車を売る方法|自動車税が未納でも買取業者なら売れる!

自動車税が未納のままでも車を売る方法があります。

例えば、ディーラーでの下取りはまず不可能ですが、買取業者なら売れる場合があるのです。もちろん、税金が未納だからといって違法な方法で車を売るわけではありません。

自動車税が払えない、とにかく車を早く売りたいなど様々な理由があると思いますので、早速、具体的な方法を確認していきましょう。

自動車税が未納の車を買取業者に売る方法

自動車税は4月1日時点で車を所有している人に課せられる税金のことです。毎年5月末までが納税の期限となり、基本的には4月からの1年分を納めます。

この自動車税が未納になっている場合、買取業者を利用した方法であれば車を売ることができる可能性があります。

ただし、車を売っても自動車税の納税義務はなくなりません。車を売ったお金を使って納税することになります。その方法を詳しく確認していきましょう。

車を売ってから自分で自動車税を納める

1つ目のケースとしては、車を買取業者に売った後にその売却金から未納になっていた自動車税を自分で支払う方法です。

現在、未納になっている自動車税が支払えずに困っている方にとっては朗報かもしれません。しかし、業者にとってはリスクが高い方法になるため、現実的には稀なケースと言えるでしょう。

なぜなら、自動車税が未納だと車検が受けられないため、買い取った車を販売することができないからです。

買取額から納税額を差し引く

二つ目のケースは、車の買取額から未納になっている自動車税の金額を差し引く方法です。納税は業者が行うことになるため、買取後のトラブルの心配も少なくなります。

当然ですが、買取の査定額は低くなることには注意が必要です。

自動車税を買取業者に売るための手順

自動車税が未納でも買取業者なら売れるとお伝えしましたが、どこの業者でも売れる訳ではありません。先ほどもお伝えした通り、自動車税を払っていないと車検に通らないため、トラブルの原因になってしまうからです。

そのため、こうした事情を踏まえて買い取ってくれる業者は限られてきますので、いくつかの業者に相談する必要があります。査定を受けたりする前に、必ず自動車税が未納であることを伝え、対応できる業者を探すようにしましょう。

自動車税が未納の車を売る場合の注意点

何らかの事情で自動車税を納めることができないことがあると思います。しかし、本来は自動車税を支払った上で車を売却するのがルールです。そのため、今回のような方法で車を売る場合には、後からトラブルにならないように注意も必要になってきます。

自動車税の納税義務はなくならない

自動車税が未納の車を売る方法をお伝えしてきましたが、決して納税義務がなくなるわけではありません。納税が遅れるほど延滞金が増えていきますので、できるだけ早く納税するようにしましょう。

また、車を売る前に納税することができるのであれば、トラブルを避けるためにも車を売る前に支払ったほうがいいでしょう。どうしても納税が難しいという事情がない限り、今回お伝えいているような方法はおすすめできません。

延滞金が発生する

延滞金の計算方法は、平成30年度の場合には納税期限より1ヶ月以内は年2.6%、その後は年8.9%の割合で計算されます。日割り計算されますので、納期が遅れれば遅れるほど延滞金が増えることになるため、車を売る前でも後でも、できるだけ早く納税することをおすすめします。

ただ、延滞金が1,000円未満の場合は切り捨てられるので、実質的に延滞金が発生するのは7月後半ごろになってきます。(延滞金の発生日は納税額によって異なります。)本来、納税期限は5月31日までなのですが、およそ2ヶ月ほど延滞金がかからないということになりますので、この猶予期間に支払えるよう工面することもできます。

買取査定額が下がる

自動車税が未納になっている車を売る場合の査定額は、通常よりも下がってしまうと言われています。当然、買取業者にもリスクが増えたり、トラブルの可能性が出てくるからでしょう。

先ほどからお伝えしていますが、自動車税の支払い義務は無くなりません。車を売る前になんとか納税するか、それとも売ったお金で納税するかの違いになります。つまり、車を売る前に納税すれば査定額に響くこともないので、結果的には手元に残るお金が多くなる可能性があります。

どうしても車を売る前に自動車税が払えないという場合以外は、未納の車を売るメリットはないといっていいでしょう。

買取業者選びが大変

冒頭でもお伝えしましたが、自動車税が未納の車の場合、ディーラーでの下取りはまずできません。そのため、買取業者で車を売ることになるのですが、対応可能な業者は限られています。

そこで、いくつかの業者に確認しなくてはなりません。一件ずつ店舗に足を運んだり電話していては時間がかかってしまうため、車買取一括査定サイトなどを利用して、一度に複数の業者に連絡するのがいいでしょう。高額査定がつけば自動車税を支払っても手元に残るお金が増える可能性もあります。

ただし、一括査定のデメリットとして、複数の業者から大量に営業電話がかかってくることがあります。これを防ぐには、「車の買取でしつこい営業電話がない2つの一括査定サイトとは?」こちらを確認していただくといいでしょう。ストレスなく車を高く売ることができるようになります。

未納になっている自動車税の延滞金の計算方法

買取業者に車を売るにしても、未納になっている自動車税の支払いは避けることができません。また、延滞していると延滞金もかかってしまいます。

では、延滞金はいくらになっているのでしょうか?気になる計算方法をご紹介します。

まず、平成30年度の場合、

・納税期限の翌日から1ヶ月後までは年2.6%(6月いっぱいの率)
・その後は年8.9%(7月以降の率)
・延滞金が1,000円未満の場合は全額切り捨て(実質、延滞金は発生しない)
・延滞金が発生した場合100円未満は切り捨て

このようなルールがあります。

例えば、自動車税が34,500円のコンパクトカーの場合、12月31日(納付期限の翌々月の7月1日から数えて184日)に納付したと仮定すると、

延滞金=(34,500×2.6%×30日/365日)+(34,500×8.9%×184日/365日)
=1,620円

このような計算になり、100円未満は切り捨てられるため、延滞金の支払額は1,600円ということになります。

赤文字としている部分をご自身の場合に当てはめていただければすぐに計算することができます。自動車税額については下の表で確認してください。

また、納税方法は金融機関や税事務所、各市区町村の税務課などになり、コンビニで支払うことはできませんのでご注意ください。納税するための振込用紙が届いていない場合や期限が切れている場合は、

・普通車の場合は管轄の都道府県税事務所
・軽自動車の場合は市区町村の税務課

こちらに問い合わせるようにしましょう。

排気量 自動車税額
自家用車 営業用
1リットル以下 29,500 7,500
1リットル超~1.5リットル以下 34,500 8,500
1.5リットル超~2リットル以下 39,500 9,500
2リットル超~2.5リットル以下 45,000 13,800
2.5リットル超~3リットル以下 51,000 15,700
3リットル超~3.5リットル以下 58,000 17,900
3.5リットル超~4リットル以下 66,500 20,500
4リットル超~4.5リットル以下 76,500 23,600
4.5リットル超~6リットル以下 88,000 27,200
6リットル超 111,000 40,700

自動車税が未納の車を買取業者に売る方法まとめ

いかがだったでしょうか?自動車税が未納の場合、ディーラーでの下取りはできませんが、買取業者なら売れることがあります。

ただし、どの買取業者でも対応できるわけではないので、複数の業者に相談する必要があります。自動車税が未納であることを伝えて、対応可能か確認していきましょう。

また、車を売っても納税義務は無くなりませんし、本来は自動車税を納税してから車を売った方が安全です。トラブルを避け、買取査定額ダウンも防ぐことができるので、結果的に手元に残るお金は多いことがあります。様々な事情があるとは思いますが、できるだけ先に納税してから車を売った方が得策です。

車を売る前にどうしても納税できない場合以外は、今回の方法はおすすめできませんので注意してください。