輸入車の車検費用は国産車の車検費用より高めだと聞いたことがある人も多いでしょう。

また、車検費用は年々高くなるという噂も耳にする機会があるかもしれません。

しかし、DSオーナーはそこまでたくさんいないことから、車検費用について話す機会が少ない分、謎も多いのではないでしょうか。

そこで、できるだけ安くDSの車検費用を抑える方法はないのか、具体的な価格まで調べてみました。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

スポンサーリンク

1. DSディーラーの車検費用の相場はいくら?

DSをディーラーで車検に出した場合、車検費用はどのくらいかかるのでしょうか?ディーラーでの車検費用の相場を見てみましょう。

1-1. 初回車検の費用相場

DSのディーラー車検でも、民間車検でも、自賠責保険料、重量税、印紙代などの法定費用は必要になります。

自賠責保険料は、車種に関係なくどの車も決まった金額を支払います。毎回の車検の際、2年分の自賠責保険料として27,840円を支払います。また、その際印紙代、重量税も支払います。

また、法定24ヶ月点検の代金、保安確認検査料、車検代行手数料の代金が加わってきます。

つまり、車検費用は、重量税などを含めた法定費用と車検の基本料金としての点検費用を合算したものになります。

車検代行手数料、点検費用、自動車整備のメンテナンスの代金は、DSディーラーでもお店ごとに金額が変わります。ここで店舗によって車検費用の差が出てくるのです。

では実際に、DS3のディーラー車検費用を見てみましょう。

DS3車検整備費用

項目 金額
車検基本整備料 29,700円
保安確認検査料金 8,000円
下廻りスチーム洗浄 6,600円
下廻り錆止めシャシ塗装 4,500円
ブレーキオイル交換(エア抜き作業含む) 3,000円
ブレーキオイル(J4 DOT4)*1L 1,800円
交換部品廃棄手数料 1,000円
●ワイパーブレード交換
ワイパーブレード(00006423J4) 2,900円
ワイパーブレード(00006423J5) 2,200円
ワイパーブレード(1607383080) 1,500円
●エンジンオイル+オイルフィルター交換
エンジンオイル(QUALTZ INEO 200L)4.5L 9,675円
プラグガスケット(0000031338) 100円
オイルフィルター(00001109CK) 1,600円
●左ストップランプバルブ切れ交換
バルブ(12V21/5W V91191421) 180円
●その他作業使用部品
ショートパーツ 2,200円

DS3車検諸費用

項目 金額
重量税 24,600円
自賠責保険料 27,840円
印紙代 1,100円
車検代行手数料 10,000

上記金額に消費税を足して、総合計149,575円

DS3の初回車検費用は、だいたい15万円と思っておくと良いでしょう。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

DS3の2回目(5年目)以降の車検費用は、初回車検より少し高くなり、18万円を超えることが多いです。

乗り方だけでなく走行距離などにもよりますが、車の状態によってはメンテナンスの箇所が増えるため、車検代金も上記の金額より数万円上がってしまうこともあります。特に不具合がなく5年間乗っていたDS3の場合も、18万は超えてしまいました。

また、新車購入から5年経過すると、特に乗っていて不具合を感じていなくても、交換したほうが良いパーツもたくさん出てきます。

その際、ディーラー車検に出すと、当然全てのパーツを純正パーツに取り替えようとしますので、その分車検費用が高くなってしまいます。

またタイヤ交換をするようになると、車検費用の倍くらいの値段がかかってしまうこともあります。

2. DSのディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

DSの車検は高い!とよく言われますが、本当にそんなに差がつくほど高いのでしょうか。

DSディーラー車検と民間車検の金額を比較してみましょう。

車種 DS-STORE オートバックス(民間車検)
DS3 149,575円 89,830円
CAFÉ RACER 168,000円 89,830円
DS5 173,230円 97,772円
DS4 139,460円 68,830円

しかし、単純にこの表だけで判断しても、DS-STOREと民間車検では5万以上の金額差がある事がわかります。上記の価格はあくまで一例ですので、該当車であっても全ての車に当てはまるものではありません。同じDS-STOREでも、地域や販売店によって金額の差が生じることもあります。

年数が経過した車であれば、もっと大きな金額差が生じるでしょう。

スポンサーリンク

3. DSの車検費用が2回目(5年目)以降に高くなる理由

DSの車検費用は、初回車検でも15~25万円ほどになりますが、2回目、3回目車検となるにつれて、どんどん車検費用は高くなります。

新車で購入したDS3でも、5年を過ぎた頃から、バッテリーが弱くなることや、ブレーキパッドなどが消耗することから、車検時にパーツ交換をしたほうが良いと言われ始めます。

特に金額が高いバッテリー交換は、3年目まではメンテナンスパック等の保証がついているため、サービスで交換してくれる店舗もありますが、その時期を過ぎると正規料金を支払うようになります。

その他にも、エンジンオイル、オイルフィルター、オイルエレメント、エアコンフィルター、エンジンオイル強化剤なども車検の時には交換対象となります。

個人の使用状況によって、交換が必要になるパーツは変わって来ます。ブレーキをしょっちゅうかける人の車は、ブレーキパッドの消耗が早かったりします。

車検時になって慌てるよりも、車検の2カ月前にはどのパーツの交換が必要なのか、いくらかかるのかなど、DS正規ディーラーにて見積もりを取っておくようにすると良いでしょう。

またシトロエン系のフランス輸入車は、内装の天井部分がたるんでくるケースもあります。この内装を張り替えることになると、10万弱の修理代がかかってしまうこともあります。

車検にプラス細々とした修理代金がかかってしまうと、痛い出費になってしまいますよね。

3-1. 車検費用の内訳

車検費用は、大きく分けると以下の3つです。

  • 法定費用
  • 車検整備費用
  • その他のメンテナンス費用

それぞれの内容について詳しく説明していきましょう。

・法定費用

車検の際は、法定費用が必ずかかります。一般的には、自陪責保険料・重量税・印紙代のことを指します。

法定費用は、DS-STOREでも民間車検の各店舗でも値段は変わりませんし、値引きもありません。

法定費用の金額は、車種や車両重量によって異なります。

・車検整備費用

車検時には、DS-STOREや民間車検の各店舗のどこで受けても車検整備費用が必要になります。整備費用は、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などが含まれています。

DS車の使用環境によって、車の劣化も変わってきます。

DSやシトロエンに限ったことではありませんが、輸入車は当たり外れがありますので、車によっては不具合や故障が続くこともあります。走行距離が多い車であれば、別途追加の整備が必要になることがあります。

また、車に乗っていれば必ず消耗するパーツもあります。エンジンオイルなど各種オイル・タイヤなども消耗していくものなので、車検時にはきちんと整備していないと車検に通らないこともあります。

その場合は、さらに追加料金がかかることになります。特にタイヤの溝に関しては厳しくチェックされますので、タイヤ代金が追加されることも考慮しておきましょう。

タイヤ代金が加算された場合は、ちょうど車検代金くらいの値段が加算されることになりますので、出費が倍になってしまう可能性があります。

・その他のメンテナンス費用

車検に合格するためには、決められたチェック基準をクリアしなければなりません。DS車は、年数経過とともにメンテナンスが必要な箇所があちこち出てきます。エンジンオイルやワイパーブレードは毎回の車検で交換対象になりますが、その他のオイル類やブレーキ周りなど交換が必要になります。

例えば、近年の新しいDS車に乗っていると、エンジンオイルの交換時期になるとお知らせ表示が出ます。その表示を無視して、エンジンオイルを交換しないまま走り続けると、燃費が悪くなるだけでなくエンジンを傷めてしまったり、思わぬトラブルにつながってしまったりすることがあります。すると、修理代金に何十万円などの大きな金額を支払う可能性も出てきます。

思わぬ出費を避けるためにも、常にメンテナンスには気を配っておくようにしましょう。

3-2. 5年目、7年目を迎えるDSは部品の交換時期

5年目(2回目)や7年目(3回目)の車検を迎えるDS車は、車検時や点検時に交換が必要になるパーツが増えます。

特に中古で購入したDS車や、譲り受けたDS車など、年数が経過したDS車の場合、7年目の車検時には交換対象パーツがたくさん出てきます。

DS車のパーツは1つが高額なので、修理代金や整備代金はかなり高額になる可能性があります。

3-3. DSは部品交換や修理費用、工賃が高い

DS-STOREで修理や部品交換をすると、必ずDS車の純正品を使います。

純正パーツは非純正パーツより費用が割高になるため、修理費用が高くなります。

また、DS-STOREに車検を出すと、「予防のために」と不要な整備をされてしまうことがあり、整備項目が多くなり、その分日数もかかってしまいますので、それだけ人件費もかかってきます。

3-4. 実はディーラー車検は外注マージンがかかる

実はDS-STOREでは、整備を外注に出しているところも多いです。DS-STOREに限らず、輸入車ディーラーでは整備を外注に頼んでいるところはとても多いので、その都度マージンがかかってしまいます。もちろんマージンの分、車検整備費用は上乗せされてしまいます。

このように、DS-STOREに車検を頼んでいるのに、ディーラーから外部の整備工場に車検整備を頼まれてしまうこともあるので注意しておきましょう。

4. DSのディーラー車検と民間車検の違い

DS-STOREに車検を出す場合と、民間車検に出す場合の違いを、具体的に説明します。

4-1. 車検費用の違い

何と言っても差が出るのは、車検費用でしょう。DS-STOREと民間車検の車検費用の差は10万円くらい開いてしまうこともあります。

車検費用を節約したい人は、DS-STOREに車検を頼むより、民間車検に出す方が節約出来ます。

ただし「特殊な輸入車やDS車は車検を受け付けない」という車検工場もありますので、前もって問い合わせしてみると良いでしょう。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

車検時の点検や整備の内容は、よほどの整備工場でない限り大差は無いでしょう。

DS車でコンピューター制御されている車であっても、凡用の診断機を所持している民間車検工場であればほぼ対応は可能でしょう。

4-3. 信頼性の違い

車検整備においては、整備士の腕次第です。DS-STOREと民間車検工場を比べてみた時に、民間車検工場が劣っているということは必ずしもありません。

民間車検工場でも、より良い整備士に出会うことが出来れば、技術や信頼性はディーラーよりもかなり高まる場合もあります。

DS車の整備経験が豊富な民間車検工場に出会う事が出来れば、細やかな点検・整備をしてもらう事が出来るでしょう。

5. DSの車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

DS車に乗っている人の中には、「DS車の車検をDS-STOREで受けるとかなり高額になってしまうから、どうしても嫌だ」という人もいますよね。

そこで、DS車の車検を民間車検で受けるメリットとデメリットをご紹介します。

5-1. メリット

DS車の車検を民間車検で受けることのメリットは、まず車検費用が節約できるという事です。

DS-STOREでの車検は、初回時から15万を超えることも多いですが、民間車検で受けると3〜7万円くらい節約する事が可能です。

5-2. デメリット

・車検を受け付けてもらえないこともある

DS車を民間車検に出そうとしても、民間車検では断られる場合があります。輸入車はオイル交換がややこしかったり、特殊な工具が必要だったりするので、オイル交換ですら受け付けないという店も多いです。イエローハットなどは輸入車のオイル交換はお断りという店舗もあります。

・値段が高いこともある

また、民間車検工場でDS車の車検を引き受けてくれる場合でも、「輸入車は2万円増し」としている業者もあります。

DS車を民間車検に出す場合は、引き受けてくれるところを探すとともに、車検料金についてもきちんと確認しておくことが大切です。

6. DSディーラーの車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

DS-STOREでの車検費用の見積もりを取って「車検費用が高かった!」という時もありますよね。

「車検に高いお金を出したくない!」と思う人もいるでしょう。

そこで、民間車検にはどんな種類があるのか、またどのくらいの金額で車検を受けることが出来るのかをご紹介します。

6-1. 民間車検の種類

民間車検と言っても、民間の整備工場からガソリンスタンド、フランチャイズ店などたくさんあります。

費用もばらつきがありますが、DS-STOREより高くなることはないでしょう。

・オートバックスなどのカー用品店

オートバックスなどのカー用品店でも車検が受けることが出来ます。カー用品店での車検費用は比較的安価です。

しかし、前述の通りイエローハットでは、輸入車の車検は対象外のこともありますし、エンジンオイルの交換も引き受けてもらえない所が多いです。

最寄りのカー用品店に、DS車の車検を受け付けているかどうか聞いてみると良いでしょう。

・ガソリンスタンド

1995年頃からは、ガソリンスタンドでも車検が受けられるようになりました。しかし、輸入車お断りの店舗もありますので、最寄りのガソリンスタンドに確認してみると良いでしょう。

ガソリンスタンドでの車検費用は、フランチャイズ車検店と同じくらいです。

・民間整備工場

民間整備工場でも、DS車の車検を受ける事が出来ます。

中でも、DS車を何台も取り扱った事がある整備工場であれば、信頼度はかなり高いです。また、輸入車、高級車に詳しい整備士がいる民間の整備工場もあるので、「輸入車専門店」という看板を掲げているお店を探すこともおすすめです。

輸入車専門で車検を取り扱っている店舗であれば、安心して車検・整備を受けることができる上に、車検価格はDS-STOREで受けるよりかなり安く抑えられます。

・フランチャイズ店

アップル車検やホリデー車検などの車検フランチャイズ店でも、DS車の車検が受けられます。

車検フランチャイズ店の場合、価格は全国で統一されているので安心感があります。

6-1. 民間車検を選ぶ時のポイント

実はDS車は、中古で入手した場合、DS-STOREでも車検を受け付けてくれない場合もあります。また、住んでいる県内にDS-STOREが無い時もあります。そんな時、車検を受けるためにわざわざ他県まで出向くのは大変ですので、民間車検を受けることになるでしょう。

そこで、DS車の車検を、民間車検で受けようと思った場合、民間車検の店舗を選ぶ時のポイントをご紹介します。

  • 整備士でDS車に詳しい人がいる
  • 店舗のインターネットサイトなどに「輸入車大歓迎」と書かれている

車検や整備は、インターネットサイトや口コミを参考にすると良いでしょう。特に輸入車は、車検の受け付けをしないという店舗もありますので注意しておきましょう。

7. DSの車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

DS車をDS-STOREに車検に出すか、民間車検に出すかについての色々な視点からの比較についてご紹介してきました。

DS車の車検は、民間車検に出すと、DS-STOREに出すより最低でも5万円以上安く済ませられます。

まずはインターネット等でDS車の車検を受け付けてくれる民間車検工場を探してみましょう。

最大66%OFF!ネット割で安く民間車検に申し込む方法

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。

楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、オートバックスやエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。

ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。

安くできる民間車検を探す▶︎

価格も質も安心・信頼のおすすめ民間車検ランキング!
グー車検
ホリデー車検
EPARK車検
おすすめの記事