スペアタイヤは車検に不要!※一部の車種を除く

車検では合否の基準がわかりづらいものが多くありますが、そのひとつがスペアタイヤです。

まず、スペアタイヤを積んでいなくても車検には合格できます。そもそも、最近は新車購入時からスペアタイヤを積んでいない車が増えています。ただし、RV車やキャンピングカーなど、一部の車種ではスペアタイヤが必要になるケースもあるため注意が必要です。

また、車検前にたまたまパンクしてしまった場合、スペアタイヤ(本来はテンパータイヤといわれる、小さくて細い緊急用のタイヤ)のままでは車検に通ることができません。

今回の記事では、車検時に気になるスペアタイヤの知識について解説していきますので早速チェックしていきましょう。

くるまと推奨!
最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎


スポンサーリンク

1. 車検時にスペアタイヤの搭載義務はない!

思い違いをされている方も多いと思いますが、車検を取る時にスペアタイヤは基本的に必要ありません。軽自動車に関してもスペアタイヤは必要ありません。搭載義務もないのでスペアタイヤを積んでいなくて違反になるわけではありません。一昔前は、車検時にスペアタイヤが必要だった為、そのなごりで車検にはスペアタイヤが必要だという印象を持たれるのだと思います。

最近は、トランクの広さの確保や軽量化、コストダウンなどの理由からそもそも最初からスペアタイヤが積まれていない車種も多くなっています。その代わりに万が一の時に備えでパンク修理キットと言われるものが備えられています。スペアタイヤとは違い、タイヤを脱着する必要はなく空気を入れるバルブにタイヤパンク補修液を噴き入れる方法なのでとても簡単になっています。

2. ただし、車検時にスペアタイヤが必要な車種もあるので要注意!

基本的に車検を取るのにスペアタイヤは必要ありませんが、RV車やキャンピングカーなど自動車の後方部ドアにスペアタイヤが取り付けられている自動車では必要になることがあります。なぜなら、もともとスペアタイヤを含めた自動車の長さが車検証に記載されているからです。こういった自動車は、必ず車検を取るときにスペアタイヤを取り付けて下さい。

また、純正のスペアタイヤではなく社外品に変えている場合も車検証に記載のものと自動車の全長が変わっている可能性もあります。このようなケースでも車検に通らない可能性もあるので注意しましょう。

該当車種としては、例えばトヨタ ランドクルーザーなどがあります。新車時は後方部ドアにスペアタイヤが取り付けられていますが、これを取り外し後方部のドアを板金して塗装したり交換などをして背面レス(後方部にスペアタイヤが取り付いてない状態)に変更した場合などは、車の全長を変更する構造変更の手続きが必要になります。

スポンサーリンク

3. スペアタイヤを装着して車検に通すことは可能?

ここでスペアタイヤとは、

  • 現在装着しているタイヤと同じサイズの予備タイヤ
  • 緊急時用の小さくて細いタイヤ(テンパータイヤ)

この2種類があります。どちらを指して「スペアタイヤ」と認識されているかで回答が変わってしまうので注意して確認してください。

3-1. スペアタイヤなら車検に通る

現在装着しているタイヤと同じサイズの予備タイヤであれば車検にも通ります。タイヤサイズはタイヤの側面に195/65-15など数字が記載されています。この数字が同じタイヤであれば極端にタイヤが磨り減っていたり空気圧が低かったりしてなければ車検には何も問題ありません。

3-2. テンパータイヤは車検に通らない

テンパータイヤと呼ばれる黄色いホイールで細いタイヤが組み込まれている緊急用タイヤを装着したままでは車検を取る事ができません。左右でタイヤサイズが異ってしまうため車検の検査項目にあるブレーキテスト(左右での制動性)とサイドスリップ(横滑り量)の測定で間違いなく不合格になってしまいます。テンパータイヤは緊急用タイヤなので通常使用するタイヤではないことも車検を取る事ができない理由の一つです。

4. スペアタイヤを搭載するメリット・デメリット

ここまでお伝えしたように、スペアタイヤを積んでいなくても車検に通ることはできます。ただし、緊急時の事を考えるとスペアタイヤがあると安心感があります。街中でパンクした時などはガソリンスタンドが近くにあったりしますが、長距離のドライブ中や峠越えをしている時などでは大変心細いことになります。

スペアタイヤを下ろすことによって、車が軽くなったり、スペースが広がったり、外観が良くなるといったメリットもありますが、万が一パンクした時のことを考えると積載していた方がいいでしょう。

また、最近では、スペアタイヤではなくパンク修理キットが備えられている車種も多くなりました。取扱いも簡単でスペースもとらず便利ですが、修理可能な範囲が限られていたり、パンク修理キットを使用したタイヤは基本的に交換が必要になるデメリットもありますので注意しましょう。また、パンク修理キットについては事前に使用方法を確認しておくようにしてください。突然パンクした時には気が動転したり焦ってしまうので、事前に備えておきましょう。

5. 車検時に気になるスペアタイヤの取り扱い方法まとめ

車検の時にスペアタイヤを積載していなくても、基本的には車検に落ちることはありません。ただし、スペアタイヤ(緊急用のテンパータイヤ)を装着したままでは車検に通らないので事前にパンクしたタイヤを交換しておく必要があります。

また、スペアタイヤは、常時使うものではないので使った事も触った事もないという方も少なくはないでしょう。しかし、万が一の時に備え車検の時に愛車のスペアタイヤやパンク修理キットを確認しておきましょう。

新車で購入されていれば問題ありませんが、中古で自動車を購入された場合、スペアタイヤが新品なのか使われた形跡があるのかを確認しておく必要があります。スペアタイヤ(テンパータイヤ)は、あくまでも緊急時の応急タイヤですので通常のタイヤとは異なり自動車に積み込むスペースのために外径は純正タイヤと同じでも細いサイズのタイヤが装着されています。

このため、通常のタイヤよりも車重を支えるため空気圧が高く設定され、走行速度や距離も制限されています。応急タイヤなので耐久性がないのです。走行速度は、約80Km/hまで、走行距離は、約100Kmまでが限界のタイヤです。

もし、一度でも使っているようなら新品に取り替えたほうが安心できます。パンク修理キットも車種やメーカーによって使い方は様々なので使用方法は事前に知っておく必要があります。パンク補修液に関しても有効期限があるものがありますので、期限が切れていれば交換する必要があります。

また、パンク修理キットで応急処置不可能な場合がありますのでご確認下さい。

  • タイヤと路面の接地面ではなく、側面に穴や損傷がある場合。
  • 4mm以上の切り傷や刺し傷がある場合。
  • ホイールが損傷していて空気が漏れている場合。
  • 1本のタイヤで2箇所以上切り傷、刺し傷がある場合。
  • 2本以上、パンクした場合。
  • 補修液の有効期限が切れている場合。

以上の場合、パンク修理キットでは応急処置が不可能となり、ロードサービスでレスキューしてもらうしかありません。パンク修理キットも一時的な応急処置なので高速走行や長距離走行は出来ませんのでご注意下さい。

くるまと推奨!
最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎


おすすめの記事