ディーラーのエンジンオイル交換費用はいくら?

車の整備を安心して任せられるのはディーラーですが、実際にオイル交換を任せると、どのくらいの費用が掛かるかも気になります。

そこで今回は、ディーラーでオイル交換をする際の交換費用についてご紹介致します。合わせて、ディーラーで交換を行うメリット、デメリットもご説明致しますので、ディーラーでのオイル交換を検討している方は是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

ディーラーのエンジンオイル交換費用の相場一覧

まず、各ディーラーでのオイル交換費用を表にまとめましたのでご覧下さい。

ディーラー

費用目安

国内メーカー

トヨタ

6,000円~

日産

6,000円~

ホンダ

5,000円~

三菱

5,000円~

マツダ

6,000円~

ダイハツ

5,000円~

スズキ

5,000円~

スバル

7,000円~

海外メーカー

メルセデス・ベンツ

18,000円~

フォルクスワーゲン

12,000円~

BMW

20,000円~

MINI

16,000円~

アウディ

17,000円~

ボルボ

18,000円~

プジョー

18,000円~

ポルシェ

25,000円~

このようにオイル交換費用は、あくまでも平均的な価格となります。その為、オイル交換を行う車種のオイル量や店舗により価格が変わりますので、事前に費用を問い合わせておくのが良いでしょう。

ディーラーのエンジンオイル交換の特徴

メリット

では、実際にディーラーでオイル交換を行うとどの様なメリットがあるかを詳しくご説明致します。

整備士免許を持っている人が作業を行う為、作業ミスの可能性が少ない

、ディーラーでは必ず整備士免許を持った人が作業を行う他、カー用品店やガソリンスタンドとは違い、同じメーカーの車を多く整備する為、整備に対するノウハウが多く、作業ミスの可能性が非常に少なくなっています。

この様な理由から、作業の信頼性を重視するのであれば、ディーラーでのオイル交換がおすすめとなります。

オイル交換時に車の不具合を見つけてくれる事がある

ディーラーでオイル交換を行うと、作業時に車の不具合を見つけてくれる事があります。もちろん、オイル交換作業では、車の全てを点検する事は出来ないので、オイル漏れ等の限られた範囲のみとなってしまいますが、それでも車の不具合を早めに確認出来るのは非常に安心出来ます。

この様に、ディーラーでオイル交換を行うと、車の不具合を早期に発見出来る事もありますので、車の故障を極力無くしたい方はディーラーでのオイル交換がおすすめです。

キャンペーンやボトルキープを利用する事で、安くオイル交換が出来る場合がある

ディーラーでのオイル交換は、オイルそのものの価格が高い事から、カー用品店の様に、安いオイルを使用してオイル交換費用を抑える事が出来ません。そのため、ディーラーでのオイル交換費用は、カー用品店等と比べると高くなってしまいます。

しかし、オイルキャンペーンやボトルキープを利用する事で、通常のカー用品店よりも安くオイル交換を出来る場合もあります。

オイルキャンペーンは、主にオイル価格の割引キャンペーン等をしており、場合によってはオイルが無料になる事もある等、お得なキャンペーンとなっています。ボトルキープは、オイルをペール缶(20L)で購入する事で、オイル費用を抑える事が出来るサービスです。オイルは、1L缶や4L缶で購入するよりもペール缶で購入した方が1Lあたりの価格を安くする事が出来る為、ペール缶でオイルを購入するとオイル代を抑える事が出来ます。また、ボトルキープでは、ペール缶を店舗で預かってもらえる為、保管場所の心配もありません。

この様に、ディーラーでのオイル交換は、キャンペーンやボトルキープ等をうまく利用する事で安くオイル交換を行える事もメリットとなっています。

デメリット

オイル交換費用が高くなる

ディーラーでのオイル交換費用はカー用品店等よりも高くなっています。これは、ディーラーでは安いオイルを取り扱っていない為です。更に、ディーラーでは、オイルを含めた様々な用品の販売価格を仕入れ価格よりも高めに設定している事から、よりオイル費が高くなってしまいます。

また、輸入車はオイル交換頻度を少なくし、オイルが減った分を補充していく使用方法である事から、オイルそのものが国産メーカーよりも価格が高い上、使用オイル量も多く、オイル交換費用が高くなる傾向となります。

混み具合によっては、かなりの時間が掛かる事がある

ディーラーでは、常に修理や整備を行っている為、一日の作業スケジュールが詰められています。その為、土日等の混みやすい日には、オイル交換でもかなりの時間が掛かってしまう可能性があります。

平日でしたら、極端に混み合う事はあまりないので、この様な心配も少ないですが、土日、祝日にオイル交換を頼む場合には、予めディーラーにオイル交換の予約をしておくか、作業時間の確認をした方が良いでしょう。

ディーラーに出向く必要がある

ディーラーでオイル交換を行う場合、ディーラーに出向く必要があります。基本的には、大手のメーカーでしたら1つの町に1店舗程度はありますので、それ程困ることはありませんが、小さなメーカーは、大きな町にしか無い場合もあり、住んでいる場所によってはディーラーに行くだけでもかなりの時間が掛かってしまう場合があります。また、海外メーカーのディーラーは、1つの都道府県に1店舗しかない様な場合もあります。

この様に、ディーラーはカー用品店やガソリンスタンド等と比べると店舗数が少ない場合がありますので、オイル交換を頼む際は事前に最寄りの店舗を調べておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上がディーラーでオイル交換を行う際の交換費用のまとめとなります。これまで、ご説明した様に、基本的にはディーラーでのオイル交換費用はカー用品店等と比べると高くなっています。

しかし、作業ミス等の可能性も少なく、不具合を見つけてくれる場合もあり、非常に安心出来る物となっていますので、金銭的な余裕がある場合にはディーラーでのオイル交換を行うのが良いでしょう。

また、ディーラーでは、オイルキャンペーンを定期的に行っている他、ボトルキープも多くの店舗で行っていますので、ディーラーでのオイル交換費用を抑えたい方は、事前にディーラーにキャンペーンやボトルキープについて問い合わせおくのも良いでしょう。

おすすめの記事