エンジンオイル添加剤の効果とは?

カー用品店やホームセンターなどで販売されている自動車ケミカル用品は、洗車用品から芳香剤など豊富な種類があり、車好きであればついつい時間を忘れて見入ってしまいますよね。

その中には、エンジンオイルや添加剤など、エンジン廻りのケミカル用品もあります。メカニカルな部位だけに、実際に購入した事が無い方や、興味はあっても中々手を出しにくいという方も多いかと思います。

そういった方に向けて、こちらの記事ではエンジンオイル添加剤とはどのような効果があるのか、どういう選び方をすれば良いのかなど、エンジンオイル添加剤の購入・使用前に知っておきたい情報をご紹介します!

(ディーゼル車の方は、「ディーゼル車のエンジンオイル添加剤の効果とおすすめ5選」こちらをチェックしましょう!)

スポンサーリンク

エンジンオイル添加剤とは?

そもそも、エンジンオイル添加剤とはエンジンオイルの性能を向上させて、エンジンの調子を良くしたい時にエンジンオイルに混入させる液状の添加剤です。

人間で例えるとサプリメントのようなもので、足りない栄養素を補助的に摂取したい時や、健康面や長寿の為に摂取しておきたいという感覚に近いと言えます。

メリット

エンジンオイル添加剤を使用した場合のメリットとして、エンジンの調子が良くなるというメリットだけではなく、他にも様々なメリットがあります。

体感できるメリットとしては、エンジンのパワーがアップしたり、静かになったりといった効果があります。また、保護性能が向上する事で、エンジンの高寿命化にも繋がります。

他にも、経年車や多走行車などでエンジンに不調が見られる場合に、機能を回復させる目的でも添加剤を用いる場合もあります。

デメリット

デメリットとしてまず挙げられるのが、エンジンオイル添加剤の価格です。

一言に添加剤と言っても、その品質はメーカーによって大きく異なります。そして、エンジンオイルにも言える事ですが、高品質なものをつくる為には手間やコストがかかってしまうので、安くて高品質なものをつくる事が難しい分野と言えます。

つまり、添加剤であれば種類を問わず良い効果が得られるという訳ではないという事です。

コスト面以外でのデメリットは、エンジンオイルには車種ごとにメーカーが指定した粘度や規格が設定されています。エコカー、ハイブリッドカー、スポーツカー、クリーンディーゼルなど、各々の目的に応じたエンジンオイルが指定されています。

その目的とはかけ離れた添加剤を使用してしまう事で、効果を得る事はおろか、エンジントラブルを起こしてしまうケースもあります。

エンジンオイル添加剤の5つの効果

では、エンジンオイル添加剤の効果とは、具体的にどのようなものがあるのか見てみましょう。

エンジンオイルの性能を向上

エンジンオイルには、潤滑、冷却、密封、洗浄、防錆などの効果があります。

これらの要求を満たす為に、エンジンオイルにはあらかじめ添加剤が配合されています。エンジンオイルの構成はベースオイルといわれる基油に添加剤を混入させて、はじめてエンジンオイルが完成しているということです。

つまり、市販されているエンジンオイル添加剤は、元々ある程度エンジンオイルに含まれている添加剤とは別で、品質の高い添加剤を配合させてエンジンオイルの性能を向上させるものです。

エンジンがパワーアップ

添加剤によって潤滑性能や密封性能が向上する事で、ピストンが圧縮漏れを起こす事なく燃焼する事ができて、円滑にエンジンを回転させる事が出来ます。

無駄なく円滑に燃焼行程が可能となる事で、エンジンのパワーアップに繋がります。

燃費が向上

先の項のパワーアップと同じ理由で、無駄なく円滑にエンジンを回転させる事は燃費の向上にも繋がります。

パワーアップの場合は、測定しない限り体感によって違いを感じる必要があるので、実感できないケースが多いですが、燃費の場合は数値として違いが表れます。

騒音や振動を低減

先程と同様の理由で、エンジンの燃焼行程がスムーズになる事でも騒音や振動が改善します。とくに多走行車の場合は、ピストンとシリンダーとのクリアランスが大きくなり、指定粘度が適切ではなくなってしまうケースがあります。

こういった症状も、添加剤によって改善する事があります。

保護性能を向上

エンジンオイルの保護性能とは、低温・高温における適切な粘度の保持と、一定期間エンジンを始動しなかった際に、ピストンの粘膜がとれてドライスタート(粘膜がとれた状態でのエンジン始動)を招いてしまわないという事です。

他にも、エンジン保護という意味では、洗浄作用や冷却作用も該当しますが、これらすべてを含むエンジンを保護する為に必要な作用を向上させます。

スポンサーリンク

エンジンオイル添加剤は本当に必要?

最適なエンジンオイル添加剤を使用した場合、コスト以外のデメリットは殆どなく多くのメリットが生まれる事が分かりました。

エンジンの性能や寿命の事を考えると、添加剤を使用した方が良いとは言えますが、必要かどうかという問いに対しては、その人によるという答えになります。

添加剤を入れなければただちに故障するという事はないので、添加剤を入れたメリット・デメリットを考慮して、検討した上で決めましょう。

また、どれを選べばいいのか迷ってしまう場合には、「エンジン オイル添加剤おすすめランキングTOP5」こちらをチェックしてみましょう。

エンジンオイル添加剤の選び方

エンジンオイル添加剤を使用する際は、間違ったエンジンオイル添加剤の選び方をしてしまう事で、効果を得られなかったりトラブルの原因にもなってしまうので、車種や方向性に適したエンジンオイル添加剤を正しく選ぶ必要があります。

エンジンオイル添加剤を選ぶ時は、その製品がどういった目的の製品かを確認して、目的と合致した製品を選ぶ必要があります。

では、エンジンオイル添加剤の代表的な製品には、どのような種類があるのか見てみましょう。

エンジンオイルの性能を向上

エンジンオイルの性能を向上させる目的の添加剤は一般的な種類の添加剤で、製品の種類が豊富にあり、品質や価格においても様々なものがあります。

比較的走行が少ない場合は、こちらのタイプの添加剤を使用します。

車が新しい事や品質にもバラつきもある事から、添加剤を入れた違いが分かりにくい事も多々あります。そういう事から、体感できる程の違いを求める場合は、メーカーや品質など綿密に製品を選定する事をオススメします。

低下したエンジンの性能を回復

多走行車は新車時と比べると、エンジンの性能が低下しています。

エンジンのパワーが低下したり、静粛性の悪化、振動が大きくなったりと、あらゆる方面で低下した性能を添加剤で改善できる場合があります。

エンジンの不具合を修繕

先程と同じ理由で性能の低下ではなく、オイル漏れやオイル上がりなど、不具合が発生する場合もあります。

本来であれば整備が必要な不具合ですが、オイル添加剤で修繕できるものもあり、そういった不具合を修繕する目的で添加剤を用いる場合もあります。

エンジンオイル添加剤を入れるタイミング

一般的にはエンジンオイルの交換時に添加剤を入れます。そのため、オイル交換を整備工場などに依頼する場合は、事前に添加剤を入れたい旨を説明しておく必要があります。

エンジンオイル添加剤の入れ方

エンジンオイル添加剤の入れ方は、エンジンオイルの注入と同じくオイルフィラーキャップから入れます。

エンジンオイル交換時に注入する場合は規定量を調節できますが、エンジンオイルが規定量入っている場合は、添加剤の分量だけエンジンオイルを抜き取る必要があります。

まとめ

エンジンオイル添加剤には色々な用途があり、その車に適したものであれば、驚くほど効果を発揮する事も珍しくありません。

しかし、誤った製品の選び方をしてしまうと、エンジントラブルの原因にもなってしまいます。不安な場合はプロのスタッフに確認して、ぜひ愛車にぴったりのエンジンオイル添加剤を探してみて下さい!

また、エンジンオイルのトラブルについては、「エンジンオイル添加剤によるトラブルと対処法」でもご紹介していますので、こちらも是非チェックしてください。

おすすめの記事