が所有者(名義人)になっているケースがあります。この場合、「名義人がディーラーやローン会社になっている車の売却方法と必要書類」で先にお伝えしたように、まずは所有権解除が必要になります。

ただ、親のカーローンの詳細まで把握していないことが多いと思いますので、まずは所有者(名義人)となっているディーラーやローン会社に問い合わせてみましょう。

名義人が違う車を売却する方法まとめ

いかがだったでしょうか?名義人が違う車でも名義変更をすれば売却できることが確認できたと思います。ポイントは、名義人が誰になっているかによって必要書類が変わってくることです。

  • 親や友人、知人のケース
  • カーディーラーやローン会社のケース
  • 名義人が死亡しているケース

それぞれ手続きが異なりますので、今回の記事で必要書類を確認してスムーズに車を売却していきましょう。

もし、手続きや書類の取得方法がわからなくて困った場合には、先に買取業者に相談してみるといいでしょう。無料査定を受ければいくらで売却できるのかわかりますし、売却のために必要な書類や取得方法まで教えてくれます。また、手続きを代行してもらえるケースもありますので活用していきましょう。

また、今回ご紹介した内容は名義変更のために必要な生類を中心にお伝えしています。それ以外にも、車を売却するためには自動車税納税証明書や自賠責保険証等が必要になりますので、こちらから車の売却に必要な書類一覧を確認しておきましょう。

おすすめの記事